生産職を極めた勇者が帰還してイージーモードで楽しみます

ヨナ

大金確保




「マスター、予定ではお金だけのはずでしたがどうして他にも要求されたのですか?」

瀬戸愛佳と契約をした後、帰りの車でミシェにそう聞かれた。
「いや、よく考えたら普通は治らない怪我を直すのに対価は金だけってのはおかしくないか?」
「そうかもしれません。でもどうして左眼なのですか?」
「それは違う。処女の・・・左眼だ」
俺は大事なところを訂正する。
「処女?どうしてわかるのですか?」
「アイドルだからだ」
「、、、、マスター。先日インターネットで見たのですが"アイドルが処女であること"は"アイドルが排泄をしない"と同じレベルのドーテーの妄想だそうですよ?」
「グハッ!」
ミシェの言葉が胸に刺さる。確かに可愛い子だったし処女だと決めつけるのは良くなかったかもしれない。

「ですが処女の左眼をどうするのですか?」
「ん?アイツを喚ぶんだよ」
「アイツ?、、、左眼、、、、まさかアレ・・を喚ぶのですか!?」
ミシェは思い当たるものがあったのか嫌な顔をして叫ぶ。
「くくく、相変わらずアイツのことが嫌いなのか」
「当たり前です!アレは以前マスターの左半身を吹き飛ばしたのですよ!?」
「ちゃんと治っただろ。それに俺はアイツの首から下を消し飛ばしたんだからお互い様だろ」
アイツとの戦闘を思い出しながら答えた。あの時は山が1つ無くなったんだよなぁ。


翌日、銀行に行って口座を作った。やり方はミシェに調べてもらったので手続きは任せた。銀行員に変な顔で見られたが。



5日後

もう一度[死霊の衣]を纏って深夜に忍び込む。
「マスター、警備が厳しくなっています。部屋の中にも複数の気配が」
「ん、眠らせるから問題ない」
以前と同じように病室前の警備は[酩酊薬]で眠らせる。更に部屋の中に睡眠薬を撒いて眠るのを待ってから入る。そして瀬戸愛佳だけを起こした。病室の中に[酩酊薬]を使わなかったのは効果が強すぎて瀬戸愛佳を起こせないからだ。


『起きたかね?』
「ッッ!」(リバース様!)
『ふむ、一応言っておくがこれらは眠っているだけだ』
「ッッッッ」(あっ、私は要らないって言ったんですけど)
『気にするな』
怖がらせないように眠っているだけであることを告げて本題に入ろうとした時、


「おい!どうした!応答しろ!」
「チッ!応答がない。病室へ向かえ!」
警護の1人の胸にあったトランシーバーから声が聞こえた。
(ミシェ、人が来る。姿を見られずに足止めを)
(承知しました)
部屋の外にいるミシェに念話を送る。念話というのは魔法ではなく、ミシェを創る時に俺が組み込んだ機能の1つだ。俺とだけだがどれだけ距離が離れていても会話することができる。


『余計な客が来るようだ。手早く契約を履行しよう』
(はい)
瀬戸愛佳はアタッシュケースを2つ出して両方開ける。片方には札束、片方には大きな宝石が入っていた。
(2つはこの通り、でも左眼はどうすればいいかわからなくて)
『そのまま目を閉じたまえ。痛くはない』
瀬戸愛佳は素直に従う。
『最終確認だ。お前はこれで左眼を失う。どんなことをしようと戻ることはない。いいんだな?』
(はい)

俺は装備していた[怪盗の手袋]を使って左眼を取る。痛みはないし盗られた感覚すらないだろう。用意していた瓶に入れて異空間にしまう。

[怪盗の手袋]
ハンターウルフ、ハンターエイプ、盗賊カメレオンの素材から出来ている。対象のみを取ることができる。対象は物質に限らない。


相手の五感を奪える便利なものとして昔は愛用したのだ。
『目を開けたまえ』
(、、、?ひ、左側が見えません)
『嗚呼、だがこれで条件を全て満たしたお前の願いを叶えよう』
俺はエリクサーを渡す。
『それを飲むのだ』
瀬戸愛佳は見たこともない金色の液体を恐る恐る飲む。エリクサーは基本的に無味無臭なので不思議な顔をしながら飲み干す。エリクサーに味をつけようとすると余計な成分が入ってエリクサーとして成立しないのだ。


「??あの、特に何も感じな、、、え?わ、私声が!」
『クックックッ!これで契約は終了とする!』
俺は早々に撤収する。ミシェもいつまでも足止めしておくのは大変だろう。

「あ、あの!また会えますか!」
『我は悪魔である。もう2度と会わないことを願え』
「そ、それでも!ありがとうございました!」
そのお礼を聞いた後、俺は姿を消す。
(終わった。魔導車で合流だ)
(はい、マスター)


「一応遠回りしてホテル戻ろう」
「はい」
無事に合流した俺達は魔導車で病院を出る。だがしばらくすると

「マスター、尾けられています」
「どれだ?」
「3台後ろの黒い車、それと並走する赤い車、その2台後ろの白い車です」
「おう、3台か。だがなんでバレたんだ?ミシェ、人に見られたか?」
「いえ、見られてないはずですが」
「だよなぁ」
ミシェの気配探知能力は俺を上回る。それを買い潜れる奴がいるとは思えない。

「あ、マスターもしかしたら発信機があるのでは?」
「あっ、盲点だった。一先ず金と宝石を出してアタッシュケースは捨てよう」
「マスター、《物質トレード》を使って他の車に移しましょう」
「ああ、そうだな」

《物質トレード》
空間魔法の1つ。視認する2つの物質の位置を入れ替えることができる。障害物があっても問題ない。

「《物質トレード》」
アタッシュケースをそれぞれ別の車の荷物と入れ替える。スイカとビールを手に入れた。もしかしたら帰って家で一杯やるつもりだったのかもしれない。申し訳ないことをした。

「マスター、それぞれ1台ずつ追いかけましたがまだ1台追いてきてます」
「うん、まだ発信機があるのか?それともこの車を覚えられたか?」
追って来る車を見ながら考える。魔導車は今も自動運転中なのでよそ見しても問題ない。だがそこで閃くものがあった。まさかと思って宝石に《鑑定》を使ってみる。

[ブラックダイヤモンド(発信機入り)]

「おう、マジかよ。日本の技術って凄いんだな。ダイヤモンドの中に発信機が入ってやがる」
なんで透明なダイヤモンドじゃなくて黒いやつなのかと思ったら発信機を隠すためか。だが

「《錬金:分離》」
錬金術にはそれぞれの物質ごとに分ける力もある。それで発信機と分離した。
「マスター、念のため路地に入って車の色を変えるべきでは?」
「そうだな。発信機を捨てるのと一緒にやろう」
魔導車は俺の作品なので塗装を一瞬で変えるくらいわけない。発信機を適当な車に投げ入れて色を夜の暗闇に紛れるような色に変える。


「どうだ?」
「はい。尾行は躱したようです」
「それは良かった。じゃあホテルに戻るか」
「はい」
その後、ホテルに戻って《物質トレード》で手に入れたビールで祝杯をあげた。因みに俺もミシェも酒に酔ったりはしない。







「生産職を極めた勇者が帰還してイージーモードで楽しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー397639

    この作品は感情が美味しい

    1
コメントを書く