不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

2章11話

「それでは……俺はこれで失礼する。『プロキシニア』まで送ってくれて、ありがとう」
「はい、デントさんもお気をつけて」
「ああ、卒業式で会おう」

 馬車から降りるデントが、軽く手を振りながらリリアナたちの元を離れる。
 それを見届け、キョーガは再び馬車を引っ張り始めた。

 ―――『ギアトニクス』を『機巧族エクスマキナ』の手から救い、すぐに『プロキシニア』へと戻ってきた。
 収容されていた住民の中には……研究員と王族はいなかった。
 おそらく、殺されたのだろう。
 『ギアトニクス』が国として復活するかどうかはわからないが……それはもう、キョーガたちには関係のない話だ。

「サリスさん、怪我が治って良かったですね」
「あは~♪まさか捕らわれてる住民の中に、治癒魔法が使える『人類族ウィズダム』がいたとは驚きだよ~♪」

 ニコニコと笑うサリス……その左腕は、すっかり元通りとなっている。

「……にしたってよォ、本当に帰ってきて良かったんかァ?」
「何がです?」
「おめェはあの国を救ったんだァ……なのにィ、なんの見返りも求めねェなんてよォ」
「別に、見返りが欲しかったわけじゃないですし……それに、あれだけ感謝されれば、私は満足ですよ!」

 キッパリと言いきるリリアナに、キョーガは深くため息を吐いた。
 ―――どこまで甘々なんだ、こいつは。
 1国を危機から救っておいて、なんの見返りも求めないなんて……まあ、リリアナらしいと言えば、リリアナらしいが。

「……そういやァ……あいつ、どォしたかなァ」
「誰がです?」
「……んや、なんもねェ」

 キョーガの呟きを聞いたリリアナが、車両から問いかけるが……それとなく誤魔化し、キョーガは馬車を加速させる。
 あいつ、というのは『指示者コマンダー』の事だ。
 とどめを刺さず、1機だけ残して帰って来たのは……キョーガが『指示者コマンダー』の事を、自分にそっくりだと思ってしまったからだ。
 残酷非道、最強無敵のキョーガにも、相手の事を考える心はある。

 ―――あの『指示者コマンダー』は、リリアナと出会えなかった俺なのかも知れない。
 ついそんな事を考えてしまい……出した答えは『あいつも、自分を必要としてくれるやつに出会えば変わる事ができる』だ。
 俺がリリアナと出会って変われたんだ。あいつだって、変われるはず―――と、キョーガらしからぬ考えで。

「んァ……着いたぜェ」
「ありがとうございます、キョーガさん」
「……なんだか、たった1日で大冒険した気分ですよぉ……」

 車両から降りてくるリリアナとアルマが、疲れた様子で家に入る。
 その辺に馬車を置き、キョーガも中に入ろうと―――

「…………?……なんだァ……?」
「……あはっ……♪キョーちゃんも感じるよね……♪」

 まだ馬車の中に残っていたサリスが、遠くを見るキョーガの隣に並ぶ。
 その視線は……キョーガと同じく、遠くを見ている。

「……この感じってェ……」
「あは……♪うん、あたしもそう思うよ~♪」

 何やら、ここを目指して接近してくる気配……それも、生物ではない。
 限りなく生物に近いが……どこか道具のような……

「―――【発見】 『反逆霊鬼リベリオン』と『地獄番犬ケルベロス』の姿を確認……ここが住居だと把握」

 ふわりとキョーガたちの目の前に着地する、可愛い少女―――否、少女の姿をした機械だ。

「……あは~……♪……なに、今度はこの国を攻め落とす気かな~♪」
「【否定】 当機はすでに負けた身……戦う気はない」
「だったらてめェ、何しに来たんだよォ」

 無表情のまま歩み寄る『指示者コマンダー』……キョーガの前で立ち止まり、惚れ惚れするほど美しいお辞儀を見せた。

「【懇願】 当機をの部下にしてほしい」
「………………いや、何言ってんだおめェ。んな事言われたって―――おい待てェ、今何つったァ」
「【懇請】 当機に居場所はない。それに、『ギアトニクス』にいては、目のかたきにされる事、間違いなし」
「んな事聞きてェんじゃねェよォ……いや、というか聞きてェ事しかねェんだがァ」

 心底面倒くさそうに頭を掻き……大きくため息を吐いた。

「……サリスゥ、ちっとコイツと話をしてくるゥ……リリアナとアルマに言っといてくれェ」
「ん~……1人で大丈夫かな~?あたしも付いて行こっか♪」
「俺を舐めてんのかてめェはァ?」

―――――――――――――――――――――――――

「んでェ?何しに来たんだよォ?」
「【説明】 先ほど話した通り。当機をマスターの部下にしてほしい」
「そこからわかんねェんだよォ……てか何だよマスターってェ……」

