不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

4章10話

「だ、ダメですよアバンさん!相手は『禁忌箱パンドラ』ですよ?!アバンさんの『サイクロプス』では―――」
「無能は黙ってろ。大人しくそこの女の人と一緒に下がって……いや、尻尾巻いて逃げてろ。かも知れないからな」

 シッシッと鬱陶うっとうしそうに手を振り、アバンがガルドルを睨み付ける。
 リリアナはアバンの事が苦手なのか、大人しく言う事を聞いて、シャーロットと一緒にアバンの背後へと隠れた。

「……よう。久しぶりだな、ガルドル」
「アバン君……ひ、久しぶりだね」
「お前……契約していた『ブルーフェアリー』はどうしたんだ?」
「『ブルーフェアリー』……?……そういえば、ガルドルさん……」

 そう。ガルドルは……『妖精族フェアリー』の初級召喚獣である『ブルーフェアリー』と契約していた。
 だが……『禁忌箱パンドラ』はいるが、『ブルーフェアリー』の姿は見当たらない。

「ああ、うん……契約破棄したよ」
「……へぇ、あんなに可愛がってたのにか?」
「………………僕が落ちこぼれだって言われてたのは、『ブルーフェアリー』が弱かったからさ。だから、契約破棄するのは、当然だよ」

 『禁忌箱パンドラ』の陰に隠れるガルドル―――その眼に、狂気が宿っている。
 穏やかな雰囲気は消え、強者の感覚を知ってしまったその姿は……普段のガルドルとは、似ても似つかない。

「……はん。『神精族デウスロード』と契約して、少し頭が狂っちまったのか?」
「……なんだって?」
「力を得るために相棒を手放し、その力で何をするかと思えば……卒業式をメチャクチャにしやがって……なあオイ、僕は密かにキレてるからな?」

 何を言ってるんだ。アバンの『サイクロプス』が、ガルドルの『禁忌箱パンドラ』に勝てるわけないだろう。
 舐めたように薄ら笑いを浮かべ、ガルドルがそう言おうと口を開きかけ―――アバンの放つ鬼気を感じて、ガルドルが怯えたように口を閉じる。
 ガルドルの前に立つミーシャも、異様な気配を感じたのか、眉を寄せた。

「……『死霊族アンデッド』の気配……それも、中級召喚獣とか上級召喚獣とかじゃない……へー。ただ生意気なだけかと思ってたけど、なかなか良い召喚獣と契約してるじゃーん」
「まあ、でないとこんな大口は叩けないだろ」
「あ、アバン、さん……?」
「まだいたのか無能。もうどうなっても責任は取れないからな?……『命令 戻ってこい』」

 アバンの命令に従い、『サイクロプス』がこちらに走ってくる。
 ズシンズシンと揺れる迷宮……そんな事は無視して、アバンがミーシャと向き合った。

「―――来い。『死霊族アンデッド』、『吸血鬼ヴァンパイア』のレテイン」

―――――――――――――――――――――――――

「……………」
「んァ?どォしたんだアルマァ?急にしかめっ面になりやがってよォ」

 迷宮を歩いていたアルマが、ピタリと固まった。
 可愛らしい顔が歪み、眉間にしわを寄せ、心底不愉快そうに牙を噛み鳴らす。
 普段の穏やかなアルマからは想像もできない表情だ。

「いえ………………何でもないですよぉ……まさか、そんなはず……ないです、からねぇ……」
「んだよオイアルマァ、なんかあるんなら言っとけェ」
「………………『吸血鬼ヴァンパイア』がいるような気がしますぅ……ボクじゃない、『吸血鬼ヴァンパイア』の気配が……」
「あァ?……けどよォ、『吸血鬼ヴァンパイア』はこの前サリスがぶっ殺しまくっただろォ?」
「キョーガもですよぉ?なんで責任をサリスになすり付けてるんですぅ?」

