不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

4章2話

「………………へェ……」
「き、キョーガさん、あんまり見ないでください……普通に恥ずかしいですから……」

 白い衣装を身にまとうリリアナが、キョーガの視線を受けて恥ずかしそうに目をせる。

「ご主人様、スッゴくきれいですぅ」
「あは~♪うん、似合ってるよ~♪」
「【同感】 リリアナ、似合っている」
「はっ!リリアナ殿、とても綺麗でありますっ!」

 4人からも称賛を受け、リリアナがますます顔を赤く染めた。

 ……普通に似合っている。
 アルマのような幼さもなく、サリスのようなエロい感じもなく……清楚で美しい。
 少々鎖骨さこつが露出されているが……いつも全裸に近いサリスを見ているからか、この程度の露出は何だか新鮮だ。
 違う。いつもは露出しないリリアナだから新鮮なのか。

「キレイだぜリリアナァ……スッゲェ似合ってるゥ」
「……本当ですか?」
「あァ―――」

 一瞬だけだが……不覚にも見惚みとれてしまった―――と、口から出そうになるのを慌てて呑み込む。

 ―――卒業式の衣装を受け取り、そのまま自宅へと帰ってきた。
 サイズが合っているかを確かめるために、こうして衣装を着ているのだが……サイズとか確かめるのは、普通は店でする事じゃないだろうか?

「それでェ、明日は俺らも付いて行くのかァ?」
「はい。キョーガさんたちがいないと……私、卒業できませんから」
「あァ……そんな事言ってたなァ」
「……私の卒業式に同席するなんて、嫌かも知れませんけど……お願いします」
「あァいやちげェんだよォ。俺が言いてェのァそういう事じゃなくてだなァ」

 表情を暗くさせるリリアナを見て、慌てたキョーガが己の発言を訂正する。

「……卒業式って事ァ、おめェの家族が来んだろォ?」
「まあ、はい。そうですね」
「……おめェの父ちゃんの姉ちゃんに会うのはァ、なァんかちっと気まずいっつーかァ……」
「……あ、そうでしたね」

 そう……以前キョーガは、リリアナの父親を大怪我させ、姉の顔面に傷を付けた。
 さすがに少し……いや、かなり気まずい。

「お父様とお姉様……それに、お母様に弟も来ますからね……でも大丈夫です!キョーガさんなら、すぐに仲良くなれますよ!」
「……あァ?……おめェ、弟もいんのかァ?つーかァ、そもそも何人家族なんだァ?」
「5人家族です!父の名前は『カミール・ベルガノート』、母の名前は『ユリエ・ベルガノート』……姉がシャーロットで、弟が『アグナム』って名前です」
「……おめェの母ちゃんと弟ってのァ、どんなやつなんだァ?」
「お母様は『魔法国家 マグアーナ』生まれの『魔術士』です!弟は『帝国 ノクシウス』の騎士学校に通っている学生で……最近ずっと会えていないので、実は少し楽しみなんです!」

 そう言って、嬉しそうに笑みを浮かべるリリアナ。

「キョーガさんは、ご家族はいらっしゃらないのですか?」
「あァ?……んなもんいねェよォ……俺ァ生まれた瞬間から独りだったからなァ」

 キョーガの言葉に、サリスとマリー、シャルアーラが驚いたように目を見開く。
 その言葉を聞いて、キョーガの話した『とある少年の話』を思い出したのか、リリアナが申し訳なさそうに顔を伏せた。
 気まずい空気が家を満たし、どうにかして話を変えようと―――

「……でもぉ、今は独りじゃないですよぉ?ボクが隣にいますぅ……キョーガの過去は、ボクが一緒に背負いますぅ……2人なら、辛い事も半分こですよぉ」

 ―――ただ1人、アルマだけはいつもの調子を崩さず、キョーガに柔らかい笑みを向けた。

「……はっ……あァ、アルマの言う通りだァ。今ァもう独りじゃねェ。おめェらがいるゥ……だからァ、んな顔すんじゃねェよォ」
「……すみません……」
「だァからァ、んな顔すんなってェ」

