不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

4章7話

「『三頭犬の狩猟ヘル・ハウンド』っ♪」

 サリスの足下に魔法陣が浮かび上がり―――そこから、2人のサリスが現れる。
 笑みを浮かべていない2人のサリスが近くのモンスターに飛び掛かり……見るも無惨な姿に変えた。

「ん~♪い~い感じだね~♪」
「うっ―――ふはぁぁぁぁ……」

 目にも止まらぬ速さで剣を振るアグナムが、いきなり息を吐き出した。
 魂までも抜け落ちてしまうのではないかと思うほどに深いため息……と、動かなくなってしまったアグナムに、黒騎士の群れが襲い掛かる。
 錆びた剣を構え、アグナムの首を斬り落とさんと迫り―――

「『白雷の一閃ライトニング』、『暴風の剣撃サイクロン・エッジ』」

 黄色の魔法陣と、緑色の魔法陣が浮かび上がり―――目を閉じてしまうほどに眩しい白雷と、不可視の暴風が吹き荒れた。
 迫る黒騎士の半数を白雷で焼死させ、残る半数を暴風が斬り刻む。

「……あなた……今、魔法を……♪」
「あら?何か不思議だったかしら?」
「……異なる種類の魔法を同時に使う『複数術士マルチ・ソーサラー』……あは~……♪冗談でしょ♪」

 ―――『複数術士マルチ・ソーサラー』。
 異なる種類の魔法を、同時に展開する事のできる者の呼び方……だが。
 『複数術士マルチ・ソーサラー』は、『精霊族スピリット』の最上級召喚獣である『森精霊エルフ』が得意とする分野。
 サリスでも、異なる種類の魔法を同時に展開するなんて、難しすぎてできない……『風魔法』の『追撃の風爪エア・クロウ』と『獄炎魔法』の『付属魔法・エンチャント・獄炎加護ヘルフレイム』を同時に使う事はできない……のに、『人類族ウィズダム』ごときの彼女が使えるなど……

「……何か勘違いしてるわね?」
「あたしが……勘違い~……?」
「召喚獣は確かに強力な力を持っているわ。でも、人間だって強くなれるのよ―――『人類族わたしたち』を甘く見ない事ね、召喚獣」
「―――ッ?!」

 ニッコリと笑うユリエが、静かに覇気を放つ。
 その覇気は、アルヴァーナが放っていた覇気にそっくりだ。

「それより……アグナム、大丈夫かしら?」
「はぁ……はぁぁぁぁ………………心配っ、かけました……もう、大丈夫……です……行きます!」

 荒々しく呼吸を整えるアグナムが、胸に手を当てながらゆっくり顔を上げる。
 ユラリと剣を構え―――再びアグナムの姿が消えた。
 迷宮の床が割れるほどに強く踏み込み、剣を振るった衝撃で壁に亀裂を入れる。

「……ほんと、『人類族ウィズダム』ってのはあなどれないね~♪」

 引きつったような笑みを浮かべ、近寄るモンスターを剛爪で迎撃しながら……サリスは、ふと考えた。

 ―――『地獄番犬ケルベロス』のサリスでさえ眼で追えないスピードを持つアグナム。
 『森精霊エルフ』の得意分野である『複数術士マルチ・ソーサラー』を使うユリエ。
 『死霊族アンデッド』に対しては最強のシャーロット。
 アルヴァーナやアグナムには及ばぬが、それでも人間の中では最強クラスであろうカミール。

 なるほど……才能に溢れた一家だ。
 そりゃあ、リリアナが学院の生徒に『無能』だと言われるだろう。

「……あれ……?」

 そこでようやく気づいた。
 ―――リリアナとシャーロットの姿が消えている事に。

―――――――――――――――――――――――――

「―――ガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッッ!!」

 吼える黒竜の口から、黒炎が放たれる。
 全てを焼き殺さんとたける黒炎が、目の前でユラリユラリと揺れている少年に迫り―――

「きひはははははははははははははははははははははははッ!あっはははははははははははははははははははははははッ!」

 気が狂ったように笑う少年が、雑に腕を振るう。
 直後、辺りに暴風が吹き荒れ―――燃え盛る黒炎を薙ぎ払った。
 先ほどまでは比べものにならない威力に、黒竜が低く唸り―――次の瞬間には、凶牙の姿が消えていた。

「ふひはははははははははァッ!」
「ルォッ―――」

 黒竜の腹部に潜り込んだ凶牙が拳を放ち―――ズンンッ!と鈍い打撃音が響き、黒竜の巨体が壁にめり込んだ。
 体を起こそうと黒竜が顔を上げた―――瞬間、再び凶牙の拳撃が襲い掛かる。
 笑いながら殴り続け―――迷宮の壁が耐えられなくなってきたのか、少しずつ崩壊し始めた。
 壁を、床を、天井を破壊しながら、拳の雨が黒竜に降り注ぐ。

