不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

3章13話

「……告白って……キョーちゃんが、アルちゃんに?」
「はい……どうやら、そのようなんです」

 お湯に顔をけ、表情を見せないようにブクブクと泡を立てるアルマ。
 だが、表情がよく見えないとしても、その体から放たれる幸せそうな雰囲気は隠せれていない。

 ―――キョーちゃんが、アルちゃんに告白した?冗談だろう?
 確かに、アルちゃんがキョーちゃんの事を好きに思っていたのは……日頃の態度を見ていればわかる……が。
 キョーちゃんがアルちゃんを好きというのは……あまり想像できない。というか、あり得ない。
 だって、あのキョーちゃんだ。暴力的でガサツなキョーちゃんだ。そもそも恋愛感情があるかすらも怪しいキョーちゃんだ。
 そのキョーちゃんが告白なんて……うん。100%あり得ない。

「えっと……♪ちなみに、なんて言われたの?」
「……お前の人生、俺に背負わせろって……お前の荷物、一緒に持たせろって……言われた、ですぅ」
「ふ、ふ~ん……♪」

 ―――それは、告白と言うのだろうか?と、言葉になるのをグッと呑み込む。
 よくわからないが……なんか、告白というには少し……いや、かなり言葉足らずだ。

「……アルちゃんはさ、キョーちゃんが好きなの?」
「………………はいぃ……」

 小さな胸に手を当て……ポツリポツリと言葉を溢す。

「キョーガの事を考えると、モヤモヤして……何だか、胸を握り潰されるような感じがするんですぅ」

 ―――キョーガの顔を見ると、ドキドキして、ソワソワして。
 キョーガの声を聞くと、心臓が跳ねそうで、耳が幸せで。
 キョーガが触れてくれると、触れた箇所が熱を持ったように熱くなって、離れたくないって思って。
 キョーガに名前を呼ばれると……溶けてしまいそうなくらいに頭がぼーってして。

「……ボクは……キョーガが好き……ですぅ」

 蚊の鳴くような声は―――けれども。
 リリアナとサリスの耳に、しっかりと届いた。

「あは~♪……それは、あたしたちにじゃなくて、キョーちゃんに言いなよっ♪」
「サリス……?」
「あたしたちにキョーちゃんが好きだ~って言っても意味ないよっ♪……そ~いうのは、本人に言わないと……ね♪」

 グシグシと濡れた青髪を掻き回し……キョトンと見上げるアルマに、笑みを見せる。

「……ほら♪いつまでも下向いてちゃ、キョーちゃんに思い、伝えられないでしょ♪」
「………………はいぃ……そうですねぇ……」

 湯船から立ち上がり―――アルマの顔が、覚悟を決めた表情に変わっている。

「少し、キョーガと話してきますよぉ……では、失礼しますぅ」
「頑張ってください、アルマさん」
「頑張れ~♪」

 浴室の扉を開け、アルマが脱衣所へと消えて行く―――と。

「……良かったの、リリちゃん?」
「良かったって……何がです?」
「キョーちゃんの事だよ♪……アルちゃんの後押しをしたあたしが言うのも何だけど、リリちゃん、キョーちゃんの事―――」
「仕方ありませんよ。私とキョーガさんでは、そもそも種族が違いますから……『人類族ウィズダム』と『死霊族アンデッド』が愛し合うなんて……無理ですよ」

 体を洗うリリアナが、湯船に浸かるサリスに視線を向ける。

「ん~♪……前にも……っていうか、日付的には昨日言ったんだけどさ♪もうちょっとハッキリした方がいいよ♪」
「………………サリスさんは、どちらの味方なんですか?」
「恋する乙女の味方だよ♪……この場合は、アルちゃんの味方でも、リリちゃんの味方でもあるんだから♪」
「ハッキリしませんね」
「お互い様だよ♪」

―――――――――――――――――――――――――

「―――そこでオルヴェルグが言ったのであります!『オレン名前ァオルヴェルグ。最強の『死霊族アンデッド』だァ……喧嘩売る相手を間違えたな三下がァ!』と!」
「はァ……なるほどなァ。それで『盾女神アテナ』と戦闘になったのかァ……」
「『盾女神アテナ』の種族能力、『絶対障壁アブソリュート・シルド』っ!ありとあらゆる攻撃や魔法を通さない最強の障壁っ!対するオルヴェルグは静かに拳を構え、放つ一撃で障壁を粉砕っ!しかぁし!『盾女神アテナ』だって『神精族デウスロード』っ!たかだか拳なんぞ簡単に避けるでありまぁすっ!」

 ―――さて、早朝の外。
 朝早くから外に出たキョーガは……シャルアーラと一緒に、『プロキシニア』をウロついていた。

「避けた『盾女神アテナ』にオルヴェルグは『焼却角砲ホーンファイア』を放ち追い討ちを掛ける!『盾女神アテナ』は咄嗟の判断で剣を『絶対障壁アブソリュート・シルド』で覆い、オルヴェルグに斬りかかるがぁしかしっ!オルヴェルグに近接攻撃を選んだのは愚の骨頂っ!その圧倒的な力を前に、『盾女神アテナ』は簡単に吹き飛ばされ―――!」

