不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

4章14話

 ―――体が、死ぬほど重い。
 目が覚めると同時、キョーガは不鮮明な思考の中でそう思った。
 指を動かし、体が動く事を確認する。
 ゆっくりと体を起こし、現状の確認をしようと頭を動かそうとして―――

「がっ……!ぐゥ……?!」

 身体中に、激痛が走った。
 この痛みは……ずっと味わっていなかった痛みだ。この先、永遠に味わう事のないだろうと思っていた痛みだ。
 筋肉の超回復―――いつぶりになるかわからない、筋肉痛。
 と、キョーガの呻き声が聞こえたのか、近くの椅子に座っていた少女がバッと振り向いた。
 キョーガと目が合い……嬉しそうに、けれども心配そうに声を掛けてくる。

「キョーガ……!大丈夫ですぅ?」
「アルマかァ……?……ここォ、どこだァ?」
「えっとぉ……ほけん、しつ……?とか言ってましたよぉ」
「保健室ゥ……?って事ァ、ここァまだ学院かァ」

 キョーガの呟きに、アルマが無言で頷く。

 ……少しずつ、何があったかを思い出してきた。
 確か俺は……『禁忌箱パンドラ』を殺したんだ。それで、あのガルドルとかふざけた男を掴み上げて……

「そうだァ……!リリアナはァ?!リリアナはどこだァ?!」
「お、落ち着いてくださいよぉ。ご主人様は無事ですぅ。今は別室でこの学院の先生に事情を説明してますぅ」

 掴み掛かるキョーガをなだめるように、アルマが説明しながら扉の方に目を向ける。
 アルマの視線を追い、扉を見つけたキョーガが、ベッドから飛び降りて―――ガクンッと膝を落とした。

「あァクソッタレェ……!久しぶりすぎてきちィなチキショォ……!」
「キョーガ?どこか痛むんですぅ?」
「……何もねェ……行くぞォ」

 強がり、痛む体を無理に動かして扉を目指す。
 ―――と、アルマがいきなりキョーガの左足を蹴った。躊躇ちゅうちょなく。
 パァンッ!という爽快音が室内に響き―――突然の蹴撃を食らったキョーガは、目を大きく見開いて床に崩れ落ちた。

「いぎっ―――?!」
「……強がりたいのはわかりますけどぉ……足、ガクガクですよぉ?」

 座り込むキョーガの背中を優しく撫でながら、心配そうに声を掛ける。
 蹴りの痛みに絶叫を上げなかったのは、キョーガが声を出さないように踏ん張った―――のではなく、単に痛すぎて声が出なかっただけだ。

「て、めェアルマァ……!筋肉痛の場所を蹴るとかマジふざっけんなよオイ……!」
「……まったく……いい加減、他人を頼る事を覚えましょうよぉ。あなたの目の前には誰が立ってるんですぅ?あなたに惚れ込んだ女がいるんですよぉ?……少しくらい、ボクを頼ってくださいよぉ」

 どこか悲しそうに瞳を揺らすアルマ……そんなアルマを見て、キョーガは小さく舌打ちした。

「……はァ……アルマァ、肩を貸せェ……リリアナん所に行くぞォ」
「……はい!」

 ―――この後、2人の身長が合わなくて、よくわからない体勢のままリリアナたちの所に向かったのは……まあ、言うまでもない。

―――――――――――――――――――――――――

「……今回の件。君がいなかったら大変な事になっていた。本当にありがとう」

 美しい女性が、向かい側に座る少女に深々を頭を下げる。

「そ、そんな、頭を上げてください、学院長。私は大した事はしていません。むしろ、アバンさんやデントさん、ラッセルさんの方が頑張っていました」
「何を言っているんだリリアナ。今回の騒動、お前がいなかったらどうなっていたか……」
「そうよリリアナ!『禁忌箱パンドラ』なんて、ラナじゃ絶対に勝てなかったわ!」

 苦笑を浮かべるデントが、リリアナの手を取るラッセルが、今回の騒動について思い返す。

 キョーガたちが『禁忌箱パンドラ』と戦っている時、デントとラッセルは、生徒と保護者の安全を確保していたのだ。
 出口がないように思えた『封じられし禁忌迷宮ナイトメア・パンドラ・ボックス』……しかし、デントの召喚獣である『金欲竜ファフニール』の『転移魔法』をもってすれば、外に出る事など簡単。
 『氷結銀狼フェンニル』で『人類族ウィズダム』を探し、『金欲竜ファフニール』で外に出す。
 デントとラッセルは、見えない所で活躍していたのだ。実際、2人のおかげで死人はいない。

「……ふむ……リリアナ」
「は、はい?」
「君は、何匹の召喚獣と契約しているんだ?」

 慣れない褒め言葉に、リリアナが顔を真っ赤に染め……学院長の言葉に、今度は表情を引き締める。

「君の噂は、前々から聞いていたよ。どれもこれも、あまり良い噂ではなかったがね」
「それは、まあ……そうでしょうね」
「しかし、今日の君の働きは、職員たちから聞いていた無能とは程遠い……初級召喚獣すら召喚できなかったはずの君が、どうやって『禁忌箱パンドラ』を討ち取った?君は、何匹の召喚獣と契約している?」

