不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

3章12話

「はァァァ……なァんか疲れたなァ」
「あは~♪確かに、ちょ~っと大変だったね~♪」

 リビングに置いてある椅子。
 アルマとリリアナが風呂に行っており、マリーはシャルアーラに体の調整を頼んでいるため、この空間には2人しかいない。

「……にしてもォ、アルマとリリアナが一緒に風呂たァ珍しいなァ」
「ん~……確かにねっ♪しかも、アルちゃんから誘ってたしね~♪リリちゃんが恋しくなったのかな~?」
「はん……まだまだ子どもだなァ、アイツもォ」

 机の上に置いてあるコップを手に取り、中に入っているコーヒーのような液体を一気に飲み干す……苦い。それに、お世辞にも美味しいとは言えない。

「っかァ……にげェなこりゃァ」
「よく飲めるね~♪そんな苦いのっ♪」
「他の飲み物が甘ったる過ぎんだよォ……どうもあめェのァ口に合わねェ」
「わがままだね~♪好き嫌いしてちゃ、大きくなれないよ~?」

 ニコニコと笑顔を貼り付けたまま、サリスが自分のコップに注がれている水をちびちびと飲む。

「それにしても、『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』を倒すなんて、キョーちゃんスゴいね~♪」
「たまたまだァ……アイツの使う『毒魔法』とォ、俺の体質の相性が悪かっただけェ……体質の相性がなかったらヤバかったなァ」
「ふ~ん♪……ね、キョーちゃん♪」

 コトッとコップを置き、サリスが笑みを浮かべたままキョーガの目を覗き込む。

「キョーちゃんってさ、どこから来たの~?何者~?」
「あァん?んっだよいきなりィ?」
「いや~前々から気になってたんだよね~♪キョーちゃんがどこから来たのかっ♪……召喚獣なのに『サモンワールド』を知らないし、文字も知らなかったし……何より、『サモンワールド』に『反逆霊鬼リベリオン』はいなかったし♪」

 ヘラヘラと笑ってはいるが……その目は、しっかりとキョーガを捉えている。
 めんどくさそうにため息を吐きながら―――キョーガが話し始めた。

「何つーかァ……俺ァ『アナザー』でも『サモンワールド』でもねェ世界から来たァ」
「ん~?……そんな世界があるの?」
「あァ……ま、信じねェだろォがなァ」
「んふ~♪………………信じないわけじゃないけどさっ♪キョーちゃんの世界に住んでた人って、み~んなキョーちゃんみたいに強かったの~?」
「んなわけあるかよォ……全員俺だったら世界滅びてるってのォ」
「あは~♪じゃ、キョーちゃんが特別だったって事だね~♪」

 何気ないサリスの言葉。
 でも―――グサッと。
 キョーガのどこかに、深々と突き刺さった。

「…………はん……俺が特別ねェ」
「ん~♪違うのっ?」
「あァ………………俺ァただの一般人だったァ……何の力もォ、知恵も持ってねェ弱者だったァ」

 ただの一般人だった。
 特別な何かを持っているわけじゃない、脇役だった。
 歩むはずだった人生を―――簡単に、ひっくり返された。

「こんな力ァ、望んでなかったァ……欲しいとも思わなかったァ」
「ん……♪あたしと同じだね~♪」
「あァ?何がだァ?」
「…………欲しくない力を得て、周りから色々言われて……そんなつもりもないのに、怖がられて……ほんと、力を持ってても良い事なんてなかったね~♪」

 目を閉じ、笑みを深める。

「……でも、リリちゃんと契約して♪キョーちゃんたちと会って……あたし、嬉しかったんだから♪」
「何がだよォ」
「純粋にあたしを必要としてくれて♪強いのはあたしだけじゃなくて♪……あたしと同類がいてくれて、嬉しかったんだ~♪」

 先ほどまでの貼り付けたような笑みではなく、心底嬉しそうに笑いながら、サリスが水を一気に飲み干した。

「……もしも……もしもさ、キョーちゃん♪」
「あァ」
「あたしがアルちゃんみたいに連れて行かれたら……助けに来てくれてた?」
「……はァ?アホかてめェ?」

 ギロッと、キョーガの瞳がサリスを捉える。

「助けるに決まってんだろォがよォ。なんだァ、俺がそこまで薄情な奴とでも思ってんのかァ?」
「……あ……はっ♪即答されるとは思ってなかったよ~♪」
「んだよォ……てめェは確かにつえェ。だがァ、俺の方が100倍つえェんだァ。だからァ、なんかあったら俺を頼りゃァ良い……俺ァ最強、他の奴らは俺以下だァ」
「傲慢だね~♪……でも、良いと思うよ、そういうのっ♪」

