不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

1章6話

『『霊鬼オーガ』とは。
 最上級召喚獣の中でも、上位3番以内に入る『破壊力』と、自身の傷を癒す『再生能力』、そして自身の強さの象徴である『紅角』を持っている。
 魔王襲来の際も、『死霊術士』が召喚した『死霊族アンデッド』の中で、最も撃退に貢献したとされている。
 だが、その後の『死霊事件』以降、『霊鬼オーガ』の名前が変えられた。
 現在では、『反逆霊鬼リベリオン』と呼ばれている』

「………………うーん……」

 『反逆霊鬼リベリオン』の召喚書を閉じ……リリアナが深いため息を吐いた。
 ―――何も、当てはまらない。
 キョーガさんは、確かにスゴい力を持っているけれど……傷を再生している所を見たことないし、何より角が生えていない。
 ……それに……まったく召喚獣っぽくない。

「……キョーガさん……何者なんでしょう……」

 ―――人間には、『魂の器』というのが存在する。
 どんな人間にも『魂の器』は存在し、『魂の器』が大きいほど、多くの召喚獣と契約することができる。
 リリアナの『魂の器』は―――本人は自覚していないが、かなり大きい。
 しかし……いくら『魂の器』が大きいと言っても、召喚獣を召喚できなければ、契約を結ぶ事はできない。

「……考えてもわかりませんよね」

 リリアナが紙を取り出し、ペンを走らせる。
 ―――リリアナは、来月に学院を卒業する。
 無事に卒業できる事を家族に報告するために、手紙を書いているのだ。

『拝啓 お父様、お母様。
 お元気ですか?私はなんとか元気です。
 学院を卒業できるか不安でしたが、頼れるパートナーができたので、どうにか卒業できそうです。
 初めて会った時は乱暴で暴力的でしたが、今はとても優しく接してくれています。
 学院を卒業した後も、1、2年は『プロキシニア』に滞在しようかと思っています。
 いつか、お父様とお母様に彼を紹介しようと思います。
 それでは、いつか遊びに行きます』

「よし……完璧ですね……!」

 この時、リリアナは気づいていなかった。
 ―――乱暴、暴力的と書いた事。
 『彼』と書いた事。
 そして何より―――リリアナの父親が、過保護だというのを忘れていた。
 そんな父親が怒らないはずがなかったのだが……それはまた、近い未来の話。

「……キョーガさんの部屋に遊びに行きましょう」

 初めてできた友人―――リリアナは、友人依存症のようなものだった。

―――――――――――――――――――――――――

「……ったくよォ……夜中に何しに来たかと思えばァ、外を歩こうなんてよォ……昼間も行ったじゃねェかァ」
「い、嫌でしたか……?」
「いや……別に嫌じゃねェけどよォ……」

 夜の町―――昼間とは変わり、静かな住宅街を歩いていた。
 ふと、キョーガがリリアナに問いかける。

「なァ、昨日も思ったんだがァ……電気とか火とかってどうやって出てんだァ?」
「それは『魔法の才』がある人のおかげなんです」
「へェ……自力で炎とか電気とか出せんのかァ……ずいぶんとエコだなァ」

 元の世界でそんな事ができたら、環境問題なんて解決できるだろうに……とか思いつつ、キョーガは興味深そうに辺りを見回した。

「……って事はァ、『魔法の才』があるやつはァ、職を得たようなもんなのかァ?」
「そうですね……国内に電気や炎を送るか、『魔術士』としてモンスターを討伐するか……『魔法の才』を持つ人の将来は、基本的にこの2択ですね」
「……待て待てェ……モンスターとかいんのかァ?」
「はい。昔話の魔王がつれてきたんですけど……まだ残党が残っていまして」

 魔王の連れてきたモンスター。
 それこそ、弱いものから強いものまで……多種多様に存在する。
 『騎士』や『魔術士』、『召喚士』は、モンスターを討伐したり、悪党を成敗したり……まあ、この世界に残っているモンスターの数が多いので、モンスター討伐を仕事にしている人が多い。

