不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

2章4話

「―――ふわああぁあああああああっ?!」

 平和な野原……そこを走る、1台の馬車。
 しかし、それを引っ張っているはずの馬はおらず―――代わりに1人の男が車両を引っ張っていた。

「すと、ストップ!ストップしてくださいキョーガさんっ!怖い、怖いです!ちょっとアルマさん!止めてください!」
「あ、あっ……騒がないでくださいご主人様……今日はまだ日課の吸血をしてないから、体調が良くないんですよぉ……」

 馬車の中から、騒がしい声と死にそうな声が聞こえてくる。
 そんな事もお構い無しに、キョーガが馬車のスピードを上げた。

「わ~♪速いねキョーちゃんっ♪」
「はっはァ!もっと飛ばすかァ?!」
「飛ばそ~♪もっともっと飛ばそ~♪」
「やめてくださいキョーガさんっ!死んじゃいます!私、死んじゃいますよっ!」
「アルマァ!リリアナが死なないように見ててやれェ!今から飛ばすぞォ!」
「そのアルマさんが死にそうなんですよー!」

 『ギュオッ!』と加速した馬車が、野原を爆走する。
 その早さ、最早もはや車である。
 ―――ちなみにこの馬車はリリアナの私物。
 前は馬を買っていたらしいが、騎士に売ったらしい。何ともリアルな話である。

「おいリリアナァ!このまま真っ直ぐ行っていいんだよなァ?!」
「そうですそうですけど!ちょっと止まってください!」
「あァ?!何でだァ?!」
「怖いんです!こんなの馬車じゃないです!私の知ってる馬車はもうちょっとゆっくり走ります!」
「これァ馬車じゃねェ!人力車だァ!だからはえェんだわかったかァ!」
「何が言いたいかわからないです!」
「ぶっちゃけ久々に本気で走んのが楽しィんだァ!わりィなリリアナちょっと我慢してくれェ!」

 さらに加速し、リリアナたちの乗る馬車が大きく揺れる。
 ―――キョーガは、今まで本気で暴れる事ができなかった。
 自身の力を理解しているし、その力を本気で振るえば、周りに被害が出る事を理解しているからだ。
 だが昨日……『金欲竜ファフニール』と戦った際、本気の一撃を放てた事。
 そして今、全力疾走ができているのは……キョーガによって、幸福なのだ。

「あう、あ、きょ、きょおがぁ……」
「なんだどォしたアルマァ!お前も風になるかァ?!」
「ち、違っ……きぶ、気分が……」
「あァ?!酔ったかァ!はっはァ!吐け吐けェ!そこら辺に吐いとけェ!」
「なんかキョーガさんがぶっ飛んじゃってますよ?!サリスさんどうにかしてください!」
「は~い♪キョーちゃん、リリちゃんがもっと飛ばしたいって~♪」
「おっしゃァ任せとけェ!」
「違いますよいい加減にしてください!」

―――――――――――――――――――――――――

「……すまん……久々に本気で走れて調子乗ったァ」
「いえ、私は全然大丈夫なんですけど……アルマさんが……」
「こいつは血ィ吸わせときゃどォにかなる……朝の吸血もしてねェからァ丁度いいだろォ」
「うぅ……キョーガってボクの扱い雑じゃないですぅ?」
「黙って吸ってろロリ吸血鬼ィ」

 何か言いたげなアルマが、ジロッとキョーガを見て……諦めたように吸血を再開する。
 ―――現在、『ギアトニクス』に行く道中。
 朝御飯を食べていないため、ここらで軽く食事を取ろうとリリアナが提案した。
 リリアナの提案を呑んで馬車を停め、外にシートを敷いて休憩しているのだ。

「……しっかし遠いなァ……もう1時間は走ってんぞォ?まだ着かねェかァ?」
「いえ……ここまで来ればもう少しです」
「あは~♪キョーちゃんがいればあっという間だね~♪」

 ―――今から一国の危機を救いに行くと言うのに、ピクニックか何かと勘違いしているのだろうか。

「アルマァ、しっかりフード被ってろよォ。せっかく血ィ吸ったのにィ、また太陽光にやられたとかなったらダリィからなァ」
「……ボクは全然構わないですよぉ……?」
「俺が構うんだよアホォ」

 深くため息を吐き、まだ吸血を続けるアルマを引き剥がす。
 そして―――何かを感じ取ったように、はるか遠くに目を向けた。

「…………はァ……なるほどなァ」
「……?……キョーガさん、どうかしましたか?」
「『機巧族エクスマキナ』ってのはァ、なかなか厄介だなって思ってなァ」

 キョーガが視線を向ける先―――そこに、何かが浮いていた。
 リリアナの目には、それが何か全くわからないが―――キョーガたち3人は、それが何か直感で理解した。
 ―――『機巧族エクスマキナ』だ。

「チッ……リリアナァ、ちょっと馬車ん中に隠れてなァ」
「え?えっ、あれってまさか―――」

 浮かぶ『機巧族エクスマキナ』が急加速し、キョーガたち目掛けて突っ込んでくる。
 ―――まるで、本物の少年のようだ。
 とても人工で作られたとは思えないほどにリアルで、そこら辺の少年だと言われれば、キョーガでも信じてしまいそうなほどに。

「【報告】 『偵察機』から『指示者コマンダー』へ。他国の『人類族ウィズダム』の姿を確認、の許可を求める」

 無感情な声でどこかと連絡を取り―――返事が来たのか、少年姿の『機巧族エクスマキナ』がキョーガに突っ込んだ。
 だが―――いきなりキョーガに突っ込んだのは間違いだ。

