不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

2章1話

 ―――『地獄番犬ケルベロス』が一緒に暮らす事になって、2日経った。

 ちゅー……ちゅー……

「……よっし……んな感じかァ……」

 ちゅー……ちゅー……

「アルマァ、ちょっとこれ着てみろォ」

 ちゅー……ちゅー……

「……おい、アルマァ」
「……………」

 ちゅー……ちゅー……ゴツンッ!

「―――痛いっ!いきなり何するんですぅ?!」
「いつまで吸ってんだこのボケェ!俺の血が無くなんだろォがァ!」
「あうぅ……ボクの至福の時間がぁ……」

 名残惜しそうに牙を抜くアルマに、バフッと青い布が投げ付けられる。
 フードが付いた、ダボダボのローブ……キョーガが一晩かけて作った、アルマ専用のローブだ。
 ちなみに、キョーガ専用の黒いローブも作ってある。

「えっとぉ……これ、ボクにですぅ?」
「じゃなきゃ誰に作ったんだよォ……外に出る時はこれ着てろォ。おめェの翼は目立つからァ、人に見られたら厄介だろォ?」
「……もしかして、ボクを心配して作ってくれたんですです?」
「……さあなァ」

 フイッと顔をそむけるキョーガ……それを見て、『えへへへへ……』と、嬉しそうに青色のローブを抱き締めた。

「嬉しいですよぉ……わざわざボクのためにありがとうございますぅ……」
「……あァ―――」
「おはよ~♪キョーちゃん遊ぼ~♪」

 と、キョーガの部屋の扉が開けられ、サリスが甘ったるい声を出しながら中に入ってきた。

「……サリスかァ……どォしたんだァ?」
「あは~♪いつも通り遊びに―――ねっ♪」

 言いながら、サリスがキョーガに襲い掛かった。
 それを予知していたかのように、キョーガがサリスに向かって手を出し―――いつも通り、手四つになる。

「毎、日……毎日毎日飽きねェなァ……!」
「あっ、はぁ……♪あたしが本気でぶつかれるのっ、キョーちゃんしかいないからねぇ……♪」

 ギリギリと握力比べとなり……キョーガとサリスが掴み合うだけで、辺りの空気がビリビリと振動を始める。

「っはァ……!うざってェなァ……!」
「あははぁ……♪今の戦績っ、あたしの17戦17敗だからねっ……♪そろそろ勝ちが欲しいかな~……っ♪」
「寝言は寝て言えこのエロ犬がァ……!俺に勝てるわけねェだろォがよォ……!」
「……またエロ犬って言ったね~♪ほんっとに、怒っちゃうっ、よ~♪」

 勝負は互角に見えるが―――ややキョーガの方が優勢だ。
 少しずつサリスの顔が苦痛に歪み始め……キョーガの顔が、勝ちを確信した笑みに変わる。

「おらァ……!とっとと降参しやがれよォ……!」
「あ、ぐ……♪……わかったわかったよギブアップ♪あたしの負け~♪」

 サリスの言葉を聞いて、キョーガが力を緩める。
 痛そうに掌を開閉するサリス……ふと、アルマの持ってるローブに目を向けた。

「なにそれ~♪アルちゃんの新しい洋服~?」
「あ、はい。キョーガが作ってくれたんですぅ」
「あはっ♪いいないいな~♪キョーちゃんあたしに冷たいからな~♪」
「ふざけろバカがァ。おめェはその服じゃねェと落ち着かねェって言ってたろォがァ」
「よ~く覚えてるね~♪あはっ、その通りだけどね~♪」

 ニコニコと考えが読めないサリスに向かって、茶色のローブが投げ付けられる。
 まさか用意されていたとは思わなかったサリスは、投げ付けられた物を見てキョトンとしている。

「……一応作っといたァ……おめェの格好はエロいから、目立つんだよォ……アルマと違ってェ、おめェは太陽の光ァ大丈夫だろォがァ、一応フードを付けてるからよォ」
「………………あは♪……ありがと~♪」

 嬉しそうにローブを広げ―――胸元の文字を見て、アルマとサリスが首を傾げた。

「……これ、なんて書いてあるんですぅ?」
「見たことない文字だね~♪」
「『R』……まァ深い意味ァねェからァ、気にすんなァ」

 この『R』は……もちろん、リリアナのRだ。
 『一応俺たちはリリアナの召喚獣だから』という意味が込められたりする。

「キョーガキョーガっ、どこか遊びに行きましょうよぉ。ご主人様も誘って、4人でどこかに行きましょうよぉ」
「……おめェ、ローブ着て外に行きてェだけだろォがァ」
「えっ?!そ、そんな事ないですよぉ……?」

