不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

3章11話

「よォ……終わったみてェだなァ、サリスゥ?」
「………………あはっ、キョーちゃん♪うん、今終わったよ~♪」

 黒コゲになったレテインを前に、サリスがいつもの笑顔を見せる。

「サリス……ありがとうございますぅ。キョーガも、ありがとうございますよぉ」
「ん~……♪どういたしまして、だねっ♪」

 ニコッと笑みを深めるサリスに、背負われるアルマも思わずにへらっと笑みを漏らす。

「……サリスゥ、ソイツァ―――」
「大丈夫、生きてるよっ♪一応、アルちゃんのパパだからね~♪……殺しちゃ、マズイでしょっ♪」
「はっ、あんだけ大量の『吸血鬼ヴァンパイア』ぶっ殺しといてェ、殺しちゃマズイとかよく言えたなァ」

 ―――殺しちゃ、マズイ。
 サリスの口からその言葉を聞けて……密かにキョーガはホッとした。

 あの無表情のサリスは……上手く言えないが、どこか怖かったのだ。
 元の世界で何度か拳を交えた、プロの殺し屋に似た冷たい殺意……いや、殺し屋なんかよりずっと濃厚な殺意。
 幾度となく『実験』で死を身近に感じていたキョーガは……あのサリスの姿に、どこか危ない気配を感じていた。

 ―――ああ……思い出した。
 あの気配は……『殺しを日常としている者』の気配だ。
 殺しを悪い事と思っていないから、何の感情もなく相手を殺せる。
 だから……サリスが『殺しちゃ、マズイ』と言ったのに、思わず安心してしまったのだ。

「キョーガ?」
「んァ……何もねェ……つーかよォ。おめェの父ちゃんがあっちの世界……『アナザー』に来たって事ァ、召喚獣として召喚されたっつー事だよなァ?」
「えっとぉ……はい、そうなりますよぉ」
「……あんだけ好き勝手暴れさせてェ、召喚士は何やってんだァ?」
「ボクに言われてもぉ……適当な契約条件を結んだんじゃないんですぅ?」

 召喚獣として召喚された……それなら、レテインやミロードを倒しておいて良かった。
 レテインが召喚獣なら、『アナザー』と『サモンワールド』を自由に行き来ができるだろう。
 となると、しつこくアルマを狙う可能性があった……のだが。
 今ここで父も祖父も倒したため……今後、アルマに手を出す事は、ビビってなくなる……はず。

「まァ、終わったから何でもいいかァ……帰ろォぜェ」
「そだね~♪それじゃキョーちゃん、あたしに触れててね~♪」
「あいよォ」

 キョーガがサリスの肩に触れる―――と、サリスの手が眩く輝き始める。
 そういや置いてきたリリアナたちはどうしてるかな、とか思っている間に、辺りが光に包まれて行き―――

―――――――――――――――――――――――――

「―――あァ……不思議な感じだなァ」
「あ………………キョーガさんっ!」

 光が晴れ……いつものリリアナ家に帰ってきた。
 キョーガたちが帰ってきた事に気づいたリリアナが、嬉しそうに駆け寄ってくる。
 窓の外は、少し明るい。もう夜が明けようとしているのか。

「おゥ、しっかり連れて帰ってきたぜェ、リリア―――ナァ……?」
「す………………すごい……で、あります……」

 ―――なんか、いる。
 白い髪に、褐色の肌。そして、青い空を封じ込めたような美しい蒼眼。
 身長はアルマと同じくらいだろうか……いかにも小動物のような少女が、普通にリリアナ家にいた。

「……おいリリアナァ、この小動物はなんだァ?」
「しょ、小動物でありますか?!」
「え、えっと……『精霊族スピリット』の『地精霊ドワーフ』……最上級召喚獣……です」
「んな事聞きてェんじゃねェよォ。この小動物はどっから連れてきたんだって聞いてん―――今、何つったァ?」
「『精霊族スピリット』の『地精霊ドワーフ』……キョーガさんたちと同じ、最上級召喚獣です」

 チョコンと、自分たちを見上げる小動物ドワーフ
 目が合い、嬉しそうに表情を輝かせる少女が、惚れ惚れするほどに美しい敬礼を見せた。

「はっ!自己紹介がまだだったであります!自分、『シャルアーラ・オルオン』であります!リリアナ殿の説明の通り、『精霊族スピリット』の『地精霊ドワーフ』であります!気軽に『シャル』と呼んで欲しいでありまぁす!」
「……リリアナァ……この迷子はどっから連れて来たァ?」
「つ、連れて来たと言いますか……たまたま偶然、召喚できたと言いますか……」

 もじもじと、言いづらそうにリリアナが―――え?

「召喚できたってェ……おめェがかァ?」
「………………はい……」

 どことなく嬉しそうなリリアナ……その後ろに、丁寧に描かれた召喚陣が。
 まさか……本当に……リリアナが……?!