 何故、わざわざ外に出てきたのか。
 単純に家の中が暇だったというのもあるが……シャルアーラが外を歩きたいと言ったため、キョーガが付き合っているのだ。

「…………ふぅ……!ふぅ……!……い、以上が一度目の『神殺し』の全容であります……」
「……詳しィんだなァ。つーかァ、おめェの話ィ、おもしれェなァ」
「はっ、光栄であります!……しかし、キョーガ殿は珍しいでありますね?自分の話がおもしろいなんて……」
「あァん?おもしれェよォ……ヘタな歴史よりおもしれェ」

 気合いの入った喋り方だからか。それとも説明がわかりやすいからか。
 ちょこちょことキョーガの後を追い掛けるシャルアーラが、嬉しそうに笑みを浮かべており……その笑顔を見て、キョーガも釣られて笑みを見せる。

「それにしても……ここは静かでありますね」
「朝っぱらだしなァ……ってかァ、この時間にウロウロしてる俺らがおかしィんだろォがなァ」
「まあ、そうでありますね」

 少し肌寒そうに手を擦り合わせるシャルアーラ。
 ……まあ、無理もないだろう。
 シャルアーラの服装は……ヘソが丸見えの、少し過激な服装だ。サリスに比べれば可愛い物だが。

「……む……キョーガ殿、人がいるであります」
「へェ……こんな朝っぱらにかァ?」

 向かい側から歩いてくる、2人の少女。
 片方は赤髪、もう片方は銀髪で……何かを話しながら、こちらに歩いて来ている。
 ―――と、銀髪少女と目が合った。

「……はっ……ピリピリしてんなァ……」
「はい?何か言ったであります?」
「んやァ……女とァ思えねェ殺気だと思ってなァ」

 キョーガと銀髪少女が歩みを止め、お互いに睨み合う。
 突然の覇気に、シャルアーラが不思議そうにキョーガを見上げ……赤髪の少女も、不安そうに銀髪少女を見ていた。

「……あれァ……召喚獣かァ……?それともォ、アルヴァーナのオッサンみてェにィ、強すぎる『人類族ウィズダム』かァ……どっちだァ……?」

 髪型が少し変だが……それ以外は、普通の人間だ。
 と、銀髪少女の口元が歪み、その奥から鋭い犬歯が現れる。

「む……あれは『獣人族ワービースト』でありますね」
「『獣人族ワービースト』だァ……?」
「はい、であります……あの様子だと、キョーガ殿の事を召喚獣だと気づいているみたいでありますね」

 目を細め、『獣人族ワービースト』の少女を睨み付けるシャルアーラ。
 ……髪型が変だと思ったが……違う、あれは耳だ。
 獣のような耳が、少女の頭のてっぺんから生えているのだ。

「……なに……ジロジロ見て……喧嘩……売ってるの……?」
「ちょ、ちょっと『ラナ』?どうしたの?」

 歩み寄ってくる『獣人族ワービースト』の少女が、キョーガを下から睨み付ける。

「あァ?てめェクソガキィ、誰に向かって口いてんだオイしばき回されてェのかァ?」
「………………クソガキ……?……それ……わたしに言ったの……?」
「てめェ以外に誰が―――」
「『全面凍結コキュートス』」

 ―――少女の足下から氷が走る。
 いや違う……凍っているのだ。地面が。この一瞬で。

 咄嗟にシャルアーラを抱き上げ―――キョーガの足が凍り付いた。
 ガチガチに固められ……そのままにしておけば、数秒で足が凍死してしまうだろう。

「氷ィ……?……『獣人族ワービースト』……銀……犬歯……そォか、てめェが『氷結銀狼フェンニル』ってやつかァ」
「……生意気……ムカつく……謝れば、許してあげる……早く、謝る」
「……あァ?俺が謝るゥ?……はっ、なァんで俺がザコに謝らなきゃならねェ?」
「………………殺す」
「上等」

 キョーガが軽く身をよじり……それだけで、足を覆っていた氷が粉々に砕け散る。
 それを見た少女が、鋭い爪を放ち―――シャルアーラを抱えている手とは逆の手で受け止め、凶悪に口元を歪めた。

「……それェ、本気かァ?」
「……本気……だと、思う……?」
「はっ、口の減らねェガキだなァ」
「お互い、様―――『付属魔法・氷結加護エンチャント・アイスブランド』」

 少女の爪が凍り付き―――爪を掴んでいたキョーガの手も、肩付近まで一気に凍結した。
 小さく舌打ちし、キョーガが爪を振りほどいて、後方へ飛んで距離を取る。

「……生半可な熱じゃ……溶けない……謝る、なら……解除……して、あげ―――」
「『焼却角砲ホーン・ファイア』」

 キョーガの額から『紅角』が生え、その先端に現れた太陽のような熱球が、凍っていた腕を簡単に溶かす。

「……生意気……殺して、あげる……」
「クソガキがァ……しつけてやんよォ」

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く