不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

1章7話

 ―――『吸血鬼ヴァンパイア』のアルマが一緒に暮らすようになってから、1週間が経った。

「キョーガ……」
「……アルマァ」

 部屋の中で、上半身裸のキョーガと、熱っぽい視線を向けるアルマが見つめ合っている。
 そして……アルマがキョーガに抱きつき、キョーガの首元に顔を埋めた。

「……それじゃあ……失礼します」
「あァ……」

 ダルそうに返事をするキョーガ……と、アルマが口を大きく開き、鋭い牙をキョーガの首元に突き刺した。
 日課となりつつある、吸血タイムである。

「あふ、あふぅ……キョーガ……美味しいですぅ……」
「そォかよォ……」

 漆黒の翼が、尻尾を振るようにバッサバッサと動き、アルマが恍惚こうこつとした表情を見せる。
 状況を知らない人が見れば、『幼い女の子が男の首元に顔を埋め、幸せそうにしている』と、あらぬ誤解を生みそうな状況だ。
 アルマいわく、キョーガの血は美味らしい。
 味が濃厚で、いくら吸っても痛そうにしないキョーガが相手だから、アルマも嬉々として吸血をおこなえるのだ。

「……おい……吸い過ぎじゃねェかァ?」
「はふっ……も、もう少しだけ吸わせてくださぃ……」

 チューチューと遠慮なく血を吸うアルマを見て、キョーガが深いため息を吐いた。
 ―――本当に、元の世界じゃ考えられないことだ。
 キョーガが誰かのために、体を差し出すなど。

「……ふぅ……ご馳走さまでしたぁ」
「チッ……毎回毎回遠慮なく吸いやがってェ……少しは遠慮しろよなァ」
「だって……キョーガは痛そうにしませんし……」
「はっ……こんなのォ、に比べりゃァなんてこたァねェからなァ」
「実験……です?」

 首を傾げるアルマを見て、口が滑ったと顔を背けた。

「……キョーガ?」
「なんもねェ……今聞いた事は忘れなァ」
「?……?……はい、です……?」

 よくわからないまま、アルマが頷いた。
 ―――この1週間で、わかった事が2つある。
 1つは、今の吸血の後―――キョーガの首元には、牙の跡が残るはずなのに……今はもう、完全に治っているのだ。
 リリアナが言うには、『『反逆霊鬼リベリオン』には再生能力がある』との事なので、おそらくそれが原因だろうとキョーガは考えている。

「にしてもォ……飯の代わりに血を吸うってのはどうなんだァ?」
「うぅ……ボクたち『吸血鬼ヴァンパイア』は、ご飯を食べるより吸血する方が効率がいいんですよぉ……確かに、キョーガの作るご飯は美味しいですけど、キョーガの血の方が美味しいですし……」
「……俺が作った飯より、俺の血の方が美味いってのはァ、なァんか複雑な気分だなァ」

 2つは、アルマは血さえ吸っていれば、ご飯が必要ないという事だ。
 ちなみにアルマいわく、ご飯を食べた後のキョーガの血が一番美味しいとの事。

「……キョーガ、もう少し吸っていいですか?」
「もうやめとけェ、俺の血が無くなるゥ」
「もう少しだけですよぉ……ダメです?」
「ダメだァ」

 服を着直し、キョーガが立ち上がる―――

「―――おはようございます!キョーガさん、アルマさん!」
「リリアナかァ……おはよォ」
「おはようございますご主人様!」

 と、元気なリリアナがキョーガの部屋に入ってきた。
 その手には―――何か、紙切れのような物が握られている。

「……手紙かァ?」
「はい!先日、実家に手紙を送ったんで、その返事だと思います!」
「へェ……なんて書いてあんだァ?」
「今から読みますね!」

 嬉しそうに手紙を開くリリアナを、優しい眼で見るキョーガ……と、2人を見たアルマが嬉しそうに笑った。

「ご主人様は不思議ですね……ボクたち『死霊族アンデッド』にも普通に接してくれますし……」
「こいつは俺らを『人種が違うだけの友だち』としか思ってねェしなァ」
「……確かに、言われてみればそんな感じですね」

 ニコニコと手紙に目を通すリリアナ―――その顔が、凍りついた。

「……ご主人様?どうかしましたか?」
「そんな……お父様……?!」

 驚きに目を見開くリリアナ……それを見たアルマが、リリアナの隣に立ち、手紙に目を通す。
 何が書いてあるのかと、キョーガがリリアナに近づこうとして―――

「……なんだァ……?この気配はァ……?」

 眼を細くするキョーガが、何かを感じ取った。
 ―――殺気。
 物凄い殺気を放つ何かが、高速でここに向かっている―――?