 撫でて撫でて!と近寄ってくるアルマの頭を撫で……嬉しそうに笑みを浮かべるアルマが、ギュッとキョーガに抱きついた。

「惚れたですぅ?キョーガ、ボクに惚れたですぅ?」
「惚れてねェよアホォ……」

 キョーガが気絶したあの日から、アルマが猛アプローチするようになった。
 裸を見られて吹っ切れたのか、それともアルマの頭の中では、キョーガとアルマは結婚している事になっているのか……定かではないが。

「そんじゃァ、ちっとはえェが昼にすっかァ」
「お~♪いいね~♪」

 予想外の人物からの期待を受け、キョーガが少し驚いたように目を眉を上げる。

「……はァ、珍しい事もあるもんだなァ?おめェが俺の飯を食いてェって言うたァなァ」
「あは~♪ま、そういう日もあるよ~♪……特に、食べた事のない料理を食べた日なんかは、ね~♪」

 そう言って苦い表情を見せるサリス。
 サリスの表情と言葉を聞いたキョーガは理解した。
 ああ、コイツもシャルアーラの料理を食ったのか、と。

「珍しいやつからの希望だァ……死ぬほど美味うめェの食わしてやんよォ」

―――――――――――――――――――――――――

「……キョーガ殿、起きているでありますか……?」

 深夜。みんなが寝静まったであろう時刻。
 控えめなノックが室内に響き―――扉の先から、褐色の少女が顔を出した。

「んァ……?んっだよ珍しィなァ、おめェが来るたァなァ……どォしたァ?」

 ムクリと体を起こし、隣で眠るアルマを起こさないように気を付けながら、キョーガがベッドから降りる。

「いえっ、あの……実は……」

 どこか恥ずかしそうに顔を伏せるシャルアーラ……その手には、枕が握られている。

「…………少し、怖い夢を見たのであります……」
「……そうかァ」

 それ以上は何も言わず、キョーガがベッドに戻る。
 アルマを右側に寄せ、左側をポンポンと叩き―――

「……こっち来なァ」
「い、良いのでありますか?」
「あァ……ってかァ、そのために来たんだろっがよォ」
「……はっ!失礼するであります!」
「大声出すんじゃねェ……アルマが起きっだろォ」

 慌てて口を塞ぐシャルアーラが、イソイソと布団に潜り込む。

「……明日ははえェんだァ……しっかり寝とかねェとォ、耐えらんねェぞォ」
「はっ、わかったであります」

 モゾモゾと動き、キョーガの肩に顔を擦り寄せる。

「……オイ、暑苦しィから離れなァ」
「……ダメ……で、ありますか……?」
「………………別にィ、ダメじゃねェけどよォ」

 両側からの温もりに、居心地悪そうに肩をすくめる。

 ―――アルマの温もりには、少し慣れた。
 だが、他のやつ……シャルアーラの温もりには、全く慣れていない。
 だから……少しだけ、拒絶反応が出てしまう。

「はァ……だから人肌ってのァ苦手なんだよなァ」
「……?……どうかしたでありますか?」

 にぎにぎとキョーガの手を握るシャルアーラが、不思議そうに問い掛ける。

「んやァ、なんもねェよォ……ってかよォ、シャルって何歳なんだァ?メチャメチャ幼いよォに見えんだがァ……」
「はっ、自分は13であります」
「13ってェ……中1じゃねェかァ……」

 アルマと同じく、外見と実年齢がバラバラなのかと思っていたが……シャルアーラは、見た目通りの年齢のようだ。
 というか、サリスとシャルアーラが2歳差というのは……信じられない。