 鋭い指摘に、キョーガが肩をすくめ―――すぐに話を戻した。

「んな事ァどうでもいいだろォ……んでェ、その気配は確かなのかァ?」
「どうでもよくないですよぉ?今残されている『吸血鬼ヴァンパイア』の数、わかってますぅ?ボクとお父さんとお祖父さんだけなんですよぉ?」
「まァ……そォだなァ」
「はぁ……悪いと思ってるなら、ボクが子孫を残すのに協力してくださいよぉ?家族内で子孫を作るのは、さすがに問題がありますからねぇ」
「はいはいわかったわかったァ……」

 雑に返事をするキョーガが、とんでもない爆弾発言を投下する。
 自分が何を言ったのかを理解していないのか、キョーガが表情を変える事なく『お前との子孫を残す』と宣言した。
 数秒固まったアルマが……ボッと顔を真っ赤に染める。
 パクパクと口を開閉させ、キョーガの腕に抱きつき、興奮したように声を上げた。

「とっ……取った!言質げんち取りましたよぉ!」
「騒がしィやつだなァ……ちっとは落ち着けェ。リリアナを探すぞォ」

 アルマの腕を振り払い、素早く歩き始めるキョーガ―――その顔は、ほんの少しだが赤くなっている。どうやら、自分の言った事を理解しているらしい。
 それに気づいたアルマがニターと妖艶に笑い、再びキョーガの腕に抱きついた。

「……『吸血鬼ヴァンパイア』がいる気がするっつってたがァ、なんでそんなのわかんだァ?」
「同種族の気配は、何となく感じる事ができるんですよぉ……ほら、この前お父さんがボクの所に来たじゃないですぅ?あれはたぶん、ボクの気配を探って来たんだと思いますぅ……」

 ……なるほど。この前レテインがリリアナの家に来た時、どうやってアルマの存在を知ったんだ?と気になっていたのだが……そういう事か。
 納得したように頷き、キョーガが思い付いたように問い掛けた。

「なァオイ、その気配はどっから感じんだァ?」
「気配、ですぅ?……そこまで遠くはないですけどぉ……まあ、走って5分って感じですぅ」
「……んじゃァ、行くぞォ」
「え……えっ?!い、行くんですぅ?!ボクは嫌ですよぉ!だってこの気配、もしかしたら……」

 掴んだ腕を振り回し、本気で嫌そうに拒絶する。

「……なんでそこまで嫌がるんだァ?」
「だ、だって!この感じ……お父さんかも知れないですよぉ!もうボク、お父さんには会いたくないですぅ!というか、なんで行こうとするんですぅ?!」
「何となくだァ……ちっとでもリリアナがいる可能性があんならァ、そこに行くぜェ」
「……はぁ……ボクとの子どもを作るって言ったそばから、他の女の所に行こうとするなんて……」
「なんかその言い方だとォ、俺が悪者みてェじゃねェかァ?」

 キョーガの問いかけには答えず、すねたように口を尖らせ、咎めるようにキョーガを見つめる。
 無言の圧力に耐えかねたのか、バツが悪そうに舌打ちした。

「………………行くぞォ。とりあえずゥ、リリアナを探さねェとォ」
「まあ、確かにそうですねぇ……はぁ……行きますぅ?」
「あァ……アルマァ、案内してくれやァ」

―――――――――――――――――――――――――

「ま、マリー殿……本当にこっちであってるでありますか……?」
「……【解答】 当機には道を知る手段がない。ゆえに、どの道の先にリリアナたちがいるかはわからない」
「……つまり、迷子って事でありますよね?」
「…………………………………………【肯定】」

 迷宮を歩く、2つの小さな影。
 右腕の大きな銃を構える金髪少女が無表情のまま先導し、その後ろを褐色白髪の少女がイソイソと追いかける。
 と、いきなりマリーが歩みを止めた。
 銃を構えて辺りを見回し……モンスターが近づいてきていると思ったシャルアーラが、慌ててマリーの背後に隠れる。

