話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第122話 修羅場?

「…さて、行くとしようか。」

「はい。サトシ様。」

 エーリカとの約束の日。
 具体的な待ち合わせ時間や、場所の設定を忘れてた事に気が付いた聡は、ルドルフからエーリカの住んでる場所を聞いて、昼前に向かう事にした。

 隣には、フラウが付き従ってるのだが、彼女はどうしても様付けを止める気は無いらしい。そういう関係・・・・・・になるのなら、呼び捨てとかにして欲しかったが。

「…何か、少し距離感近くない?」

「そうですか?これぐらいは、普通だと思いますが。」

 戸惑う聡の横に、ピッタリと並んでくっ付くフラウ。何だか、遠慮が無くなったというか、そんな感じで、良い事なろうだろうが、腕を組んでしまえば、もう恋人同士にしか見えない距離感に、少し緊張してしまう。

「これが、普通なのかぁ…。」

ーんな訳あるか!これって、手を繋げとか、そういう事だよな?でもまだ俺、マトモな返事を、1つも返してないんだけど?ー

 ここまで思い悩んでる様子を見せれば、聡がどんな思いを、自身に向けてるのか、フラウがさとりでなくても、普通に分かるだろう。

「…えいっ。」

 何とも可愛い掛け声と共に、フラウから手を握ってくる。

ーこ、これってまさか、外堀を埋められてるって言うのか!?ー

 柔らかく、小さな手の温もりを感じながら、聡は愕然とする。そのままズルズルと、なし崩し的に関係を、後戻り出来ない所まで持ってがれそうな予感がした。

 にも関わらず、手を振り解けない事から、どの程度攻略されてるのか、もうお察しである。

「ふふっ。」

ー…可愛い。ー

「…可愛い。」

「え!?」

 手を繋いで、嬉しそうにはにかむフラウを見て、思わず思ってた事がこぼれてしまう。

「…あ、あれ?若しかして、声に出してた?」

「はい。出てました。」

 口を手で押さえる。

ーあまりにボケ過ぎてるだろ!まさか、ここまで重症とは!ー

 自身の色ボケぶりに、相当なショックを受けた聡は、呆然としてしまう。
 仲の良い女性2人に、キスされたり、好きだと言われたりして、浮かれてるのだろう。

「そ、そう言って頂けて、とっても嬉しいです。」

 頬を少し赤く染め、うつむき加減で言われて、聡の心臓は跳ねる。

「…さっさと行こうか。」

 これ以上は、もう色々と耐え切れない気がした聡は、努めて冷静を装いながら、フラウの手を引く。

「え?あれ?何か失礼な事言いましたか?」

 急に聡の態度が素っ気なくなり、何か失言でもしたのかと、不安そうにしている。

「そうじゃない。フラウが可愛すぎるのが駄目なんだよ。」

「え?え?え?」

 いきなりぶっちゃけた聡に、フラウは顔を真っ赤にし、手を引かれるがままになるのだった。


「ここか。」

 ルドルフから教えてもらった、エーリカの家は、聡の想像する、中世ヨーロッパの家よりも、2倍は広い、2階建ての屋敷だった。

「独身貴族とは、良く言ったものだ…。」

「その言葉は知りませんが、意味は理解しました。言いたい事は分かりますが、エーリカさんに怒られるのでは無いですか?」

 貴族の邸宅がどういったものかは分からないが、頭に浮かんだ言葉をそのまま呟いてしまい、フラウに注意されてしまう。

「そうだな。さて、入るとするか。」

 女性の一人暮らしの家に、訪ねるのは初めてではあるが、緊張してては、これからの話も上手く出来ないだろう。
 せっかく待ってもらったのだから、しっかりしなければならない。

 そう気合いを入れて、敷地に足を踏み入れる。

 そして、ドアの前まで来た聡は、意を決してノッカーで叩いてから呼びかける。

「…エーリカ?居る?」

『は〜い。どなたですか?』

「俺だ。聡だ。」

 緊張して、喉がカラカラになってきた聡は、短く単語で切って名乗る。危うく、オレオレ詐欺みたいな、危ない人になりかけてしまった。

「え?サトシ?」

 聡と名乗った途端、エーリカが勢い良くドアを開け、外に顔を出す。

「一昨日ぶり。ちょっと例の話をしに来たんだけど、待ち合わせ場所とか決めてなかったから、ルドルフさんに聞いて来たんだ。」

「あ、そういう事ね。私が宿に行ったのに。」

「待たせてる身で、そんな事は出来ないよ。」

 聡は首を振って言う。これが情けない事を言った事への、最低限のマナーである。

「じゃあ話は、中でする?」

「そうだね。出来れば人目につかない所が良いから。お願い出来るかな?」

 いきなり女性の家に、突撃かますのも悪い気がするが、マトモに落ち着いて話せる場所が、この付近に無いので、こうせざるを得ない。

「うん、それは構わないけど…。何か2人の距離が近くない?」

「うぐ…。」

 エーリカの家で話す事は、あっさり快諾してくれたが、フラウとの距離感にもあっさり気付かれる。

「それは私から説明します。」

 そう言って、前に出るフラウ。

 それを後ろで見てる聡は、本当にもう、気が気じゃなく、胃が捻りきれるのでは無いかという、謎のプレッシャーを感じていた。

ーこ、これが修羅場かっ!ー

 こうして、女と女の、宇宙全体を巻き込む戦いが始まるのであった。


 勿論冗談である。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く