生産職を極めた勇者が帰還してイージーモードで楽しみます

ヨナ

取り引き



ターゲットを決めて、エリクサーを創ってから5日経った。まだ柴崎亮一郎とは接触できていない。これは完全に俺とミシェの見込みが甘かったのだ。簡単に情報が手に入ってターゲットを決めることができたからなんでもできる気になっていた。
だがそうではなかった。柴崎亮一郎の居場所がわからなかったのだ。向こうの世界では王城に行けば文官なり国王なりに会えたけどそれは勇者だったからだし、向こうの世界だったからだ。日本の警備は意外と硬いうえに、そもそもどこにいるかわからない。

官僚だからと国会に行ってみたものの結構人の出入りが多くて見つけられなかったし、どこに住んでいるかをミシェが調べてもわからなかった。

最終的には柴崎亮一郎のやっているツ◯ッターの写真の背景からその写真の場所を特定していって、範囲を絞った上で《ワールドマップ》と《探知魔法》をフル稼働してやっとの事で柴崎を見つけることができた。尾行して職場、家、娘がいる病院を突き止めた。
これからが本番である。


俺は深夜、向こうの世界の魔導師ファッション(足元まであるローブ)で病室へ向かった。ここ数日、柴崎夫婦は娘の病室で寝泊まりしている。娘はここ一月意識を取り戻していないんだそうだ。

ミシェに人払いの結界を張ってもらって病室を孤立させる。俺もちょっと仕掛けをして扉に手をかける。

「ヤァヤァ、こんばんわ。今夜はいい夜ですね」

俺は芝居掛かった喋り方で病室に入った。喋り方とかはその場のノリだ。俺は結構こういうのが好きなのだ。

「な、なんだお前!」
「えっ、え?」
急に入ってきた俺に驚く柴崎と寝ていたのか困惑している奥方。

「どうも柴崎さん。はじめまして。今夜はいいお話を持ってきたのです」
「な、何を言っている」
状況が未だわからないがかなり警戒している。が動くことはない。俺がした仕掛けで体を動かせないのだ。擬似的な金縛りである。
「な、何が起きている。どうして身体が動かない!?お前は誰なんだ!?」
「オヤオヤそう興奮しなさんな」
俺はつかつかとベットに歩み寄る。

「柴崎美香ちゃん。12歳。なかなか可愛いじゃぁないか」
「む、娘に近づくな!!」
柴崎は真面目で実直、仕事もきっちりことなすが家族を何よりも大切にしている。
「だぁがぁ?現代医療では治せなぁい病で残り少ない命だぁ」
「っ!!」
柴崎は顔をしかめる。やっと頭がすっきりとしてきたのか奥さんの方も私の言葉に涙を流す。これはいい家族だなぁ。

「もぉ一月も目が覚めていないそうですねぇ?」
「な、なんなんだお前は!!」
声が震えている。いきなり現れた得体の知れないやつに辛い現実を突きつけられて怒っているのか泣いているのか。

「でもぉ?それが治るって言ったらどぉしますぅ?」
「なんだと!?」
柴崎は俺を睨みつけて、奥さんはポカンとしている。
「実際に見せてあげよぉ〜」
そう言って懐からエリクサーを取り出して娘さんに近づける。
「なんだそれは!?止めろ!美香に触れるな!」
「やめてぇ!!」
エリクサーを一滴、娘さんの口に垂らす。すると

「、、、、パパ?ママ?」

一月も目が覚めなかった娘さんが目を開けてヨロヨロと柴崎夫妻に顔を向けて声を出す。
「み、美香!」
「美香!」
柴崎夫婦は声を上げる。驚愕に歓喜が含まれていた。だが目を開けたのは一瞬、娘さんはまた目を閉じてそれまでと同じように眠りにつく。

「美香?美香!起きてくれ!お父さんだよ!聞こえないのか!?」
「美香!?ママよ!」
柴崎夫婦は金縛りで動けないままに懸命に声をかけるがもう一度目を覚ます様子はない。