 本心がバレバレのアルマ……本当にこいつが最年長か?と本気で疑いたくなる。

「……リリアナ起きてんのかなァ?」
「リリちゃんなら起きてたよ~♪キョーちゃんの部屋に遊びに行くって言ったら、ほどほどにね~って言われちゃった♪」
「おめェが暴れるとメチャクチャになっからなァ」
「キョーちゃんも一緒になって暴れるくせに~♪」

 嬉しそうにローブを着るアルマと、大事そうにローブを抱き締めるサリスと共に、キョーガはリリアナの所に向かった。

―――――――――――――――――――――――――

「……………」
「あー……リリアナァ?何怒ってんだァ?」
「別に怒ってないですっ。3人が色違いの洋服着てるからって、別に気にしてないですっ。私だけ仲間外れなんて気にしてないですっ」

 朝の町……4人の中で、リリアナだけいつもの格好だ。
 キョーガは『こっちの世界には制服とかないから、制服の上にローブを着てる方が、格好としては目立たないだろう』と。
 アルマは『『吸血鬼ヴァンパイア』特有の黒い翼を隠す。そして、弱点である太陽光を遮断するために、ローブに付いているフードを被る』と。
 サリスは『そのエロい格好と体型は目立つから、できるだけ肌を隠せ』と。
 3者3様の理由で、それぞれ黒、青、茶のローブを着ているの……だが。

 『自分だけ仲間外れにされた』と思っているリリアナが、不貞腐ふてくされているのだ。

「……悪かったよォ」
「別にいいですっ」
「……今日リリアナの分も作っからァ、機嫌直してくれやァ」
「………………本当ですか?ちゃんと、キョーガさんの手作りですか?」
「あァ、ちゃんと作っからよォ」
「……なら、許します」

 『やっぱり怒ってたんじゃないか』と言い掛け、慌ててその口を閉じた。
 と、2人の様子を見ていたアルマが、何やらクスクスと小さく笑っている。

「どォしたんだよォ、なんかおもしれェかァ?」
「いえ……最強のキョーガでも、ご主人様には頭が上がらないんだな、とぉ……」
「あは~♪ペコペコしてるね~♪」

 小さく笑うアルマと、ニコニコとキョーガを見るサリス。
 そんな2人の視線に小さく舌打ちし、早足に先を歩く。

「あっ、キョーガさ―――ぁ」

 ピタッと、リリアナの動きが止まった。
 アルマとサリスが首を傾げ、キョーガも振り返ってリリアナの様子を確認する―――

「……?……ああ、リリアナか」
「あ、えっと……お久しぶりです、『デント』さん」

 リリアナとすれ違った男―――デントと呼ばれた青年。

「最近学院に来てないらしいが……サボっているのか?」
「い、いえ、あの……出席日数とテストの点数は足りているので、あとは卒業式に出るだけなんで……」
「ふーん……その3人がお前の召喚獣か?」
「え、えっと……はい、そうです……」

 ……なんか、変だ。
 キョーガもアルマもサリスも、デントと喋るリリアナを見て、違和感を感じていた。
 『死霊族アンデッド』すらも恐れないリリアナが、怯えている……?

「……へぇ……よかったなリリアナ……召喚獣と契約できて……しかも3人も」
「あ、はい。あ、ありがとうございます……」

 視線を逸らしながら礼を言うリリアナ……と、デントの視線がキョーガに向いた。

「……あァ……?んだコラジロジロ見てんじゃねェよォ」
「いや……アバンのサイクロプスが、リリアナの召喚獣にやられたと聞いたから……君か?」
「アバン……あー……あのクソ生意気な野郎かァ。そういやそんなのも殺ったなァ」
「怪力サイクロプスが手も足も出ないと聞いた……ぜひ、俺の召喚獣と手合わせしてほしいんだが」

 その言葉を聞いたリリアナが、ギョッとした表情でキョーガを止めようとするが―――

「あァいいぜェ……てめェの召喚獣はァ、ちったァ楽しませてくれんだろォなァ?」
「ああ、もちろん―――来い、『金欲竜ファフニール』の『ファニア』」

 ―――それは、圧倒的な存在感。あのサイクロプスが小さく見えるほどの巨大さ。
 まるで、空気が重くなったかのような錯覚を覚える。
 けど……違う。
 空気が重くなったのではなく、それの存在感がデカ過ぎて、空気が圧迫されているだけだった。

 リリアナの表情が、絶望に変わる。
 最上級召喚獣の『吸血鬼アルマ』と『地獄番犬サリス』さえも、目の前に現れたを見て、驚きを隠せずにいた。
 さすがのキョーガも、を見て、余裕の表情ではいられなかった。

 ―――『金欲竜ファフニール』。
 それは、キョーガが初めて見る種族『竜族ドラゴニア』で―――

「ダメですキョーガさんっ!『金欲竜ファフニール』は最上級召喚獣で、『竜族ドラゴニア』の中でも上位三番に入る力を持つ竜ですっ!」

 ―――キョーガが初めて見る、3人以外の最上級召喚獣だった。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く