不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

3章6話

「『大地の拳撃アースド・ナックル』ッ!」
「―――るァッ!」

 ボゴッと地面が盛り上がり―――歪な土の拳を作り出す。
 その大きさ、キョーガの身長ほど。
 兵器とも言える土拳が、凄まじい勢いを持ってキョーガに迫り―――迎撃するようにして放たれたキョーガの拳撃を受けて、粉々に砕け散った。

「『闇影の黒球シャドウ・ボール』ッ!」
「『猛炎の火球ファイア・ボール』ッ!」
「しゃらくせェッ!」

 間髪入れずに、黒い球と火の球が放たれ―――迎撃するキョーガが拳を突き出し、そこから放たれる風圧で霧散。
 舌打ちしながら辺りを見回し、近くのサリスに声を掛ける。

「サリスゥ!敵の数はァ?!」
「……う~ん……♪5匹……6匹………………まだまだ増えるね♪」

 すんすんと臭いを嗅ぎながら、サリスが遠くに目を向ける。

「……めんどくさっ♪ちょっと本気で殺ろっかな~♪」
「あァそうしとけェ、油断して殺られんのが一番ダセェからなァ」
「よ~し♪―――『荒狂の嵐爪テンペスト・クロウ』」

 剛爪を構え、虚空を撫でる―――と、辺りの木々が一刀両断され、その先にいた『吸血鬼ヴァンパイア』が真っ二つになる。
 いや……それだけでは止まらない。
 さらに奥……おそらくアルマが閉じ込められているであろう『吸血邸』、その2階部分がいとも簡単に切り離された。

「はっ…………あァ……?!」
「あっはははぁ~♪た~のし~ぃねぇ~♪」

 ―――『荒狂の嵐爪テンペスト・クロウ』。
 簡単に言うならば、爪から不可視の斬撃を放つ魔法である。
 似たような魔法に『追撃の風爪エア・クロウ』という魔法があるが……攻撃範囲も、その破壊力も、『追撃の風爪エア・クロウ』なんて比にならないのだ。

 真っ二つにされた5匹の『吸血鬼ヴァンパイア』が、ようやく斬られた事に気づいたように、それぞれの斬られた部分に手を当て……力なく、地面に沈んだ。

「……おめェ、やっぱつえェんだなァ」
「まあ、あたしも一応最上級召喚獣だからね~♪」

 ニコニコと残酷に笑いながら、サリスが地面に沈んだ『吸血鬼ヴァンパイア』に近づく―――と。

「……はァ……まァだ増えんのかァ」
「ん~多いね~♪……ど~しよっか♪」
「はっ、愚問だろォサリスゥ……目の前に立つ障害はァ、全部ぶっ潰して押し通るゥ……だろォ?」
「……あはっ♪……ほんとキョーちゃんは物騒だね~♪」
「家ごと『吸血鬼ヴァンパイア』を真っ二つにしたてめェにゃ言われたくねェなァ?」

 どんどん増える『吸血鬼ヴァンパイア』が、敵意を剥き出しにしてキョーガたちを睨み付ける。

「チッ……おいおいそんなに殺意向けんなよォ―――殺したくなるだろォがァ」

 ―――辺りを覆う、息が詰まるほどに濃密な殺気。
 その殺気がキョーガから出ている事に気づくのに、そこまで時間を必要としなかった。

「さァて……誰が死にてェんだァ?」

 凶悪に笑いながら1歩踏み出す―――と、サリスが何かに気づいたように、慌ててキョーガの制服の襟元えりもとを引っ張った。

「キョーちゃんっ!」
「うッ?!何しやが―――」

 体勢を崩すキョーガを突き飛ばし、サリスが剛爪を構えて振るい―――『ガキィンッ!』と、甲高い金属音が響いた。

「……ほう……まさかバレてるとはな」
「あは~♪血の臭いが充満してるけど、嗅ぎ分けるなんて簡単だよっ♪……特に、憎たらし~い相手の臭いなんて、ねっ♪」

 剛爪を振り、サリスが虚空を斬り裂く。
 直後、再び甲高い金属音が響き……ようやく理解した。

 ―――アルマの父親か……!

「……ピンポイントで迎撃するとはな……見えているわけでもないだろうに……」
「あっはぁ♪敵の臭い、武器の臭い、服の擦れる音、土を踏む音、武器を振る音……あたしなら、ピンポイントで迎撃できるの~♪……ま、1歩間違えば死ぬけどっ♪」

 ブンブン剛爪を振り回し、見えない敵を迎撃し続ける。

 ―――どうするべきだ?
 サリスに手を貸すか?……いや、アルマの父親が相手なら、俺は邪魔になる。
 ならば―――!

「サリスゥ、ちっとここァ任せっぞォ」
「うん♪任せといて~♪」

 そう言って、キョーガが腰を落とし―――爆発的な脚力で、一気に『吸血邸』へと突っ込んだ。

 ―――アルマの父親は、サリスに任せる。
 その間に俺は……アルマを見つける。
 おそらく、あの屋敷の中には、サリスが危険視していた『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』がいるだろう。
 だが……だからなんだ?
 『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』だろうが何だろうが……全員ボコボコにするだけだ。
 そして……アルマを……!

