不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

4章9話

 ―――リリアナが、いなくなった。
 その言葉を聞いた瞬間、キョーガの眼から温度が無くなり、アルマが驚いたように目を見開く。

「……事情を聞こォじゃねェかァ」

 ボロボロとなって現れたサリスに、鬼気を放つキョーガが問い掛ける。

「う、うん……♪……モンスターの数が増えてきたから、ちょ~っと本気になって暴れてたの……♪で、気づいたら……♪」
「いなくなってたァ……ってかァ?」

 無言で頷くサリスを見て、眉を寄せ舌打ちする。
 ―――これも『禁忌箱パンドラ』の仕業か?だとすれば、何故リリアナを連れ去った?
 リリアナを連れ去る理由がわからないし……そもそも、サリスが敵の気配を見過ごすはずがない。となると―――

 黙って考え込むキョーガを見て、サリスがわたわたと慌てながら謝罪した。

「……ごめんね~、キョーちゃん……♪あたしがもっとしっかりしてれば……♪」
「気にすんなァ、おめェがわりィわけじゃねェ……それにィ、リリアナを見つける方法はあっからなァ」
「キョーガ、何か思い付いたんですぅ?」
「んァ……思い付いたのァ俺じゃなくてシャルだがなァ」
「……あの褐色ロリが、ですぅ?」

 不愉快そうに目を細め、頬を膨らませた。
 そんなアルマに苦笑を向け、キョーガが口を開く。

「一度『サモンワールド』に行ってェ、リリアナに召喚してもらえばいいだろォ?そォすりゃァ―――」
「もう試したんだよ~……♪……でも、リリちゃんが反応しなくて……♪」
「……反応しねェってのァ、どういう事だァ?」
「あたしが『サモンワールド』に行って、リリちゃんに召喚してもらお~と思ったんだけど……なんでかわかんないけど、リリちゃんが反応してくれないんだよ~……♪あたしが『サモンワールド』にいた事には気づいてたみたいなんだけどな~……♪」

 不思議そうに、不安そうに。
 らしくない表情のサリス―――その頭を、キョーガがグリグリと撫でた。

「リリアナが反応しねェんならァ、俺らで探すしかねェだろォ」
「でも、どうやって探すんですぅ?」
「んなの俺が知るかよォ。気合いでどォにかするしかねェだろォがァ……オイこらサリスゥ」

 まだ撫で回されていたサリスが、キョーガの呼び掛けに顔を上げた。
 そこにいるのは……『反逆霊鬼リベリオン』のキョーガではなく、先ほどの狂った『鬼神』の凶牙でもない。
 優しく、慈愛に満ちた眼で。でも口の悪さはいつものままの―――誰かを信じようとしているナキリ・キョーガがいた。

「いつまでしょげてやがんだァ?人探しはおめェの得意分野だろっがよォ。さっさと探し始めんぞォ」
「あたしの……得意分野……?」
「言わなきゃわかんねェのかァ?おめェも俺も同じでアホだなァ?……おめェは鼻がくしィ、耳だっていいんだァ……だったらァ、リリアナを探すのァおめェに頼るしかねェ……言わなくてもわかんだろォがァ」

 初めて、キョーガがサリスを―――いや、誰かを頼った。
 その事実にサリスが驚愕すると共に、キョーガの言葉を聞いて表情を引き締める。

「……ん~♪そりゃそっか~♪キョーちゃんは鼻が利かないし、あたしがやるしかないか~♪」
「急に調子戻しやがってよォ……まァ、いつまでもヘナヘナしてられるよりゃァマシかァ」
「うるさいな~♪……それと、いい加減撫でるのやめない?何だかムカつくんだよ~♪」
「おォわりわりィ、おめェの頭が低いからよォ、ついつい手ェ置いちまったァ」
「……………」
「……………」

 無言で睨み合うキョーガとサリス。
 やがてサリスが大きくため息を吐き、クルリと身を返して迷宮を歩き出した。

「……リリちゃんは、あたしがど~にか探すよ~♪キョーちゃんは、諸悪の根源をぶっ潰しといてよね~♪」
「あァ……任したぜェ」
「あは~♪……任されたよっ♪」

 と、サリスが手足を床に付け、四足歩行で迷宮の奥へと消えていった。
 本当に犬みたいだな、とか思いながら、キョーガもリリアナを探すべく、サリスとは反対方向へ歩き始める。

「……キョーガ?」
「んァ?」
「まだ、難しい顔してますよぉ……何を考えてるんですぅ?」
「……んやァ、ちっとサリスの言ってた事が気になってなァ」

 そう……さっき言っていた事。
 サリスは鼻がくし、耳だってキョーガとは比べ物にならないほどに良い。それに、かなり戦闘慣れしている。
 それほどの手練れが……リリアナに近寄る敵に気づかないだろうか?
 姿が見えない敵だったとしても、前のレテインみたいに匂いを辿る事ができるだろう。

 それに……リリアナだって。
 声を上げるなり、サリスを呼ぶ方法はあるだろうに……サリスは、気づいたらいなくなっていたと言った。
 女とはいえ、リリアナだって18歳の人間。抱えて連れ去るにはちょっと大変だ。

