不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

4章13話

 辺りを、異様なほどの静寂が包み込む。
 ……まさか、あれだけいたモンスターが一瞬で消し飛ぶなんて。
 目の前の現実に、キョーガとアルマ以外の全員が息を呑んだ。
 そんな一同の反応を見て、どこか満足そうにアルマがうんうんと頷き……それを成したキョーガが、『蒼角』を輝かせながら口を開いた。

「―――あっづゥ?!んっだこりゃァ?!」

 初めて『焼却角砲ホーン・ファイア』を使った時のように、熱を持つ角を必死に冷やす。
 それでも全然冷えないのか、キョーガが近くの壁に頭を突っ込んだ。
 ドゴオオオオオンッッ!!と迷宮が揺れ……少しは角の熱が落ち着いたのか、できるだけ感情を出さないように無表情を保とうとする程度には冷えたようだ。
 だが……本来紅いはずのキョーガの角は、今も蒼く輝いている。

「……『蒼角の反逆霊鬼リベリオン』……さすがキョーガですぅ」
「んァ……?なんだそりゃァ?普通の『反逆霊鬼リベリオン』と何かちげェのかァ?」

 頷き、キョーガの問い掛けに答えようとアルマが口を開きかけ―――その前に、怯えたような少女の声が聞こえた。

「う、そ……『蒼角の反逆霊鬼リベリオン』……?!なんで……うそ……400年前に死んだはずでしょ……?!」

 ―――その声は、震えていた。
 いや、声だけではない。
 体をガタガタと震わせ、怯えた眼でキョーガを見ている。

「あり得ない……あり得ないあり得ないあり得ないあり得ないッ!そんなのッ!絶対ッ!あり得ないんだから―――!」

 声を上げるミーシャ……だがやはり、声は震えている。
 先ほどまでの余裕もどこへ消えたのか、キョーガを見てイヤイヤと首を振り―――黒い箱を、キョーガに向けた。

「来るな……ッ!来るな見るな寄るな喋るなやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろ―――」
「……オイアルマァ?アイツどうしたんだァ?」

 壊れたように、狂ったように。おかしくなってしまった機械のように、震えながら何度も同じ言葉を繰り返すミーシャ。
 さすがのキョーガも、その姿には悪寒を……いや、正しくは、嫌悪を感じたのだろう。
 盛大に顔をしかめながら舌打ちするキョーガが、全てをわかっているかのように1人で頷くアルマに声を掛けた。

「……まぁ、無理もないですよぉ……『蒼角』なんて、普通の『神精族デウスロード』からすれば、恐怖の象徴ですからねぇ」
「答えになってねェよォ……もうちっとわかりやすく説明しろォ」
「『蒼角』は、伝説の『反逆霊鬼リベリオン』であるオルヴェルグの特徴だったんですよぉ。なんでも、本気で戦う時のオルヴェルグは、『紅角』が『蒼角』になるとかならないとか……まぁ、400年も前の話ですから、本当かどうかは疑わしいですけどぉ」

 一部の『神精族デウスロード』にとって、『神殺し』を2度も成し遂げた『反逆霊鬼リベリオン』は恐怖そのものだ。
 まして、あのオルヴェルグの特徴である『蒼角』を生やした『反逆霊鬼リベリオン』など……ミーシャでなくても、恐怖を感じる事だろう。

「ぜつ、ぼうをぉ……!『絶望を封じ込めし匣ディスペアー・ボックス』……!」

 黒箱が開き―――再び、黒い触手が現れる。
 だが、驚くべきは、その数だ。
 先ほどの数を大きく上回り……触手の数、およそ50本。
 しかも―――全て、キョーガに向いている。

「……アルマァ」
「はいぃ」
「リリアナを頼むぜェ」
「任せてくださいよぉ」
「死んで……死んで―――!」

 願うように叫び、ミーシャの黒箱から触手が放たれる。
 しなりながら。うねりながら。回転しながら。不規則に変化しながら。
 確実に相手の命を狩り取らんと迫る触手―――と、何故かキョーガが首を傾げた。

 なんだ、コイツ?俺を舐めてるのか?
 そんな攻撃……当たる方が難しい。
 いや……違う?触手の速さは
 ならなんで……こんなにも、遅く感じる?