「……んァ……?」
「どうかしましたか?」
「いやァ……なんか飛んできて―――」

 キョーガが言い終わる前に、そのが飛んできた。
 闇夜に光る紅眼、黒色の翼……とても、人間には見えない。
 そのは、まっすぐキョーガたちの方に向かって飛んできて―――

「―――ほっ」

 弾丸のごとく突っ込んできたは―――キョーガの右手によって、弾き返される。
 『ドゴンッ!』と鈍い音と共に、が殴り飛ばされた。
 だが―――尋常ならざる勢いだった事を、キョーガの表情が示している。
 サイクロプスの一撃を受けても、顔色1つ変える事のなかったキョーガが―――と衝突した際、顔を少しだけ歪めていたのだ。

「……なんだァあいつはァ……?」
「あ、う……あうあう……」
「オットセイかよおめェはァ……」

 突然の轟音に、リリアナが口をパクパクと開閉させている。
 それにツッコミを入れつつ……キョーガは、飛んできたに目を向ける。
 キョーガの一撃を受けたは……何事もなかったように立ち上がったのだ。
 もちろん、キョーガも本気で殴ったわけではないが……

「……俺の一撃受けて立ってられるたァ……ありゃ化け物かァ……?」

 いや、化け物のあんたが言うか。とリリアナが言いたくなったが―――立ち上がったを見て、リリアナの顔から血の気が引いていった。

「……?おいリリアナァ、ありゃァなんだァ?」
「嘘……?!『吸血鬼ヴァンパイア』……?!」
「……『吸血鬼ヴァンパイア』だァ……?」
「キョーガさんと同じ『死霊族アンデッド』で……最上級召喚獣です……!」

 ユラリユラリと近づいてくる『吸血鬼ヴァンパイア』……なるほど、最上級召喚獣ならば、キョーガの一撃に耐えたのも納得だ。

「………………を……」
「あァ……?」
「……ぃ………………をぉ………………」

 顔を上げた『吸血鬼ヴァンパイア』が、最後の力を振り絞ったように叫んだ。

「―――血を、吸わせてくださいぃぃ!」
「……はァ?」

―――――――――――――――――――――――――

「えと……たす、助かりました……」
「いえいえ、困った時はお互い様ですよ」

 申し訳なさそうにペコペコ頭を下げる『吸血鬼ヴァンパイア』を見て、リリアナが優しい笑みを見せる。
 ちなみに、血を吸わせてあげたのはキョーガで、本人は吸われた首元に手を当てて『気色わりィ』と眉を寄せていた。

「……ボク、『吸血鬼ヴァンパイア』の『アルマ』って言います……血を吸わせていただき、ありがとうございました……」

 青髪のアルマが、キョーガに深く頭を下げた。
 ……一人称と髪色のせいで、男の子のように見えるが……胸部の小さな膨らみと、スカートを見る限り、女の子だろう。

「……気にすんなァ……別に、血なんて減るもんじゃねェしなァ」
「いえ、減りますよね?」

 ここはしっかりとツッコんで行く。
 ―――『吸血鬼ヴァンパイア』。
 血を吸えば吸うほど強くなる、特異な種族。
 逆に、血を吸わないと弱体化する。
 とは言っても……先ほどの突進。あれは血をまったく吸っていない状態だった。
 つまり、弱体化すると言っても―――強力な事に変わりはないのだ。
 キョーガと同じく『死霊族アンデッド』に分類されており……血を限界まで吸った状態だと、全ての最上位召喚獣の中で、5本指に入る力を発揮する。

「それで……召喚獣であるはずの『吸血鬼ヴァンパイア』が、なぜ単独行動をしていたんですか?」
「……その……ボクたち召喚獣は、召喚士と契約する前に『契約条件』を出すのは知ってますよね?」

 アルマいわく、こういう事らしい。
 ―――アルマを召喚したのは、この『プロキシニア』でも有名な召喚士。
 その者と契約する際に―――アルマが出した『契約条件』は、『毎日血を吸わせてもらう事』だった。
 普通の人間は、『吸血鬼ヴァンパイア』に血を吸われるのは体が持たない。
 だからその召喚士はアルマと契約しないことにしたのだが―――その召喚士は、アルマと契約する気が満々で、召喚した際、『契約条件』を聞く前に、アルマが帰れないように魔法陣を破壊してしまっていたとか。
 まあ確かに、帰る事ができなければ契約を結ぶしかないが……この早とちりがアダとなった。
 契約をしない。しかも帰れないとなったアルマは『それは困りますぅ!』と泣きつくも……その召喚士はアルマを追い出したらしい。