「……【感知】 こちらに接近する、強者の気配を感知」
「も、モンスターでありますか?!」
「【否定】 モンスターではない……これは……」

 曲がり角に銃口を向けていたマリーが、いきなり銃を下ろした。
 長い金髪を揺らしながら曲がり角へ進み……シャルアーラがその後を追い掛ける。

「―――ガルルルル……!」
「うぎゃああああ?!も、モンス―――あれ?」
「グルルルル……あは~♪よ~やく見つけたよ~♪」

 獣のように低く唸る少女―――サリスだ。
 全身を返り血で染めたその姿は……『地獄番犬ケルベロス』と呼ぶに相応ふさわしい。

「ね~♪リリちゃん見てないよね~?」
「見てないであります……あれ?……サリス殿は1人でありますか?アルマ殿やリリアナ殿は……?」
「ん~♪……それが、リリちゃんが消えちゃってね~♪今、探してるの~♪」
「【理解】 なるほど……マスターは?」
「アルちゃんと一緒に行動してるよ~♪……とりあえず、リリちゃんを見つけないとね~♪」

 そう言って、サリスがその場を立ち去ろうとして―――固まった。
 どうしたのか?と、シャルアーラがサリスに近づこうとして……隣に立っているマリーも固まっている事に気づく。
 遠くに眼を向け、何かに気づいたサリスが、地獄の底から響くような声でマリーに問い掛けた。

「……ね~マリーちゃん。この感じ……わかるよね~?」
「【肯定】 ……この感じは、まさか……」
「えっ、え?ど、どうかしたでありますか?自分にも教えてほしいであります」

 ニコニコと笑みを浮かべるサリス……だが、その笑顔は、いつもの明るい笑みではなく、暗く濁ったような黒い笑みだ。
 そんなサリスの姿に悪寒を感じながらも、シャルアーラが勇気を振り絞って問いかけ……直後に返された答えに、呆然とした。

「……アルちゃんのお父さん……レテイン・エクスプロードが現れた……かな」
「エクスプロード……って、『蒼き眼の吸血鬼』でありますか?!え?という事は、アルマ殿は―――」
「歴代最強の『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』、アルマクス・エクスプロード……それがアルちゃんだよ~」

 かされた事実に、シャルアーラは息を呑んだ。

 ―――歴代最強の『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』、アルマクス・エクスプロード。
 その実力と才能は、それまで最強と呼ばれていた『アスラード』という『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』すらも凌駕りょうがすると言う。
 彼女が残した戦果は、どれもこれも耳を疑うような事ばかりで……なんでも、20年前に『三大竜族キング・ドラゴニア』の『厄災竜ディザスター』を瀕死に追い込んだり、『死霊族アンデッド』を目のかたきにしている『精霊族スピリット』の『獄炎精霊サラマンダー』を単独で撃退したり……その実力は、『巨人族ギガント』の王である『始祖巨人ユミル』や、『神精族デウスロード』ですら恐怖を感じるほどだとか。

 そんなデタラメちゅうのデタラメな存在……それがアルマクス・エクスプロードという最強の『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』。
 その正体が、まさか1つ屋根の下で一緒に暮らしているアルマだったなんて……と、シャルアーラはぶっ倒れそうなほどに驚いていたりする。

「……ん~……?」
「サリス殿?どうかしたでありますか?」
「し~……ちょっと静かにしててね~……」

 黒い笑みを消し、身を低くして通路の先を睨む。
 と、何かに気づいたのか、サリスが先ほどまでの黒い笑みではなく、明るい笑みを浮かべた。

「……あは~♪……見~つけたぁ……♪」
「【感知】 レテインの気配の近くに、リリアナの気配を確認」
「え?……リリアナ殿がどこにいるか、わかったのでありますか?」
「うんっ♪……あの『吸血鬼ヴァンパイア』のおかげってのが、ちょ~っとムカつくけどね~♪」

 サリスが手足を地面に付け、マリーがシャルアーラを抱え上げた。

「それじゃ、行こっか♪」
「【了解】」
「は、はっ!了解であります!」

 四足動物のように駆け、サリスが迷宮の奥へと消えていく。
 ボッと加速し、マリーがシャルアーラを抱えたまま、その後を追い掛けた。

 ―――決着まで、残りわずか。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く