不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

3章1話

「……あは……♪……なに、この状況……♪」

 扉を開ける茶髪の少女が、室内の光景を見て苦笑を浮かべた。
 それも無理はない。
 中の光景は……少し。いや、かなり異常だ。

「あァ……?どォしたんだよサリスゥ?」
「いや~……♪アルちゃんはともかく、なんでマリーちゃんも一緒にいるのっ♪」

 ベッドに座る黒髪の男。
 その首元に青髪の幼女が抱きついており、男の左腕を金髪の幼女が遠慮がちに握っている。

「なんかよくわかんねェがァ、コイツァ魔力をエネルギーとして活動するんだとよォ……だから俺が魔力を供給してやってんだァ」
「あは~♪……こうやって見たら、2児の父親にしか見えないね~♪」
「あ、ふぅ……キョーガがお父さんって……想像できないですよぉ」
「【同感】 アルマと同意見」

 言いながら、青髪の幼女と金髪の幼女が男を見上げる。
 その幼い視線を受ける男が、舌打ちしながら口を開いた。

「勝手に想像すんじゃねェ……俺が父親なんざァ、想像したら気持ちわりィだろォがァ」
「あはっ♪確かに、その通りだね~♪」
「……てめェに言われるのはァ、なんかスッゲェムカつくなァ?」
「……それじゃ、今日もやろっか♪」

 空いている右手に掴み掛かり、茶髪の少女と男が力比べを始める。

 ―――男の名を、百鬼なきり 凶牙きょうが
 『死霊族アンデッド』にして、最上級召喚獣の『反逆霊鬼リベリオン』である。

 青髪幼女の名を、アルマ。
 同じく『死霊族アンデッド』で、これまた同じく最上級召喚獣の『吸血鬼ヴァンパイア』だ。

 茶髪少女の名を、サリス。
 地獄を守る最上級召喚獣の『地獄番犬ケルベロス』で、先の2名と同じく『死霊族アンデッド』だ。

 金髪幼女の名を、マリー・ゴールド。
 人工的に造られた種族『機巧族エクスマキナ』で、その小さな体の中には、数えられないほどの兵器が内蔵されている。

 そして……この4匹の召喚獣を従える召喚士は―――

「―――皆さん、おはようございますっ!」
「……あァ……おはよォリリアナァ」
「おはようございます、ご主人様っ!」
「おはよ~リリちゃん♪」
「【挨拶】 おはよう、リリアナ」

 夕焼けのようにキレイなオレンジ色の髪。美しく整った顔。無駄な脂肪のない、細めの体。
 リリアナ・ベルガノート……ついこの間まで、学院の仲間から『無能』と呼ばれていた少女だ。

「んでェ?リリアナが俺の部屋に来るたァ珍しいなァ。何かあったんかァ?」
「いえ、マリーちゃんが私の部屋にいなかったので……ここかな、と思いまして」
「……だってよォ。おら、魔力の供給は終わっただろォ?リリアナんとこ行けやァ」
「【拒否】 当機はマスターと一緒にいる」
「……あァ?」

 珍しくキョーガの言葉に反発し、リリアナの視線から隠れるように、マリーが身を隠す。

「おいおい、急にどうしたんだァ?」
「えっ、ま、マリーちゃん……わ、私、怖くないですよー?」
「……【説明】 リリアナは当機を抱き枕にする。鬱陶しい」
「う、鬱陶しいですか?!」

 心底ショックを受けたようなリリアナが、フラフラとマリーに近づく。

「【警告】 それ以上近づけば……これからは、一緒に寝ない」
「そ、そんな……」

 リリアナがピタリと動きを止め、羨ましげにキョーガを見つめる。
 見られるキョーガは、『いや、そんな目を向けられても……』と困った表情だ。

「ったくよォ……これじゃァ俺が子ども好きみてェじゃねェかァ」
「あは~♪……幼女2人を連れてるキョーちゃん、お父さんって言うより不審者だね~♪」
「しばき回すぞてめェ」
「怖~いっ♪」

 握力比べをしていた左手を抜き取り、思ってもないだろうに怖がるような仕草を見せる。

「てめェはいつまでくっついてんだよォ」
「え……ダメ、ですぅ……?」
「暑っ苦しいしィんだよボケがァ……くっつかれんのは寝てる時だけで充分だってのォ」
「……じゃあ今から二度寝しますよぉ……ね?」
「ね?じゃねェ」