「……サリスが気づけねェほどの手練れって事かァ……?」
「だとすれば、可能性は1つですよぉ」
「あァ……『禁忌箱パンドラ』、だなァ」

 キョーガの言葉に、アルマが頷く。
 実際、『禁忌箱パンドラ』が強いのかはわからないが……こんな迷宮を作るぐらいだ。強いと思っておいて良いだろう。

「……ってかよォ、サリスはマリーたちと会わなかったのかァ?」
「……言われてみれば、確かにですよぉ……まあでも、ここは迷宮ですぅ。サリスがキョーガを見つけたのも、ボクがキョーガを見つけたのも、スゴく運が良かったんですよぉ」

 言いながら、アルマが手を繋ごうとキョーガに手を伸ばした。
 その手をぺしっと払いのけ、足早に迷宮の奥へと進んでいく。
 手を繋げなかった事に頬を膨らませ……どんどん進んでいくキョーガを見て、慌てて後を追い掛けた。

「……んァ……?」
「どうかしたんですぅ?」
「いやァ……ここにこんな通路あったかァ?」
「えっと……ボクはよく覚えてないですよぉ」

 迷宮内を見回して、不思議そうに眼を細める。
 そして、何を思ったか、いきなり迷宮の壁を殴った。
 轟音が響き、砂ぼこりが辺りを包み込み―――砂ぼこりが晴れると、そこには新しい通路が。

「……やっぱりィ……!」
「え?キョーガ、なんでここに通路があるってわかったんですぅ?」
「この道さっき通ったんだよォ……そん時ァ、もうちっと通路があったはずだァ」
「……確かなんですぅ?」
「俺ァ一度見た事は絶対に忘れねェ……あァ、間違いねェ―――」

 そこで言葉を区切り、アルマと向き合って言った。

「―――この迷宮はァ、内部が変化してるゥ……リリアナが突然消えたのもォ、サリスがマリーたちに会えなかったのも偶然じゃねェ……その『禁忌箱パンドラ』ってやつァ、迷宮の構造を変える事ができるらしいなァ」

―――――――――――――――――――――――――

「―――アナ!リリアナ!」

 黒い迷宮内に、切羽詰まったような声が響く。
 体を揺さぶられながら名前を呼ばれるリリアナが、ゆっくりと眼を開いた。

「……お、姉様……?」
「良かった……目を覚まさないから、どうしたのかと……」
「……ここ、どこですか?」
「わからないわ……いきなり壁が盛り上がって、別の通路に飛ばされたみたい」

 不安そうに瞳を揺らすシャーロットが、壁に手を当てながら眉を寄せる。
 そんな姉の姿を横目で見ながら、リリアナは集中を深めた。

 召喚士は、自身が契約した召喚獣がどこにいるかがわかる。
 この前、キョーガとシャーロットが戦ったとき、すぐにリリアナが駆け付けたのは……自身の召喚獣の居場所がわかるからだ。
 今回も同様。集中を深め、キョーガたちの居場所を探る―――

「ねー。余計な事はしないほうがいいと思うなー」

 ピリッと、肌が焼けつくような気配。
 リリアナが恐る恐る振り返り、隣のシャーロットが黄色の魔法陣を浮かべながら警戒を深める。
 そこにいたのは……騒動の元凶、『禁忌箱パンドラ』だ。

「んー……オレンジ色の髪……この子で間違いないよねー?」
「あ、う、うん……ありがとう、ミーシャ」
「いいよー。2人いたからどっちも連れてきたけど……どっちが『無能』の『人類族ウィズダム』なのー?」
「そ、そっち……優しそうな方……」

 ガルドルがリリアナを指さし、ミーシャがシャーロットを冷たい眼で見た。

「ふーん―――じゃ、こっちの『人類族ウィズダム』はいらないよねー。『絶望を封じ込めし匣ディスペアー・ボックス』」

 と、ミーシャの手の上に、真っ黒で小さな箱が現れる。
 ガパッと箱が開き―――そこから、黒い触手のような物が現れ、シャーロットに襲い掛かった。

「―――危ないわね」

 鮮やかな回避技術で触手を回避し、ミーシャを見て不敵な笑みを浮かべる。
 その笑みは……アルヴァーナやユリエが浮かべていた、強者の笑みで。

「ありゃー……?……避けるなんて、予想外だなー」
「そうかしら。この程度なら、私じゃなくても避けられると思うけど?」

 リリアナを背後に隠しながら、シャーロットが再び黄色の魔法陣を浮かべる。
 素早く辺りを見回し、ここからどうしたものか―――と。

「―――来い、『巨人族ギガント』のサイクロプスッ!『命令 そいつを殺せ』ッ!」
「ゴァアアアアアアアアアアアアアッッ!!」

 突如、迷宮内に轟音が響いた。
 所狭しと現れた巨人が、目の前で笑っているミーシャに襲い掛かる。
 1歩で距離を詰め、兵器とも言える剛腕を振りかぶり―――

「おっとっとー」

 ヒョイッと簡単に避け、ガルドルの腕を掴みながら、現れた巨人から距離を取る。

「……まったく。無能のお前が、なんでこんな所にいるんだよ」
「あ、アバン……さん?」
「ああ、僕さ……無能は下がってろ。あとは僕がやる」

 制服のホコリを払うアバンが、満をして登場したのだった―――

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く