不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

2章12話

「……キョーガ」
「あァ?……どォしたアルマァ」

 夜……みんなが寝静まったであろう時刻。
 どこか不安そうなアルマが、静かにキョーガの部屋に入ってきた。

「いえ……あの『機巧族エクスマキナ』について聞きたい事があるんですぅ……聞いてもいいですぅ?」
「……あァ。なんだァ?」
「……あの『機巧族エクスマキナ』を連れてきた理由は何ですぅ?」

 紅瞳が、まっすぐキョーガを捉える。
 その『何でもわかってるぞ』と言わんばかりの視線を受け、キョーガは内心焦るも……表情には出さないようにして口を開いた。

「別にィ……さっきも言ったろォ?監視するんだってェ」
「そこがおかしいんですよぉ……いつものキョーガなら、問答無用で破壊して、相手の事情なんて無視するのに……今日に限って監視するなんて、まるで『コイツは殺したくない』って言っているような感じじゃないですですぅ?」

 普段のおっとりとした口調が、何故か酷くキョーガの心を焦らせる。

「キョーガ、ボクが別の『機巧族エクスマキナ』と戦っている時、あの『指示者コマンダー』とか言う機体と何か話してましたよね?」
「あっ……あァ、まァ……」
「何を話したんですぅ?」
「……大した事ァ話してねェよォ」
「それ、嘘ですよぉ?だって、『指示者コマンダー』と話した後のキョーガ……スッキリしてるように見えますぅ」

 的確に痛い所を突いてくるアルマ……もう一度誤魔化そうとして―――キョーガの目に、寂しそうなアルマの姿が入った。

「何を言われても、ボクはキョーガの言った事を信じますぅ。だから、正直に話してください……それで、ボクに納得させてくださいよぉ……『指示者コマンダー』は、一度殺し合った相手なんですぅ、理由も無しに信用する事はできませんよぉ」

 祈るように手を合わせ、上目遣いにキョーガを見つめる。
 どうするか少し考えた後……観念したように大きくため息を吐いた。

「……あいつァ、昔の俺にそっくりなんだァ」
「昔のキョーガに……ですぅ?」
「あァ……だからァ……なんつーかァ……」
「殺したくない……ですぅ?」

 アルマの言葉に、キョーガが無言で頷く。

「……それなら、ボクは文句はないですよぉ」
「そうかァ……ならよかったァ」

 そのままの流れで、アルマがキョーガの部屋を出ようとして―――ふと思い出したように、キョーガがアルマを呼び止めた。

「あっ……おいコラちっと待てェ」
「はい?どうしたんですぅ?」
「……てめェ、まさか忘れたとか言わねェよなァ?」
「忘れたって……何がですぅ?」

 首を傾げるアルマに向かって、キョーガが怒りの表情を見せる。

「血の話だァ……忘れたとァ言わせねェからなァ?」
「血の……話…………………………あっ」

 思い出したように声を上げ、途端に慌て始める。

「あ、あっ、ちが、違うんですよぉ?忘れてたとかじゃなくてっ、その、キョーガが覚えているかなって試しただけでっ、忘れてたとか、そんな事は―――」
「……………」
「はい……ごめんなさいですぅ……」

 無言の圧力に、しゅんと肩を落とす。
 心なしか、黒翼まで垂れ下がったように見えた。

「うぅ……怒らないでくださいぃ……怒られるのは嫌いなんですよぉ……」
「んなの誰だって嫌いに決まってんだろォがァ……チッ……これじゃァ俺が悪者みてェじゃねェかァ」

 見るからに凶暴そうな男が、幼い少女を泣かせている様子は……何も事情を知らない者が見れば、悪者は確実にキョーガだ。
 涙目で小さく震えるアルマを見て、キョーガは苦虫を噛み潰したような顔になる。

「……はァ……おいアルマァ」
「はい……」
「…………………………これから多く吸う時ァ、前もって言えやァ……いいなァ?」
「……えっ……?」
「だァから、これからァ前もって言えってんだよォ……なんだ、不服かァ?」

 ベッドから立ち上がり、キョーガが不服そうに妥協案を出す。
 『不服か?』と問い掛けているのに、一番不服そうなのはキョーガだ。

「……その……いいんですぅ?」
「あァん?二度も三度も言わせんじゃねェぞロリ吸血鬼がよォ」

 不機嫌そうに布団に入り込み、キョーガが枕元にある装置に向かって魔力を流す。
 それと同時、部屋の明かりが消え……『とっとと自分の部屋に帰れ。俺はもう寝る』と無言で伝える。

「…………あのっ、キョーガ」
「んだよねみィんだよォ」
「……一緒に寝て、いいですぅ……?」

 10秒ほどの沈黙の後……キョーガがため息混じりに、素っ気なく言った。

「……勝手にしろォ」
「……えへへ……失礼しますぅ」

 右を向いて寝るキョーガに合わせ、アルマがキョーガの右側に入り込む。
 その『構ってください!』と言わんばかりの行動に、キョーガが心底鬱陶うっとうしそうに反対側を向き―――『無視しないでくださいよ!』と、アルマがキョーガの背中に抱きついた。