「そこで……行く当てもなく3日ほど、この国をウロウロしていたんですけど……『死霊族アンデッド』のボクと契約したがる人もいなくて……血も吸えなくて……お腹空いて……」
「なァ、俺ァリリアナにその『契約条件』とか出してねェんだがァ?」
「それはその……キョーガさんが『契約条件』を出す前に契約を結んでしまったので……」
「俺がわりィのかよォ……」
「あの、話し聞いてくれてます?」
「あァ聞いてる聞いてる……はよ続けろォ」
「うぅ……ボク、一応最上級召喚獣なのにぃ……」

 雑に対応されるアルマが、不満そうに続ける。

「たまたまここを飛んでる時に、あり得ないような気配を感じたんですぅ……人間のようで、人間じゃない……濃厚で美味しそうな気配を……」
「……それが俺だったってのかァ?」
「はい……気配を感じた瞬間、理性が飛んでしまって……いきなり襲い掛かってすみませんでした……」

 アルマの言うことが正しいのであれば、あの時のアルマの思考は『血だぁああああっ!』って感じだったのだろうか。

「でも……あなた、ボクに血を吸われてもピンピンしてますよね?……失礼でなければ、あなたが何者か聞いてもいいですか?」
「……俺ァキョーガ。てめェと同じ『死霊族アンデッド』でェ、最上級召喚獣の『反逆霊鬼リベリオン』だァ」
「なっ……『反逆霊鬼リベリオン』ですです……?!」
「んだよですですってェ……」

 ため息を吐くキョーガを見て、アルマは納得したように頷いた。
 ―――なるほどです。ボクの突進を跳ね返して、血を吸われてもピンピンしてるのも納得です。

「……それでは、ボクはこれで失礼します。助けていただき、ありがとうございました」
「えっ……アルマさん、どこか行く所があるんですか?」
「……ないですけど……モンスターの血でも吸って、どうにか頑張るですぅ……あんまり美味しくないですけど……」

 そう言うアルマの顔は……疲れきっていた。
 それを見た甘々のリリアナが―――ほうっておけるわけがない。何か言いたそうにキョーガを見る。
 リリアナの視線に気づいたキョーガは……無言で頷いた。
 『俺はお前の判断に従う』という意思表示だ。

「あの……アルマさん。よかったらうちに来ます?」
「……えっ………………いいんですか?」
「もちろんですよ。アルマさんに血をあげられるのはキョーガさんしかいませんし……それに、友だちは多い方がいいですから!」
「……でも……『反逆霊鬼リベリオン』と契約しているんですよね?その……『魂の器』に、余りはあるんです?」
「そんなの、やってみないとわかりませんよ!」

 そう言ったリリアナが、アルマに手を差し出した。
 なぜ、わざわざ契約を結ぶのか。
 簡単な話だ……『死霊族アンデッド』は嫌われている。
 そんなやつが、契約もされていない状態でウロウロしてたら―――攻撃されてしまう。
 というか、アルマが今まで無事だったのが不思議なくらいなのだから。
 それくらい『死霊族アンデッド』は嫌われている。

「ほら、握ってください」
「……はい、失礼しますぅ……」

 恐る恐るリリアナの手に触れ―――何も起こらない。
 だが―――直後のリリアナの発言で、契約が成功した事がわかった。

「『命令 しゃがめ』」
「うおっ?!」
「あわわっ?!」

 リリアナの命令に従い、アルマが地面に座り込み―――なぜかキョーガまで地面に座り込んだ。

「……契約成功ですね!」
「……です!」
「どォでもいいけど早く解けェ!」

 嬉し気なリリアナの声とアルマの声、そしてキョーガの怒声が、夜の公園に響いたのだった―――

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く