不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

1章3話

「……これがグラウンドかァ?」
「はい!」

 元気な返事を聞き、キョーガは建物を見回した。
 ……グラウンド?いや違う。これはまるで闘技場だ。
 中央に試合場があり、それを囲うようにして観客席がもうけられている。

「……行くかァ」
「あ、あの、キョーガさん」
「あァ?」
「……アバンさんは、上級召喚獣を使います……無理だけは、絶対にしないでくださいね?」

 心配そうなリリアナの視線を受け、キョーガはヒラヒラと手を振った。
 ―――リリアナは言った。俺と仲良くなりたいと。
 リリアナは言った。俺の事を友だちだと。
 だから―――

「俺の友だちに手ェ出しといてェ、無事に済むと思うなよォ……」
「―――『サイクロプス』っ!」

 アバンが手を前に出した―――瞬間。
 辺りに凄まじい轟音が響き渡る。
 さすがのキョーガも、轟音の理由がわからなかった。
 だが―――それも一瞬の話。
 キョーガを見下ろすようにして現れたを見て、理解した。
 あの轟音は、こいつが現れたからだ、と。

「……4メートルってとこかァ」
「気を付けてくださいキョーガさん!アバンさんの『巨人族ギガント』の力は、建物を簡単に壊すくらい強いです!」

 『巨人族ギガント』……そんなのもいるのか。
 そんな呑気な事を考えられるほど、キョーガには余裕があった。

「準備はいいな?それでは―――始め!」
「『命令 そいつを潰せ』!」
「オォ、ォオオオオオオオオオオンンッ!」

 アバンの命令に従い、サイクロプスが雄叫おたけびを上げた。
 空気が震え、地面が揺れるような錯覚を覚えるほどの声量。
 ……目の前に立つ獲物キョーガは逃げなかった。
 キョーガの実力を知らない者が見れば、誰しもこう思うだろう。
 ―――ああ、恐怖で動けないんだろうな、と。
 このサイクロプスも、その内の1匹。
 動かない獲物を見て、余裕を持って拳を振り上げた。

「―――ォオオオオオオオオオオッッ!!」

 再び雄叫びを上げ、兵器とも言える拳を振り下ろした。
 拳の大きさ、60センチ。
 そんな鈍器で殴られたら―――簡単に死んでしまうだろう。
 だがそれは―――
































『ズッ―――ゴォオオオオオオオオッッ!!』





































 ―――普通の人間ならば、の話だが。

「……あのよォ」

 緊張感が溢れる試合場に、気の抜けた声が響いた。
 亀裂の入った試合場、立ち込める粉塵、そして拳を振り下ろしたサイクロプス。
 この状況で―――人間が立っているなんて、誰が考えるだろうか?

「それェ……本気かァ?」

 そこには、サイクロプスの拳を片手で受け止め、心底退屈そうに声を出すキョーガが立っていた。

「―――っ?!『命令 潰せ』!」
「ルォ、オオオオオオオオオ……ッ!」

 反対側の手がキョーガを握り潰さんと迫る。
 それに合わせて、キョーガも反対の手をサイクロプスに向けた。
 手四つの形になり、サイクロプスがさらに力を込める。
 どんどんサイクロプスが前のめりになり―――キョーガが劣勢のように見え始めた。

「―――キョーガさんっ!」

 切羽詰せっぱつまったようなリリアナの声に、キョーガは苦笑した。
 ―――情けない『召喚士』だ。考えも甘々で、頼りにならない。
 だが―――それが良い。それで良い。

『…………メキッ……ミシミシッ……』
「……?なんの音だ……?」

 突然、辺りに奇妙な音が聞こえ始めた。
 ……まるで、何かをような鈍い音が―――

「……はははっ……やっぱり、サイクロプスの力には勝てないみたいだね」

 ニヤリと、アバンが邪悪に笑った。
 それを見たリリアナの顔が、泣きそうに歪む。
 多くの生徒を見てきたであろう教師でさえ、これから訪れる残酷な未来を想像し、眼を閉じた。

