不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

2章3話

「どうぞ、お茶です」
「すまない……助かる」

 とりあえず『金欲竜ファフニール』との戦闘を中断したキョーガ達は、研究員の男を連れて家に帰ってきた。

「それで……救ってくれとは、どういう事ですか?『ギアトニクス』に何があったんですか?」
「………………実は……秘密裏に研究をしていた機械が、自我を持って暴れ始めたのだ」

 研究員が言うには、こういう事らしい。
 キョーガのスマホを手に入れた研究員は、すぐに研究本部がある『ギアトニクス』に向かった。
 そこでは、『人工召喚獣作成計画』という、国に秘密でおこなっていた研究があった。
 キョーガのスマホは、すぐに分解されて計画に使われ……そして完成したのが、『人工召喚獣』―――『機巧族エクスマキナ』。
 実験は成功したかに思えた―――しかし、その後に事件が起きた。
 なんと、最初に作られた『機巧族エクスマキナ』が暴走し、他の『機巧族エクスマキナ』を操って『ギアトニクス』を崩壊の危機まで追いやっていた。
 『この『魔道具アーティファクト』を使っていた者なら、暴走を止める手段を知っているかも知れない』。
 そう思ったこの男―――『サルモ』はキョーガに助けを求めるために、命懸けで『プロキシニア』にやって来た。

「……というわけだ……頼む、君の力を―――」
「断る」

 すがるようなサルモの言葉を、キョーガは一瞬でぶった斬った。
 リリアナとアルマが驚いたような視線を向ける中……ゆっくりとキョーガが続ける。

「あのなァ……秘密裏にやってた研究の後始末をなんで俺に任せんだァ?そりゃおかしいだろっがよォ」
「し、しかし……!あの『魔道具アーティファクト』を持っていたのは君だ!君は私たちよりあの『魔道具アーティファクト』に詳しいはずだ!」
「あァ詳しいなァ……で?この騒動が終わったらどうする?お前ら国から追放されっぞォ?そんなアホ野郎共の尻拭いなんざァ、俺ァ絶対にゴメンだね。他当たれェ」

 取り付く島もない返答に、研究員の返事が詰まる。

「それにィ……この騒動が終わった後ォ、てめェらが追放されたくなくて、俺の事を身代わりに出すかも知れねェしなァ?『こいつが犯人です』ってェ」
「そ、そんな事―――」
「てめェがしなくても、他がするかも知れねェだろォがァ、そこんとこ理解しろよォ……俺ァ知ってんだ。てめェらみてェに秘密裏で研究してるやつにゃ、絶対に裏があるゥ―――俺を甘く見るなよ三下研究員がァ」

 覇気を込めたキョーガの言葉に、その場にいた全員が思わず息を呑む。

「き、キョーガさん?その……サルモさんと何かあったんですか?」
「あァ?別に何もねェよォ……ただァ、俺ァこういう研究員ってのが大っ嫌いなんだァ……研究対象を道具としか見てねェ、薄汚れた瞳してっからなァ」

 目を閉じ、『これ以上、話す気はない』と態度で表すキョーガ。

 リリアナは、どうするべきか悩んでいた。
 ―――確かに、キョーガさんの言うことも、一理ある。
 でも……やっぱり、困った人は助けてあげたい。
 キョーガさんは嫌かも知れないけど、これは一国の命運が掛かっている。
 それに、キョーガさんとアルマさん、サリスさんがいれば、『ギアトニクス』を救えるかも知れない……ここは無理に頼んででも―――

「……人が下手に出てれば、何様のつもりだ?!」
「あァ?……てめェ今何つったコラ」
「お前から『魔道具アーティファクト』を貰うまでは上手く行っていたんだ!設計通り、仮定通り!『魔道具アーティファクト』を貰った後から計画が狂いだした!お前の『魔道具アーティファクト』が原因だろう?!お前が原因だろう?!だったら、相応の態度を―――ッ?!」

 逆ギレ。
 そろそろ我慢できなくなったキョーガが、研究員の顔面をぶん殴ろうと―――する前に、『パンッ!』と乾いた音が響いた。
 目を白黒させる研究員……いや、研究員だけじゃない。キョーガもアルマもサリスも……驚いて目を見開いている。
 視線の先には―――腕を振り抜いたリリアナが、顔を真っ赤にして、小さく震えていた。

「……撤回……してください」
「お前……!いきなり何を―――」
「撤回してください……キョーガさんが悪いなんて言った事、撤回してください……」

 怒りで真っ赤に染まった顔……普段は穏やかな微笑を飾っている唇は、キツく結ばれていた。
 ―――怒っている。
 あのリリアナが、怒っている。

「この―――!」
「おっと動くなよ三下ァ……頭、吹っ飛びたくねェだろォ?」
「これ以上何かするなら、さすがのボクも怒りますよぉ……?」
「あはっ♪2人とも怖~い♪こいつの事、殺す気じゃ~ん♪」

 一瞬でサルモの背後に回り込んだキョーガが。
 リリアナの後ろで魔法陣を展開したアルマが。
 リリアナとサルモの間に入り込んだサリスが。
 ―――『1歩でも動いてみろ、その時がお前の最後だ』と威圧的な覇気を出していた。