 リリアナの家の近くにある公園。
 そこに置いてある椅子に、キョーガと『指示者コマンダー』が座っている。

「【説明】 当機は、当機より弱い者に従いたくない。よって、当機より強い者……マスターになら、従っても良いと考えている」
「……そもそもォ、なんで俺に従おうとするゥ?」
「【説明】 当機はマスターに興味がある。当機と同じく、人工的に手が加えられたというマスターに」
「んな事言われたってなァ……」
「【提案】 もちろん、ただでとは言わない……当機をマスターの部下にしてくれるのであれば、この体を自由に使って構わない……当機も、頑張ってご奉仕する」

 ふんすっ、と機械らしからぬ気合いの入った動作を見せる。

「……俺ァ別に構わねェがァ……リリアナがどう言うかだなァ」
「【質問】 リリアナとは誰か」
「俺の召喚士だァ……あいつァ正義感がつえェからなァ、おめェが『機巧族エクスマキナ』だって知ればァ、もしかしたら拒否るかもなァ」
「……【理解】 『人類族ウィズダム』は当機の事を良く思っていない」

 無表情のまま頷く『指示者コマンダー』。
 やはり機械だなと思いながら、キョーガが気になっていた事を聞く。

「なァ、ずっと気になってたんだがァ……おめェは何のために作られたんだァ?」
「【説明】 当機は戦いの為に作られた」
「戦い……だとォ?」
「【質問】 マスターは魔王を知っているか?」
「あァ……って事ァ、おめェは対魔王用に作られたって事かァ?」
「【肯定】 魔王は生きている。そのため、再びこの世界に現れる可能性が高い……当機は捨て駒として作られた」

 ―――なるほど。合理的と言えば合理的だ。
 魔王が再来した時、『機巧族エクスマキナ』のように、生死の恐怖が無い者がいれば、なんの躊躇ためらいも無く戦えるだろうから。

「【説明続行】 しかし、いくら道具と言えど、自身より弱い者に従いたくはない……それを肯定してくれたのは、他ならぬマスターだ」
「……まァ、そうだなァ」
「【状況】 当機には行く宛がない。さらに、頼れる者もいない……仲間である『機巧族エクスマキナ』は、マスターたちによって破壊された」

 長い金髪を弄りながら、『指示者コマンダー』がどこか寂しそうに続ける。

「【懇願】 当機は、当機が造られた理由がほしい。誰のために造られたのか、何のために造られたのか」

 ―――誰のために造られたのか。何のために造られたのか。
 『俺ァリリアナの召喚獣だァ。おめェのために戦ってェ、おめェの決めた事にゃァ文句言わねェ』……キョーガは最近になって、自分の存在を認められるようになった。
 この少女も、自分と同じなのだろう。
 勝手に作られて、改造されて……何故、自分は生きているのか、わからないのだろう。
 だがそれは、機械の域を超えている。
 自身に疑問を持ち、考え、行動するなんて……それはまるで―――

「【懇請】 マスターのために造られて、マスターの力になるために造られた……そんな理由がほしい」

 そう言ってキョーガを見上げる『指示者コマンダー』の顔は―――人間にしか見えなかった。

―――――――――――――――――――――――――

「えっと……キョーガさん、その方は?」

 不思議そうに『指示者コマンダー』を見るリリアナ……その隣では、アルマが『なんでコイツがここに?!』と、口をパクパクさせている。
 どこから話したものかと、キョーガが困ったように頬を掻き……ふと、思い付いたように口を開いた。

「……こいつァ『機巧族エクスマキナ』の親玉だァ」
「『機巧族エクスマキナ』の親玉……って事は、この子が最初に暴走した『機巧族エクスマキナ』なんですか?」
「あァ……また暴走しねェようにィ、俺が監視する事にしたァ」
「えっと……他の『機巧族エクスマキナ』はいないんですか?この子だけしか残っていないんですか?」
「【肯定】 他の『機巧族エクスマキナ』は、マスターたちによって破壊された」

 ジッと、『指示者コマンダー』を見つめるリリアナ。
 その視線を受ける『指示者コマンダー』が、気圧けおされたように後退あとずさる。

「あー……リリアナァ、おめェの考えもわかるゥ。だがァ、そいつにも理由があって―――」
「……可愛いですね」
「「えっ」」

 少しずつ後退する『指示者コマンダー』の肩をガッシリ掴み、リリアナが『指示者コマンダー』の顔を正面から覗き込む。

「……スゴく可愛いですっ!」
「ぎっ、【疑問】 当機が怖くないのか?」
「怖い……ですか?怖くはないですよ、キョーガさんが連れて来たんですから!」

 ぎゅ~っと『指示者コマンダー』を抱き締めるリリアナが、頬擦りを始める。

 その様子を見て、キョーガが安心したように笑い、アルマとサリスが不安そうにリリアナを見つめていた。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く