不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

4章16話

 ―――あたし、何のためにリリちゃんの召喚獣をやってるんだろうね?

 目の端に涙を溜め、震える声で少女が青年に問い掛ける。
 ……こんな表情のサリスなんて、見た事がない。というか、想像もできなかった。
 なのに今……こうして、泣いている。
 いつもと違うサリスの姿に、キョーガは―――

「……急にィ、どうしたんだよォ?」

 事情を尋ねる事しか、できなかった。
 なんで泣いているのかわからないし、なんで急にこんな事を言い出したのかもわからない。
 何より、泣いている女の子に対して、どう接すれば良いのか、わからない。
 掠れる声で問い掛けるキョーガに、サリスはぽつりぽつりと話し始めた。

「……あたし、何もできなかった……リリちゃんも、あたしがしっかりしてなかったからさらわれちゃったし……ど~すればいいかわかんないから、キョーちゃんを頼る事しかできなかったし……」

 何より―――と。

「……キョーちゃんと『禁忌箱パンドラ』の戦いを見て、自分の『才能』を疑っちゃったよ……」

 膝に顔を埋め、悲しみに染まった声で呟くように言葉を漏らす。

「あたしの持ってる『才能』は……殺しの才能。逆に言うなら、あたしはこれしか持ってない……のに………………この才能まで疑っちゃったら、あたしはどうやって……リリちゃんに恩返しすればいいの……?」

 サリスの言葉を聞き―――キョーガは、サリスの気持ちを直感的に理解した。

 要するに―――俺と同じだ。
 迷宮内での俺は……『最強』である事が俺の存在意義だと思っていた。
 『最強』じゃない俺なんて、存在価値がない……『最強』じゃない俺なんて、必要ない……そんな俺は、リリアナの隣にいる資格がない、と。
 おそらく、今のサリスも同じ気持ちなのだろう。
 リリアナの温かさを知って、リリアナの優しさを知って。
 ―――離れたくない。そう思ったのだろう。

「……おめェ……」

 キョーガと『禁忌箱パンドラ』の戦いを黙って見ていたのは……自分だと、足手まといになると判断していたからなのか。
 なるほど……確かに、今のサリスの雰囲気からは、自信が失われている。

「……はァ……おめェも俺と同じでアホだよなァ?」
「………………へ……?」
「要はあれだろォ?自分に価値が見出みいだせなくなっちまってんだろォ?殺しの才能とか言ってたがァ……誇れるもんが否定されてェ、どうすりゃいいかわからねェんだろォ?」

 『最強』じゃなければ自分に存在価値はない―――そんなキョーガの考えを『違う』と言ってくれたのは、アルマだ。
 だから……アルマの言葉を借りるなら―――

「……いつリリアナがァ、よえェおめェとは一緒にいたくねェっつったよォ?いつマリーがァ、よえェおめェは必要ねェっつったァ?」
「それ、は……言われてない、けど……」
「いつシャルがァ、よえェおめェは意味がねェっつったんだァ?……いつこの俺がァ、おめェの事ォ、嫌いなんて言ったよォ?」

 顔を上げ、目の前に立つ少年と目が合う。
 その少年の口元が、ニイッと凶悪に裂けた。ヘタクソな笑顔だ。

「……キョーちゃんに……あたしの何がわかるの?他人のキョーちゃんに……あたしの気持ちがわかるわけ―――」
「わかるに決まってんだろォ」

 即答。
 お前の気持ちがわかる、と即答し―――ふとキョーガは、迷宮内でアルマに言われた事を思い出した。

 ―――アイツが、俺の気持ちを『わかる』と言っていたのは……本当に、俺の気持ちをわかってたからなのかも知れない。
 今の俺は……サリスの気持ちが、痛いほどにわかる。
 その気持ちは……ついさっきまで、俺が味わっていた気持ちなのだから。

「わかる、なんて……!適当な事言わないでっ!」
「あァ?」
「わかるわけないじゃんっ!暴力的でガサツなキョーちゃんが、他人の気持ちなんてわかるわけないっ!」

 クシャクシャに顔を歪め、拒絶するように大声を上げた。

「嫌い……!嫌い、嫌い、嫌い、嫌い、嫌い、嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌いっ!キョーちゃんなんて、大っ嫌い!」
「そうかよォ。俺ァおめェの事ォ好きだけどなァ」

 ―――自分は今、何を言われたのか。
 涙でボヤける視界の中、最強を自称する少年が、苦笑を浮かべながら話を始めた。

「……俺もよォ、リリアナに恩返ししねェとって思ってたんだよォ」
「……………」
「だがァ、俺が誇れる事と言やァ……戦う事ォ。だからァ、俺ァ『最強』を目指してたァ……『最強』に成りゃァ、リリアナは俺を頼るゥ。だから独りにならねェって思ってなァ……はっ。今改めて考えてみりゃァ、バカみてェだなァ」