 くっつくアルマを引き剥がし、マリーの手を振り払う。
 ジト目で見上げるアルマと、無機質なマリーの視線を受け、心底鬱陶しそうに舌打ちをした。

「てめェ、一応最年長だろォがよォ……だったらァ、相応の態度をしとけよなァ」
「さ、最年長の態度、ですぅ……?」

 悩むような仕草を見せ……アルマが、キョーガに向かって両腕を広げる。
 何事か?と首を傾げるキョーガに、アルマが妖艶に微笑みながら、囁くように言った。

「……おいで、キョーガ。お姉さんが優しく抱き締めて……あ・げ・る―――痛いッ?!」

 身をくねらせながら誘うアルマを、キョーガのチョップが襲った。

「え、えぇ?!でも今、最年長相応の態度って言ったですよぉ?!」
「アホかてめェはァ!誰が色っぽく誘えっつったァ?!」
「痛っ!痛いですよぉ!止めてくださいぃ!」

 涙目で抗議するアルマに、キョーガが連続でチョップを放つ。

「【理解】 マスターは年上より年下が好みだと把握」
「あァ?何言ってんだァ?」
「【説明】 マスターは、精神が幼いアルマに甘い。しかし、年相応の態度のアルマ……年上のアルマには厳しい。つまり、マスターは小さい子が好き―――」

 何か言い掛けるマリーが吹っ飛んだ。

「……コラポンコツゥ……だァれがロリコンだってェ?」

 ―――デコピン。
 怒りにより額から『紅角』が生えたキョーガのデコピンが、マリーを吹き飛ばしていた。

「……【謝罪】 すまない、マスター……しかし、幼い子どもが好きなのであれば、当機を好きにして構わない」

 気合いの入った動作を見せるマリーの姿に、キョーガは深いため息を吐いた。

「……あ、そうでした」
「あァ?……どうかしたかァ?」
「いえ、卒業式が4日後なので、両親に手紙でも書こうかと思いまして」
「……あァ……卒業式ってのがあったなァ……すっかり忘れてたなァ」

 そう、卒業式だ。
 そもそも、学生であるリリアナが、何故平日なのに家にいるのか。
 リリアナが言うには―――座学は学年トップ。授業を受ける態度もトップ。先生からの評価もトップ。一応、卒業できる評価は貰っているから、あとは卒業式に出るだけ……らしい。

「……そォいやァ……なァリリアナァ」
「はい?どうしました?」
「学院にゃァ最上級召喚獣と契約してるやつってェ、あのデントって野郎以外にいるのかァ?」
「はい。『竜族ドラゴニア』の『金欲竜ファフニール』と契約しているデントさんと……『獣人族ワービースト』の『氷結銀狼フェンニル』と契約している『ラッセル』さん……なら、この2人が最上級召喚獣と契約しています」
「……あのアバンってやつが使ってたァ、『巨人族ギガント』の『サイクロプス』はァ上級召喚獣だったなァ」
「上級召喚獣と契約している人は……えっと……アバンさんの他に、4人ほどいますよ」

 ……つまり、上級召喚獣と契約しているのは、たったの5人。そして、最上級召喚獣と契約しているのは、それより少ない2人。
 しかも……その2人も、契約数は1匹ずつ。
 という事は―――

「……んじゃァ、最上級召喚獣と契約してる数が一番多いのァ、リリアナって事かァ」
「え?……あ、言われてみれば、確かにそうですね」
「自覚無かったのかよォ……」
「あは~♪……あたしだったら、ぜ~ったいに自慢しに行くけどね~♪」

 壁に寄り掛かるサリスが、ニコニコと笑う。

 ―――確かに、サリスの言いたい事もわかる。
 リリアナは、学院の仲間から『無能』と呼ばれていた。
 そんな弱者が、いきなり最上級召喚獣3匹と契約して、強者になれば―――普通、自慢したくなるだろう。今までバカにしてきたやつらを、見返したくなるだろう。

「そ、そんな……自慢なんて、私が……」

 ―――まあ、リリアナならしないと思うが。

「はっ、相っ変わらずあめェなァ……だがァ、それで良い……いやァ、『それが良い』だなァ」

 楽し気に笑い、キョーガがベッドから立ち上がった。

「さァてとォ……朝飯でも作っかァ」

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く