不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

3章10話

 辺りの木々を燃やしながら、キョーガの放った火球とミロードが森の奥へと消えて行く。

 ―――触れたら反応する毒ならば、触れなければいい。
 そんな単純でメチャクチャな考えに行き着いたキョーガは……アルマの言っていた『種族能力』というのを思い出した。
 魔力を角の先端に集め、高温の熱球にして放つ『角を持つ鬼』が使える『種族能力』、『焼却角砲ホーン・ファイア』。
 迫るミロードを火球でぶっ飛ばし、天性の感覚でその『種族能力』を手にしたキョーガは―――

「あっづッ?!んだこりゃあちィなァ?!」

 ―――何故か、火球を放ったキョーガが熱がっていた。
 見ると……キョーガの額から生えている『紅角』が、これまで見た事がないほど赤々と輝いている。
 『種族能力』の代償か。それともただ使い慣れていないからか。輝く『紅角』が、尋常ならざる熱を持っていた。
 ブンブンと頭を振って必死に角を冷やすキョーガ……と、アルマが異様なほどに静かな事に気づく。
 どうしたのか?と視線を向け―――アルマの目に、涙が溜まっていた。

「お、おィ?どォしたんだよォ?」

 何かを我慢するように握られる拳が、フルフルと震え―――アルマが、キョーガに飛び付いた。

「―――うわぁあああああんっ!よかったですよぉおおおおおっ!」
「うォ―――づッ?!」

 大人の姿になっているアルマが、勢いよくキョーガを押し倒した。
 普通の人間ならば、ちょっと痛いで済む程度だろう。
 だが、飛び付いてくるのは『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』で……それも『血力解放』しているため、その力はデタラメだ。
 飛び付くアルマのスピードは目に見えず―――唐突な衝撃に、キョーガは抵抗する間もなく地面に倒れ込む。

「う、おォォォォ……ッ!てめェ、いきなり抱きつくんじゃ―――」
「あっ、うぁ、うぅぅぅあぅぅぅ……!」

 キョーガが痛みに顔をしかめ、そのまま文句を言おうとするが……泣きじゃくるアルマを見て、苦虫を噛み潰したような表情になる。

「…………チッ………………すまん、悪かったァ……心配掛けたなァ」

 相手を殺したと思い込ませて、隙を狙う。
 意識の外から攻撃する事を決めたキョーガは……わざと毒竜の攻撃を受け、ミロードの隙を狙った。
 ―――お前の背負っている物を、一緒に背負ってやると。お前の隣に並んで、一緒に歩いてやると約束した、アルマの手を振り払って。
 その時のアルマの気持ちを考えると―――さすがのキョーガも、悪い事をしたな、と反省するレベルだ。

「……もう、ウソはつかねェ……約束だァ。もう二度とォ、おめェにゃァウソは言わねェ」
「………………ひっ、く……ほんと、ですぅ……?…………ぐすっ……今度こそ、ほんとのほんとですぅ……?」
「あァ。ホントのホントだァ」

 『大人の姿なんだから、もう少し相応に振る舞えよ』とか思いながら、アルマの頭を撫で―――意識は、飛んで行ったミロードに集中している。

 ―――アルマのじいさんの意識は……まだあるな。
 だが動く気配はない……つまり、動けないほどの重傷という事。
 なら、アルマのじいさんを警戒する必要はないだろう……次はサリスの援護に―――

「……いやァ、やめとくかァ」

 少し離れた所で、剛爪を振る少女。
 普段は嬉々とした表情は―――今はただ『無』に染まっている。
 よくわからないが……あの表情のサリスを見た時、キョーガは底知れぬ覇気を感じたのだ。
 いつものニコニコしたサリスなら、勝負の時は不安だが……今の『無』の状態のサリスなら―――

「……心配なんざ必要ねェ……かァ」

 少しずつ晴れて行く赤黒霧の空を見上げて、キョーガはアルマの頭を撫で続けた。

―――――――――――――――――――――――――

 あたしは、産まれた瞬間から何もかもを決められていた。
 『地獄番犬ケルベロス』として生まれ、天才ばかりの『ドゥーマ家』に生まれたあたし。サリス・ドゥーマ。

 あたしは期待されていた―――知ってる。
 パパやママより強かった―――知ってる。
 他の『地獄番犬ケルベロス』は、あたしを恐れて近づかなかった―――知ってる。
 最強の『風魔法』、『荒狂の嵐爪テンペスト・クロウ』を使えるのは、あたしだけ―――知ってる。
 『風魔法』だけじゃなく、『獄炎魔法』という珍しい魔法使えるのも、あたしだけ―――知ってる。