 サリスの背後に腰を下ろし、背中合わせとなって続ける。

「だけどよォ、アルマに言われたんだァ。『ご主人様が、弱いキョーガさんなんていらない、なんて言うと思いますぅ?』ってなァ……そこで気づいたんだァ。俺ァリリアナの事を信じてなかったってなァ」
「……リリちゃんを……信じて、ない……?」
「あァ……まァよく考えりゃァそりゃそうだよなァ。あのリリアナがァ、弱いからいらないなんて言うはずねェよなァ」
「でも……あたしはキョーちゃんより弱いよ。キョーちゃんがいるなら、あたしは必要―――?!」

 ふっと、背もたれが―――キョーガがいなくなった。
 無意識の内にキョーガに寄り掛かっていたサリスは、簡単にバランスを崩し―――直後、後ろから乱暴に頭を撫で回され、体を硬直させる。

「……弱いから必要ねェ、なんて事ァねェ。弱いおめェでもォ、弱い俺でもォ……リリアナは頼りにしてくれるゥ。必要ねェ事なんてェ、永遠にねェよォ……それでも不安になるんだってんならァ、俺を頼れェ。もたれかかる背中ぐれェは貸してやるよォ」

 サリスの頭をぐしゃぐしゃと撫で回しながら、キョーガらしからぬ温かい言葉を掛ける。
 頭に置いてあるキョーガの手を掴み、自分の胸に当て……震える声を絞り出した。

「……弱くても、いいの?」
「おめェの弱さはァ、俺がカバーしてやらァ」
「……役立たずでも、いいの?」
「役立たずなわけねェだろォがァ……おめェは俺より鼻が利くしィ、耳だっていいんだァ……できねェ事よりィ、できる事を数えろォ」
「……笑ってても、いいの?」
「むしろ笑ってろォ。あんまり言いたくねェがァ、俺ァおめェの笑顔が好きなんだァ」
「……………」
「それでもォ、自分がよえェ事やァ、俺や『禁忌箱パンドラ』に負けてる事が悔しいんならァ……強くなれェ。下を向いてる暇なんざねェぞォ?俺だって『最強』を目指して鍛えてんだからなァ」

 と、サリスがバッと振り向いた。
 そのままキョーガに抱き付き、顔を隠すようにキョーガの胸部にぐりぐりと顔を擦り付ける。
 抱き締められる痛みに、キョーガの口から呻き声が漏れそうになるが……グッと堪え、今度は優しく頭を撫でた。

「……ね、キョーちゃん♪」
「なんだァ?」
「…………………………あり、がと……ね♪」
「礼ぐらい顔見て言えよォ」
「あはっ♪見れるわけないじゃ~ん♪」

 目に涙を溜めながら、いつもの調子でサリスが顔を擦り付け続ける。
 その涙は……先ほどまでの涙とは違い、美しく光っていた。

―――――――――――――――――――――――――

「戻ったぞォ……っとォ……?」

 サリスを連れて会議室に戻ってきたキョーガは……眼前の惨状を見て、思わず扉を閉めたくなった。
 マリーのスカートの中に隠れるシャルアーラに、そんなシャルアーラを引きずり出そうと奮闘しているアルマ。
 無表情のままシャルアーラを受け入れているマリーは―――両腕を武器に変え、金髪碧眼の女性と向かい合っていた。
 耳の先端は尖っており、腕や頬に不思議な紋様が刻み込まれている金髪の女性は……一目ひとめで、異質な力を持つ者だと認識させる。

「はっはあっ!どうでありますかぁ?!手も足も出ないでありますよね?!無敵であります最強でありまぁす!ほら、黙っていないで何か喋るであります!」
「うるっさいですぅ!いい加減黙って外に出てくださいよぉ!」
「【警告】 魔法陣を消して当機たちから離れろ。さもなくば、この場で貴様を殺す」
「ちょっとアルマ殿?!引っ張らないでほしいであります!あ、あ、ストップであります!」
「だったらしっかり謝ってくださいぃ!セレーネを怒らせたのはあなたなんですよぉ?!」
「あああああ謝らないでありまぁす!雑草が立って話すのが悪いのであります自分は悪くないでありまぁす!」
「【警告】 早く離れろ『森精霊エルフ』。この建物もろとも吹き飛ばすぞ」

 ……混沌カオス、と呼ぶ他にない。
 ひょっこりとキョーガの後ろから室内を確認するサリスも、うわぁ……と言わんばかりに顔を歪めている。
 と、キョーガたちに気づいたのか、わたわたしていたリリアナが駆け寄ってきた。

「キョーガさん!サリスさん!お願いしますどうにかしてください!」
「わっけわかんねェよォ……何がどうなりゃこうなるんだァ」
「―――いい加減にしなさいモグラ。とっとと顔を出して、正々堂々と―――」
「うるっせぇ正々堂々なんて知った事じゃねぇでありますっ!というか、雑草が許可なく話すんじゃねぇでありますっ!刈り取るぞオラ!であります!」

 褐色少女と金髪女性の罵声を聞いたキョーガは……なるほど、と理解した。

 ……『地精霊ドワーフ』と『森精霊エルフ』が出会うと、こうなるのか。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く