不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

2章7話

『―――『破壊の咆哮デストロイ・クライ』』

 『金欲竜ファフニール』の口に浮かぶ光球から、破壊光線が放たれる。
 町を巻き込みながら放たれた光線は、浮かんでいた『機巧族エクスマキナ』3機を破壊し―――『金欲竜ファフニール』の背後に、2機の『機巧族エクスマキナ』が回り込んだ。
 その左手に付けられた銃口に光が収束しゅうそくし、『金欲竜ファフニール』に向かってレーザーが放たれ―――

「させませんよぉ―――『血結晶技巧ブラッディ・アーツ』、『大盾シールド』」

 『金欲竜ファフニール』にレーザーが当たる寸前、アルマが赤黒い結晶の障壁を召喚し、『機巧族エクスマキナ』の攻撃を妨害した。

「…………【理解】 『吸血鬼ヴァンパイア』の魔法―――」
『ふん―――『追撃の風爪エア・クロウ』』

 現状の把握を急ぐ2機の『機巧族エクスマキナ』―――と、その体が、障壁ごとバラバラに引き裂かれた。

『……妙だな……数が多すぎる』
「そうなんですかぁ?ボクにはさっぱりですよぉ……」

 気怠そうにため息を吐くアルマ……その顔はいつもより青白く、疲れているのはあきらかだ。
 それを庇うようにして飛ぶ『金欲竜ファフニール』……疲れた様子のアルマの背後には、2人の『人類族ウィズダム』の姿がある。

『……無理はするな『吸血鬼ヴァンパイア』、我に任せておけ』
「そうは言ってもですねぇ……ボク、そろそろ倒れそうなんですよぉ……ですから、戦える内に戦っておかないと、本当に役立たずになっちゃうんですよぉ」
『しかし……お前が倒れては、主を守る者がいなくなる。できるだけ無理はするな―――『追撃の風爪エア・クロウ』』

 暴れる『金欲竜ファフニール』を見て―――アルマは、形容しがたい歯痒はがゆさを感じていた。

 ―――ボクのご主人様を、他の召喚獣に守られるなんて。
 こんな屈辱は、味わった事がない。
 ボクが本気を出せば、ここにいる『機巧族エクスマキナ』全部……いや、『金欲竜ファフニール』だろうと『地獄番犬サリス』だろうと……それこそ、もしかしたら『反逆霊鬼キョーガ』ですら倒せるかも知れないのに、こんな『金欲竜ファフニールに守られるなんて……!

「……『金欲竜ファフニール』……交代ですぅ、ボクが戦います」
『何を言っている?『吸血鬼ヴァンパイア』は太陽が出ている間は、力を制限されて―――ッ?!』

 ローブを脱ぎ―――アルマの紅眼が現れる。
 それを見た『金欲竜ファフニール』が、恐怖を感じたように身を引いた。

『……お、前……『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』か……?!』
「はい、そうですよぉ」
『…………まさか、20年前に『厄災竜ディザスター』を瀕死寸前に追い込んだ『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』と言うのは―――』
「あ、ボクの事ですねぇ―――『血力けつりょく解放』」

 ドクンッ、ドクンッ、ドクンッ、ドクンッ……何かが脈打つような音が辺りに響く。
 その音が、アルマの体から出ていると気づくのに、さほど時間は掛からなかった。

『く、ぬッ……!主、我の背中に乗れッ!』
「な、ファニア?急にどうしたんだ?」
『良いから早く乗れ!そこの女性もだ!早くしないと、巻き込まれてしまう!』
「あ、ああっ……あああぁああああアああああァあああああああアっ、ァああああアアああぁああああああァあああアッ!」

 と、アルマの体から『赤黒い霧』が放たれ―――青い空を覆った。
 地獄のような光景に、リリアナとデントが息を呑む。
 『金欲竜ファフニール』が棒立ちの2人を爪で引っ掛け、上空へと舞い上がった。
 無防備な『金欲竜ファフニール』目掛けて、『機巧族エクスマキナ』が銃を構えながら近づくが―――

「―――『血結晶技巧ブラッディ・アーツ』、『四重紅弾フィーア・バレット』」

 空中に、20個以上の魔法陣が現れる。
 そこから『赤い結晶で作られた弾丸』が放たれ―――近くにいた『機巧族エクスマキナ』全てが地面に沈んだ。

『……歴代最強の『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』……『アルマクス・エクスプロード』……まさか、あいつが……』

