不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

1章9話

「……なァリリアナァ」
「本当にすみません」
「まだなんも言ってねぇよォ……」

 部屋で眠る姉……それを見て、リリアナがキョーガに頭を下げる。
 眠る姉の隣には、包帯をグルグルに巻かれた父が座っていた。

「……あのなァ、俺ァ別に気にしてねェし、アルマの傷も、どォにか治ったから文句ねェよォ……ってかァ、むしろ謝るのは俺じゃねェかァ?リリアナの父ちゃん殴っちまったしィ、姉ちゃんも地面に叩き付けちまったしよォ」
「キョーガさんは何も悪くないですよ。悪いのは……私の父と姉なので」
「まァそォかもしれねェけどよォ……」

 いきなり斬りかかってきた父親に、いきなり魔法を撃ってきた姉。
 日本ならば確実に警察行きだ。
 まあ日本には魔法などないが。

「……本当に大丈夫ですか?アルマさん?」
「はい!キョーガのおかげで大丈夫です!」
「おかげで俺ァ貧血なんだけどなァ……」

 少し顔色が悪いキョーガ……無理もない。今日だけで3回も吸血をおこなったのだから。
 普通の人間は、1回吸血するだけで体が持たないのに……キョーガはそれを3回もおこなったのだ。

「すみませんキョーガ……さすがに3回は吸い過ぎましたぁ……」
「気にすんじゃねェよォ……1回目は日課ァ、2回目は太陽光、3回目は俺が吸えっつったんだからなァ。おめェは何も悪くねェ」
「……そう言ってもらえると、ボクも気が楽ですよぉ」

 にへっと、アルマが年相応の笑みを見せる。
 その頭を撫でながら―――ふと、キョーガは、ずっと気になっていた事を口にした。

「……なァ、アルマって何歳なんだァ?」
「そっ、それ聞きますぅ……?」
「んァ、別に言いたくねェんなら言わなくていいんだがァ」
「……えっとぉ………………30ですぅ……」
「……30って……歳がかァ?」
「はい…………正確に言うなら、37ですぅ……」

 そう言いながら、アルマが恥ずかしそうに顔をせる。
 ―――キョーガは困惑した。
 37って……冗談か?だって見た目は13歳か14歳くらいじゃん。こんなロリっ子が37は……えぇ?

「……37には見えねェなァ」
「えへへ……嬉しいですぅ」

 紅眼を嬉しそうに細め、漆黒の翼をバッサバッサと動かす。

「それでェ……その2人、どうするんだァ?」
「帰ってもらいたいですけど……帰れそうにないですもんね」
「どうするんだァ?部屋は1つしか余ってねェだろォ?」
「……アルマさんと私が一緒に寝ますか?」
「ボクです?」

 誰がどう見ても、リリアナとアルマが一緒に寝るのが一番だと思う。
 だがそれは……アルマが人間ならば、の話だ。

「でも……ボク、寝相ねぞう悪いですよ?うっかりご主人様の骨とか折っちゃったり……血を吸ったり……するかもですよ?」
「物騒な『吸血鬼ヴァンパイア』だなァ……ってかァ、リリアナが姉ちゃんと寝りゃァいいじゃねェかァ?」
「……お姉様と私が一緒に寝るのは……ちょっと嫌なんですけど……」

 リリアナは、姉の事があまり好きではないらしい。
 もっとも……姉はリリアナの事が大好きなのだが。
 ちなみにその姉は、父親が嫌いとの事。
 『リリアナの身に危険が迫っている!』と父親が姉に伝え、可愛い妹のために、わざわざ『クラリス』から『プロキニシア』に来てくれたのだ。

「……それなら、ボクとキョーガが一緒に寝ればいいですです!」
「はァ?何言ってんだおめェ?」
「キョーガなら……ほら、ボクの腕がうっかり当たっても、死なないですよね?それに、うっかりたまたま血を吸っちゃっても……えへへ……」
「却下だ却下ァ」

 ―――この後、『それならお父様とキョーガさんが一緒に寝ますか?』とリリアナに聞かれ、『それだけは勘弁してくれェ』となったので……キョーガとアルマが一緒に寝ることになった。
 ちなみに、キョーガとリリアナが一緒に寝るという案は出なかったと言う。

―――――――――――――――――――――――――

「チッ……なァんで俺があの2人の飯をォ……」
「すみません……私の料理だと、怪我した体に追い討ちしてしまうので……」
「まァ間違いねェけどよォ……アルマは血さえ吸ってりゃいいからァ、飯を作る技術がねェしィ……」
「うぅ……そう言われてもぉ……ボクは料理なんて覚えなくても、血があればいいですし……」