「スゴいなサリス……お前は、『ドゥーマ家』の誇りだ!」

 ―――そんな言葉、望んでない。

「さすがサリスね。この調子だと、パパのお仕事も早く継げそうね」

 ―――そんな言葉、欲しくない。

「サリスに勝てる『地獄番犬ケルベロス』は、いないんじゃないか?」

 ―――そんな言葉、いらない。

「サリスなら、他の種族に1人でも喧嘩を売れるだろうね」

 ―――そんな事、知らない。

 あたしが欲しい物は、いつも手に入らない。
 この小さな手にあるのは……殺しの才能と、戦いの才能と、欲しくもない称賛だけ。

 大人は、あたしを見て将来を描く―――と見せかけて、あたしを利用するために媚びを売る。
 子どもは、あたしを見て褒める―――と見せかけて、あたしを裏でヒソヒソ指をさす。

 こんな才能、望んじゃいない。
 欲しかったのは―――楽しい事。それだけ。
 簡単に手に入るように見えて……まったく手が届かない。

 ―――楽しくない事なんて、したくない。
 幼いあたしは……パパから継いだ『門番』の仕事を、早々にサボるようになった。
 来客の相手なんかしないで、朝も昼も夜もずっと眠って。
 パパに叱られても、ママに怒られても……ああ、楽しくないな、ってしか思わなかった。

 そうやって過ごしている内に―――ふと、気づいた。

 ―――楽しくないのは、楽しもうとしていないから。楽しもうとすれば、楽しくなるはず……と。
 その日からあたしは、ニコニコ笑って過ごす事にした。
 人と話す時も、食事の時も、戦う時も……常に楽しむ事を意識して、ニコニコと、楽しそうに。

 でも、どうしても『門番』の仕事だけは楽しめなかった。
 どれだけ楽しい事を思い描いても、ニコニコ鼻歌を歌っても……楽しいなんて、一瞬も思えなかった。



 ―――でも、違った。
 楽しいと思わなくても……楽しいと思える事は、たくさんあったんだ。
 それを教えてくれたのは……キョーちゃんと、アルちゃんと、リリちゃんと、マリーちゃん。
 あの4人と過ごす日々は……毎日が、楽しくてしょうがなかった。
 キョーちゃんが怒って。アルちゃんが顔色悪くダルそうに血を吸って。リリちゃんが幸せそうに笑って。マリーちゃんが無表情に立っていて。

 そして……ようやく気づいた。
 ―――ああ。欲しかったのは楽しい事じゃなくて、あたしを友達として見てくれる者だったんだ、と。

 だから―――

「助けるよ、アルちゃん♪……あたし、友達を見捨てるなんてできないから、さ♪」

―――――――――――――――――――――――――

「ぐっ、ぬっ……!」

 見えない敵を追いながら、サリスが無表情に剛爪を振るう。
 と、爪が当たったのか、何もない所から血が飛び散った。
 ユラリとサリスが構え直し―――飛びかかる。
 冷たく、一切の感情がないその顔は……まるで、人形のようだ。

「こ、の……っ!お前、わかっているんだろうな?!ドゥーマ家は、我々エクスプロード家より下の家柄だぞ?!お前のやっている事は―――」
「うるさいよ」

 連続して剛爪を振り回し―――あちこちから血が噴出する。
 レテインが姿を現せば、ボロボロとなって現れる事だろう。

「くっ―――そぉぉおおおおおおおッ!」

 ヒュンッ、と風を斬る音。
 レテインの持つ不可視のナイフが、サリスの首へと迫り―――

「―――『付属魔法・獄炎加護エンチャント・ヘルフレイム』」
「なっ―――」

 ―――サリスの手を、黒い炎が覆った。
 その炎を見たレテインが……奇妙な物を見たように、パクパクと口を開閉させる。 

 ―――『獄炎魔法』。
 それは、『炎魔法』の上位魔法にして、限られた天才にしか扱えない特殊な魔法。

「……天才ばかりのドゥーマ家……やはりお前も、天才だったか」

 ポツリと溢すレテイン―――と、その体が燃え上がった。

 ―――『獄炎魔法』は特殊な魔法。
 一度燃え移れば、使用者が解除を命じない限り燃え続ける、残酷な魔法。

「地獄の業火で反省しなよ……今まで、アルちゃんにしてきた事を……ね」

 赤黒霧が晴れた空の下、吐き捨てるようにそう言った。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く