「絶対見つけてやっからなァ……!」

―――――――――――――――――――――――――

「……行かせて良かったのか?」
「あは~♪……あなたの相手なんて、あたしだけで充分だっての♪」

 見えない敵と対峙しながら、サリスは思考を加速させた。

 ―――あたしは鼻が利くし、耳だって良い。
 だがキョーちゃんは……鼻が利くわけでもないし、耳が良いわけでもない。
 正直、アルちゃんを探すのは、あたしの仕事だと思ってた。
 だけど……

「……ま、女の子のお迎えは、男の子の仕事だしね~♪」

 ―――キョーちゃんなら、大丈夫だ。
 見えない敵には手も足も出ないけど……目に見える相手なら……キョーちゃんは大丈夫なはずだ。
 それこそ、『金欲竜ファフニール』すらも凌駕する腕力を持っているのだから。

「―――ふんッ!」
「『追撃の風爪エア・クロウ』っ♪」

 迫る気配に不可視の爪撃を放ち―――パラパラと、服の切れ端が地面に落ちる。

「危ない危ない……もう少しで真っ二つになる所だった」
「大人しく死んでなよっ♪ヘタに避けると、ムダに痛い思いをしちゃうよ~♪」

 そう言って、ニコニコと残酷に笑みを深める。

「……そう言えば……貴様、先ほど『サリス』と呼ばれていたな?」
「あは~♪……だったらなに~?」
「………………ふ……ははっ……ふははははっ!」

 いきなり笑い出すレテインに、サリスが警戒を深めながら気配を探る。

「そうかそうか、お前がサリス……天才ばかりの『ドゥーマ家』に産まれた、落ちこぼれか!」

 バカにしたような声に、ムッとサリスが頬を膨らませ―――迫る気配に、剛爪を振るう。
 ナイフと剛爪が交差し―――そのまま曲芸のような動きで爪を振り続ける。

「どうした、ムキになって……図星か?」
「うるっさい、なぁ♪」

 大きく踏み込み、何もない所に爪を振る。

「……乱れているぞ」
「―――ッ?!」

 本能的に危険を感じたサリスが、大きくその場を飛び退いた。
 直後、サリスが立っていた所に斬撃が走り……少し遅ければ、ナイフの餌食だっただろう。

「あ~もうイライラするな~♪」
「心当たりがあるからではないか?」
「ペラペラうるさいよ~♪ちょっと黙ってよっか♪『荒狂の嵐爪テンペスト・クロウ』っ♪」

 怒りを抑えながら、剛爪ならぬ轟爪を振り抜く。
 ブオッ!という風を斬る音と共に、不可視の轟爪が放たれ―――辺りに集まっていた『吸血鬼ヴァンパイア』を、見るも無惨に斬り殺した。

「……落ちこぼれ、ね……♪」
「なんだ?傷ついたか?」
「べっつに~♪落ちこぼれなのは事実だし、反論もできないよ~♪」

 だけど―――と。

「落ちこぼれなのは『門番』の仕事だけで……戦闘に関しては、パパとママよりあたしの方が強いんだから」

 剛爪を構えるサリス―――その顔に、いつもの笑顔はなかった。

―――――――――――――――――――――――――

 ―――抗えない。

 暗い牢獄に閉じ込められた少女は、うつろな思考で現状の理解を急ぐ。

 お父さんからは……逃げられない。従うしかない。
 ボクには……どうする事もできない。

 ……もう、終わりなのか。
 優しいご主人様にも、いつもニコニコ笑って楽しそうな『地獄番犬ケルベロス』にも、感情のない機械なのに人間にしか見えない不思議な『機巧族エクスマキナ』にも。
 ―――ボクの事を優しく慰めてくれた、強くてカッコよくて優しい『反逆霊鬼リベリオン』にも。
 ……もう二度と会う事はないだろう。

 それに……たとえ助けに来てくれたとしても……お父さんとお祖父さんがいる。
 いくらキョーガでも、お祖父さんに勝つのは無理だ。

 なら……このまま、静かに―――

「あァクソ……屋敷ん中にも『吸血鬼ヴァンパイア』がいるのかよォ……しかもォ、地下室があるなんてなァ」

 ……幻聴だろうか。
 まさか、こんな所でキョーガの声が聞こえるなんて……ボクは、どれだけキョーガの事が―――

「おうコラァ、いつまでうつむいてんだよォ……顔上げろやァ」

 ……幻聴……じゃ、ない……?

「はっ、ずいぶんとまァ辛気くせェ顔してんじゃねェかァ……遊びに来たぜェ」

 ドサッと乱暴に『吸血鬼ヴァンパイア』を投げ捨てるキョーガが、ニヤっと笑いながら立っていた。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く