不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

1章4話

「…………はァ……」

 風呂に入るキョーガが、顔にタオルを当てながら深く息を吐いた。
 リリアナの家―――家というより、小さな屋敷だ。
 『なんだよボンボンの娘か』と思うキョーガ……あながち、外れではない。
 ―――リリアナは、伯爵の娘なのだ。
 もちろん、キョーガはそんな事は知らない。
 そもそも、そんな事に興味は無いし―――リリアナは悪いやつじゃないと信じているからだ。

「……んァ……?」
「キョーガさん!入っていいですか?」

 曇りガラスの向こう―――肌色の何かが動いていた。

「いやダメに決まってんだろォがバカかおめェ」
「えっ……でもお父様が『友だちができたら背中を流してやるんだぞ』って……」
「おめェバカだよな?普通、男女が一緒に風呂入る事なんてねェからなァ?」

 それでも、脱衣所にいるリリアナは、リビングに戻ろうとしない。
 と、何か白い物が宙に浮いた。
 曇りガラス越しだからよくわからないが……白いタオルだと思われる。

「……おい、入ったら殺すぞォ?」
「酷い?!私は仮にも『召喚士』ですよ?!キョーガさんの『召喚士』ですよ?!」
「だからなんだよォ……」

 キョーガがため息を吐く―――と同時、風呂場の扉が開けられた。
 白いタオルを巻いたリリアナが、少し顔を赤くしながら中に入ってくる。
 対するキョーガは、殺気を放つことでリリアナを外に出そうとするが―――

「ふふん!キョーガさんのその殺気は、怒ってないですね!」
「あァ……?んでおめェにそんな事がわかんだァ?」
「さっきアバンさんに向けた殺気……あれが本当の殺気ですよね?なら、今出してる殺気は、全然本気で怒ってないですもん!」

 小さな胸を張り、自慢気にリリアナが指摘する。
 ―――リリアナの言う通りだ。
 キョーガは本気で追い払いたいわけではない。
 別に、もっと濃密な殺気を出そうと思えば出せるのだが―――今のキョーガは、それをしていない。
 理由は単純。
 ……嫌われたくないのだ。
 キョーガはリリアナに嫌われたくない……たった1日しか付き合っていないが、キョーガはリリアナの事を気に入っている。

 それはリリアナも同じ事。リリアナもキョーガの事を気に入っている。
 キョーガが本気で拒絶するなら大人しく身を引くつもりだったが―――本気じゃなく、照れ隠しのように感じる殺気だ、とリリアナは感じた。

「ほら、浴槽から出てください!背中流します!」
「二度は言わねェ……今すぐ出ろォ」
「大丈夫です、痛くしませんから!」
「……今すぐ出ろォ」
「……キョーガさん、もしかして恥ずかしいんですか?」

 二度は言わないと言ったのに、同じことを言うキョーガ。
 ―――リリアナは美少女だ。
 それこそ、普通の人間ならば歓喜して背中を差し出すほどに。
 なら何故なぜ、キョーガはそうしないのか?
 ……リリアナの事は気に入っているが、今まで友人がいなかったキョーガにとっては、他人に肌を触らせるなんて、ハードルが高過ぎるのだ。しかもそれが美少女など、もってのほかだ。

「……自分で物事を決められねェショボい女かと思えばァ、わけわかんねェとこで大胆たァ、どんなキャラだよォ」
「ほら!早く早く!」
「チッ……わかったわかったァ。早く終わらせろよなァ」

 そう言って立ち上がり、顔に当てていたタオルを巻くキョーガの顔は―――やっぱり、優しい表情だった。

―――――――――――――――――――――――――

「……これァなんだァ?」
「?……あ、それは昔話ですよ。かなり古いですが、本当に起こった出来事を書いてあるみたいです」

 リビングにポツンと置いてある本を見て、キョーガが夕食を作っているリリアナに問い掛ける。
 わざわざなんでリリアナに聞いたのか―――この本、日本語で書いていないのである。
 おそらく異世界語だろうと仮定し、キョーガが本を開く。
 文字は読めないが……小さな子どもが書いたようなヘタクソな絵を見たキョーガが、再びリリアナに問い掛けた。

「なァ、この3人の人間は何なんだァ?」
「『勇者』と『魔女』、それと『死霊術士』ですね」
「……なんだそりゃァ?」
「ちょっと待っててください、もうすぐ終わるので」

 せっせと料理をするリリアナを見て、『邪魔をしたな』と1人反省する。
 『勇者』に『魔女』、『死霊術士』……?
 それは、リリアナがキョーガに教えてくれた、『騎士』と『魔術士』と『召喚士』の事だろうか。

