不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

1章8話

「……う……ぐぅ……?」
「おォ、目ェ覚めたかァ」

 キョーガの部屋の中、眠っていたリリアナの父親が目を覚ました。
 体を起こし―――キョーガと目が合った瞬間、父親が立ち上がろうとするが―――

「い……ッ?!づぅ……ッ!」
「無理すんじゃァねェよォ……めっっっちゃ軽く殴ったつもりだがァ、俺の一撃を食らったんだァ……」

 アルマを殴った時は、もっと強く殴っていたのだが……と考えると、やはりアルマはスゴいのだろう。

「んじゃァ、リリアナを呼ぶかァ……ちょっと待ってろォ」

 言い残し、キョーガが部屋を出る。

「リリアナァ、目ェ覚ましたぞォ」
「本当ですか?!」

 リリアナがキョーガの部屋に突っ込み―――父親の姿を見て、目を細めた。

「……リリアナ……すまない。お前を守る事ができなかった……だが『シャーロット』が来るはず―――」
「バカーーーっ!」
「へぶうっ?!」

 父親の腹部に、リリアナの中段突きが炸裂した。
 しかも……キョーガが殴った所に。

「うっ……ぐぉぉぉぉぉ……ッ!」
「あー……リリアナァ、後は任せっぞォ」
「任せてください!お父様には言いたい事がたくさんあるんですから!」

 プンプンと怒り、リリアナが父親の前に立つ。
 申し訳なさそうに正座する父親を横目で見ながら、キョーガが部屋の扉を閉めた。

「よしィ……アルマァ、買い出し行ってくるからァ、留守番頼んだぞォ」
「あ、キョーガ……ボクも行きたいんですけどぉ……」
「あァ?なァんでだよォ?」
「ボク、こっちに召喚されてから命懸けで……ゆっくり歩く時間が無くてですね……」

 確かに。
 アルマはこの世界に召喚されて―――いきなり捨てられた。
 空腹と孤独で頭がおかしくなりそうになるも……どうにか食料キョーガと住む場所を確保できたのは、本当に運が良かったのだろう。
 それに、ここ1週間は、キョーガのお金(スマホ)のおかげで、特に外に出ることなく過ごしていたから、アルマも外に行きたいんだろうな。

「だから一緒に行きたいんですけど……ダメです?」
「……俺ァ知らん……ただァ、付いてくるんなら手伝ってもらうぜェ」
「はい!任せてくださいです!」

―――――――――――――――――――――――――

 ―――と、元気いっぱいに返事するアルマと共に、キョーガが買い出しに来たんだが。

「……ごめんなさいですぅ……本当にごめんなさいですよぉ……」

 なぜか、アルマがキョーガの背中に乗っていた。
 ―――『吸血鬼ヴァンパイア』は、太陽が苦手らしい。
 今は昼間なので……太陽が一番働いている時間。
 グッタリとしたアルマが、フラフラとヤバイ感じになってきたので、仕方なくキョーガが背負う事にしたのだ。

「チッ……おい背中で泣くんじゃねェよォ」
「うぅ……ごめんなさいですぅ……」
「わかったわかったから泣き止めェ。周りからの視線がうぜェ」

 グズグズと泣くアルマを見て、近くを通る住人が不快そうな視線を向ける。
 ……泣いてる女の子を見るような感じの視線じゃない、とすぐに気づいた。
 ―――キョーガは直感的に理解した。
 なるほど……翼が生えてるアルマを見て、すぐに『吸血鬼ヴァンパイア』だと理解したのだろう。
 『死霊族アンデッド』への嫌悪感が丸出しだ。

「…………キョーガぁ……」

 ギュッと、アルマが不安そうにキョーガの背中を抱き締める。

「チッ……イライラする視線だなァ……ここら辺のやつらァ、まとめて殺すかァ……?」
「そっ、それはダメですよぉ……あ、キョーガ、血をください……血をくれたら歩けるくらいには元気に……」
「ふざけろバカがァ。1日1回の吸血はもうやっただろうがァ」

 そんな視線もどこ吹く風。
 不快そうに舌打ちするキョーガ……アルマと話して気が紛れたのか、特に危害を加えるわけでもなく、食料を買いに向かう。

「……にしてもォ……なァんで『死霊族アンデッド』って嫌われてんだろォなァ?」
「え……キョーガは、知らないんですです?」
「知らねェってェ……アルマは知ってんのかァ?」
「まあ……それなりには知ってますよぉ。というより……知らない方が珍しいんじゃないですか?」

