不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

2章5話

「着いたァ……なんだ、別に普通だなァ?」

 馬車を停め、キョーガが上を見上げる。
 国を囲うようにして建てられている壁……『機械主義国家 ギアトニクス』だ。

「でも、この中で『機巧族エクスマキナ』が暴れてるんですよね?」
「あの研究員の話だと、そのはずですよぉ」
「あはっ♪中はど~なってるんだろ~ね♪」

 車両の中から、ローブを着た3人が降りてくる。

「……でもォ、門が閉まってんなァ……どうするゥ?」
「どうするって言われましても……どうしましょう?」
「ぶっ壊していいんなら簡単だがァ……壊していいかァ?」
「普通はダメでしょうけど……非常事態です。やっちゃってくださいキョーガさんっ!」
「任せとけェ」

 石で作られた門……それに向かって、キョーガが腕を振り上げた。

「おッ―――らァッ!」

 まるで壁が爆発したかのような衝撃。
 辺りに壁の破片が飛び散り―――『ギアトニクス』の町並みがあきらかになる。
 一軒家はほとんど無く……代わりに、マンションやビルが建ち並んでいる。
 それに、あちこちに電柱のような物が立っており……『プロキシニア』よりも文明が進んでいるというのも納得の町並みだ。

「はー……なるほどなァ、こうなってんのかァ」

 キョロキョロと町を見回すキョーガが―――違和感を感じ、歩みを止めた。

 ―――変だ……人の気配が全くしない。
 そもそも、町を歩いている人がいない。
 この国に、何が起こっている?

 ……そういえば、さっきの『機巧族エクスマキナ』……俺たちを捕獲するとか言ってたな。
 捕獲……って事は、この国の国民はどこかにまとめられている、という事か?

「……リリアナァ、ちっと別行動するぞォ」
「え?」
「アルマァ、サリスゥ……リリアナの事、任せたァ」
「どうしたんですキョーガ?何か思い付いたなら、ボクにも教えてくださいよぉ」

 凶悪に笑うキョーガ……フラフラと歩き始め、その姿が見えなくなってしまう。

「どうしたんですかね、キョーガさん……」
「ですですぅ……」
「………………あ……あはっ♪そういう事~♪」

 難しい顔をしていたサリスが、何かを思い付いたように笑みを浮かべた。

「キョーちゃんは1人で行動するんだねっ♪……それじゃアルちゃん、リリちゃんの事任せるね~♪」
「ちょ、ちょっとサリス、何か思い付いたなら教えてくださいよぉ」
「ん~……♪この国の国民を探しに行く、って感じかな~♪それじゃ、ここから別行動ね~♪」

 ヒラヒラと手を振り、サリスがキョーガとは別方向に消えていく。

「……国民を……探す?」
「ボクにはさっぱりですよぉ……ご主人様は、何かわかりますぅ?」
「国民…………国民……?……そういえば、『ギアトニクス』に入ってから一度も国民を見てませんね」
「……言われてみれば、確かにですよぉ……でも、それと別行動と、何が関係するんですぅ?」

 取り残されたリリアナとアルマが、必死で頭を回転させる。
 やがて、リリアナが思い付いたように声を上げた。

「あ、わかりました!あのお2人は、この国の国民を探しに行ったんです!」
「……どういう事ですぅ?」
「先ほど襲ってきた『機巧族エクスマキナ』が言ってました、私たちを捕獲するって……つまり、この国にいた人々は、『機巧族エクスマキナ』の手によって、どこかに収容されているんですよ!」
「……なるほどですぅ……って事は、キョーガとサリスは単独で国民を探すつもりという事ですぅ?」

 アルマの問い掛けに、リリアナが力強く頷く。

「……でも、ご主人様を守るのは、ボクじゃ力不足ですよぉ?太陽が出てますから、ボクの能力は色々と制限されますし……」
「……つまり?」
「『機巧族エクスマキナ』がボクたちを襲わない事を祈りましょう……どこか隠れて、キョーガたちが帰ってくるのを待ちましょぉ……」

 気怠そうにため息を吐き、アルマが建物の陰へ隠れるように進む。
 興味深そうに『ギアトニクス』を眺めてたリリアナも、慌ててその後を追った。

「しかし……キョーガさんにサリスさん、大丈夫ですかね?」
「……大丈夫だと思いますよぉ。あの2人は、スゴくスゴいですですぅ」
「……ですね!」
「―――【感知】 近くに生体反応を確認。総員、見つけ次第すぐに捕獲する事」
「「「「「「【了解】」」」」」」

 ―――すぐ近くから、機械的な音声が聞こえた。
 思わず声を上げそうになるリリアナの口を押さえ、アルマが素早く辺りを見回す。

 ―――まさか、こんなに早く見つかるなんて。
 どうするべきか……ここは無理をしてでも相手を撃退するべきか?
 いや……相手の正確な数がわかっていない今、不用意に手を出すのは、自分たちの隠れ場所を教えてしまうのと同じ。
 となると……ヘタに動けな―――

「【発見】 『人類族ウィズダム』の姿を確認。すぐに捕獲を―――」
「『血結晶技巧ブラッディ・アーツ』ッ!『紅槍スピア』ッ!」

 機械的な報告をおこなう『機巧族エクスマキナ』に向け、紅色の槍が放たれる。
 風すらも置き去りにする速さ―――投げられた槍が、『機巧族エクスマキナ』の胸部を貫いた。

