不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

2章14話

「陛下、先の件の者を連れてきました」
「ふむ。ご苦労だった、『アルヴァーナ』」
「もったいないお言葉で」

 ―――老騎士に連れられるまま、リリアナたち一行は、『プロキシニア』の王宮にやって来た。

「……キョーガさん。私、ちょっと状況が呑み込めていないんですけど……」
「安心しなァ、俺もよくわかってねェからよォ」
「よく来てくれた。『召喚士 リリアナ』とその召喚獣よ。私は、この国を治めている国王、『グローリア・ゼナ・サモール』だ。お見知り置きを」

 玉座に座る国王が、座ったまま頭を下げる。
 礼儀のなっていない態度に、キョーガが噛み付こうとするが―――隣のリリアナから『ダメですよ、絶対にダメですからね!』と口を押さえられた。

「……お初にお目にかかります、グローリア様。私は『召喚士 リリアナ・ベルガノート』でございます」

 1歩、前に出るリリアナが、優雅なお辞儀を見せる。
 さすがは伯爵家の娘。こういった礼儀作法はお手のものか。
 関心したようにリリアナを見るキョーガ……と、リリアナと目が合った。
 その目が示す意味は―――『皆さんも自己紹介してください!』だ。

「……俺ァ百鬼 凶牙……『死霊族アンデッド』の『反逆霊鬼リベリオン』だァ……」
「同じく『死霊族アンデッド』、『地獄番犬ケルベロス』のサリスだよ~♪」
「【自己紹介】 当機の名はマリー・ゴールド」
「……んでェ、寝てるコイツが『吸血鬼ヴァンパイア』のアルマだァ」

 キョーガたちの自己紹介を聞いたグローリアが、驚いたように目を見開いた。
 ―――無理もない。
 最上級召喚獣が……しかも『死霊族アンデッド』が、この場に3人もいるのだから。

「……ほ、う……『死霊族アンデッド』……それも、最上級召喚獣が3匹とな……」

 匹、という言葉に、リリアナがピクリと眉を上げるも……表情を元に戻し、気になっていた事を問いかけた。

「それで、何故私たちをここに?」
「む?アルヴァーナから聞いていないのか?」
「……俺ァ聞いたぜェ。『ギアトニクス』での出来事について知りたいってなァ」
「そうか……ならば話が早い。早速教えてくれ」
「まァ待てや国王様よォ……教える前にィ、こっちの質問に答えてもらおうかァ」
「……ほう……なんだ?」
「『ギアトニクス』の件をどこで知ったァ?俺らが『ギアトニクス』の異変を解決したのはァ昨日だァ……いくらなんでもォ、情報をキャッチするのが早すぎるゥ……」

 そう。早すぎるのだ。
 この世界には電子機器はない……連絡する手段は無いはず。つまり、『ギアトニクス』が救われた事を知るには、昨日『ギアトニクス』にいなければならない。

「答えろォ……どうやって知ったんだァ?」
「……最近、『ギアトニクス』からの使者が来なくてな……不審に思った私は、昨日の昼過ぎに、アルヴァーナを使者として『ギアトニクス』に送った……アルヴァーナ」
「はっ」

 国王の呼び掛けに、老騎士が1歩前に出た。

「……ワシがそこで聞いたのは、『『召喚士 リリアナ』とその召喚獣によって、この国は救われた』という住民の言葉だったのだ」

 ……なるほど。
 確かにあの時、キョーガは住民たちにリリアナの名前を出した。
 だが……それでも……

「……速、すぎんだろォ……」
「む?」
「俺らが『ギアトニクス』を出たのは午後の4時過ぎだァ……俺の足で、最短距離を走って1時間は掛かったァ……そこであんたと鉢合わせてねェって事ァ、その後に『ギアトニクス』に行ったって事だろォ……普通の馬ならァ、あの道は6時間は掛かるゥ……それを往復って事ァ、12時間は掛かるはずだァ……そんなのォ―――」
「ふむ……つまり君は、『普通の人間じゃ、そんなに速く移動する事は不可能だ。だから怪しい』と思っているのかね?」
「……あァ……まァ、そういう事だァ」

 キョーガほどの化物ならば、それらを可能にする事ができる。
 だからこそ、キョーガは違和感を感じていた。
 ―――普通の人間には不可能だ。コイツらには裏がある、もしくは特別な何かがある……どちらにしても、怪しい事に変わりはない……と。

「……1つ、勘違いをしているぞ」
「あァ?俺が勘違いだァ?」
「うむ……人間離れした力を持っているのは、何も召喚獣だけでない。人間にだって可能な事だ―――自惚うぬぼれるなよ、小僧」
「―――ッ?!」

