不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

3章14話

「………………あれ……あれぇ……?」

 風呂から上がったアルマが、誰かを探すように家中を走り回る。

「【質問】 アルマ、何をしている?」
「マリー……キョーガがどこにいるか、知ってるですぅ?」

 リビングで疲れた―――ように見えるマリーが、机に頭を預けてダラッとしている。

「【解答】 マスターは、シャルアーラと一緒に外へ行った」
「……え?」
「【説明】 シャルアーラが外に出て空を見たいと言い出した。さすがに1人で行かせるのは危険と判断したマスターが、シャルアーラと共に家を出た……10分ほど前の事だ」
「……キョーガ、と……『地精霊ドワーフ』が……2人きり……?」
「【感知】 敵意の増幅を確認……どうした、アルマ?」

 立ったまま固まるアルマ……と、異様な気配を感じたマリーが、アルマの顔を覗き込んだ。

「……ボクなんて……ボクなんて、最初会った時、殴り飛ばされたんですよぉ……?それに、優しい反応をしてくれるようになったのも最近ですぅ……のに、あの『地精霊ドワーフ』は……出会って数時間でお散歩ですぅ……?」
「……【理解不能】 どうしたんだ?」
「……マリー、キョーガと『地精霊ドワーフ』がどこに行ったかわかりますぅ?」
「【不明】 散歩だから、そろそろ帰ってくると思うが……」

 マリーの話を聞きながら、アルマが青色のローブを手に取った。

「……ボクも少し、お散歩してきますよぉ」
「【了解】」

 玄関を出たアルマが、黒翼を打って空へと舞い上がる。
 小さくなっていくアルマを見ながら……ポツリと、マリーが呟いた。

「……【理解】 なるほど……あれが生物の持つ恋愛感情というものか……温厚なアルマがあそこまで理不尽に怒るとは、なかなか興味深い……勉強しなくては」

―――――――――――――――――――――――――

「はー……はー……!こ、の……!」
「んっだよオイこんなもんかァ?期待外れにもほどがあんだろっがよォ……」

 水溜まりを踏み、退屈そうにため息を吐く。

「はぁぁ……!す、スゴいであります……!カッコいいであります!キョーガ殿、スゴく輝いてるでありますっ!」
「落ち着けってんだよォ。腕ん中で暴れんじゃねェ、落ちっぞォ?」
「はっ、失礼したであります!」

 キョーガの左腕に抱かれるシャルアーラが、プランプランと揺れている。

 ―――相性が悪かった。
 『氷結銀狼フェンニル』が使う魔法は『氷魔法』の上位互換、『氷絶魔法』。
 対するキョーガは、『焼却角砲ホーン・ファイア』という氷を溶かす技を持っている。
 つまり……魔法を使っても、キョーガにダメージを与える事はできない。
 近接戦闘もキョーガの得意分野……完全に相性が悪い。

「なァんか飽きてきたなァ……そろそろ帰るかァ」
「バカに、して……!」
「も、もうやめようよラナ……」
「いや、だ……!ラッセル……離れてて……!」

 負けず嫌いなのか、ラナと呼ばれる銀狼はまだまだヤル気のようだ。
 だが、睨まれるキョーガは……完全に興味が失せたのか、帰る気満々でアクビを溢している。

「……なァクソガキィ……てめェと遊ぶのァもう飽きたァ……こっから俺ァ遊ばねェぞォ?―――遊びじゃねェ俺とォ、まだるかァ?」

 ―――辺りの空気が、一気に張り詰める。
 膨れ上がる殺気を前に、ラナが身を強張こわばらせ……さっきまでは遊ばれていたという事実に気づき、悔しさに唇を噛み締めた。

「……もう、いい……『獣化』……する……!」
「だ、ダメだよ!ラナはまだ『獣化』をコントロールできないでしょ?!」
「……でも……!負けっぱなし……イヤだ……!」
「へェ……いい顔になったじゃねェかァ……」

 ニイッと口を歪ませ、キョーガがラナと向かい合った。

「おもしれェ……てめェの本気ィ、見せてみなァ」
「言われ、なくても……!『獣―――」
「見ぃつけたぁあああああぁああああああああああぁああああああああああああああああっ!」

 何かが、凄まじい勢いで落ちてきた。
 ズドオオオオオッ!と地面が揺れ―――粉塵の中から、青髪の少女が現れる。
 ギロッとキョーガを睨み、倒れそうなほどに青い顔でフラフラと近寄ってくる少女は、どこか怒っているようだ。

「おいおいアルマァ……何やってんだァ?」

 今から戦おうとした所を邪魔されたのだ……さすがのキョーガも、少し不機嫌そうにアルマを見下ろす。

「はぁ……はぁ……このぉ―――浮気者ぉおおおおおおおおっ!」
「……………あァ?」
「キョーガのバカっ!ゴリラっ!筋肉っ!変態変態変態っ!ロリコンっ!乙女心を弄んで、そんなに楽しいですぅ?!」
「ちっと待てやオイなんで俺が浮気者―――てめェ誰がロリコンだとォ?!」