「つーかよォ、13の子どもがァ、いきなり召喚獣になってェ……親とかァ心配しねェのかァ?」

 シャルアーラは、この世界に来てから……一度も『サモンワールド』に帰っていない。
 そこで心配になったのは……親などに許可を取っていないのに、ここで暮らしていて良いのか?という事だ。
 シャルアーラの両親からしてみれば、13の娘がいきなり消えて、別の世界で召喚獣になっているのだ……だとすれば、親に何か言っておくべきだろう。

「はっ、大丈夫であります。自分の両親が、自分の事を心配するなんてあり得ないであります」
「……そりゃまたァ、なんでだァ?」
「……自分、『地精霊ドワーフ』の中では『異端児』と呼ばれているであります。国を滅ぼした『反逆霊鬼リベリオン』のオルヴェルグ。彼の事をカッコいいと、英雄だと呼ぶ自分は、他の『地精霊ドワーフ』から見れば、ただの頭がおかしいガキであります」

 ぎゅっと強く手を握り、シャルアーラが声の調子を落とす。

「……そりゃそうであります。国を滅ぼした殺戮者を英雄と呼ぶ自分は……普通の『地精霊ドワーフ』からしてみれば、確かに異端児であります」
「異端児ねェ……」
「異端児?はっ、上等であります。召喚獣?はっ、やってやるであります!国外脱出?はっ!望むところでありまぁす!あんな暗くて空が見えなくて息が詰まるような場所、こっちから願い下げであり―――むぐっ」

 話していて徐々に熱が入ってきたのか、どんどん声が大きくなり―――シャルアーラの口をキョーガが押さえた。

「……ちっと落ち着けェ」
「し、失礼したであります……」

 黙り込むシャルアーラを見て、キョーガは―――どこか、親近感を持った。

 ―――リリアナの周りに集まるやつは、みんな心に何かしらの傷を持っている。
 リリアナも、アルマも……おそらく、サリスも。
 そして―――キョーガも。
 誰にも言えないような暗い過去を、深い傷を、必死に抱えて生きている。

 この少女もまた、キョーガたちと同類だ。
 気丈に振る舞ってはいるが……その声は、瞳は、どこか泣きそうに揺れている。

「………………はァ……」

 大きくため息を吐きながら、キョーガがシャルアーラの方を向き―――腕を伸ばして、シャルアーラを抱き寄せた。

「はっ……はっ?!き、キョーガ殿?!いきなり何を―――」
「……んな顔すんじゃねェよォ……ったくよォ、おめェもアルマもォ、思ってる事が顔に出すぎなんだってんだよォ」
「顔……で、ありますか……?」
「あァいやァ……顔っつーか声だなァ」

 暗闇に包まれた寝室。
 それでも……シャルアーラがどう思っているかなんて、声を聞けばわかる。

「……本当は不安なんだろォ?いきなり召喚されてェ、親と離れてェ……」
「……キョーガ殿には、何でもお見通しなのでありますか?」

 キョーガの胸に顔を押し付け、小さく震えるシャルアーラが続ける。

「そりゃあモチロン不安であります……見知らぬ土地にいきなり召喚されて。見知らぬ人に囲まれて。嫌いだった父殿と母殿の元から離れて………………不思議でありますね。あれだけ離れたかった両親から。あれだけ出ていきたかった国から離れて……こんなに不安になるなんて、思ってなかったであります」

 そりゃそうだろう。シャルアーラはまだ13なのだ。
 そんな幼い少女が、いきなり他人の家で暮らすようになれば……不安になるのも、無理はない。
 どうにかして慰めようと、キョーガが必死に言葉を探し―――

「……きょぉ……が……?」

 ―――ふと、右側から声が聞こえた。
 眠たそうに目をこすりながら、声の主が起き上がり……部屋の中を見て固まる。

「よ、よォ……起こしちまったかァ?」
「………………キョーガ……なんでその褐色ロリが一緒に……というか、なんで抱きついてるんですぅ……?」

 嫉妬に燃える吸血鬼が、怒りを込めた視線でシャルアーラを睨み付ける。
 ―――この夜は、まったく眠れなかった。とだけ言っておこう。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く