生産職を極めた勇者が帰還してイージーモードで楽しみます

ヨナ

会合



「暇だ」

5000万を稼いで1週間、俺はホテルのベッドで暇を持て余していた。ミシェはまだ熱心にパソコンに向き合っているが俺はやることがないのだ。

大金を稼いだからチンピラをボコって小遣い稼ぎをする必要はないし、趣味である物作りも最近までやっていたのでクールタイムだ。趣味でも長く続ければ飽きがくるのだ。

昨日、一昨日とやったのは俺の異空間に畑を作って日本の作物を植えることだ。多分うまい具合に育つだろう。あそこは本当の意味で俺の世界なので天気も管理されている。


トントントン

ちょうどそんな時、扉がノックされた。
「あいあい、どうした」
扉を開けるとホテルの従業員がいた。
「お客様に手紙を預かっております」
「手紙?ありがとよ」
俺達を知ってるやつなんていないはずだが、、、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リバース卿へ

本日15時、娘さんも連れて同ホテル最上階まで来られたし


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ほう」
「これは」
「俺がリバースだってこともミシェの存在もバレている。どこの誰だ?リバースは瀬戸愛佳にしか名乗ってないし、その関係者か」
「おそらく。どうしますか?」
「ちょうど暇だったんだ。行こう。後2時間くらいだろ」
「わかりました」
何処の誰かは知らないが俺の暇を潰してくれるのならありがたい。



「じゃあ行くぞ」
「はい」
このホテルの最上階はワンフロアが一部屋となっている。超VIP仕様である。エレベーターも専用のカードキーがなければ最上階に行かない。手紙に同封されていたのでそれを使って向かった。

チン

エレベーターが最上階に到達し、扉が開くとそこには黒いスーツを着てサングラスをかけた厳つい男が2人待っていた。おそらく護衛なんだろう。
扉が開いた瞬間、2人から驚いた気配がしたのは俺達の格好を見たからだろう。最上階を指定されたってことは相手が相応の人物だってことだが俺はTシャツにGパン、ミシェはワンピースというかなりラフな格好だ。お偉いさんに会うのは不適切と言えるだろうが気にしない。

護衛の2人は俺達の格好には何も言わず、ボディーチェックをすることもなく奥の部屋へと案内する。
案内された部屋の扉はかなり豪華で明らかに必要ないってくらい装飾されていた。

警護の2人が扉を開けると中央に膝くらいの高さのテーブルが1つと、それを囲むようにソファが4つあるだけの部屋だった。もちろんそのテーブルもソファも一目でわかる高級品だったが。部屋の周囲はズラリと警護の人が並んでいて50人近くいた。

中央のソファで待っていたのは4人の男女だった。若い男女と老人の男女が1組ずつ。若い男女の方は俺達を見て驚いた格好をしていたが老人2人は眉一つ動かさない。怒っているわけではないだろうが喜んでいるわけでもない。敢えて言うなら真剣な表情だった。


「ふむ。リバース卿、いや、逆巻雄吾殿、ミシェ殿。よく来られた。座ってくれ」
老人の男が俺たちに声をかける。紋付袴を身に纏い、杖をついているその姿はとても様になっていた。老人の女性は着物で若い2人はスーツとドレス姿だ。

「ん、お招き感謝しよう。
で、何処のどちら様だ?」
俺とミシェは遠慮なく老人に向かい合う形でソファに座る。向こうの世界で王族と何度も面会していたのでこのくらいで緊張する心は持ち合わせていない。

「儂の名は瀬戸源十郎。これは妻の妙子。
倅の直継とその妻の愛梨だ」
「そうか。俺は逆巻雄吾、リバースだの他の名で名乗ることもあるが本名は逆巻雄吾だ。こっちはミシェ、娘ということになっている」
「ミシェと言います。今はマスターの娘です」
ミシェも澄まし顔で答える。俺達が緊張した様子もなく答えているのに何人かの護衛が反応する。おそらくまだ新入りなんだろう。


「それで用件はなんだ?ああ、俺は最近暇でな。ただ雑談に付き合わせるために呼んだってのも大歓迎だぞ?」
「ふむ。色々あるだろうがまずはこれだろう」
そういうと爺さんは立ち上がる。それに合わせて3人も立ち上がり、4人揃って深く頭を下げる。
「ッ愛佳を助けてくれてっありがとうっ」
「ほう」
俺は感心する。向こうの世界の権力者はみんな偉そうだった。確かに立場的に簡単に頭を下げちゃいけないんだろうけど下げなきゃならんところでも頭を下げれない奴等ばかりだった。

「気にするな。あれは正当な取引だった」
「だが、、、いや、何も言うまい」
どうやら爺さんに決定権があるようで爺さんが殆ど話すようだ。
「ああ、色々話す前に聞きたいことがある」
「なんだ」
「どうして俺たちのことがわかった?尾行はまいたはずだが」
まずはそこを確認しなくちゃならん。

「ああ、そのことかね。確かに尾行は失敗した。だから別の方向から追ったのだよ」
「うん?」
「君はその翌日に銀行に全額預けただろう?5000万という大金を一度に預ける人間はそう多くない」
「成る程。思ったよりメディアの手は長いみたいだな。銀行にも顔が聞くとは」
「ふむ。まぁ長く生きていればそれなりに付き合いも増えるものだ」
「クハハッ!食えない爺さんだ」
俺と爺さんは顔を見合わせて笑い合う。

「それに、だ。その口座の所有者の戸籍に違和感があった。調べてみれば最近官僚が1人辞めている。そしてその娘が不治の病を患っていたが何故か・・・治ったというじゃないか。まるでどこかの歌姫の喉のようだな」
「ん〜、やっぱり分かる奴にはわかるのか」
「これでも業界では重鎮と呼ばれているのでな。だが儂の方で偽装を重ねておいた。そう簡単に見破れるものでもないだろう」
「そうか、それは助かる」
俺は素直に礼を言う。


「では次はこちらから質問させてもらおう。聞きたいことが山ほどある」
爺さんは姿勢を正し、俺の目を正面から見据える。威圧感を醸しながら口を開いた。



「お前は何者だ?」






「生産職を極めた勇者が帰還してイージーモードで楽しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く