「こぉれでわかったかなぁ?今のは一滴だったから一瞬だったけどぉ?この試験管1つ分飲めばぁ病気は治るよぉ〜」
俺の言葉に目を見開き、固まるがすぐに叫ぶ。
「ほ、本当か!」
「もちろんだともぉ」
「そ、その薬をくれ!頼む!美香を!美香を!」
「お願い!それを頂戴!お願いします!」
これは随分と愛されてるねぇ。美香ちゃんは幸せだなぁ。

「薬をあげてもいいんだけどぉ、薄々気がついてるんじゃないかなぁ。なんでこういうやり方をしているのかぁ」
「、、、、、私に何かしてほしいことがあるのか」
「そのとぉりぃ〜。そしてぇちょっと違法かも知れないんだよねぇ」
俺の言葉に顔をしかめる数秒思い悩む仕草をするが、決意した顔で俺を見る。

「聞こう。娘のためなら犯罪者にでもなってやるさ。人殺しでもしてやろう」
「あ、貴方!」
「いいねぇ。いい覚悟だぁ。だが安心してイイヨォ。そういうことじゃなぁい。官僚としての貴方にぃしてほしいことがあるのさぁ」
「なんだ。何をすればいい!」

「まず1つ、私と私の仲間の2人分戸籍を作ってほしいんだぁ」
「こ、戸籍だと?それはそう簡単なものでは!」
「娘さんのためだよぉ〜」
「っ!わ、わかった」
柴崎は罪悪感のある顔だがちゃんとやるだろう。なによりも家族が大切って顔をしている。

「2つ目ぇ、私のこともぉ、この薬のこともぉ秘密だよぉ〜。何故か病気が治ったってことにぃするんだよぉ」
「あ、ああ」
「要求はこの2つだけだよぉ」
「そ、それだけでいいのか?」
「強欲は良くないよぉ。あ、でも他の人にバレないヨォにしてねぇ?私達の戸籍を作ったらぁ、予定通りぃ官僚を辞めるんだよぉ?」
「わかった」
「罪悪感に負けて後から出頭するなんてことがないヨォに監視してるからねぇ?君もぉ、奥さんもぉ、娘さんもぉ」
「あ、ああ」
柴崎は険しい顔のまま言葉少なに頷く。


「はいこれぇ、作ってほしい戸籍の情報ぉ。2人は親子ってことにしてねぇ?」
「わかった」
「薬はぁ戸籍が出来たのを確認してからだよぉ。私の見立てではぁ娘さん結構危ないからぁ、急いでねぇ」
「ぐっ!わかってる!出来上がったらどうすればいい!」
「病室の窓からぁ赤いタオルをぶら下げておいてヨォ。そしたらここにもう一度くるカラァ」
「わかった」

「それじゃぁねぇ〜」
俺はそのまま部屋を出る。金縛りはもう少しとかないでおこう。

「マスター。首尾は?」
「上々だと思うよ。娘さんにも状態固定の魔法をかけたから間に合わずに死んじゃうってこともないしね」
「マスターはお優しいですね」
「いやぁそれほどでも〜。じゃあ出来上がるまでは自由行動だね。俺は久しぶりに異空間の魔導工房に篭って物作りをしようかな」
「私はマスターが言っていたハッキングというのを頑張ってみようと思います」


「そうか。じゃあ頼んだ。
あ、ついでにまた調べ物を頼む。今度は金持ちで病気のやつだ。戸籍が出来たらそいつと取引して大金を確保する」
「わかりました」


こうしてそれぞれ俺達は戸籍ができるのを待つことにした。







「生産職を極めた勇者が帰還してイージーモードで楽しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • べりあすた

    余裕がおもしれぇ!!!

    2
  • 野良民

    小文字読むのチョーうぜぇぇぇぇぇ

    2
  • ノベルバユーザー232154

    通しますぅ?

    どうしますぅ?
    です

    2
コメントを書く