 アルマの体から放たれていた赤黒霧がみ……そこに、幼いアルマは立っていなかった。
 小さい身長はキョーガと同じくらいにまで伸び、穏やかな目付きが三白眼へと変化している。
 短い青髪も腰まで伸び、鋭すぎる牙が剥き出しとなって―――

「……機械風情ふぜいが……ボクの前に立つな。わきまえろ」

 アルマとは似ても似つかない女性が、腕を上に向け―――それだけで、倍以上の魔法陣が浮かび上がる。
 それらの魔法陣は―――はるか遠くを捉えていた。

「……『血結晶技巧ブラッディ・アーツ』、『四重紅弾フィーア・バレット』」

 100発以上の紅弾が放たれ……遠くから、何かが爆発するような音が響いた。
 おそらく、紅弾が直撃した『機巧族エクスマキナ』が爆発したのだろう。

「……ご主人、ボクも住民を探しに行きたいのだが、よろしいか?」
「へっ?あ、はい……どうぞ」
「すまない……『金欲竜ファフニール』、ボクのご主人を任せる」

 上空に飛び上がり、黒翼で加速を付けて遠くに飛び去る。
 その堂々とした姿は……本当に、いつものアルマには見えなかった。

―――――――――――――――――――――――――

「……なんだこりゃァ……?!」

 空を見上げ―――空を覆っている赤黒霧を見て、キョーガが驚愕に目を見開いた。

 ―――これは、なんだ?
 異世界には、空が赤くなる天気があるのか?それとも、『機巧族エクスマキナ』の仕業か?いや、いくら機械と言っても、天候を操る事は不可能だろう。
 となると……まさか、アルマかサリスのどちらかの仕業か?

「はっ……なんだよおい……こんなスゲェの隠してやがったのかァ……!」

 ズキズキと痛むひたいを押さえながら、楽しそうに口元を歪めた。
 ―――天候を操るなんて、もはや人智を越えている。
 普段はなんやかんやでふざけてたり、頼りなかったりするが……さすがは最上級召喚獣と言った所か。

「……にしてもォ、住民どもはどこに―――ッ?!」

 歩いていたキョーガが、ピタリと動きを止めた。
 グルンと振り返り、遠くを見て目を細める。

 ―――なんだ……この気配は……?
 今まで感じた事のない覇気……『金欲竜ファフニール』なんかよりずっと強い気配……

「俺と同等……それ以上かァ……!」

 迫る気配に、キョーガはいつぶりになるかわからない感情のたかぶりを感じていた。

 ―――『機巧族エクスマキナ』じゃない……ちゃんとした生物だ。
 しかし……妙な気配だな……?
 知らない気配だが、どこかで感じた事があるような気配だ……

「おいおい……まさかァ―――」
「見つけた……キョーガ、住民は見つかったか?」

 キョーガの目の前に着地する女性……見た事のない女性だ。
 だが―――この異様な覇気、鮮やかな青髪。そして、煌々と輝く紅眼……特徴だけで言えば、見知った人物と重なる部分が多い……と、言う事は―――

「おめェ……アルマ、かァ?」
「ああそうだ……それで、住民は見つかったか?」
「……いや……なんも見つかってねェ。っつーかァ、なんのヒントもねェのにィ、住民を探すってのが不可能にちけェだろォ」

 普段とは違うアルマの姿に困惑しつつ、キョーガが平静を装いながら答える。

「ふむ……困ったな。早くしないと……」
「あァ?なんだァ、早くしねェとヤベェのかァ?」
「……ボクの力には、時間制限がある……持って、あと10分だ。10分以内に勝負をつけないと、元の姿に戻ってしまう」
「はァ、なるほどなァ……おめェ、本当にアルマなんだなァ」
「ああ……キョーガたちにばかり、迷惑を掛けられないからな。久しぶりに本気を出そう」

 そう言って目を閉じるアルマ―――と、背後から高速で迫る気配を感じた。

「【発見】 『人類族ウィズダム』と『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』の姿を確認。おそらく『人類族ウィズダム』の方が、『指示者コマンダー』の言っていた『得体の知れない何か』と判断」
「おォ……やっと来やがったかァ」
「……たったの1機か……キョーガも舐められたものだな」
「あァん?俺が舐められてんのかァ?」

 ひたいを押さえたまま、浮かぶ『機巧族エクスマキナ』を睨み付け、尋常ならざる殺気を放ち始める。

「……【理解不能】 ただの『人類族ウィズダム』が、ここまでの殺気を放つ事は不可能……『偵察機』から『指示者コマンダー』へ。至急、『殲滅組』の派遣を申請」
「さァ……やるか、アルマァ」
「ああ」

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く