「ふゥ―――」

 頭を下げ、体を傾け、足を引き―――最小限の動きで、触手を避ける。
 鮮やかな回避技術……相手をねじ伏せ、力で圧倒するキョーガからは考えられない繊細さだ。
 あまりの美しさに……まるで、触手がキョーガを避けているようにさえ見える。

「……なんだァ……不思議な感じだなァ」
「く、るなぁああああああああああッ!」

 風を斬る音と共に、黒い触手が放たれる。
 ふらり、と倒れるようにして触手を回避し―――加速。
 踏み出したキョーガが、たった1歩でミーシャとの距離を詰めた。
 ニイッと口の端を歪めるキョーガを見て、ミーシャが大きく後ろへ飛ぶが―――またたく間にミーシャの背後に回り込み、拳を構えた。
 絶対破壊の拳が、ミーシャの頭を殴り潰さんと放たれ―――ピタッと止まった。

「……キョー……ガ?」

 いつの間に移動したのか、リリアナの隣に立つアルマが、動きを止めたキョーガを見て首を傾げた。

「……はっ、クッソつまんねェ……やめだやめだァ」

 拳を下ろし、乱暴に頭を掻きながら振り返る。
 その顔は……期待外れと失望とで彩られており、心底つまらなさそうにため息を吐くキョーガが、リリアナの方へ歩きながらミーシャに言葉を投げ掛けた。

「……オイコラ『禁忌箱パンドラ』ァ、今すぐ俺らをこの迷宮から出せェ……そしたらァ、命までは取らねェで見逃してやるゥ」

 予想外の言葉に、アルマとミーシャが驚いたように目を見開く。
 つまらなさそうなキョーガの表情と、忠告とも取れる言葉を聞き―――ミーシャが、顔をうつむかせた。

「……バ、カに……して……!」

 うつむくミーシャから、震えた声が聞こえた。
 だが……誰もが気づいたはずだ。
 その声は、恐怖ではなく怒りで震えていた事に。

「あの忌々しいオルヴェルグが、この世に存在するはずがない……!あなたはただの『反逆霊鬼リベリオン』……!そう……恐れる必要なんて―――ないッ!」

 ズアッと。空間が触手で覆われる。
 その数、先ほどの50本とは比にならない。
 床をえぐり、壁を粉砕し、天井を突き破りながら迫る触手―――次の瞬間には、半数以上がぜた。
 飛び散る触手の液体に、ビチビチと床を跳ねる触手。
 もちろん原因はキョーガだ。
 迫る触手を見極め、アルマですら目で追えない速さで触手を爆散させたのだ。

「……忠告はしたからなァ?どうなっても知らねェぞォ?」

 キョーガの『蒼角』が強く輝き―――その先端に、蒼い炎球が現れる。

 ―――『蒼の太陽サン・シャイン』。それが、この蒼い炎球の本当の呼び名。
 400年前、『死霊術士』と共に戦っていたという最強の『死霊族アンデッド』、オルヴェルグが使っていた技だ。
 『種族能力』である『焼却角砲ホーン・ファイア』を極めた者だけが使える技と言われており……この蒼球を使えたのは、後にも先にもオルヴェルグだけだったと言う。

「失せろォ―――『焼却角砲ホーン・ファイア』」

 ボッ!と加速し、蒼球が発射。
 破壊と滅亡をもたらす蒼球がミーシャに迫り―――

「……ホント……意味、わかんない……」

 小さな呟き―――直後、蒼球が爆発。
 迷宮内部に轟音が響き渡り、床や壁、天井が簡単に吹き飛び―――ふっと、辺りの光景が切り替わる。

 黒く息苦しい迷宮から、明るい外へ。
 一瞬にして消えた迷宮……原因は、何となくわかっている。
 ……『禁忌箱パンドラ』が死んだ。だから、能力で作られた迷宮は消えたのだろう。