「『完全再現リコール』―――おらァッ!」

 後ろ回し蹴り―――プロの空手家を彷彿ほうふつとさせる鮮やかな蹴り技。
 風を斬りながら放たれた蹴りは、『機巧族エクスマキナ』の頭を的確に捉えたように見えた―――が。
 さすがは機械。当たる寸前に右腕を犠牲にし、頭への直撃を避けた。
 その直後―――蹴りを食らった『機巧族エクスマキナ』が、まるでボールが飛ぶように軽々と吹き飛んで行く。

かってェ腕だなァ……あんぐれェの威力じゃダメって事かァ……」
「い、今のってやっぱり……」
「あァ、十中八九『機巧族エクスマキナ』だろォなァ……まさかバレるとは思ってなかったがなァ」

 そう、ここはまだ『ギアトニクス』の道中。
 あの『機巧族エクスマキナ』が、たまたまここら辺をうろついていたのか、それとも目的を持って行動していたのか……定かではない。
 しかし、1つ言える事は……サルモの言う通り、あの『機巧族エクスマキナ』を操っている機体がいる。
 先ほど、突っ込んでくる時に言っていた『指示者コマンダー』……おそらくそいつが暴走した『機巧族エクスマキナ』だ。とキョーガは仮定した。

「【報告】 捕獲対象が迎撃を開始。よって、こちらも『戦闘形態』で捕獲を続行する―――『戦闘体バトルフォーム』、展開」

 『ガシュンガシュン』と、音を立てながら少年の体が変化し―――両腕が機械的な変化を遂げる。
 右手首から先は剣に、左手首から先は銃のように変化……なるほど、確かにその姿は『機巧族エクスマキナ』だ。

「【警告】 大人しく当機に従うのなら、五体満足の状態で国に連れて行く。従わないのなら、瀕死にしてでも連れて行く。選択の権利を与える」
「バァカ、そりゃ選択って言わねェぞォ」
「……【理解】 瀕死にしてでも連れて行く」

 少年の左腕に光が集まる。
 ―――それはまるで、『金欲竜ファフニール』が使っていた『破壊の咆哮デストロイ・クライ』。
 そして―――集まった光から、レーザーのような光線が放たれる。
 光の速度で迫る光線に対し、キョーガは拳を握って―――

「『血結晶技巧ブラッディ・アーツ』、『大盾シールド』」

 キョーガの前に現れた結晶壁が、放たれた光線を受け止めた。

「……『金欲竜ファフニール』に比べれば、まだまだですよぉ……これなら、ボクでも勝てそうですぅ」

 フードを深く被ったアルマ……その手には、赤黒い魔法陣が浮かんでいる。

「……【理解不能】……【解析】……【判明】 相手に『吸血鬼ヴァンパイア』がいると仮定。さらに、あの紅い瞳、おそらく『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』。戦力、未知数……こちらの戦力、推定9000以下……不利だと判断。『偵察機』から『指示者コマンダー』へ。当機では捕獲不可能と判断。よって国へと引き返す」

 光線を放った『機巧族エクスマキナ』が、『ギアトニクス』に引き返そうと浮かび上がる。
 ―――それを、最上級召喚獣の『吸血鬼ヴァンパイア』が逃すはずがない。

「逃がしませんよぉ―――『針山ニードル』」

 『ビキビキビキッ!』と地面に亀裂が走る。
 直後、『ギアトニクス』に逃げようとした『機巧族エクスマキナ』の足下から、『赤黒い水晶の針山』が現れた。

 それを見たキョーガが思い浮かべたのは―――地獄にあるとされる、『針山地獄』だ。
 突然の攻撃に『機巧族エクスマキナ』は避ける事もできず―――簡単に体を穴だらけにさせられ、力無く地面に落ちる。

「ふぅ……こんな感じですですぅ……」
「やるじゃねェかアルマァ……まさかァ、お前がこんな殺り方するとァ思ってなかったぜェ」
「これが一番手っ取り早いですよぉ……それにしても、ボクたちを見つけるのが早いですね?もう見つかったんですぅ?」
「わかんねェなァ……ただァ、ここも安全じゃねェのは確かだァ……どうするリリアナァ?」
「な、何がです?」
「本気で『ギアトニクス』に行くかって聞いてんだよォ……ビビったんならァ、引き返してもいいぜェ?」
「………………確かに怖いですけど……皆さんがいますから、大丈夫です!」

 ボロボロになった『機巧族エクスマキナ』……その残骸を拾い上げたサリスが、不思議そうに首を傾げた。

「ん~……?……あっ♪キョーちゃんキョーちゃんっ♪」
「どうしたエロ犬ゥ?」
「おいっ♪……ま、いいや♪これこれ♪体の中に『魔鉱石』があるよ♪珍しいね~♪」
「……『魔鉱石』ィ……?」
「魔力を貯める事ができる鉱石です。希少価値が高く、滅多に手に入らないんですけど……しかし、なぜ『機巧族エクスマキナ』の体の中に……?」

 サリスと同じく、不思議そうに首を傾げるリリアナ。
 そんな2人の反応を見て、アルマが退屈そうにため息を吐いた。

「……ボクは頭が悪いから、何が何だかわからないですぅ」
「安心しなァ、俺も何が何だかわかんねェからよォ」

 一通ひととおり『機巧族エクスマキナ』を眺めた4人は……元凶を潰すべく、『ギアトニクス』へと急いだ。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く