 ……全員、1つ大きな勘違いをしている。
 それは―――『被害者がキョーガである』という事だ。

『メキメキメキッ―――パキッ!』

 決定的な音が響いた。
 鉛筆の芯が折れるような軽い音。
 それを聞いたリリアナが、キョーガの絶叫を聞きたくないと耳を塞ぎ―――

「ル―――ォオオオオォオオオオオオオッ?!」

 絶叫を上げたのは、サイクロプスだった。

『メキメキメキメキメキメキッ……』
「ルガァ!オオォルルルガァアアアアアッ!」
「うるせェデカブツだなァ……その頭潰せばァ、絶叫はむのかねェ?」

 誰もが、眼前の光景に目を疑った。
 痛みに膝を突くサイクロプス……その大きさ、およそ4メートル。
 対するキョーガの身長、170センチ。
 身長差、約2メートル30センチ。
 ―――そのサイクロプスが膝を突き、己より小さいキョーガを見上げているのだ。

「……さっきから聞いてりゃァ、てめェは上から目線にペラペラペラペラとォ……なァ?」
「ひっ……!『命令 早くそいつを殺せ』!」
「ルルゥ、ルガァァァァァァァァ……ッ!」

 怒りを込めた視線に、アバンは焦る。
 ―――どうにかしないと、僕が殺される。
 そんな気持ちを踏みにじるように、キョーガが凶悪に笑った。

「安心しなァ……俺ァ『喧嘩は1発で終わらせる』主義でなァ、2発も3発も入れる気はねェ……てめェもしっかり1発で終わらせてやるよォ」

 『凶』悪に歪む口から、肉食動物のように鋭い『牙』が現れる。
 ―――その姿。まさに『凶牙』。

「―――おらァッ!」

 グッと、キョーガが力を入れた―――瞬間。
 ―――あの大きな巨人の姿が消えた。

「ほらァ、てめェの召喚獣だろォ?しっかり受け止めてやれよォ!」

 違う、消えたのではない。
 浮いていたのだ。あの巨体が、少年の片腕に持ち上げられていたのだ。
 そのまま勢いを付け、サイクロプスが地面に接近し―――

「や、やめ―――」

 何かを言いかけたアバンを押し潰し、サイクロプスが地面に沈んだ。
 シン……と、試合場が静まり返る。

「……おい、俺の勝ちだろォ?」
「キョーガさん……!」

 ダルそうに振り向くキョーガ……それを見たリリアナが嬉しそうに笑った。

―――――――――――――――――――――――――

「上位召喚獣……『巨人族ギガント』のサイクロプス……思ったより大した事なかったなァ」
「スゴいですよ!だってキョーガさんは、あのアバンさんに勝ったんですよ!はぁぁ……!いまだに信じられません!」

 わたわたと先ほどから落ち着かないリリアナを見て、キョーガは本日何度目になるかわからないため息を吐いた。
 ―――これでリリアナは学院を卒業できる。
 『もう学院には行かねェのかァ?』とキョーガが聞くと、『はい!出席日数とテストの点数は足りてますから!あとは来月の卒業式に出るだけです!』と喜んでいた。

「……んでェ?今どこに向かってんだァ?」
「私の家です!そこそこ大きな家なので、キョーガさんもバッチリ住めますよ!」

 テンションが高いまま、グッと親指を立ててくる。
 ―――心配したり泣きそうになったり、嬉しがってテンションが高くなったり。こいつは忙しいやつだ。
 心の中で苦笑し、楽し気なリリアナの後を、ゆっくりとキョーガが追いかける。

「……現実、なんだよなァ」

 後を追うキョーガが、どこか寂しさを含んだ声を漏らした。
 ふと、リリアナがキョーガを見ている事に気づく。
 首を傾げ、キョーガを待つリリアナ……再びキョーガが苦笑を浮かべる。

「どうかしましたか?」
「んやァ……なんもねェよォ」

 キョーガが異世界から来たと言った所で、別に状況が変わるわけではない。
 そもそも、あの世界にキョーガの居場所はない。
 キョーガと友だちになろうとする物好きもいない。
 なら―――この優しい少女のために、力を貸すのも悪くない。

「……はっ……がらにもねェなァ」
「キョーガさん?」
「……なんもねェ」

 そう言って、リリアナを見るキョーガの眼は―――今まで見たことないほど、優しさに満ちていた。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • けせらとてん

    いつ頃、次が出ますか?。早くよみたいです。

    1
コメントを書く