話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第124話 ヒヤヒヤしました

「おはようサトシ。」

「おはようございますサトシ様。」

 翌朝、朝食を食べてるところに、エーリカとフラウの2人が、宿に入ってきた。

「おはよう。」

「ところで、そっちで突っ伏してるのはルドルフ?一体どうしたのよ?」

 挨拶を返しながら、健康的に朝食を頬張る聡の正面で、死んだように倒れているルドルフを見て聞く。

「あぁ、ルドルフさんなら、昨晩から・・・・ずっとこの状態だよ。弱いのに、大量に飲むからこうなったんだ。」

「さ、昨夜から?まさかサトシ、ずっと飲み続けてたの?」

「まぁね。ちょっとその、飲みたい気分だったんだ。」

 アデリナには、酒やつまみを大量に置いてもらっていたので、夜中に迷惑をかけること無く、好き勝手に飲み食い出来たのだが、それでも若干やり過ぎた感も否めないので、苦笑する。

「飲みたい気分ですか?何か嫌な事でもあったんですか?」

 心配そうに聞いてくるフラウ。

「いや、そういう事じゃなくて、寧ろ逆かな?」

「逆?どういう事?」

 首を傾げるエーリカに、少し照れた様子で答える。

「ほら。昨日は色々とあったろ?それで、夢心地というか何と言うか、まぁそんな感じで、自分の中でのお祝いも兼ねて、こうして飲んだんだ。」

 そういう事である。ブルーになって暴飲暴食した訳では無い。

「そ、そうなんだ。お祝いとする程、良い気分になってもらえるだなんて、何だか照れるわね。」

「そ、そうですね。」

 2人も照れた様子だ。

「う、うぅ…。ぶっ倒れてる人の頭の上で、いちゃつかないでくれ。」

 と、ここで、酔い潰れていたルドルフが、呻きながら起き上がった。

「お、漸く起きましたか。大丈夫ですか?」

 水をコップに注ぎ、手渡しながら声をかける。

「ほ、ホントにお前は人間か?あれだけ飲んだのに、ケロッとしてやがる。」

「あ、自分は、ルドルフさんが潰れてからも、ずっと飲み続けてたので、想像の数倍は飲んでますよ?」

「お前は酒の神か何かか!?」

 こうして朝から騒がしい1日が始まったのだった。


「ギルド職員を、辞めさせていただきます。」

「ま、マジ?」

「はい、マジです。」

 重大な話があるとして、聡とフラウを引き連れて、ルドガーのもとを訪ねたエーリカは、いきなりストレートに伝える。

「えっと、理由は何だ?」

「サトシに着いてくからです。元々、そろそろ職を辞して、何か別の事を始めたいと思ってたので、丁度良かったです。」

「…あ〜、その、何だ?サトシとエーリカは、恋仲になったって事か?」

「その認識で間違いありません。ね、サトシ?」

 どんな気分なのか、何故か目が泳いでるルドガーの問いに、エーリカが笑顔で答える。しかも、話を聡に振ってくるという、悪意は無いのだろうが、中々に酷い事をしてくる。

 若い頃に告白して来たという話だが、実は今でも好きなんじゃないだろうか。そう考えた聡は、簡潔に答える。

「えぇ、はい、間違いありません。」

「それと、同じくフラウさんも、サトシと恋仲になりました。」

「お、おぉぅ…そ、そうか。おめでとう…あ、今日は帰っても良いか?はは。はははは。ははははははは…。」

 衝撃的な報告を受けたルドガーは、風が吹けば飛びそうなほど、フラフラとし始めた。

「大丈夫ですか!?取り敢えず、この紅茶を飲んで下さい!」

 大慌てで魔法でお湯を用意し、一瞬で温かい紅茶を淹れる。

「た、助かる。…はぁ〜。」

 席から腰を浮かして、この場から逃げ出そうとしたルドガーを座らせて、一旦落ち着かせる。ここで仕事放棄されては、ギルドが大変な事になってしまう。

「あ〜、すまん。少し取り乱したようだ。」

ー少しでは無いような…。ー

 心の中でツッコミを入れるが、そんな事を口に出して言えば、殴られそうな予感がするので、止めておく。

「いえ、自分は問題ありません。それよりも、大丈夫ですか?」

「あぁ、何とかな。にしても、まさかあのエーリカに、本当に男ができるとはな。…ついに、克服・・したという訳か。」

「そういう訳ではありません。私は、サトシでなれけば駄目なんです。」

 聡には分からないやり取りをする2人。長い付き合いなのだから、色々とあるのだろう。

「そうか。サトシ。俺が言うのもあれだが、エーリカの事、よろしく頼む。」

「はい、全霊をもって、必ず幸せにしてみせます。」

 せめて本気度が伝わるように、態々恥ずかしいセリフを、真剣な顔して言う。言ってから少し後悔しかける。

「も、もうサトシったら!急に恥ずかしい事言わないで!」

 だが、エーリカが顔を赤くして、少し嬉しそうなのを見て、後悔は薄れる。

「あ〜、イチャつくのも結構だが、俺からも話があるんだ。いいか?」

「は、はい、すみません。」

 引き攣った笑顔のルドガーに言われ、聡は即座に真面目な顔を作る。

「まずは、先日の『鏖殺』の討伐、ご苦労だった。約束通り、報酬のフラウさんのギルドカードだ。人族で登録してあるが、まぁ下手な事しなければ、3、40年くらいはもつだろう。」

「ありがとうございます。」

 ギルドカードを受け取り、フラウに渡しながら言う。これで簡単に街等に出入り出来るようになるので、大分助かる。

「いや、サトシには大分世話になったんだ。これぐらい当然だ。というか、まだまだ報酬はあるぞ?」

 ドンと音を立てながら、机の上に皮袋を置くルドガー。ジャラジャラと音もするので、大体何が入ってるのか分かった聡は、顔を引き攣らせるのであった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く