不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

2章13話

「―――今の話、どう思います?」
「……はァ?」

 早朝のリビング。
 真面目な顔のリリアナと、呆れ顔のキョーガが向かい合って座っている。
 そのリリアナの横には、姿勢正しく『指示者コマンダー』が立っており……キョーガの腕には、眠るアルマが抱っこされていた。

「ですから、今の話をどう思いますか?」
「いやァ、どう思うって言ってもよォ……」

 静かに立つ『指示者コマンダー』……その顔は、機械らしからぬ困ったような顔をしていた。
 というか、キョーガ自身も困惑している。

「えっとォ……つまりィ……」

 どこか興奮したようなリリアナと、機械らしからぬ表情を見せる『指示者コマンダー』。
 そんな1人と1機に向かって、先ほどリリアナが言っていた事を口にした。

「『機巧族エクスマキナ』とか『指示者コマンダー』じゃ可愛くねェからァ、もっと可愛い名前を付けたい……とォ?」
「はいっ!そうですっ!」

 元気に返事をするリリアナに、キョーガと『指示者コマンダー』が再び困惑の表情を見せた。

―――――――――――――――――――――――――

「……こんな朝早くに起こしたと思ったら、その子の名前を付けるためって……♪」
「はいっ!サリスさんも一緒に考えましょう!」

 張り切るリリアナを見て、サリスが困ったようにキョーガを見る。
 『安心しろ、俺もよくわからん』と、椅子に座っているキョーガが力強く頷いた。

「……あは♪……あたし、二度寝してくるね~♪」
「えぇ?!ちょ、ちょっと待ってください!」
「だって、あたし必要ないでしょ~♪リリちゃんが付けてあげなよ~♪」
「私じゃ良い名前が思い付かないんです!夜通し考えたんですけど、しっくりくる名前が出ないんですっ!」
「あは~♪……夜通しって、冗談でしょ……♪」

 ヒラヒラと手を振りながら自室に戻ろうとするサリスに、リリアナが必死の表情でしがみつく。

「はぁ……♪さすがのあたしも、朝からよくわからない事に付き合わされるのは困るよ~♪」
「よくわからないって何ですか!」
「あっは~♪……もう、わかったわかったよ~♪付き合うから落ちつきなって♪」

 リリアナに引きずられながら、サリスが渋々椅子に座る。

「それでは、改めまして……この子の名前を決めましょう!」
「どォでもいいけどよォ、おめェ『指示者コマンダー』の事気に入りすぎだろォ」
「その呼び方、やっぱり可愛くないですよ!ね、あなたもそう思いますよね?」
「【否定】 当機は呼称にこだわらない……そもそも、お前は当機のマスターではない。よって、お前に当機の呼び名を決める権利は―――」
「おいコラ『指示者コマンダー』……そいつは俺の召喚士だァ。お前なんて呼ぶなァ、じゃねェと壊すぞォ」
「【了解】 心得た、マスター」

 惚れ惚れするほど美しい敬礼を見せる『指示者コマンダー』の姿に、キョーガが深くため息を吐く。

「……それで、アルちゃんはどうしたの~♪」
「……寝てるだけだァ、起こすなよォ?」
「ふ~ん……♪なんかキョーちゃん、お父さんみたいだね~♪」
「……俺がァ、コイツの親父だァ……?」

 サリスの言葉にキョーガが突っ掛かり、いつも通りの取っ組み合いになる―――かと思われた、が。

「…………コイツの親父かァ……あァ、なれるんだったらァ、なってやりてェなァ」

 眠る少女を見て、キョーガが優しく笑う。
 『キョーガとアルマに何があった?』と驚くサリス……だが、キョーガの表情を見て言及する気が失せたのか、いつもの笑みを戻した。

「あっは♪それじゃ早くその子の名前を決めよっ♪眠たくて眠たくてしょうがないんだよっ♪」
「そうですね!……ですけど、何か良い案はありますか?」
「それを今から考えっだろォがァ」

 甘えるようにくっつくアルマを抱き直しながら、キョーガが『指示者コマンダー』を見上げる。

「……なァ、おめェは『こんな名前が良い』ってのはねェのかァ?」
「【肯定】 当機に呼称は必要ない。それに、必要とも感じない」
「だよなァ……機械が名前を望むってのもォ、変な話だしなァ」
「【肯定】 ……しかし、マスターが付けてくれるのであれば、喜んでその名を使わせてもらう」