「さ、できましたよ!」
「んァ……ありがとよォ」
「いえいえ!キョーガさんは……一応召喚獣なんですから、召喚獣を養うのも、召喚士の務めですよ!」

 やはりキョーガの事を召喚獣と呼ぶのは嫌なのか、一応と付けるリリアナ。
 その言葉にキョーガは苦笑―――する事なく、リリアナの出した料理に目を向けていた。
 ……黒い塊。雑にみじん切りされた野菜。生の肉。

「なんだこれェ?」
「え?焼き魚とサラダとハンバーグですけど……苦手な物、ありました?」
「苦手とかそんなレベルじゃねェよォ!おめェこれが焼き魚って言うのかァ?!焼き過ぎて中まですみになってんじゃねェかァ!どうやって食うんだよォ?!これに至っては生肉だろォ?!チッ、食いもん粗末にしやがってェ……台所借りるぞォ!」

 サラダに口出ししなかったのは、もう野菜だからサラダで良いや、とキョーガが妥協したからである。
 リリアナの着ていたエプロンを剥ぎ取り、キョーガが台所に向かった。
 ―――キョーガは12歳施設に預けられていた。
 その施設は貧乏で、1日1食あるかないか、そんな環境だった。
 だから……食べ物に関しては、ものすごく厳しいのだ。

「ちょっと待ってろォ、すぐに作るからよォ」
「え?……キョーガさん、料理できるんですか?」
「おめェ俺をバカにすんなよォ?基本的には何でもできっからなァ?」

 不機嫌そうなキョーガが、置いてあった包丁を手に取り料理を始めた―――

―――――――――――――――――――――――――

「……ほらよォ、食えやァ」
「わぁ……!スゴいです!美味しそうです!」

 並べられた料理を見て、リリアナが歓喜する。
 リリアナが用意した料理―――あれのせいで残っている食材が少なかった。
 だからキョーガは少し工夫して、リリアナが作っていたハンバーグ(もどき)を焼き直して、食べられるハンバーグにした。
 雑に切ってあったサラダも、細かく切って食べやすいようにしてあり―――

「キョーガさんって、何でもできるんですね!」
「まあなァ……何でもできるようにからなァ」
「されてる……って、どういう事です?」
「……気にすんなァ、とっとと食おうぜェ」

 誤魔化すようなキョーガの言葉に、リリアナが一瞬口を開くが―――キョーガの悲しそうな顔を見て、その口を閉じた。
 ―――話したくない過去があるのだろう。
 それはきっと―――私にも話せない。話したくないような内容だろう。
 ―――いつか、もっと仲良くなったら……話してくれるかな?

「……そォいやァ……その本、なんて書いてあんだァ?」
「『魔王』を討伐する昔話です」
「……って事はァ、昔は『魔王』がいたって事かァ?」
「はい、そうだと聞いてます」

 本を開くリリアナが、内容を話してくれた。

『昔々、平和な世界に『魔王』が現れました。
 『魔王』は七人の『大罪人』を連れ、平和な世界を支配し、何もかも自分の物にしようとしました。
 人間と『魔王』の戦いは、長年にわたって続きました。
 戦いの内に、海は蒸発し、木は燃え尽き、大地は砂と化し、空は赤く染まってしまいました。
 しかし、七人の『大罪人』が強くて、人間は負けそうになってしまいます。
 その時、3人の人間が現れました。
 『聖剣』を持つ『勇者』。強力な魔法を操る『魔女』。そして、死者を操る『死霊術士』です。
 3人の人間は、七人の『大罪人』を倒し、『魔王』を追い払いしました。
 こうして世界に平和がりました。
 けれど、忘れてはいけません。
 私たちが生きていられるのは、この勇敢な3人のおかげだという事を。
 そして……『魔王』は、今この瞬間にも、再び世界を支配しようと現れるかもしれない事を』

「……です」
「……七人の『大罪人』だァ……?」
「この昔話に影響されて、今の『騎士』と『魔術士』と『召喚士』の制度が作られたそうです」

 パタンと本を閉じるリリアナを見て、キョーガが腕を組み、昔話の内容を思い返す。
 七人の『大罪人』―――キョーガには、どこか聞き覚えがあった。
 深く考えなくても、既視感の正体はすぐにわかった。

「『七つの大罪』……かァ?」
「え?」
「んやァ……なんもねェよォ」
「そうですか……それじゃあ、いただきますね!」
「あァ……」

 キョーガの料理を食べたリリアナが、とても幸せそうな表情を浮かべたのだが―――それはまた、別の話。






 一応、キョーガの『最強体質』とか『何でもできる器用さ』は、しっかりと事情がありますので……まあいつかあきらかにします(笑)

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く