話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

破滅の未来を知ってしまった悪役令嬢は必死に回避しようと奮闘するが、なんか破滅が先制攻撃してくる……

日向 葵

第十二話~盗まれていた暗殺道具~

 半蔵は、先ほどのアンのように首をイヤイヤと振って抗議してきた。

「主殿が使った後のトイレならまだしも、好きでもない奴が何かしたトイレなんて漁りたくないでござるっ」

 それもどうなのだろうか。私が使った後って、どう考えても変態的な行動だよね、キミ。
 そんな変態が私に仕えているんだと思うと、なんだかぞっとする。
 今のは心の奥底にしまってきかなかったことにしよう。
 嫌がる従者には、ご褒美をあげるといいって誰かに聞いたことがある。飴と鞭をうまく使い分けることが出来る人間が上に立つ素質を持つのだ。
 という訳で、ご褒美をちらつかせてみよう。

「ああ、もしアンが捨てた証拠になりそうなものを回収してきてくれたら、ご褒美をあげようと思ったのにな~」

「ほ、本当でござるかっ! ほっぺにちゅ~してくれるでござるか。了解でござる。見事回収してくるでござるよっ! という訳で、行ってくるでござりゅ~」

「ちょ、ちゅ~するなんて一言もーー行くな、人の話を聞いてぇーーーー」

 半蔵は私の声なんて聞こえてませんといわんばかりに走り去っていった。
 どうして私の周りの人間は人の話を聞いてくれないのだろう。
 まあいいや。ちゅ~を我慢すれば、もしかしたら助かる可能性も見えてくるかもしれない。
 あの駄メイド、絶対に犯人にして追放してやる。
 ひそかに決意を固めた私は調査を再開した。といっても、使用人室で探すものなどさすがにないだろう。
 私はそのまま部屋を出ようとする、そこであるものが目に映った。

「あれ、なんでこんなところに裁縫道具が置いてあるんだろう」

 見つけたのは散らかった裁縫セットだった。針が針山に刺さっておらず、糸もほどけてぐちゃぐちゃだ。一体誰のだろうと触ったら、ぬめりが酷かった。

 これ、絶対にアンのだろう。そう思ったのだが、よく見ると『ケセラ』と名前が書かれている。

 エロメイドは身なりだけしっかりしていると思っていたのだが、こんなぬめりの酷いものを持っていたなんて。
 いや、服が弾け飛んだ際にあの黒い物体かアンの机にでも触れてしまったのだろう。
 とりあえずこれは回収しておこう。

 使用人室は一通り調べた、次の場所に行こう。そう思って私はそのまま部屋を後にした。



   ◇◆◇◆◇◆◇◆



 外から見えた情報が欲しい。そう思って中庭に向かった。庭師のポルチオは夜遅くでも平気で仕事している仕事中毒者だ。いや、ただ単に庭いじりが好きなだけかもしれない。
 そんな彼なら、ディランよりもっといい情報を持っていることだろう。
 なので中庭に向かおうとしていたのだが、意外な人が突然現れる。

「あらあらうふふ、どこに行こうとしているのかしら?」

 突然後ろからそんな言葉が聞こえてきた。使用人室を出た時に確認したが、後ろには誰もいなかったはずだ。
 でもこの声はお母様の……。本物?
 恐る恐る後ろに振り返ると、お母様がいた。のほほーんとした雰囲気が本物のお母様だと感じさせてくれる。ちょっとだけ落ち着く。