 現在、リリアナは1人だ。
 キョーガとアルマは保健室。サリスは……何故か消えてしまった。マリーとシャルアーラは、消えたサリスを探している。
 『今日の自分たち、何だか人探しをしてばかりではないでありますか?』と言っていたシャルアーラが、マリーに引きずられて外に連れ出されたのはついさっきの出来事だ。

「私が契約しているのは、4匹の召喚獣です」
「ほう……種族と、召喚獣名は?」
「……『死霊族アンデッド』の『反逆霊鬼リベリオン』、『吸血鬼ヴァンパイア』、『地獄番犬ケルベロス』。そして、『精霊族スピリット』の『地精霊ドワーフ』です」
「……うん?先ほどの金髪の少女は?」
「『機巧族エクスマキナ』という種族です。人工的に造られた種族……と聞きました」

 ちなみにアバンは、この場にいない。別室で拘束されているガルドルの見張りだ。

「……ふむ……最上級召喚獣4匹と契約か……」
「で、でも、自分で召喚できたのは『反逆霊鬼リベリオン』と『地精霊ドワーフ』だけで……『吸血鬼ヴァンパイア』と『地獄番犬ケルベロス』は、たまたま契約できただけなので……」
「それでも、2匹の最上級召喚獣を召喚するなど……それに、『魂の器』はどうなっている?4匹もの最上級召喚獣を許容する『魂の器』など、聞いた事もない―――」

 そこまで話して、ガチャっと会議室の扉が開けられた。
 マリーとシャルアーラが帰ってきたか?と室内の全員が視線を向け―――現れた2人の男女を見て、思わず固まった。
 不愉快そうに顔を歪めている黒髪の男と、『頑張った!』とニコニコ笑っている青髪少女。
 どちらも底知れぬ覇気をその眼に宿しており、尋常ならざる実力を持っているのはあきらか……なのだが。

「……キョーガ、さん?えっと……その体勢は……?」
「聞くんじゃねェリリアナァ……!俺だってェ、俺だってこんな無様ぶざまな姿ァ……!クソォ……!」

 少女に両足を持たれ、体を引きずられているその姿は、とても『禁忌箱パンドラ』を討ち取った―――史上4度目の『神殺し』を成した人物には見えない。
 なんというか……まるでキョーガが物のようだ。

「オイアルマァ、手ェ放せェ……」
「大丈夫ですよぉ!ボクまだピンピンしてますぅ!このまま椅子に座らせますよぉ!」
「だから放せってェ―――がっ?!」

 1歩踏み出し、会議室に足を踏み入れた。
 その際、キョーガが段差に頭をぶつけていたのだが……気づいていないのか、ズルズルと引きずって笑みを浮かべている。

「はいっ!着きましたよぉ!」
「……てめェ後で覚えてろよォ」
「そんなぁお礼なんて良いですよぉ!」

 ビキキッとキョーガのひたいに青筋が浮かび上がる。
 キョーガの手伝いができた事が嬉しいのか、鬼気を放つキョーガをスルーして一層笑みを深めた。

「はァ……んでェ、今ァどういう状況だァ?」
「あ、えっと―――」
「君が『反逆霊鬼リベリオン』か?」

 リリアナの声をさえぎり、キョーガに問い掛ける女性。学院長だ。

「あァ……?……いや誰だてめェ。まずは名乗れや話はそっからだろォがァ」
「ああすまない。私は『シエラ・マスカレード』。この学院の学院長を務めさせてもらっている」
「学院長ゥ……?……そうかァ。俺ァキョーガだァ」

 立ち上がり、握手を求めて手を差し出すシエラ。
 対するキョーガは……ペコリと頭を下げるだけで、握手を交わさなかった。
 ギョッとした表情でキョーガを見るリリアナが、『何してるんですか!握手してください!』と視線で訴えてくるが……それでもキョーガは動かない。
 いや……正確に言うなら、『動かない』ではなく『動けない』の方が正しいのだが。
 もちろん、リリアナがキョーガの筋肉痛を知るはずもなく、強制的に握手させようとキョーガの腕を持ち上げた。

「バカバカバカバカやめろォッ!」
「何してるんですか?!キョーガさんが他人嫌いなのはわかってますが、握手を求めている相手に会釈だけってあんまりですよ!ほら、早く学院長と握手してください!」
「待てわかったァ!わかったから落ち着けェ!自分のペースで握手させろォ!」

 震える足で立ち上がり、力の入らない手で握手を交わす。
 そのままドカッと乱暴に腰掛け、背もたれに体重を預けるようにしてシエラと向かい合った。
 ……だらしなく椅子に座り、シエラを見下ろすように顔を上げているキョーガの姿は……誰がどう見ても、生意気な小僧だ。
 わざとではない。そうわざとではないのだ。
 力を入れると体が痛むため、とりあえず脱力しているのだが……それがむしろ、生意気さを引き上げている。

「……キョーガさん。いい加減にしないと、『命令』で立たせたまま話し合いに参加してもらいますよ?」
「いやちげェんだよォ。筋肉痛が酷いんだってェ」
「キョーガさんが筋肉痛なんてなるわけないじゃないですか!冗談もほどほどにしてください!私も怒りますよ!」
「冗談じゃねェんだってェ!」

 さすがにこのままではキョーガが立ったまま話し合いに参加すると思ったのか、アルマがリリアナに事情を説明し……キョーガを疑ったリリアナが、首が取れるほどの勢いで何度も謝ったのだが……それはまた、別の話。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く