100回目の勇者人生〜俺の頭の中ではこんなにも《ゆるい転生物語》が繰り広げられている。

しみずん

1話 100回目の転生の儀式(後編)

勇猛いさみたける前へ!」

 神の使いの言葉に俺は一歩一歩、慎重に歩を進め神の前に立つ。

「来たね! 今度こそは……」

「もちろんだ、もう勇者なんて懲り懲りだ。勇者じゃなけりゃこの際村人でもいい。なんならモンスターでも、魚でも。勇者以外なら何でもいい」

「期待しているよ」

 他の者達と言えば皆、俺の気も知らず様々な転生後の姿に意気揚々としていた。お気楽なもんだ。

「あいつ、どうせまた《勇者》だぜ?」

「まぁ……予想するまでもなくだしな」

「もう決定事項だろ?」

 好き勝手言われてるな、けど見とけよ!

「ふふふ、じゃあ始めるよ?」

 少年のような容姿をした神が、にっこりと微笑んで俺に問いかける。

 俺は真っ直ぐに神を見据えてコクリと頷く。

―――――ガチャ――――

 神が丸いカプセルの入った箱を神が操作し出てきた青色のカプセルから白い紙を取り出し転生先を確認する。

「ぷっ……くくく……」

 何故か笑い出した神を見て俺は確信した。そして絶望した。

「勇猛! 次の転生先も――勇者!」

 記念すべき俺の100回目の転生先はやはり勇者だった。

 運命には逆らえないのだろうか……。

「100回目の勇者人生〜俺の頭の中ではこんなにも《ゆるい転生物語》が繰り広げられている。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く