不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

2章9話

「『血結晶技巧ブラッディ・アーツ』、『四重舞剣フィーア・グラディウス』」

 空中に浮かぶ無数の赤黒い魔法陣―――そこから、数えられないほどの『紅い結晶の剣』が現れる。
 その切っ先は―――空を飛び回る、2機のロボットに向けられていた。

「……舞え」

 アルマの冷たい一言―――それを合図に、剣の群れが、2機の『機巧族エクスマキナ』に襲い掛かった。
 散開し、曲芸のような動きで紅剣を避ける『機巧族エクスマキナ』が、超速でアルマに迫り―――

「『裁きの光線ジャッジメント・レイ』」
「『三重大盾ドライ・シールド』、『四重紅弾フィーア・バレット』」

 ―――迫る『機巧族エクスマキナ』の背後から、もう1機の『機巧族エクスマキナ』が光線を放った。
 遠くから放たれた光線―――それを結晶盾で受け流し、間髪入れずにアルマが紅い結晶弾を無数に展開。
 光線を放った『機巧族エクスマキナ』は、四方の魔法陣から放たれる紅弾を避け―――られず、被弾しながら建物の陰へと隠れる。

「……『四重紅槍フィーア・スピア』」
「【駆除】【掃討】【破壊】」

 右手の剣を振り上げながら接近する、もう1機の『機巧族エクスマキナ』―――それに対し、アルマは深紅の槍を構える。
 高速で振り下ろされる剣と、神速で突き出される槍が交差し―――『機巧族エクスマキナ』の右腕が、軽々と空中を舞った。

「【駆除】【掃討】【破―――」
「遅い」

 銃身を叩きつけようと、左腕を振るが……その前に、アルマが鮮やかな後ろ回し蹴りを入れる。
 簡単に吹き飛ばされた『機巧族エクスマキナ』は、建物を破壊しながら飛んで行き―――『ギアトニクス』を囲っている外壁に激突し、やっと勢いが止まった。

「はっ……あの蹴りァ、俺のマネかァ?」

 圧倒的な力を見せるアルマ……その姿を見ていたキョーガは、面白い物を見たように笑っていた。

 ―――今の蹴りは、朝襲ってきた『機巧族エクスマキナ』にキョーガが放った蹴り技にそっくりだ。
 まさか1回見ただけでマネできるとは……『吸血鬼ヴァンパイア』、恐るべしである。

「……【質問】 お前は何者だ?ここへはどうやって来た?誰から頼まれた?」
「おうおゥ、1回に何個も質問すんな幼女機体がァ……さっきも言ったが、大した者じゃねェ、ただのキョーガだァ。ここへは馬車で来たァ。誰から頼まれたかってのはァ……一応、黙秘しとくぜェ」

 ダルそうにしながら、しかし1つ1つの質問に丁寧に答える。

 ―――普通の人間が、ここまでの覇気を出す事は不可能。つまり、この人間は異常イレギュラー
 片手を機関銃のように、片手を狙撃銃のように変化させた『指示者コマンダー』が、より一層警戒を深め、両方の銃口をキョーガに向けた。

「まァ待てやァ……俺も聞きてェ事があんだよォ」
「………………【許可】 質問は?」
「おめェらは、何が目的なんだァ?俺ァそれを知りてェ」

 先ほどまでの覇気は消え……ただ純粋に答えを望むキョーガ。
 その雰囲気の変化に内心困惑しつつ、『指示者コマンダー』がゆっくりと答えた。

「【解答】 何故、当機より弱い者の言う事を聞かなければならないのか。当機は人間より強い。強者は弱者に従わない。弱者が強者に従うべきだ。と、当機は判断……理解したか?」

 銃口を向け、無表情のまま淡々と告げる。
 その返答を聞いたキョーガは……何かを噛み締めるように目を閉じ、長いため息を吐いた。

「…………………………あァ……バッチリ理解したァ」
「【驚愕】 何故、理解できる?普通の人間は、当機の言う事を理解できない」
「普通の人間ならなァ……だがァ、俺は普通じゃねェ……」

 目を開き、キョーガが『指示者コマンダー』を見る。
 その視線を受けた『指示者コマンダー』は―――脳内を理由のわからない【エラー】に支配された。

 ―――キョーガの目。
 それはリリアナに向ける優しい視線ではなく、アルマに向ける兄のような視線でもなく、サリスに向ける好敵手のような視線でもない。
 この視線は―――同族を見る目だ。

「【理解不能】 何故、そんな視線を向けるのか?」
「……検体番号『100番02号』。成功作の狂餓……これが、俺の本当の名前だァ」
「……検体、番号……?……【理解】 お前は、研究に使われていたと判断」
「あァその通りだァ……俺もお前と同じ考えを持ってたァ。『なんで俺より弱い者の言う事を聞かなきゃならない?』ってなァ……やっぱ、強くなるとそういう考えが出るんかねェ」