「……遅かったですぅ……!」
「ど、どうしましょうアルマさん?!」
「【発見】 『人類族ウィズダム』1人と……先ほどの報告にあった『吸血鬼ヴァンパイア』と遭遇。攻撃を開始する」
「「「「「『戦闘体バトルフォーム』、展開」」」」」

 合計6機の『機巧族エクスマキナ』が、アルマたちを取り囲む。

 ―――さて、どうする?
 逃げるか?いや、『機巧族こいつら』が簡単に逃がしてくれるとは思えない。
 ならば、戦うか?だが、今はまだ太陽が出ている……ボクの力は、夜時の5分の1程度しか出せない。
 ……一応、撃退する方法は、
 だが……せっかく貯めてきた『血力けつりょく』を、今ここで使うのか?

「【報告】 『戦闘組4班』から『指示者コマンダー』へ。先ほどの報告にあった『吸血鬼ヴァンパイア』と遭遇。至急、増援を求む」

 リーダーらしき機体から聞こえた声に、アルマの顔が絶望に染まる。

 ―――増援、だって?
 そんな、これ以上敵を増やされたら、ボクじゃ対処できない……!
 …………………………もう、使うしかないのか?
 あの力を……毎日少しずつ貯めてきた『血力』を……今、ここで?
 ……迷ってる暇なんか……ない。
 使うしか……ない。

「……『血力解―――」
『―――『破壊の咆哮デストロイ・クライ』』

 ―――それは、まるで聖なる光。
 極太のレーザーがアルマの近くに放たれ―――そこにいた『機巧族エクスマキナ』3機を跡形も無く焼き尽くし、爆風でアルマたちを吹き飛ばす。 

「……【理解】 敵側の増援を確認。おそらく『竜族ドラゴニア』。さらに、今の威力の光線……『三大竜族キング・ドラゴニア』の1匹と仮定……情報処理―――」

 空を飛ぶ大きな影……間違いない、あれは―――

「―――【断定】 『三大竜族キング・ドラゴニア』の一角、『金欲竜ファフニール』と確定」

 と、空を飛んでいた『金欲竜ファフニール』が急降下。
 散開する『機巧族エクスマキナ』には目もくれないで、リリアナとアルマの近くに降り立った。

「……よう、昨日ぶりだな、リリアナ」
「で、デントさん?!」

 竜の背から降りてきたのは……昨日会った、デントだ。
 予想外の人物の出現に、リリアナが驚きに目を見開いている。

「な、なんで『ギアトニクス』に?デントさんは、何も知らないはずじゃ……?」
「昨日の白衣が言ってたろ、『『ギアトニクス』を救ってくれ』って……だから来てみたんだが、なかなかスゴい事になっているな……ファニア!」
『御意』

 散開した『機巧族エクスマキナ』―――その1匹に向け、『金欲竜ファフニール』が飛び掛かった。
 そして、兵器とも言える剛爪を構え、近くにいた『機巧族エクスマキナ』に向かって振るが―――難なく避けられる。
 『金欲竜ファフニール』の一撃は空を斬った―――はずだった。

『沈め―――『追撃の風爪エア・クロウ』』

 後ろに大きく飛び、『金欲竜ファフニール』の剛爪を避けたはずの『機巧族エクスマキナ』―――その体が、爪に引き裂かれたようにバラバラとなった。
 いや、『機巧族エクスマキナ』だけでない。
 その背後にあったビルやマンションにも、『機巧族エクスマキナ』と同じく、爪に引き裂かれたような爪跡が残っている。

「斬撃を飛ばす魔法、『追撃の風爪エア・クロウ』……本当に、呆れるほど強いですねぇ……」
『……妙な気配だ……貴様、まさか『吸血鬼ヴァンパイア』か?』
「そうですよぉ。そこまで名の知れていない、弱々しい『吸血鬼ヴァンパイア』ですぅ」

 そんな事を言うアルマが、フードを深く被る。
 まるで、『顔を見られたくない』という感じだ。
 その事に気づいた、リリアナが傾げる―――と、気づけば『機巧族エクスマキナ』の数が倍以上に増えている。
 先ほど言っていた、増援だろう。

『ふん……『吸血鬼ヴァンパイア』、我が主を任せる』
「はいぃ……その代わり、『機巧族エクスマキナ』は任せるですですぅ」

―――――――――――――――――――――――――

「ん~♪……なっるほっどね~♪」

 ニコニコと、不穏な町を歩くには相応ふさわしくない笑みを浮かべながら、サリスが足下に転がる残骸に目を向ける。
 ―――『機巧族エクスマキナ』だ。しかも、バラバラに引き裂かれた状態の。
 驚くべきは、その数だ。
 1機や2機ではない……残骸スクラップとなった『機巧族エクスマキナ』、頭の数を見る限り、およそ10機以上。

「……ま、このくらいなら、あたしでも大丈夫だね~♪」

 獰猛に光る瞳が、遠くに浮かぶ『機巧族エクスマキナ』を捉える。

「よ~し♪国民を探すのはキョーちゃんに任せて、あたしはいっぱい暴れちゃお~♪―――『三頭犬の狩猟ヘル・ハウンド』♪」

 サリスの足下に魔法陣が現れ―――そこから、2人のサリスが現れる。

「それじゃ……楽しい楽しい狩りの時間だよっ♪」

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く