 ちょくちょく『ですです』って付けるのは、意図的なのだろうか。
 そんな事を問う前に、背負われるアルマが、ポツリポツリと思い出すように話し始める。

「えっとぉ……昔、魔王が7人の大罪人を連れて、この世界に現れたんです」
「あァ……そりゃ知ってるよォ」
「……それなら……その後の『死霊事件』は知ってます?」
「……いや、それは聞いた事ねェなァ」
「『死霊事件』……これが原因で、『死霊族アンデッド』は嫌われてしまったんですよぉ……」

 ―――『死霊事件』。
 魔王を追い払った後……『死霊術士』は姿を消したのだ。
 理由は不明。生きているか死んでいるかもわからない。
 だが―――『死霊術士』が残した大量の『死霊族アンデッド』が原因だった。
 主を無くした『死霊族アンデッド』は―――解放感と、今までこくな命令ばかりした『死霊術士』への腹いせに、近くの人間が暮らす国を破壊して回った。
 もちろん、そんな事を『勇者』と『魔女』が許すはずもなく―――『死霊族アンデッド』の群れは、全滅させられたのだ。

「……まあ、こんな感じですぅ」
「はー、なるほどなァ……俺らァその偏見へんけんを受けてるって事なのかァ」
「はい……あの、キョーガぁ……」
「あァ?」
「そのぉ……『死霊族アンデッド』が嫌われてる理由を教えたので……お礼に血を吸わせてください……」
「……はいはいわかったわかったァ、吸っていいから大人しくしてろよォ」
「わーい!」

 かぷっ、ちゅー……
 キョーガの体から、血液が抜かれる。
 正直、この吸血行為、キョーガはスゴく不安なのだ。
 体の内側にある筋肉の強靭さや、骨の頑丈さは、無敵と言って過言ではないが―――肌や血液、それに痛覚は、普通の人間よりちょっと頑丈だったり、多かったり、鈍かったりしているだけで、普通に『俺、貧血で死ぬんじゃないか?』とか、キョーガは心底不安だったりする。

「はぁ……おいひぃ……おいひぃれすぅ……!」
「黙って吸えやァ」
「……………」

 ちゅーちゅーと、幸せそうに吸血する。
 ―――ふと、何かが迫るような気配を感じた。
 バッと振り返り―――誰が投げたのか、石ころが飛んできている。
 そんなに早いわけでも、複数投げられているわけでもない、ただ投げられたような石―――キョーガは右手でキャッチし、飛んできた方向に視線を向ける。

「あ、コラ!何やってるの!」
「……………」

 ―――幼い男の子だ。
 その眼には……やはり、『死霊族アンデッド』への嫌悪感が宿っている。
 石を投げたのは、幼いから良いと悪いの判断がまだ育っていないゆえか。
 さすがにマズイと思ったのか、男の子の母親が、男の子を連れて立ち去ろうとしている。

「チッ……ガキがァ―――」

 ―――誰に喧嘩売ってんだァ?

 辺りを、不可視の重圧が襲う。息が詰まるほどの濃厚な殺気が充満する。
 ここにリリアナがいれば、事態は変わっていたのかもしれないが……ここにはキョーガとアルマしかいない。
 ―――最強と恐れられた『鬼神』が、子ども相手なら容赦するとでも?

「あ、あわ……」
「うひっ……!」

 口々に小さく悲鳴を上げながら、住人たちが少しずつ後ずさる―――と。

『ズドォォオオオオオオオオンッ!』

 ―――地面が割れた。
 『ビキビキィッ!』と亀裂が走り、近くの建物にまでヒビを入れる。
 突然の出来事と、濃厚な殺気に、住人たちは動けなくなってしまった。

 地面が割れた原因は―――キョーガだ。
 キョーガが地面を踏み込み―――亀裂を走らせたのだ。

「……3秒以内に散れェ……でねェと殺す」

 そんなキョーガの声を聞いた瞬間、住人たちは蜘蛛の子を散らすように逃げ去った。

「……ぷはぁ……キョーガ、手を出さなかったんですね?」
「……おめェはいつまで吸ってんだよォ……ってか、手ェ出すわけねェだろォが」
「何でです?」
「……俺ァリリアナの召喚獣だァ……だからァ、あいつの迷惑になる事はしねェ」

