不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

4章1話

「……………」

 ―――早朝。
 屋根の上で胡座あぐらを掻き、瞑想する少年。
 落ち着いたその姿は……場所が場所なために、かなり異様な光景だ。

「…………ッ……く……」
「―――キョーガ殿っ!」

 ふと、キョーガを呼ぶ声が聞こえた。
 声を聞いたキョーガがゆっくりと目を開き……大きく息を吐き出した。

「―――はァッ!……あァ……きちィなァ……」

 屋根から立ち上がり、ズボンに付いた汚れをパンパンと払い取る。
 そのままピョンと屋根から飛び降り……軽やかな着地を決め、褐色少女に凶悪な笑みを見せた。

「えっと……何をしてたであります?」
「あァ?息止めて瞑想してたんだよォ……集中力を高めよォと思ってなァ」
「おお……瞑想!瞑想でありますか!カッコいいであります!」

 何がカッコいいのか、興奮したシャルアーラが握った拳をブンブン振り回す。

「何がカッコいいのかわかんねェがァ……まァいいやァ。んでェ、何しに来たんだァ?朝飯にゃァまだはえェぞォ?」
「はっ!自分は早寝早起きが得意……と言うより、習慣なのであります!そういうキョーガ殿こそ、早起きでありますね?」
「あァ、朝ァ時間があっからなァ……早起きすりゃァ、そんだけ暇な時間ができるゥ……『最強』に成るための時間ができるってこったァ」
「最強!いいでありますね最強っ!なんかもう、響きがカッコいいでありまぁす!」

 相変わらず『カッコいい』の基準がよくわからないシャルアーラに苦笑を向け、先ほど聞いた事をもう一度問い掛ける。

「んでェ、何しに来たんだよォ?」
「いえ、朝焼けでも見ようかと思って外に出てきたのであります……しかし、キョーガ殿は何時に起きたのでありますか?自分より早いとは驚きであります」
「……よく覚えてねェがァ、2時間は外にいんなァ」
「に、2時間でありますか?!自分が5時に起きたでありますから……さ、3時に起きたでありますか?!」

 指折り数え、驚愕に声を上げるシャルアーラ。
 時間の数え方は元の世界と同じなのか、とか思いながら、唐突にキョーガがシャルアーラを抱き上げた。
 突然抱き上げられた事にシャルアーラが目をパチクリさせ―――直後、キョーガが大きく飛び上がった。
 体を打ち付ける風と衝撃に、シャルアーラが思わず目を瞑り―――

「よっ、とォ……おゥ、いつまで目ェ閉じてんだァ?」

 おそおそる目を開き……目の前に広がる光景を見て、シャルアーラが感嘆のため息を漏らした。

「……わぁ……!スッゴいであります……!」
「やっぱ高い所から見る景色はちげェなァ……」

 一跳躍で屋根に登ったキョーガが、彩られてゆく朝空を眺めて目を細める。
 ……綺麗だ。
 元の世界でも朝焼けは何度か見たが……心の持ち方の違いだろうか。以前に見た朝焼けよりも美しく感じる。

 何も言わずに、朝焼けを眺める2人……と、シャルアーラが思い出したように問い掛けた。

「……そういえばキョーガ殿。体の調子は、もう良いのでありますか?」
「あァ、心配すんなァ。むしろ絶好調だってのォ」

 心配そうに見つめるシャルアーラの頭を、苦笑しながら撫でる。

 シャルアーラが心配しているのは……この前キョーガが気絶した事だろう。
 あの発作的な症状は……たまに起こるのだ。
 過去の研究員やマリーが言うには、『脳に負担が掛かりすぎたため、脳が強制停止する』のだとか。
 キョーガの脳は、過去にあった出来事を全て覚えている。
 それらの記憶が、何らかのキッカケで一気に放出され……脳じゃ処理しきれなくなるらしい。
 故に、強制停止が起こるのだ。

「にしてもォ……キレイだなァ」
「はっ!とても綺麗でありますっ!」

 雲のような白髪を揺らし、空のような蒼眼を細めるシャルアーラが、透き通った笑顔を見せた。
 その無邪気な姿に、釣られて思わず笑みが漏れる。

「さてェ……そろそろ戻っかなァ。朝飯の準備もしなきゃなんねェしィ」
「あ、自分も手伝うであります!」
「……んじゃァ、手伝ってもらうぜェ」
「はいであります!」

 再びシャルアーラを抱え、屋根から飛び降りた。
 軽やかな着地を決めたキョーガがシャルアーラを下ろし、そのまま家の中へ消えて行く。

「……誰も起きてねェなァ」
「まあ、自分たちが早すぎるのでありますから……仕方がないであります」

 ―――ちなみに、シャルアーラがどこで寝ているのか。
 この家には、個別の部屋は4つしかないため、シャルアーラが住む部屋がない。
 だから……シャルアーラは、アルマの部屋で寝ている。
 まあ、アルマはキョーガの部屋で寝るので、アルマの部屋は使われていないと思っていいだろう。

「……アルマ……ねェ」
「キョーガ殿、どうしたでありますか?朝御飯、作らないでありますか?」
「あァいやァ……今行くゥ」

 ―――キョーガはバカではない。
 他人の感情には多少うといが……それでも、アニメや漫画に存在する恋愛系主人公ほど鈍感ではない。
 だから……アルマが自分に好意を持っている事もわかっている。
 というか先日、裸のアルマがキョーガの服を脱がそうとした時点で確信した。

 だが……アルマの恋心は、ただの勘違いだ。
 考えてもみろ。こんな男を好きになる女なんて……普通、いないだろう?