「……いやでもォ……おめェ、召喚獣をまともに召喚できねェんじゃなかったのかァ?なんで急にポンポン召喚できるようにィ……?」
「……私が最初に試した召喚は、誰でも召喚できる初級召喚獣、『スライム』だったんです……でも、スライムすらも召喚できなくて……」

 リリアナが言うには、こういう事らしい。
 今まで試した事があるのは、初級召喚獣と中級召喚獣のみだった。
 初級召喚獣も召喚できない者が、上級召喚獣や最上級召喚獣を召喚できるわけがない。
 だから、上級召喚獣や最上級召喚獣には手を出さず、初級召喚獣の召喚を頑張っていた……のだが。
 バカにされ続け、見返してやりたいと思ったある日、ヤケクソ気味に最上級召喚獣の『反逆霊鬼リベリオン』の召喚を試して―――キョーガを召喚できたらしい。
 何が原因で召喚できたかは不明。
 だが……初級召喚獣が召喚できないからと言って、最上級召喚獣が召喚できないわけではないらしい。

 そして今日、この『地精霊ドワーフ』の召喚を試したら……成功したとの事。

「……しかしよォ……なんで『地精霊ドワーフ』を召喚したんだァ?」
「マリーちゃんの提案です。『当機には家を直す機能は付いていない。よって、家を直す技術を持つ召喚獣、『地精霊ドワーフ』を召喚してほしい』って」
「……なるほどなァ……家が直ってるって思ったらァ、この小動物が直したって事かァ」

 家は倒壊していないだろうか、と心配していたキョーガだったが……この小動物ドワーフが何とかしてくれたらしい。

「……シャルアーラァ……だったなァ」
「は、はっ!シャルと呼んで欲しいであります!」
「……家直してくれてェ、サンキューなァ」
「もったいないお言葉であります!……あ、えっと……その……あなたが『反逆霊鬼リベリオン』でありますよね?よろしければ、お名前を伺っても良いでありますか?」
「キョーガだァ……ってかァ、俺が『反逆霊鬼リベリオン』ってわかんのかァ?」
「あ、いえっ!リリアナ殿に聞いたであります!自分、『反逆霊鬼リベリオン』が大好きなのであります!」

 敬礼したまま、嬉しそうに続ける。

「過去2度の『神殺し』を成し遂げ、さらには『魔王』撃退の際に最も貢献した最強の召喚獣っ!リリアナ殿から『反逆霊鬼リベリオン』に会えると聞かされた時、自分は嬉しくて爆発しそうでありました!」
「…………?」

 キョーガは―――いや、キョーガとアルマ、そしてサリスは、ふと違和感を覚えた。

 ……この『地精霊ドワーフ』は、なんでここにいるんだ?
 リリアナが召喚に成功したというのは……まあ、ギリギリ理解できる。
 だが、この召喚獣は、ここにいても何のメリットもない。
 この『地精霊ドワーフ』は、何の見返りを……リリアナとどんな契約条件を結んで、ここにいる?

 話から察するに、『地精霊ドワーフ』は物を作ったり直したりするのが得意なのだろう。
 だとすれば……物を作ったり直すのが好きな可能性が高い。
 さて……ここで、思い出して欲しい。
 マリーはどこにいる?

 ―――そう思った後の行動は速かった。
 キョーガの額から『紅角』が現れ、アルマが鋭い牙を剥き出しにし、サリスが笑みを浮かべたまま覇気を放ち始める。
 その尋常ならざる殺気を受けるシャルアーラが、恐怖に身を固め―――

「……スッゴい……で、あります……!」

 ―――いや、固める事なく、尊敬の眼差しでキョーガの『紅角』を見つめる。

 ……おそらく……あくまで推測でしかないが……マリーはコイツにされた。
 コイツがリリアナに出した契約条件は、『この機械を解体させろ』とかだろう。
 油断するな……コイツの無邪気な笑顔には、絶対に裏がある―――

「……………………【察知】 この異様な覇気……マスターたちと判断…………お帰り、マスター」
「あ……あァ?マリーかァ?」
「【肯定】 ……すまないマスター、魔力を分けてくれないか?」

 疲れ果てたような表情……に見えるマリーが、ゆっくりと階段を降りてきた。
 思わずマリーとシャルアーラを交互に見やり……あれ?勘違い?と、3人が顔を見合わせる。

「お、おゥマリー……珍しいなァ、疲れてんのかァ?」
「【肯定】 ……色々あって、魔力を大量に消費してしまった」

 にぎにぎと手を握ってくるマリー……その様子は、いつも通りだ。

「えっとよォ……シャルアーラァ」
「はっ!シャルと呼んで欲しいであります!なんでありましょうか?」
「んやァ……おめェがリリアナと結んだ『契約条件』ってどんなのだァ?」

 キョーガの言葉を聞いたシャルアーラが、不思議そうに首を傾げた。

「はっ、自分がリリアナ殿と結んだ『契約条件』は『契約を結べば『反逆霊鬼リベリオン』に会わせてもらえる』でありますが」
「……は、ァ?それだけかァ?」
「はっ。それだけであります……が……?」

 え?何か問題があったでありますか?とオロオロし始めるシャルアーラ。

「あァいや何もねェ、疑って悪かったァ」
「い、いえ!自分は気にして―――え?自分、疑われてたでありますか?」

 ―――アルマを連れ戻した今日。何故か仲間が増えた。
 さて……日付が変わったため、リリアナの卒業式まで残り3日。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く