 フラフラとヤバイ感じのアルマを右腕で抱き上げ、首元へ近寄らせて吸血しろとうながす。

「はぁ……はぁ……吸血なんか後でいいんですよぉ!」
「んっだよなら何しに来たんだよォ?!」
「キョーガがこの褐色ロリと遊びに行ったって聞いたから、慌てて探しに来たんですよぉ!なんですか女なら誰でもいいんですかこの尻軽男っ!」
「何が言いてェのかサッパリわかんねェよォ!」

 ジッとキョーガを見るラナとラッセル……その眼は、どこかキョーガを咎めているようだ。

「んっだよオイ俺が何したってんだよォ……!」

 珍しく困ったようなキョーガが、気まずそうにその場を走り去った。

―――――――――――――――――――――――――

「……はァ……もうわけわかんねェよォ……」

 風呂に入った後、自室で1人ため息を吐くキョーガ。

 ―――なんだ、何が悪かった?
 俺がアルマを置いて行ったのが悪かったのか?いやでも、怒られる意味がわからない。
 てっきり吸血するために追い掛けて来たのかと思ったのだが……違ったようだし。

 それに……浮気者とは?
 俺はそもそも、あいつと付き合っているわけでも、愛し合っているわけでもない。
 別にシャルとも散歩のために外へ出ただけだし……何が悪かったのか?

「……浮気者ォ……?」

 浮気……浮気?
 浮気ってのは、結婚した夫婦に使われる言葉だ。
 付き合っているだけだったら二股とかになるだろうし……つまり?

「……俺とアルマはァ、結婚してんのかァ?」

 まさかの想像に、キョーガがブルリと震える。

 ……いや……まさかそんな事は……
 プロポーズしたわけでもないし……されたわけでもない。

「……いやァ……冗談だろォ」

 両腕を組んで枕にし、目を閉じる。

 ……とりあえず、眠たい。
 まあ、昨日は深夜からアルマ奪還に行ったし、そこから風呂に入らず外に行き、『氷結銀狼フェンニル』と遊んで……正直、体に負担が掛かっている。 

「……寝るかァ」

 体の力を抜き、思考を止めて睡魔に身を任せ―――

「……キョーガ……?」

 コンコンとノックが響き、ガチャッと扉が開けられた。
 目を閉じているためわからないが……まあ、アルマだろう。

「……キョーガ……寝ちゃったんですぅ……?」

 寝ているわけではないが……顔を合わせるのが少し気まずいため、寝たフリする事にした。

「……よい、しょっと」

 ギシギシとベッドが揺れ……ふと、キョーガの体にズシッと、何かが乗った。
 ……重い……アルマか……?

「……暖かいですぅ」

 布団越しに、ギュッと抱き付かれる感覚。
 いつもの感覚だ……暖かくて、柔らかい。

「………………きょう……がぁ……」

 ……いい香りがする。それに、いつもより柔らかい……なんだ?
 うっすらと目を開け、青髪少女の姿を確認し―――固まった。

「……あっ、起きたですぅ?」
「あ、アルマァ……お、おめェ、なんでェ……?!」

 ―――全裸だった。
 申し訳程度に黒翼で大事な所を隠してる場所以外は……一糸纏わぬ姿だった。

「なんでって言われましてもぉ……ボクたちは一心同体なんですから、当然ですよぉ?」
「いやァ、わけわかんねェぞォ?!」

 全裸のアルマがキョーガの服に手を掛け、一気に脱がせた。
 割れた服部と鍛えられた胸部があらわになり―――ふと、アルマの視線が一ヶ所に集中する。
 なんだ?とキョーガが自身の体に視線を落とし―――慌てて左胸の下を隠した。

「……キョーガ、それ―――」
「見た……かァ……」

 観念したように力を抜き―――キョーガの左胸下に刻まれる、異様な番号が目に入る。
 そこには……日本語で『検体番号 10002』と刻まれていた。

「……はァ……リリアナに背中流してもらった時ァバレなかったんだがァ……」
「それ……なんですぅ?」
「……気にすんじゃねェ……んな事よりィ、おめェ服着ろォ。その格好じゃァ風邪引くぞォ」

 素っ気なく言って、キョーガがアルマの顔を見る―――と。
 何故かアルマが号泣していた。

「う、うぅ……!ぐすっ、きょおがぁ……!」
「お、オイ、何泣いてんだよォ?」
「だってキョーガ、こんなに傷つけられて……!」

 ぽろぽろと涙を溢しながら、アルマがキョーガの番号を指でなぞる。

「……別にィ、痛くも何ともねェんだァ……だからァ、気にすんなってェ」
「……何があったんですぅ?」
「ちっと事故っただけ―――」
「ウソですよぉ……ボクにはウソ、言わないんですよねぇ?」

 ああ、そんな事も言ったな、と思いながら。

「チッ……わーったよォ」

 ガシガシと頭を掻きながら……キョーガが自分の過去について話し始めた。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く