 アルマを背負い直し、今度こそ食料を買いに行こうとして―――ふと、肩を叩かれた。

「チッ……今度は何―――あァ?」
「……その子……あなたの召喚獣?」

 橙色の髪……整った顔。
 白いローブを着た……聖女のような女性が、キョーガの肩に手を置いていた。

「答えて。その『吸血鬼ヴァンパイア』はあなたの召喚―――」
「礼儀がなってねェ女だなァ……まずは名乗れよォ。話はそっからだろォがァ」

 言葉をさえぎり、肩に置かれた手を払いける。
 ―――キョーガの考えだと、この女も『死霊族アンデッド』の事を良く思っていないんだろう。

「そんなの関係ない……早く答えて、でないと―――消していい『死霊族アンデッド』か、わからない」
「………………はァ……おゥこらてめェ、あんま調子乗んなよォ。今ここで死にたくねェだろォ?」

 背負っていたアルマを下ろし、キョーガが威圧的に距離を詰める。

「……なるほど、消していい『死霊族アンデッド』と判断するわ」
「さっきからごちゃごちゃうるせェな―――」
「『神の聖域サンクチュアリ』」

 『ヴンッ』と、白い魔法陣がアルマの足下に出現する。
 ―――こいつ、『魔術士』か!

「アルマ―――」
「―――うあああああああああああっ?!」

 それは、神々しい光の柱。
 アルマの足下に現れた魔法陣から、美しい光柱が空に向かって一直線に伸び―――その中にいたアルマが絶叫を上げた。

「おい!アルマァ!」
「………………あ…………ぐぁ……」

 ところどころ黒く―――炭のように変化してしまっている。
 ―――『吸血鬼ヴァンパイア』のアルマが、キョーガの拳を食らっても余裕で立ち上がったアルマが……白目を向いて、フラフラとしている。

「……さすが最上級召喚獣の『吸血鬼ヴァンパイア』……この程度じゃ死なないわね」
「てめェ―――ぶっ殺すッ!」

 ―――殺意。
 キョーガの体から、尋常じゃない殺気が放たれる。
 その気配を感じた女が、慣れた様子で距離を取ろうとするが―――

「―――おせェんだよクソ女ァ!」
「は―――ぇ?」

 一瞬で背後に回り込んだキョーガが、女の頭を掴み―――思いきり、地面に叩き付けた。
 もちろん、加減はしている。顔に傷ができるかもしれない威力だったが、死ぬことはないだろう。

「アルマァ!大丈夫かァ?!」
「…………きょ……がぁ……」

 ガクガクと震える足―――だが、アルマは立っていた。
 膝を突く事なく、倒れる事なく、力強く立っていた。
 ―――しかし、大怪我なのは見ればわかる。

「おい!それァどうすりゃ治るんだァ?!」
「は……ふ……血を、吸えばぁ……」
「じゃあ早く吸え!」
「で、も……今日、はぁ……もう……2回もぉ―――」
「ごちゃごちゃうるせェ!とっとと吸えって言ってんだろォがァこのアホォ!」
「ふ、ぅ……しつれ、しますぅ……」

 アルマの体を抱き寄せ、吸血をおこなう。

「チッ……いきなり魔法撃ってきやがってこのクソ女がァ……」
「はふっ……おそらく、『クラリス』の国民れふぅ」
「『クラリス』……ってなんだァ?」
「『死霊族アンデッド』の事をとても嫌ってる国れすぅ……あ、あふっ……確か、『女神 クラリオン』を信仰している宗教国家ですね」

 ちゅーちゅーと吸血しながら、アルマが聞き慣れない国の名前を口にする。

「……なァ……さっきの魔法ってなんだァ?」
「あふっ……あれは『浄化魔法』れふぅ……普通の魔法と違って、対『死霊族アンデッド』専用に作られた魔法れすぅ……」
「はァ、なるほどなァ……だァからアルマがあんなに痛がってたのかァ」
「―――見つけましたぁあああああっ!」

 キンキンと甲高い声が聞こえた。

「リリアナァ……何しに来たんだァ?」
「お姉様が来てると聞いて、まさかと思いましたが……やっぱり『死霊族アンデッド』のキョーガさんとアルマさんに絡んでましたか……!」
「……あァ……?ちょっと待てェ、今……お姉様っつったかァ?」

 キョーガの問い掛けに、リリアナが困ったように答えた。

「……『シャーロット・ベルガノート』……私のお姉様です」

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • けせらとてん

    早く次が読みたいです。

    1
コメントを書く