「…………キョーガ」
「……あァ?」
「ボクは……ボクは、独りじゃないですよね?」

 意図がわからぬ質問―――その声は、どこかすがるように、どこか願うように震えていて……それを誤魔化すように、ギュッと、アルマがキョーガを力強く抱きしめる。
 その抱きつく手を、キョーガが鬱陶しそうに振り払い……アルマの体が、拒絶されたと感じてビクッと小さく跳ねた。
 だが直後―――グルン!とキョーガが振り向き、アルマの小さな体を抱き寄せた。

「あ、ぇ……?」
「……あァ……あったけェなおめェ……」

 ぬくもりを確かめるように、キョーガがアルマを強く抱きしめる。

「……どォだ?」
「え?あ、何がですぅ?」
「これでもォ、まだ独りだとほざく気かァ?」

 アルマの顔はキョーガの胸に埋まっているため、アルマがどんな表情をしているかわからない。
 わからないが―――

「……………………キョーガ…………キョーガ……キョーガ……キョーガ、キョーガ、キョーガっ、キョーガキョーガキョーガっ、きょおがぁ……!」

 『まだ独りだとほざく気か』……それは、優しさなんて感じさせない、雑な言葉。
 それでも……今のアルマには、これで充分だったらしい。
 アルマの過去に、何があったかは知らない。ここまで独りに怯えている理由もわからない。
 サリスが初めてここに来た時に見た、アルマの悲しそうな顔……あれも、『独り』というのが関わっているのかも知れない。

「ボク、『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』に選ばれてっ、お父さんはボクに期待しててっ、でもボクは全然ダメでっ……!」
「……大丈夫だアルマァ」
「ここに来て、みんな優しくてっ、安心させてくれてっ……!ボクは、ボクはぁ……!」

 涙を流し、よだれをダラしなく撒き散らしながら、アルマが泣きじゃくる。
 涙と涎で服が汚れるも……全く不快そうにせず、キョーガは優しくアルマの頭を撫でた。
 その手の動きに、アルマの心も優しく撫でられるようで……涙の勢いが増した。

「あ、うぁ……!ボクっ、頑張ってたんですよぉ!ボクなりに頑張ってたんですぅ!お父さんの言い付けも守ってたんですぅ!訓練も欠かさず頑張ったんですよぉ!」
「あァ」
「それでも足りなくて……!ボクは閉じ込められて……!暗い所で毎日暮らして……!怖くて怖くて怖くて怖くてっ、暗いのが怖くて仕方なくて……!」

 ―――毎夜毎夜、アルマが俺のベッドに忍び込んで来てたのは……独りが怖かったのと、暗いのが怖かったからなのか。

「あっ、う……きょおがぁ……っ!」

 アルマの頭を撫でながら、キョーガはふと思う。
 ―――寝るはずだったのに、どうしてこんな事になっているのか、と。

 アルマの頭を撫でながら、キョーガはふと考える。
 ―――別に、無視して寝ても良かったはずだ、と。

 アルマの頭を撫でながら、キョーガはふと口にした。

「……俺がいるゥ……だからァ、大丈夫だァ」

 ―――抱きつくアルマを見て、怯えるアルマを見て、震えるアルマを見て、泣きじゃくるアルマを見て、嗚咽混じりに涎を垂らすアルマを見て。

 ―――泣かせてはいけない。そう思った。

―――――――――――――――――――――――――

「……ったくよォ……泣き止んだと思えばァ、すぐ寝やがってェ」

 心地よさそうに眠るアルマを見て、キョーガが苦笑を浮かべる。

 ―――コイツが言っていた、『お父さん』という存在。
 よくわからないが……アルマが泣いたのは、その『お父さん』とやらが原因だろう。

 アルマは言っていた。『ボクなりに頑張ってたんですよ』と。『言い付けを守っていた』と。『訓練を毎日していた』と。
 そして―――『閉じ込められていた』と。

「……なかなかァ、残酷な事しやがるじゃねェかァ」

 キョーガには、両親がいない。
 だから『普通の父親はこうだ』とか、『母親はこんな事をする』とか、そんな事はわからない。
 わからない……けど。

「……自分の子どもを泣かせるって事ァ、間違ってるって事でいいんだよなァ」

 眠る少女に問い掛ける。もちろん、返事はない。

「……『サモンワールド』かァ……ちっと興味が出てきたなァ……」

 暗闇に、凶悪な笑みが浮かび上がる。

 ―――なんだかよくわからないが、とにかくムシャクシャする。
 理由は……多分、アルマだ。
 コイツも、キョーガと同じく、大変な幼少期を送ってきたのだろう。

「……おめェの親にィ、挨拶してェなァ」

 そう言ったキョーガの顔は―――今まで見た事がないほど、怒りに歪んでいた。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く