 ―――殺気。
 今までに感じた事の無いレベルの殺気。

 無意識の内に、キョーガが戦闘態勢に入り、そのひたいから紅角が現れる。
 サリスの表情が強張こわばり、いつでも迎撃できるように身を低くして構えた。
 マリーが両腕を剣に変え、その鋭い切っ先を老騎士に向ける。
 腕の中で眠るアルマも、尋常ならざる殺気を感じ取り、飛び起きた。

「……落ち着いてくれ、ただの年寄りの悪ふざけだ」

 そう言って、老騎士が目を閉じる。
 それと同時、辺りを覆っていた尋常ならざる殺気が、嘘だったかのように霧散した。

 ―――本気で、殺されるかと思った。
 そう思うキョーガの顔は……恐怖に染まっている。

「……あんたァ……何者だァ……?」
「ワシは『アルヴァーナ・ガウェイル』……ただの老いぼれ騎士だ」

 唯一、戦いに関して無知なリリアナだけが、アルヴァーナの殺気を受けて平気にしている。
 ……つまり、手練てだれにしか感じ取れない殺気。
 そんな卓越した技術は……普通の人間には、不可能だ。
 だが、ここは異世界。
 キョーガのいた世界の人間とは、運動能力が異なるのかも知れない……と、キョーガは無理矢理自分を納得させた。

「ふむ?そちらの少女は……人間ではないのか?」
「【肯定】 当機は『機巧族エクスマキナ』。人間の手によって造られた召喚獣」
「『機巧族エクスマキナ』……?聞いた事の無い種族だが……」
「【当然】 当機は『ギアトニクス』で秘密裏に造られていた。今回、『ギアトニクス』で起こった異変は、我々『機巧族エクスマキナ』による事件だ」

 淡々と、冷徹に。
 一切の感情もなく、『私が『ギアトニクス』を壊滅寸前まで追いやった』と国王に言い放つ。

「ほう……なるほど。体が武器に変化するのか」
「【肯定】 近距離武器から遠距離武器、さらに拷問器具も備えている……見てみるか?」
「やめとけマリー……出しゃばんじゃねェよォ」
「【了解】」

 ガシュンガシュンと、音を立てながら変形し……元のマリーの姿に戻る。

「……えっと……キョーガ?ここ、どこですぅ?」
「やっと起きたかァ……おら、とっとと降りやがれェ」
「……よくわかんないですけどぉ……降りますよぉ」

 軽やかに着地するアルマ……と、目の前に立つ老騎士を見て、目を細めた。
 ―――明らかに警戒を剥き出しにしている。
 刺すような視線を受けるアルヴァーナが、居心地悪そうに肩をすくめ……アルマの様子に気づいたキョーガが、その頭に向かってチョップを放った。

「―――痛いっ?!な、何するんですぅ?!」
「アホォ、んなあからさまに警戒心出すんじゃねェよォ……あいつァつえェ、ヘタに警戒心を出すなァ。リリアナに手ェ出されたら困るだろォがよォ」
「………………はい、ですぅ……」
「いやいや、そんなつもりはないから安心してもらっていい。ワシはただの老木。戦うなんて、骨が折れる事はしない」
「嘘言ってんじゃァねェ……あんたの目はァ、強者の目だァ……あんたほど洗練された人間はァ見た事がねェ……」

 穏やかに目を細める老騎士……だが、その目に宿る異様な覇気は、隠す事ができていない。
 鋭く、視線だけで相手を圧倒する彼は……まさに、存在自体が一振ひとふりの剣のようだ。

「……『召喚士 リリアナ』よ……お前のおかげで、『ギアトニクス』が救われた……礼を言う」
「いっ、いえそんな……私は何も……」
「……なァあんたァ……国王さんよォ」
「む?君は……『反逆霊鬼リベリオン』だったか?」
「あァ……ちっと頼みてェ事があんだけどよォ……いいかァ?」
「……ふむ。他国を救った礼だ。言ってみろ」
「じゃァ遠慮なく言わせてもらうわァ……こいつと戦わせてくんねェかァ?」

 キョーガの睨む先……老騎士が立っている。
 不敵に笑みを浮かべるキョーガに、アルヴァーナが一瞬目を細め……国王を見上げた。

「……どうだ。るか、アルヴァーナ?」
「……陛下のご命令とあらば、喜んで」

 老騎士の返事に、キョーガが嬉しそうに笑みを深め―――そんなキョーガの左腕を、リリアナが掴んで振り回した。

「なっ、ななな何を言ってるんですかキョーガさんっ!あ、あの方は『プロキシニア』最強の騎士、アルヴァーナ様ですよ?!勝負を力でねじ伏せる『金欲竜ファフニール』とは違い、技を使う『人類族ウィズダム』です!」
「まァ、そうだろォなァ」
「キョーガさんは確かにスゴい力を持ってますけど、アルヴァーナ様には―――」
「落ち着けリリアナァ……さァ、ろォぜェ」

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く