 言いながら立ち上がり、う~んと大きく背伸びをする。

「さ~て♪あたしは寝よっかな~♪」
「まァ夜中動きっぱなしだったからァ、この時間に眠たくなるのはわかるがァ……せめて風呂は入っとけェ、おめェ一応女だろォがよォ」
「ん~♪……そだねっ♪それじゃ、リリちゃんたちに突撃してこよっかな♪」

 台所にコップを置き、そのまま風呂場へと向かって行く。
 と、サリスと入れ替わるように、2階からマリーとシャルアーラが降りてきた。

「【好調】 さすがは『地精霊ドワーフ』。良い仕事をする」
「そう言ってもらえると光栄であります!……あ、キョーガ殿!何をしてるでありますか?!」

 キョーガを見つけた瞬間、嬉しそうに駆け寄ってくる。

「あ、これ、コーヒーでありますか?キョーガ殿、よくこんな物を飲めるでありますね」
「んやァ……クッソ不味かったがなァ」
「そうでありましょうね。こんなクソマズイ液体を好き好んで飲む人はいないと思うであります」

 空となったコップを覗き込み、シャルアーラが苦笑いを見せる。

「……そォいやァマリー」
「【返事】 どうしたマスター?」
「んやァ……魔力を大量に消費したっつってたけどよォ、何かあったんかァ?」

 キョーガの質問に、困ったように頬を掻く、という機械らしからぬ動作を見せ……恥ずかしそうに言った。

「【報告】 最初は、当機が家を直そうとした。しかし、生物を殺すために作られた当機には、建物を直す事は困難を極めた」
「……おゥ、それでェ?」
「【報告】 当機なりに必死に頑張って、搭載されている兵器を全て使い、家の修復に当たったが……焼け石に水と言うか、無駄骨というか……」
「回りくどいなァ……もっと簡単に言えよォ」
「【簡略】 慣れない事をして疲れた」

 なるほど、わかりやすい。
 おそらく、自身の知能をフルに活用し、頑張って修復しようとしたのだろう。
 だが……『機巧族エクスマキナ』には難しかったらしい。
 というか、搭載されている兵器を使って直そうとするとか、バカなのだろうか。

「……まァ、なんつーかァ……お疲れさん」
「【肯定】 お疲れさんだ」

 くてっと椅子に座り込み、無表情のまま、机に頭を乗せる。

「おめェもォ、家を直すために召喚されたとか災難だったなァ」
「あ、いえ!自分は『反逆霊鬼リベリオン』に会わせてもらえて感謝感激でありますっ!家なんかホイホイっと直すでありますっ!」
「……『反逆霊鬼リベリオン』なんかのどこが良いんだァ?」
「はっ!『反逆霊鬼リベリオン』は最強なのであります!『力とはすなわち、己の存在価値。筋力とはすなわち、己の存在証明。暴力とはすなわち、己の存在意義。破壊とはすなわち、己の存在意味。殺戮とはすなわち、己の存在肯定』っ!最高の名言でありますっ!あ、これはオルヴェルグという史上最強の『反逆霊鬼リベリオン』が残した言葉で―――」
「……オルヴェルグってのァ、イカれた脳筋だったみてェだなァ……名言っつーか迷言の間違いだろっがよォ……」

 予想を大きく上回る脳筋ぶりに、思わず頭を押さえた。

「で、なんでシャルアーラは『反逆霊鬼リベリオン』が好きなんだァ?その迷言がカッケェからかァ?」
「いえ、あの……それもあるでありますが……昔、遠い遠い昔に、『地精霊ドワーフ』はオルヴェルグにお世話になっているであります」
「へェ……何をしたんだァ?」
「『地精霊ドワーフ』の暮らしていた場所をぶっ壊したらしいであります」

