話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第125話 誰それ!?

 話し合った通り、エーリカとフラウの2人とは、恋人 (?)みたいな関係となった訳だが、聡は何故か困惑した声を上げる。

「え、マジで良いの?」

「えぇ、勿論よ。」

 対して、困惑の原因となってるエーリカは、何とも思ってなさそうである。

「何十年も務めてたんだから、そろそろ辞めても・・・・、誰からも文句は出ないわよ。」

「いやいや。俺が旅するつもりだとはいえ、無理に辞める必要はないんだぞ?それだと、ただのクソ野郎に成り下がっちゃうよ。」

 真面目な顔して言う。脳裏に浮かぶは、現代日本の闇である、女性の労働力率のM字カーブである。

 M字カーブとは、女性の年齢別の労働力率をグラフに表した際、20代中盤から30代中盤にかけて、結婚や子育てで仕事を辞めるので、ガクッと下がり、その後は短時間労働者として働き出したり、復帰したりする為、曲線が上がっていくというものである。

 それは兎も角として、自身の都合を押し付けて、エーリカを無職にするつもりは無かった。

「確かにサトシに合わせてはいるけど、要はタイミングの問題なの。」

「元々辞めるつもりだったって事?」

「うん。流石に人族の一生分は、もう働いてるから、口実さえあれば辞めたいと思ってたの。」

 エーリカはどこか遠い目をしている。働いてきた50年近くを、思い起こしているのだろう。その経験は、聡には無いもので、少し羨ましいと感じた。

「なるほどね。そういう事であれば、俺は口出しは出来ないね。フラウも、俺の為に何か我慢とか、絶対にしないでくれよ?」

 フラウの方をチラリと見ながら言うと、『ふむ…。』と何かを考え込む所であった。

「え?何を考えてらっしゃるんすか?」

「お願いすれば、キスとかも何時でもして頂けるのかと。」

「…はは。さ、さて、辞めるのであれば、俺は旅の準備をして来ないとな。」

 フラウの言葉をスルーして、ソファから立ち上がる。

「サトシ様?無視ですか?」

「と、時と場合によるから!あんまりキスとかしてても、色々とアレだし!」

 顔を赤くして敗走する。やはりこの手の話題は苦手であり、もはや弱点とも言える弱さである。

「それじゃ、俺はこの辺でお暇させてもらうから!じゃ、エーリカはまた明日!フラウは宿でまた!」

 フラウのペースに乗せられる前にと、素早くエーリカの家から退散するのだった。


 道を歩きながら、聡は苦笑いをする。

ーあ〜あ、大分振り回されてんなぁ。やってけんのか、俺?もし増えたら…いや、幾ら何でも無いだろ。寒気がするし、適当に世話になった人に、顔を出しとくか。ー

 一瞬、不穏な事を考えかけたが、無理矢理封じて現実を見る。

「旅と言えば、やっぱり馬車とかか?…あるにはあるが、盗賊とかに狙われそうなんだよなぁ。趣味悪いし。」

 アイテムボックスには、それはもうとびっきり豪勢に装飾された、超高級馬車があるが、そんな物に乗る趣味も実益も無く、さっさと売っぱらうか、ゴミとして燃やすつもりであった。

ー…馬車って、何処で売ってるもんなんだ?普通にどっかの大きめな商会を訪ねるか。ー

 少し立ち止まって考えてから、以前ルドルフから、『あそこなら何でも揃うぜ!』とか言われた商会へと向かう事にする。

 数分後、聡は『左衛門商会』と日本語・・・で看板に書かれた建物の、目の前にまで来ていた。

 何でも、結構前の勇者が設立に携わったらしいが、頭に『土』を付けるだけで、不幸な名前になってしまう商会名に、何とも言えない気持ちになる。

「あ、すみません。馬車を買いたいのですが、今、お時間は大丈夫ですか?」

「…馬車、ですか?もしかして貴方、噂のサトシさんでしょうか?」

 中に入って、受付っぽい所に座ってた女性に声をかけると、予想外の言葉が返ってきた。

「噂がどういうものかは存じ上げませんが、確かに私は聡と申します。」

「まぁ!やっぱり!黒髪黒目の若い青年でしたので、もしやと思ったんです!お会い出来て光栄です!」

「え?あ、あの、一体どんな噂を聞かれたのですか?」

 興奮気味にグイグイくる女性に引きながら、聡は噂とやらが気になってしまう。

「えっと、噂では、とても強く、魔法も使えるし、素手でも強いし、国が何年かけても捕まえられなかったお尋ね者を、たった数時間で捕まえて来た上に、直ぐにBランクに昇格する程の武闘派だけど、粗暴な他の冒険者と違って、物腰が柔らかく、下働きであるメイドや、ギルドの受付嬢にも優しく接して下さる、完璧超人であると。」

「…誰ですか、それ?」

 聞いてて、段々と胸焼けを感じる程の褒め言葉の羅列に、聡は顔を引き攣らせる。

 前半部分は事実だ。しかし、後半の優しい云々については、ただ普通に接しただけであり、褒められる謂れは無かった。

 だが、それは本人が思ってるだけで、メイドに態々頭を下げたり、受付嬢に丁寧に接する冒険者など、ほぼ皆無である。
 冒険者に対する期待値が元々、めちゃくちゃ低かった事も相まって、聡は持ち上げられまくる事となったのだ。

「今だって、こうして無駄にお時間を頂戴しているというのに、怒るどころか、苦笑い一つで済ませているじゃないですか。その辺の冒険者だったら、『無駄に時間かけてんじゃねぇよ!』とか、『お、姉ちゃん可愛いねぇ!今晩付き合えよ!』とか言ってくるんですよ!断ったら、『巫山戯んじゃねぇぞ!』とか言って、キレてきますし!」

「それはただの犯罪者では?というか、大分お疲れのようですね。宜しければ、美味しい茶葉あるんで、飲まれますか?」

「え?宜しいんですか!?ありがとうございます!あ〜!やっぱりサトシ様は、他の方とは違います!」

「…ははは。」

 接客業の苦労は、それなりに知ってる為、聡は純粋に気遣って提案したのだが、またしても評価を上げる事となってしまい、もう苦笑いを浮かべる事しか出来なかった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く