 どこか期待しているように見える『指示者コマンダー』が、キョーガを見つめる。
 そんな視線を受け、キョーガは本日何度目になるかわからないため息を吐いた。

「とりあえずよォ、そのマスターってのォやめねェかァ?」
「【拒否】 マスターはマスター。よって、やめる事はできない」
「あは~♪キョーちゃん、この子に何したの♪めっちゃキョーちゃんに忠実じゃ~ん♪」
「んな事ァ俺が聞きてェんだがなァ」
「この子が呼びたいって言うなら、呼ばせてあげたらどうです?」
「……だがなァ……」

 『指示者コマンダー』の徹底したマスター主義の態度に、キョーガは呆れを通り越して尊敬すら感じている。
 とはいえ、自分が上の立場として扱われるのは、あまり得意ではない。
 だからこそ『マスター』という呼び名を変えさせようとするが―――そこだけは譲れないのか、いやいやと首を振る『指示者コマンダー』と、リリアナの援護も入ったため、キョーガは仕方なくマスターと呼ばれる事にする。

「……そォだ……おめェの名前、『コマ』とかどォだ?」
「【質問】 そのコマという名前には、何か理由があるのか?」
「『指示者コマンダー』だからコマだァ。わっかりやすいだろォ?」
「もう!そんな適当な名前はダメに決まってますっ!」

 真剣な表情で『コマ……コマ……』とブツブツ繰り返す『指示者コマンダー』の姿に、『あれ?こんな簡単に決まっていいのか?』とキョーガが困惑した表情を見せるも―――やはりダメだったらしく、リリアナから却下が出た。

「もう何でもいいよ~♪それっぽい名前言って、早く寝直そ~♪」
「だなァ」
「お二人とも、真面目に考えてくださいっ」

 ダルそうなキョーガとサリスの態度に、リリアナがプンスカ怒り……ふと思い付いたように、キョーガが口を開いた。

「……んじゃァ、『マリー』だなァ」
「……【質問】 マリーとは何か」
「俺の地元にマリーゴールドっつー黄色い花があんだがァ……おめェの金髪にそっくりな色してんだァ」
「【復唱】 マリーゴールド……」
「あァ、おめェの名前は『マリー・ゴールド』……それでいいかァ?」
「……【了解】 これからは、マリー・ゴールドと名乗らせてもらう」

 そう言って『指示者コマンダー』は―――否。マリーは、その名に相応ふさわしい、花のように可憐な笑みを見せた。

―――――――――――――――――――――――――

「……それにしても、よ~く眠ってるね~♪もうお昼なのに、まだまだ起きる気配がないよ~♪」
「……そォだなァ」

 まだ眠っているアルマ……その触り心地のよさそうな頬に向かって手を伸ばし、フニフニと引っ張る。
 予想以上の弾力と触り心地の良さに、面白がって触り続け―――その手が心地良いのか、アルマがキョーガの手に自分の頭を擦り寄せた。

「あはっ♪……これじゃ、ただの子どもだね~♪」
「はっ、コイツァ実年齢以外はロリだかんなァ……そういやァよォ、おめェが15歳ってのはあり得ねェだろォ。何食ったらそォなるんだァ?」
「な~いしょっ♪あはっ♪」

 人差し指を口元に近づけ、妖艶な笑みを見せる。

「……それより♪アルちゃんと何かあったの~?」
「あァ?別に何もねェよォ」
「嘘~♪な~にがあったのかな~♪」

 ユラユラとふざけたように、だが視線は真っ直ぐにキョーガを捉える。

「……あんまり詮索すんじゃねェ……俺にもコイツにもォ、言いたくねェ事ァある」
「あはっ♪……ま、そ~だよね~♪言いたくない事は、誰にだってあるよね~♪」

 そう言って言及を止めるサリス―――と、唐突に玄関の扉が開かれた。
 キョーガとサリスが視線を向け……そこに、年老いた騎士のような男が立っている。

 ―――ピリピリと、肌を刺すような覇気。
 こんな覇気を放つのに、扉を開けられるまで、まったく気配を感じなかった。
 間違いない、この老騎士……強い。

「失礼。リリアナ・ベルガノート殿の住居は、ここであっているか?」
「……あァ、そォだがァ」

 束ねられた白髪を揺らしながら、老騎士が中へと入ってくる。
 その一挙一動を警戒しながら、キョーガが老騎士に向かって手を出した。

「そこで止まれェ……リリアナに何の用だァ」
「……ふむ……強いな。若いのに、鍛えられている……それに、視線の送り方も悪くない」
「んな事聞いてんじゃねェよォ……何の用だァ、答えろォ」
「いやなに、色々と聞きたい事があってな」

 両手を上げ、戦う気はないと態度で示す。
 少しだけ警戒を解き……顎をしゃくって先を促す。

「そうだな……単刀直入に行こう」
「あァ?」
「―――『ギアトニクス』の件について、話を伺いたい」

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く