「……キョーガさん……『ギアトニクス』に行きましょう」
「はっ―――あァ?!リリアナてめェ、どういうつもりだァ?!」
「ほ、本当か?!」
「ただし、2つ条件があります」

 無表情のリリアナが、サルモに1歩近づいた。

「1つ、この件が終わったら、私たちに関わらない事。いいですか?」
「……わ、わかった……もう1つは?」
「キョーガさんに謝ってください……それができないなら、『ギアトニクス』には行きません」

 予想外の条件に、キョーガまで困惑した。
 サルモが振り返り、キョーガに向かって深々と頭を下げる。
 それを見て―――文句を言う気にもなれず、キョーガは渋々『ギアトニクス』に行く事にした。

―――――――――――――――――――――――――

「ご、ごめんなさいキョーガさん。その、私、ついカッとなってしまって……」
「……終わった事だァ。気にしてもしょうがねェよォ……そこの肉取ってくれェ」

 手際よく料理を進めるキョーガ―――その隣で、申し訳なさそうに肩を落とすリリアナ。
 勝手に『ギアトニクス』へ行くと決めてしまった事を気に掛けているようだ。

「……なァリリアナァ……俺ァこれを何回言ってるかわかんねェがよォ……おめェは俺の召喚士なんだァ。もっとシャキッとしてろォ。おめェが決めたんだァ、俺ァ別に反対しねェ」
「すみません……キョーガさんが行きたくないのはわかってたんです。ですけど……」
「おめェが人に甘々なのはァ、いつもの事だろっがよォ」
「―――ただいまですぅ。キョーガ、頼まれていた物、買ってきましたよぉ」
「おうサンキューなアルマァ」
「あは~♪このローブいいね~♪町に行っても不快な視線を向けられないよ~♪」

 青いローブを着たアルマと茶色のローブを着たサリスが、買い出しから帰ってきた。
 アルマがキョーガに白い布を手渡し、頭を撫でられて嬉しそうな表情を見せる。

「えっと……それは何ですか?」
「あァこれかァ?おめェのローブの材料だァ。朝、欲しいって言ってたろォ?」
「……すみません。本当にすみません」

 自分のための買い出しだったと知って、さらにリリアナが肩を落とす。

「いつまでもグズグズすんじゃねェ。飯できたから運べェ、食うぞォ」
「……はい」

 リリアナがキョーガの作った料理を運ぼうとして―――その肩を、キョーガにガッシリ掴まれた。
 驚きに目をパチクリさせるリリアナを見て、キョーガがニカッと凶悪な笑みを見せた。

「……笑え」
「へ?」
「だからァ、笑えってんだよォ。そんな情けねェ顔、俺らの召喚士に相応ふさわしくねェ……胸を張れェ、前を見ろォ。おめェはゴチャゴチャ考えんのがヘタクソなんだァ。ならせめて笑ってろォ。そっちの方がおめェらしいぜェ」

 リリアナの頬を引っ張り、キョーガが楽し気に笑う。
 フニフニとキョーガに頬をいじられながら―――リリアナが安心したような笑みを見せた。

「おらァ、飯にすっぞォ……残したら殺す」
「それって言わないとダメなの~?いつもいつも食事の前に言われて物騒なんだけどっ♪」
「やかましィ黙って食えエロ犬ゥ」
「あは~っ♪……食事前に、ちょっと運動でもしようかなっ♪」

 一瞬で掴み合うキョーガとサリス……それを見たリリアナが、何を思ったかキョーガに飛び付いた。

「お2人ばかりいつもズルいです!私も交ぜてください!」
「あ、ご主人様がするんだったら、ボクも交ざりますよぉ」
「何やってんだおめェら!邪魔だ重てェどけ!」

 仕返しと言わんばかりに、リリアナがキョーガに頬を引っ張る。
 どさくさに紛れ、アルマもキョーガに飛び付き、その首元に牙を突き立て吸血を始めた。
 これをチャンスと見たサリスが、渾身の力でキョーガの手を潰しに掛かる。

 ―――ここにいると退屈しない。
 3人の攻撃を受けているキョーガは……先ほどの凶悪な笑みではなく、心からの笑みを浮かべていた。

―――――――――――――――――――――――――

 夜の『ギアトニクス』―――そこに、小さな少女と白衣の男が向かい合っていた。

「……く、そ……機械の分際で……お前は、何が目的なんだ……?!」
「【愚問】 何故、当機より弱い者の言う事を聞かなければならないのか」
「お前らを作ったのは我々だぞ……?!この恩知らずが……!」
「【矛盾】 感情を持たない機械に、恩を求めるのが間違っている」

 『キイイイイイ……』と甲高い音を立て、少女の左手の歪な機械に光が集まる。
 そして、光から熱線が放たれ―――目の前の男の心臓を撃ち抜いた。

「【疑問】 何故、こんな軟弱生物に我々が作られたのか……」
『【連絡】 『戦闘組1班』から『指示者コマンダー』へ。応答を求める』
「【応答】 こちら『指示者コマンダー』」
『【報告】 本国北部に『人類族ウィズダム』の隠れている建物を発見。これから突撃する。許可を求める』
「【許可】 1人も逃さないように」
『【了解】 1人残らず殲滅せんめつする』

 機械的な連絡を終えた少女が、上空に飛び上がる。
 ―――『機巧族エクスマキナ』の暴走は、まだまだ続いているようだ。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く