「ァアアアア―――ガッ」

 笑う凶牙を殺さんと、左腕の剛爪が構えられ―――その前に、凶牙が黒竜の顔面を殴った。
 短く悲鳴を上げながら、黒竜の頭が地面に沈み―――轟音と共にクレーターが作られる。
 陥没した地面目掛けて、凶牙が追い討ちを掛けんと腕を振りかぶり―――

 ―――《ザザッ》と。
 凶牙の意識が不鮮明になった。

「あ…………ァ……?」

 ピタリと動きを止め、大きく目を見開く。
 体からどんどん力が抜け始め、凶牙が地面に膝を突いた。

 ―――『鏡に映る《ザザッ》三日月』『反射する光線』『曲がっ《ザザッ》た鉄格子』『血眼の殺戮者』

「あァクソったれェ……今来んのかよォ……!」

 凶牙が―――否、キョーガが苛立たしそうに舌打ちし、膝を突いたまま荒々しく呼吸を繰り返す。
 視線はどこを見ているのか定まっておらず、拳を握る力もないらしい。

「ルルル……ァアアアアアアアアアアアッッ!!」

 動けなくなったキョーガを前に、黒竜が勝利の雄叫びを上げた。
 余裕を持って剛爪を振り上げ、獲物の命を狩り取らんと―――

「【焼却】 『滅殺の魔光熱線ネオ・イグナイツ・レーザー』」
「ァオッ―――ォオオオオオオオンンッッ!!」

 崩壊した壁の奥から蒼い熱線が迫り、黒竜の剛爪を焼き飛ばす。
 左腕が消し飛んだ痛みに黒竜が絶叫を上げ……光線を放った人物を見て、鋭い目を細めた。

「【謝罪】 すまないマスター、少々時間が掛かってしまった……だが、威力は充分のようだな」
「マ、リー……かァ……?」

 右腕を大きな銃に変えたマリーが、粉塵を撒き散らしながら現れた。
 ヒーローのように参上したマリーの後ろに、ドライバーやペンチを持ったシャルアーラが、どこかドヤ顔でキョーガに視線を向け―――辛そうなキョーガの姿を見て、慌てて駆け寄ってくる。

「きょ、キョーガ殿?!どうしたのでありますか?!」
「シャルかァ……何もねェ、気にすんなァ」
「気にするでありますっ!この前気絶したがまた始まったのでありますか?!」
「……まァ、そんな感じだ―――」
「アアッ!アアァアアアアアアアアッッ!!」

 頭を振り上げ、キョーガたち目掛けて振り下ろした。
 それに気づいたマリーが、もう一度光線を放とうと右腕を構えるが―――その前に、黒竜が動かなくなった。

「―――モンスターの分際で、ボクのキョーガになにやってるんですぅ?」

 背中に深々と突き刺さっている紅色の槍。
 口から血を吐いた黒竜がゆっくりと振り返り―――そこに浮かぶ、青髪の少女を捉えた。

「ルオオッ―――」

 黒竜の口に黒い炎が浮かび―――青髪少女に向けて発射。
 迷宮の床や壁を熱で溶かしながら迫る黒炎が、青髪少女を焼き尽くさんと―――

「『血結晶技巧ブラッディ・アーツ』、『三重大剣ドライ・ブレイド』」

 ―――ボゴッと、床を割って巨大な大剣が現れる。
 ゆっくりと大剣が振り下ろされ―――迫る黒炎ごと、その奥にいた黒竜を真っ二つにぶった斬った。

「まったく……無事でよかったですよぉ。怪我はないですぅ?」
「……アルマァ……?おめェ、なんでェ……?」
「何となく、嫌な予感がしたんですよぉ……その様子だと、ボクの予感は当たったみたいですねぇ……」

 キョーガの目の前に膝を突き、心配そうに顔を覗き込む。
 少し体力が戻ったのか、辛そうに呼吸を繰り返しながら、キョーガが立ち上がった。

「……ふゥ……わりィ、心配掛けたァ……もォ大丈夫だァ」
「ウソ、ですよぉ?……全然、大丈夫じゃないですよねぇ?」

 ―――コイツは、何でもお見通しなのだろうか。
 相手の心を読む魔法とか使えるんじゃないか?と本気で疑うキョーガが、目の前で真っ直ぐ見つめてくるアルマの頭を撫でた。

「……はァ……アルマァ」
「はい」
「………………付いて来やがれェ。ふざけた『禁忌箱パンドラ』の顔面ぶん殴ったらァ」
「もちろんですよぉ」
「マリー、シャルゥ。おめェらァリリアナたちと合流しとけェ……リリアナの事ォ、頼んだぞォ」
「【了解】」
「はっ!了解でありますっ!」

 少しフラフラとしながら歩くキョーガ。
 その隣をアルマが歩き……迷宮の奥へと消えて行った。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く