不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

1章1話

「……こんなもんかァ……よえェなてめェら」
「ぶっ……ぐ……!」
「腕が……腕、がぁぁぁ……!」
「こい、つ……まさか『鬼神』……?!」

 深夜、真っ暗な路地裏。
 そこに、1人の男が立っていた。

「おォ、俺の事知ってんのかァ……ならなんで喧嘩吹っ掛けてきてんだよォ。勝てねェってわかってんだろォ?」

 男の足下―――そこには、呻き声を上げる男が5人ほど転がっていた。
 腕が曲がっている者もいれば、口から血を吐く者もいる。さらにはぐったりして動かない者もいた。

「はァ……てめェらが仕掛けてきたのに、わけねェなァ」

 拳を血に濡らし、退屈そうなため息を吐く。

「………………俺、なんのために生きてんだかなァ……」

 寂しそうに呟く男―――と、突然辺りが輝き始める。

「チッ……おい、なんかしたかァ?」

 グルンと振り向き、ダルそうに男が問い掛ける。
 地面に倒れる男たちは、俺たちじゃないと手を振る。
 そうしている間にも、輝きは増して―――

―――――――――――――――――――――――――

「……あァ……?」

 ゴウゴウと吹き抜ける風。
 見知らぬ大地……そこに、男は立っていた。

「チッ……スマホは―――」
「……できちゃいました……」

 と、男の背後から綺麗な声が聞こえた。
 眼を細め、警戒心と共に振り向く。
 ―――そこには、橙髪の美少女が、男に手を差し出していた。
 怪訝に思いながらも、男は少女の手を握り、握手を交わした。

「んでェ……てめェはァ?……ここはどこだァ?」
「あ、えっと……急に呼び出してすみません!私、召喚士の『リリアナ・ベルガノート』と言います!……それで……えっと……あなたが伝説の『反逆霊鬼リベリオン』ですか?」
「……はァ?」

 当然、男は困惑する。
 さっきまで深夜の路地裏にいたはずなのに、次の瞬間には見知らぬ大地に立っており、さらにはコスプレ少女が奇怪な言葉を言ったのだから。

「いや……そりゃ人違いだろォ。俺ァ『百鬼なきり 凶牙きょうが』だァ。そのリベなんちゃらってのじゃねェよォ」
「……でも……私は確かに『反逆霊鬼リベリオン』を……」

 首を傾げ、ブツブツと何かを呟き始めるリリアナ。
 それを見た凶牙の考えは1つだ。
 ―――関わったらヤバイ。
 そう考えると、次の行動は早かった。
 すぐにリリアナに背中を向け、平和な草原を歩き出す。

「あ、ちょっと待ってください!」
「……………」
「待って!止まって!もう、『命令 止まれ』!」

 リリアナが命令口調になった―――瞬間。
 凶牙の体が、金縛りにあったように動かなくなった。

「なっ……あァ……?!」
「あ……す、すみません!すぐに解きますから!『命令解除』!」

 ふっと、凶牙の体から不可視の力が消え去る。
 ―――次の瞬間、目に見えない早さで距離を詰め、リリアナを片手で持ち上げていた。

「あ、ふっ……?!」
「おいコラてめェ、今俺に何しやがったァ?返答によっちゃァ……喉握り潰して殺すぞ」

 リリアナを片手で持ち上げたまま、威圧的に問い掛ける。

「あふっ、あふぅ……!」

 『ギブ!ギブ!』といわんばかりに、リリアナが凶牙の手を連続して叩く。
 舌打ちしながら手を放し、咳き込むリリアナを冷たい視線で見下ろした。

「俺の問いに答えろォ……今俺に何をしたァ?」
「はぁ……はぁ……え、えっと―――」

 リリアナいわく、こういう事らしい。
 ―――ここは『アナザー』という世界。
 この世界には『騎士』と『魔術士』と『召喚士』が存在しており、リリアナは『召喚士』らしいのだ。
 ……だが、リリアナは『無能』と呼ばれるほど『召喚士』の才能がなかった。
 下級の召喚獣も召喚できない無能……ヤケになったリリアナが、最上級の『反逆霊鬼リベリオン』の召喚をおこなったら―――

「あなたが現れたんです」
「…………………………はァ?」

 何1つ理解できない凶牙は、本日何度目になるかわからないため息を吐いた。
 先ほどの金縛りは、リリアナと召喚獣としての契約を結んだからとの事。
 もちろん、凶牙は契約なんて結んだ覚えはない。

「それはさっきの握手です!あれで契約が完了しました!」
「そんなので契約した事になんのかよォ……」

 これからどうするか、凶牙は静かに考える。
 ―――凶牙には両親はいない。
 さらには、この『最強体質』のせいで友人だっていなかった。
 それに……凶牙の『最強体質』は、使い方は誤れば人を殺しかねない。
 まるところ―――あの世界に、凶牙の居場所はないのだ。

「……わっけわかんねェけどォ……お前に付いて行くしかないだろォなァ……」
「えっと……それで、あなたの事は、なんと呼べば良いでしょうか?」
「キョーガでいい……」
「キョーガさんですね!あ、私の事は、リリアナと呼んでください!」

 そう言ってリリアナは、心底嬉しそうな笑みを見せた。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く