「うっ―――ぎゃあああああああああああっ?!ひざっ、日差しがっ!死ぬ死ぬ死ぬっ!死んじゃいますよぉっ!」

 迷宮が消えた事により、元の場所に戻った……という事は、太陽の光が存在する場所に戻ってきたという事だ。
 現在、キョーガたちが立っているのは……外。時刻は、2時過ぎくらいだろうか。
 全員が太陽の光を受けて目を細める中……たった1人―――いや、心地良いはずの日差しを受け、絶叫を上げた。

「なぁあああああああああああああッ?!ああああアバンッ!目が覚めたら太陽の下とはどういう事だッ?!貴様、私を殺すつもりかッ?!」
「レテイン……よかった、生きていたのか」
「今死にそうになっているのが見えぬのかッ?!クソッ、私は『サモンワールド』に帰るぞッ!」
「キョーガっ!血を、血をぉっ!」

 騒がしい『吸血鬼ヴァンパイア』たちを無視して、キョーガが元凶の元へと歩み寄った。
 呆然と地面に座り込むガルドル……キョーガが近づいて来ている事にも気づいていないのか、虚ろな目で地面を見つめている。

「―――ぁ、いっ?!」

 キョーガのデコピンを受けたガルドルが、涙目になりながら現実に引き戻される。
 目の前でうずくまるガルドルに舌打ちし、乱暴に襟元を掴んで持ち上げた。
 顔と顔が当たりそうになるほど近い距離……そこで、キョーガが低く怒りを口にした。

「てめェ、なァに被害者面してやがんだァ?なァオイ、どォ考えてもてめェが加害者だろォがァ……!何の目的があってリリアナをさらったかは知らねェがァ―――調子乗ってるとぶっ殺すぞゴラァ……!」

 『蒼角』が、キョーガの怒りを表すように強く輝く。

「ぼ、くは……僕は、ただ……見返したかっただけなのに……!バカにしてきたやつらを、見返したかっただけなのに……!」

 泣きそうに顔を歪めながら……ガルドルが、リリアナに視線を向けた。
 だが……その視線は、デントやラッセルが向ける視線とは全く違う。

「僕より才能がなかったのに……!リリアナだけは、無事に迷宮から出してあげようと思ってたのに……!『無能』なのに……!」

 ―――この視線は、アバンがリリアナに向けていた視線にそっくりだ。

「―――リリアナッ!シャーロットッ!」
「……お父様……?」

 遠くから駆け寄ってくるカミール……シャーロットの姿を見て、固まった。
 そして……己の無力を嘆くように、力なく地面に膝を突く。
 ……無理もない。自分の娘が……次に会った時には、片腕を失っているのだから。

「―――なんだ?!何があったんだ?!」

 迷宮にいたのであろう、先生のような『人類族ウィズダム』がどんどん集まってくる。
 座り込むガルドルと、怒れるキョーガを交互に見て……キョーガを睨み付けた。
 生徒を掴み上げる凶悪な少年……この光景だけ見れば、悪者は確実にキョーガだ。
 誤解が広まらない内に、キョーガが事情を説明しようとして―――

 ―――クラっと、視界がブレた。

「なっ……ぶ、ふっ……あァ……?」
「キョーガさん?!」
「キョーガっ!」

 ガクッと膝を落とし、顔を下に向けると同時に鼻血が垂れる。
 ……腕に力が入らない……意識が朦朧もうろうとする……記憶の放出が始まったわけでもないのに……頭がボーっとする……?

 ―――実はこの時、キョーガの体には相当の負荷が掛かっていたのだ。
 原因は―――『蒼角』。
 筋力、そして動体視力を底上げする『蒼角』は……キョーガの脳に、尋常じゃない負荷を掛けていた。

 もちろん、そんなのキョーガが知るはずもない。
 どんどん不鮮明になっていく思考―――キョーガの意識は、現実から切り離された。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く