 アルマは幼少期を暗い牢獄で過ごしていたため、父親や祖父以外の男とは話した事がないのだろう。
 だから……勘違いしている。
 アルマがキョーガに抱いているのは『恋愛感情』ではなく、ただの『兄妹』の感情だ。それを、恋心だと勘違いしている……と、キョーガは考えている。

「……気にしてもしゃァねェかァ……んじゃァ、始めっかァ」
「はっ!頑張るであります!」

 アルマの事を頭の片隅に追いやり、シャルアーラと共に朝ごはんの準備を始めた。

―――――――――――――――――――――――――

「……?……キョーガさん、これは?」
「あァいやァ……シャルが作ったんだがァ……まァ、見た事ねェ料理だなァ」

 目の前に出される料理を見て、リリアナが不思議そうに首を傾げる。
 一緒に料理していたキョーガも、鍋で煮えたぎっている物を見て驚きを隠せない。
 ジャガイモのような野菜を、何も手を加えずそのまま鍋に入れ、調味料のような物を心配になるほど入れたこれは……見た目だけで言えば、シチューに似ている。

「なァシャルゥ……こりゃなんだァ?」
「はっ!『地精霊ドワーフ』の名物料理であります!特に名称はないでありますが、とても美味しいであります!」
「……えっと……す、スゴい香りですね」
「……まァ、シャルが食えるって言ってんだァ……食って死ぬ事ァねェだろォ」

 笑顔のシャルアーラが、上機嫌にシチュー(のような何か)をつぎ分ける。
 鼻を突く強烈な塩や調味料の香り……思わずリリアナと顔を見合わせ、諦めたように肩を落とした。
 意を決し、キョーガがシチューを口に運ぶ―――と。

「……………」
「き、キョーガさん?」

 スプーンを口に入れたまま、固まった。

 ……なんだこれ。
 なんか、しょっぱいしジャリジャリする……あ、塩か。塩が溶けてないのか。
 それに、スゴい固い何かが……ああ、これ、あのジャガイモみたいなやつか。
 この赤いスープは……そういえば、調味料をめっちゃ入れてたな。あれの色か。てかめっちゃ辛いな。

 ……まあ、あれだ。
 控えめに……そう、に言って、ヤバイ。
 不味いとかじゃなくて、ヤバイ。

「キョーガ殿、どうでありますか?!」

 笑顔で返事を求めるシャルアーラに……ポンと。
 頭に手を乗せ、無理矢理笑みを作って……言ってしまった。

「……いいと思うぜェ」
「本当でありますか?!光栄であります!」

 無邪気な笑顔を浮かべるシャルアーラと、引きつった笑みを見せるキョーガ。

「まァ、もう少し塩やら調味料やらを抑えていいかも知れねェがァ……せっかく作ってくれたんだァ、しっかり食わせてもらうぜェ」
「はっ!次からは気を付けるであります!」

 出された料理を食いきったキョーガとリリアナは―――次から気を付けるんじゃなくて、次からは料理を遠慮してくれと願ったそうな。

―――――――――――――――――――――――――

「……あァ……なんかヤベェなァ」
「はい……少し体調が悪いですね……原因は、何となくわかってますけど……」

 町を歩く、キョーガとリリアナ。

 ―――もうすぐ卒業式がある。
 その時に着る服を注文しており、今こうして取りに行っているのだが……
 どうやらその服、リリアナの父親が注文したらしい。
 そのため、どんな服なのかがサッパリとの事。

「……大丈夫ですかね、アルマさんたち……」
「俺ァ知らん。アイツらの事だァ、うまくやるさァ」

 今頃、アルマやサリスもシャルアーラの料理を食べているだろう。
 一応、キョーガも朝ごはんを作ったのだが……さすがにシャルアーラの料理を食べた後に食う気にはなれず、そのまま台所に置いてきた。

「あの料理ィ、ほんとに『地精霊ドワーフ』の名物料理なのかァ?」
「シャルアーラさんは普通に食べてましたし……私たちとは味覚が違うのかも知れませんね」
「……これから飯作る時ァ、アイツの分だけ味を濃くしねェといけねェなァ」

 先ほど、シャルアーラの料理を褒めた事といい、いつからそんな気を使うようになったのか。
 最初のキョーガの性格を知っているリリアナは、不思議そうに……でも、嬉しそうに、キョーガの横顔を眺める。

「んっだよォジッと見やがってェ……なんか付いてるかァ?」
「いえ、なんでもないですよ!」

 視線に気づいたキョーガが問い掛け、それとなく誤魔化して先を急ぐ。

 ―――卒業式は、明日だ。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 電脳世界の住人

    とても面白かったです。話が進むにつれてキョーガの性格が丸くなって行くのが目に見えて分かりますね。
    1度、リベリオンなど話に登場している種族の説明をざっくりでいいから説明する回を設けては?

    1
コメントを書く