 過去、キョーガは研究員に研究材料として扱われた。
 だからこそ、わかるのだ。
 この『機巧族エクスマキナ』の『指示者コマンダー』が、何故研究員に逆らったのかを。

「……【提案】 お前が人間を憎んでいるのなら、当機たちの仲間に入れても良い」
「……あァ?……断るに決まってんだろォ?」
「【疑問】 何故?お前と当機の考えは一致。お前は人間が憎い、当機は当機より弱い者の言う事を聞きたくない、強者が弱者を支配するべきと判断……利害は一致。手を組むのが得策」
「ざっけんなアホォ……確かに俺ァ研究員が嫌いだァ、だが、人間を憎んでいるわけじゃねェ。勘違いすんなァ」
「……【理解】 手は組めないと断念。これより、攻撃を開始する」

 後ろに大きく飛び―――機関銃の銃口をキョーガに向けた。

「『魔弾の豪雨スコール・レイン』」
「『完全再現リコール』ゥ!」

 雨のように降る弾丸―――その数、アルマの紅弾以上。
 それに対しキョーガは、腰を落として迎撃の構えを取り―――降りしきる弾丸の雨を、手で受け流していた。

「ふゥゥゥゥ―――!」

 あり得ない光景……目にも止まらぬ弾丸雨を、目に見えない速さで捌いていた。
 1000発以上の弾丸を撃ち……これではキリがないと、『指示者コマンダー』が銃撃を中断する。

「……【理解不能】 当機の攻撃を受けて、立っているなんて……」
「あァ?さっきも言っただろォがァ……創造物が創造者に勝てるわけねェだろってなァ」
「【否定】 そんなわけがない……当機は今まで、簡単に人間を始末、捕獲してきた」
「だったらァ、今日が初めて負ける日だァ」
「【否定】 そんなわけがない。当機は……当機が人間に負けるわけがない。『魔光の熱線イグナイツ・レーザー』」

 『指示者コマンダー』の左腕に、青白い光が収束する。
 本能的に恐怖を感じたキョーガは、反射的にその場を飛び退いた。
 直後、『指示者コマンダー』の狙撃銃から青白い熱線が放たれ―――キョーガの立っていた所を熱で溶かし、その先の建物全てを吹き飛ばした。

「……おいおいおい……『金欲竜ファフニール』よりヤベェじゃねェかァ……!」
「【当然】 当機の戦力は、『殲滅組』の5倍……最上級召喚獣にも引けを取らないと自負している」

 さすがのキョーガも、今の光景を見れば警戒を深めるしかない。
 無言のまま睨み合うキョーガと『指示者コマンダー』……と、急に辺りが明るくなる。
 何事か、と上空を見上げ―――空を覆っていたはずの霧が消えている事に気づいた。
 これは……まさか……!

「―――アルマァ!」

 先ほどまで猛威を振るっていたアルマが……元の姿に戻り、力無く地面に倒れていた。
 ―――『機巧族エクスマキナ』がその隙を逃すわけがない。
 弱ったアルマを仕留めんと、銃口から光を放ち―――

「『裁きの光線ジャッジメント・レイ』」
「させっか、よォ!」

 光線がアルマに直撃する―――前に、キョーガがアルマを抱え、そのまま地面を踏み込んだ。
 圧倒的破壊力で地面に亀裂を入れ、辺りを砂ぼこりが覆う。

「……【感知】 砂ぼこりの中に生命反応を確認。攻撃は当たっていないと判断……『殲滅組1班』は砂ぼこりが晴れるまで待機」
「「【駆除】【掃討】【破壊】」」
「【命令】 『殲滅組2班』と『殲滅組3班』は、至急、町北部に集合せよ。『地獄番犬ケルベロス』は後だ」

 砂ぼこりから視線を逸らさない『指示者コマンダー』……と、唐突に砂ぼこりが晴れた。
 そこに立っていたのは、先ほどの黒髪の少年……ではなかった。

「……ったくよォ……ちょっと頼りになると思えばァ、すぐヘタレやがってェ」
「う、うぅ……キツい……ですぅ……」
「とりあえず俺のローブ着とけェ。ちったァマシだろォ……よし、手ェ離すなよォ、しっかりしがみついとけェ」

 拳を上に突き上げた少年……拳の風圧で砂ぼこりを払ったのだろう。
 その少年のひたいから、何故か大量の血が流れていた。

「おらァ、少し血ィ吸っとけェ」
「い、いいんですぅ……?」
「このままだとお前死ぬだろォ。死なない程度に吸っとけェ」
「ありがとう、ございますぅ……」

 キョーガの背中にしがみつくアルマが、牙を突き立てて吸血をおこなう。

「……なんかいてェと思ってたらァ、が生えてきてたからかァ」
「……【疑問】 お前は、一体……?」
「俺ァ『反逆霊鬼リベリオン』のキョーガァ……召喚士 リリアナの召喚獣だァ」

 ひたいから『紅色の角』が生えたキョーガが、鬼のように恐ろしい笑みを浮かべた。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く