 お世話になったと言ったから、何か良い事でもしたのかと思えばとんでもない。そういう意味でお世話になったのか。

「遠い昔。『地精霊ドワーフ』は地面に穴を掘って暮らしていたであります」

 ―――その話は、こんな感じだ。
 『地精霊ドワーフ』にとっては、地上より地中の方が過ごしやすいらしい。
 そのため、今から400年ほど前までは地中に穴を掘り、住居を建て、地中を国として生きていた。
 だがある日、額から『紅角』が生えた男がフラッと顔を出し……こう言った。

『はン、暗い場所だなァ……てめェら、ンな所に暮らしててェ、息詰まンねェかァ?』

 そう言うと、男は地中にあった国や住居を1つ残らず破壊して回った。
 圧倒的な破壊者を前に、『地精霊ドワーフ』はただ逃げるしかなかった。
 そのまま地上へ出て―――『地精霊ドワーフ』は、空を見た。

『気分はどうだァ?天井があった地中よりィ、天井がねェ地上の方がァ、世界が広く感じンだろォ?』

 『地精霊ドワーフ』は、初めて見上げた空に……悔しいが、感動してしまった。
 ―――なんて明るいのか。なんて広いのか。世界とは、こんなにも自由だったのか、と。

「自分は、広くて大きな空が好きであります……制限がなく、自由に満ちた空が……」

 少しずつ明るくなる窓の外に目を向け、何か眩しい物を見るかのように目を細める。

「だから、自分は感謝しているであります。地中以外の世界を見せてくれた『反逆霊鬼リベリオン』に……『反逆霊鬼リベリオン』がいなければ、自分は空を知る事ができないまま、先祖殿と同じく地中で暮らすしかなかったであります」

 くるりと振り返り、キョーガと向かい合う。
 雲のような白髪がふわっと揺れ、空を宿したような蒼眼が、キョーガを映し出した。

「……でも、『地精霊ドワーフ』は『反逆霊鬼リベリオン』を恨んでいるであります。国を破壊した破壊者として、命を奪った殺戮者として……」
「まァ、だろォなァ」
「それでも自分は……自分の中では『反逆霊鬼リベリオン』が英雄なのでありますっ!空が好きと言って嫌な目を向けられても、『反逆霊鬼リベリオン』が好きだと言って異端児として扱われても……自分のヒーローは、『反逆霊鬼リベリオン』だけなのでありまぁす!」

 グッと拳を握り、熱く語るシャルアーラ。
 と、ようやく自分のテンションの高さに気づいたのか、恥ずかしそうに顔をうつむかせた。

「も、申し訳ないであります。1人で勝手に盛り上がってしまって……」
「んやァ……いい。おもしれェなァおめェ」
「へ?」
「もっと聞かせろよォ、大好きな『反逆霊鬼リベリオン』についてェ……なァ、ゥ」
「はっ、い、良いでありますか?自分、止まらなくなるでありますよ?良いんでありますね?では話すでありまぁす!」

 嬉しそうに話を始めるシャルアーラの弾んだ声に、キョーガは心地よさそうに耳を傾けた。

―――――――――――――――――――――――――

「……えっと……♪」
「さ、サリスさん……」

 ―――時は少し戻り、風呂場。
 風呂には入れとキョーガに言われたサリスは、そのまま風呂場へと直行し―――乙女を見た。

「ど、どしたのアルちゃん♪顔、真っ赤だよ♪」
「……サリス、ですぅ……?」

 ゆっくりと顔を上げるアルマ。
 表情は真っ赤に染まり、顔からは幸せな雰囲気が漏れ出している。
 でも、目だけがウルウルと今にも泣き出しそうに潤んでおり……その『守ってあげたくなる弱そうな雰囲気』と相まって、可憐な乙女にしか見えなかった。

「り、リリちゃん……♪何があったの♪」
「えっと……それは、その……」

 言いづらそうに、アルマとサリスを交互に見る。
 アルマが近くにいると話しづらいのか、サリスの耳に顔を近づけた。

「……キョーガさんから助けてもらった時に、告白されたそうなんです」
「………………は……♪」

 と、聞こえていたのか、アルマの顔がますます赤くなる。
 その反応を見たサリスは……心の中で思った。

 ―――お前ら、あたしがレテインと戦ってる間に、何やってたんだよ。と。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く