「お母様、一体どこから現れたのですか」

「そんなの決まっているじゃない」

 お母様は窓を指さして笑顔をこちらに向けてきた。

 いやいやいや、公爵夫人が窓から侵入っておかしいでしょう。きっと何かの冗談だろう。

「あははっ、お母様ったら冗談がお上手……え?」

 笑って誤魔化そうとしたらお母様の姿が消えていた。
 どこだとあたりを見渡すと、私の後ろにお母様がいた。お母様、あなたは何者ですか。

「ね、わかったでしょう?」

「えっと、お母様が何者かわからなくなりました……」

「あらあらうふふ」

 笑って誤魔化そうとするお母様を見て私はあきらめた。お母様の正体はいつか知ることが出来ればいいや。今聞くのは、ちょっと怖い。

「それでお母様はどうしてこちらに?」

「ちょっと聞いて、ヘンリー。大変なのよ~」

 のほほんとした雰囲気が大変さを一切感じさせない。本当に慌てているのかと疑わしくなるが、まあ聞いておいて損はない。何か情報がつかめるかもしれないしね。

「それがね、象も一瞬で始末できる超強力睡眠薬がなくなっちゃって。どこかに落としたのか盗まれたのか……どうしましょう」

「いやその前に、なんでお母様がそんなものを持っているのですかっ!」

 普通暗殺者とかが持っているものだよね。公爵夫人が持っていいものじゃない。絶対に何かが違う。でも、お母様から返ってきた言葉は予想のはるか上をいっていた。

「何を言っているの。これぐらいは公爵夫人としての嗜みですよ」

「…………意味が分からない」

 像を一瞬で始末できる嗜みって何? 嗜みって趣味とかそんなものだよね。多分そんな意味だった気がする。
 んで、その超強力睡眠薬をどう嗜むの。

「ん~、最近物騒だから、敵を始末するために…………あらあら、これはヘンリーに話すのは早いわね。ごめんね、今のは忘れて頂戴」

 …………聞きたくなかった。
 お母様が危ない何かにかかわっているってことがよく理解できてしまったからだ。
 きっと明日には忘れられるはず。それまで考えないようにしよう。
 ただ、超強力睡眠薬がどうなったかは気になる。下手をすれば大変な事件が起こる予感。もうすでに私が破滅するかもしれないって事件が起こっているけど、それよりも悲惨な何かが起こると思う。
 例えば、私が誤って飲んで死亡とか、そんなところか。
 さすがに、いきなり破滅とかないよね。何かしらのイベントを通してから破滅なんだよね。いや、破滅したくないけど、死体役は嫌だよ。

「見つけたら確保しておきます。ところでお母様。昨日の夜は何をしていました?」

「あらあら、探偵の真似事でもしているの。事情聴取なんて初めてだからワクワクするわ」

「こんなのでワクワクするとか、お母様がかわいすぎる」

「あら~、かわいいね~。それはそれでうれしいわ。えっと、昨日の夜のことよね。えっと、どのぐらいの時間かしら。夜といってもかなり長いわよ」

 それもそうだ。私が起きている時間は除くとして、寝た後ぐらいかな。何時だっけ、覚えていない。

「私が寝たぐらいの時間でお願いします」

「確かヘンリーが寝た時間は夜中の9時13分27秒56だったわよね。その時間は別館の焼却炉にいたわ」

 え、なんでそんな事細かく時間を言えるの。おかげで後に何言ったのかよく分からなかった。

「お、お母様? もう一度いいですか。あの、時間はいいのでどこでなにしていたのか教えてください」

「あら~、ヘンリーには難しかったかしら。別館の焼却炉で……を燃やしていたのよ」

「えっと、何を燃やしていたのですか」

「だから……よ」

 なんか聞いちゃいけない気がしてきた。
 お母様、あなたは本当に何者なの。もしかして、半蔵が言っていた首狩りシルフィーって……。いやいや、そんなわけないよね。絶対にないよね? ないんだよねっ!

「お、お母様?」

「あらあら、そんな引きつった笑みをして、かわいい顔が台無しよ?」

 誰のせいだ、誰の。
 お母様が危ない人に見えてきたから笑みが引きつっちゃうのに、何言っちゃってんのっ! とは口に出して言えない。あとが怖いからね。

「そ、そんなのはどうでもいいんです。それより、何か怪しい人影とか見ませんでしたか?」

「それならたくさん見たわよ」

「え、なんで?」

「なんでって言われても、この屋敷によく来るわよ。暗殺者とか殺し屋とか、反逆者とか、その他もろも、まるでゴキブリのように湧いて出てくるから叩くのが大変だわ」

「お、お母様が始末しているのですか?」

 そう言ったら、一瞬だけお母様の表情が無表情になった。だけどすぐにいつもののほほんとした笑顔に戻る。そして「あらあらうふふ」と笑ったが、目は笑っていなかった。お母様が怖い。

「し、失礼しましたっ!」

 あまりの恐怖に脱兎のごとく逃げ出した。あまりかかわりたくないけど、お母様だし、今日聞いたことは忘れよう。絶対に、絶対に忘れないと……ストレスで破滅するかもしれない。それだけは嫌だなー。
 そう思いながら、私はポルチオのいる中庭を目指した。

「破滅の未来を知ってしまった悪役令嬢は必死に回避しようと奮闘するが、なんか破滅が先制攻撃してくる……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く