「アルマァ、リリアナから離れんなよォ」
「キョーガ?」
「すげェ殺気だァ……しかもこの感じだとォ……かなりの手練れだなァ」

 掌を開閉させるキョーガが、リビングへと向かった。
 リリアナとアルマも、ようやく理解した。
 ―――キョーガに警戒心を持たせる何かが迫っていると。

「……やっぱりィ……まっすぐこっちに向かってやがるなァ」
「キョーガさん……その……もしかしたら―――」
「リリアナはアルマから離れんなァ……おいアルマァ、リリアナと一緒に俺の後ろにいろォ」
「はい、です!」

 アルマの手の上に、『赤黒い魔法陣』が浮かび上がる。
 そう―――アルマは魔法が使えるのだ。
 一度だけ、アルマが魔法を使う所を見た事がある。
 その際、キョーガが『おもしれェなァ。俺も魔法使えねェかなァ』と興味を示したが、キョーガには『魔法の才』が無いため、魔法が使えないとアルマに言われた。

「……来るぞォ」

 キョーガの低い声に、アルマが表情を引き締める。
 次の瞬間―――『スゥ―――ン』と薄っぺらい音が外から聞こえた。
 直後、扉がバラバラに崩れ落ち―――

「なっ……扉がバラバラになっちゃいました……?!」
「…………へェ……」

 フラリと、30代ほどの男性が、剣を片手に中に入って来る。
 それと向かい合うキョーガの口が『ニヤー』と裂けた。
 ―――おもしろい……俺と、ろうってのか。

「……お前……か」
「あァ?誰だてめェ……まずはごめんなさいからだろォがァ。人んの扉バラバラにしておいてェ、謝罪も無しかァ?」
「………………人の娘に手を出しておいて……よくもまあそんな事が言えたな……」

 剣を構える男性が、狂気を含んだ視線を向ける。
 ……え?……娘って事は―――

「あんたァ、まさかリリアナのォ―――」
「死ねッ!貴様なんぞに娘はやらんぞッ!」

 風を斬る音と共に、神速の剣が放たれる。
 常人ならば、避けるのは至難の技だろう。
 ―――ならば、な。

「よっ―――と、まあちょっと落ち着けってよォ」
「うる、さいッ!」

 軽く避けるキョーガに、リリアナの父が再び剣を振る。
 それに対し、キョーガは―――最小限の動きで剣撃を避ける。
 首を傾け、体を反らし、小さく後ろに跳ね―――まるで、剣が見えているような回避技術だ。

 高速の剣を避けながら、キョーガは頭を回転させる。
 ―――知らない相手なら、キョーガも遠慮なく殴れるのだが……相手はリリアナの父親だ。殴れるわけがない。

「よっ、ほっ」
「くそ……ッ!小賢しい……ッ!」

 放たれる一撃一撃が全力。
 それを簡単に避けられるなんて―――と、リリアナの父親は、怒りでおかしくなりそうだったりする。

 ―――ふと、キョーガの足が止まった。
 これをチャンスと見た父親が、素早く剣を振り上げ―――

った―――ッ!」

 一気に振り下ろした。
 全身全霊。全体重を乗せた渾身の一撃。
 リリアナの目にも、アルマの目にも、キョーガが2つに斬られる姿が容易に想像できた。
 いくらキョーガでも、肌は普通の人間。だからアルマの牙が刺さる。
 リリアナの父親も、勝利を確信し、口元に歪んだ笑みを浮かべた。

 だが―――たかだか剣が、キョーガを斬るなんて不可能だと、全員が思い知る事になる。

「―――『完全再現リコール』」

 振り下ろされる剣に対し―――キョーガは、剣先に向かって手を伸ばした。
 直後―――剣の軌道が逸れた。
 まるで、剣がキョーガを避けるように、キョーガの真横に振り下ろされる。

わりィなァ―――もう飽きたァ」
「なっ―――ぐっ?!」

 拳を握ったキョーガが、軽く父親を殴る。
 ―――と、父親の姿が消えた。
 違う。飛んで行ったのだ―――キッチンに向かって。

「お、お父様ー?!」
「……あれェ……そんなに強く殴ってねェんだけどなァ」

 慌てたように駆け寄るリリアナを見て、キョーガが『ヤバイ』と冷や汗を流す。

 ―――アルマは、ハッキリと見た。
 リリアナは気づいていないが……最上級召喚獣のアルマは、確かに気づいてしまった。
 今のキョーガの動き……まるで、武術の達人のような動きだった。
 1年?10年?それ以上?
 どれだけの時間を掛ければ、あんな鮮やかな動きができるようになる?
 いくらなんでも―――洗練

「キョーガ……」
「んァ?」
「い、今の……なんですか?」
「………………俺の地元にあった技だァ……まァ気にすんなよォ」

 そう言って視線を逸らすキョーガは―――どこか、寂しそうだった。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • けせらとてん

    くっそ面白いですね

    1
コメントを書く