 不機嫌そうに料理を作るキョーガ……その表情とは裏腹に、料理の腕前はプロ級だ。

 ―――この世界の料理の仕方は、魔力を使う。
 例えば、コンロから炎を出すには魔力を使わなければならない。
 『魔術士』が炎を送っても、それをいつ使うか決めるスイッチがない。
 だから、魔力でスイッチのONとOFFを決めるのだ。
 ちなみにこの魔力、誰にでも存在する。『魂の器』と同じだ。
 だが、魔力があっても『魔法の才』が無かったら魔法が使えないため、意味がない。

 リリアナの『魂の器』と同じだ。
 『魂の器』が大きくても、召喚獣を召喚できなければ意味がない。
 キョーガにも魔力が存在しており―――まあもちろん、あり得ないくらいの量の魔力を所有している。本人はまったく自覚していないが。

「……よっとォ」

 ゴトッと、机に敷かれた布の上に鍋を置き、キョーガが鍋の蓋を開いた。
 ―――柔らかい香りが部屋中に広がる。

「……これは……?」
「肉じゃがだァ……食った事あんだろォ?」

 柔らかい香りの正体は、誰でも食べた事があるであろう料理―――肉じゃがだ。
 もっとも、異世界に肉じゃがという料理が存在するかどうかは怪しいが。

「皿用意すっからァ、ちっと待ってろォ」
「キョーガさん!私も!私も食べたいです!」
「あァもちろんだァ」

 手際よく食事の準備をするキョーガを見て、誰もがこう思うだろう。
 ―――お前の正体は何なんだ、と。
 だが、誰も口出ししない。
 父と姉は、ボコボコにやられた恐怖で問いかけられず、リリアナとアルマは、何者でも別にいいと思っているからだ。

「あのぉ……今日はボクも食べていいですか?」
「へェ……珍しいなァ、アルマが飯を食いたいなんてよォ」
「その……今日は血を吸い過ぎたので、自分で栄養を補給しようかなぁ、と思いまして……」

 さっきは『寝てる間に血を吸います』的な事を言ってたくせに。

「……あァ……マズイとか言ったら殴っからなァ」
「はい、です!」

 キョーガとアルマで皿を運び、慣れた手付きで肉じゃがをつぎ分ける。

「……残したら殺すからなァ」

 ―――予想外の美味しさに、キョーガの作った肉じゃがは跡形もなく完食されたという。

―――――――――――――――――――――――――

「―――いっづゥ……ッ?!」

 ―――深夜、みんなが寝静まった時間。
 キョーガは、鋭い衝撃を受けて目が覚めた。
 ……腹部に……何かが突き刺さっている……?

「……ッ……!おいアルマァ……おい、起きやがれェ」

 キョーガの腹部―――アルマがキョーガの服の中に潜り込み、牙を突き刺していた。
 まさか、本当に寝ている間に吸血するとは。
 リリアナとアルマが一緒に寝なくてよかった、と心から思いつつ、キョーガはアルマを起こそうと、頭を叩いたり頬を引っ張ったりするが―――

「……はひっ……やめてくらしゃいよぉ……」
「こいつ……本当に寝てんのかァ?」

 無理矢理引き離そうとしても、ガッシリとキョーガを掴んだまま離さない。
 せっかく少しずつ血が回復してきたのに、吸われたら意味がない。
 頭を掴み、少し強めに押し退けるが―――

「あっ……きょおがぁ……」

 牙を抜いた―――かと思えば、アルマが力を込め、キョーガの体を『離してなるものか!』と抱き締める。

「……力つえェなこのロリ吸血鬼がァ……ッ!」

 無理に離そうとすればするほど、アルマが尋常じゃない力で抱きついている。

「…………きょ……がぁ……」
「チッ……まァいいかァ……」

 キョーガは、人の温もりに慣れていない。
 だが……この1週間で、リリアナとアルマには、かなり心を開いている。

 それでも、まだ完全に開いているわけではない。
 たまにスゴく不安になり、リリアナとアルマに壁を作ろうとしてしまう事がある。
 『俺はここにいて良いのか?』『人を傷つけ、暴力の中で育ち、『鬼神』と恐れられたクズ人間が……こんな温かい2人の隣にいて良いのか?』と考えてしまうのだ。

 キョーガが完全に心を開く時……それは―――

「……いつかおめェらに、俺の正体をォ……話せる時が来ればなァ……」

 そう言って、アルマの頭を撫でるキョーガの顔は―――どこか、辛そうで、苦しそうだった。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く