話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第120話 本音

 翌朝、聡はフラウの部屋の様子見をしようと、ドアの前に立っていた。時刻は6時で、もうそれなりの人達が活動を始めており、フラウもそろそろ起きていい頃合だった。

「フラウ?起きてる?」

 ノックして声をかける。無理矢理眠らせた事もあり、罪悪感を感じながら、遠慮がちに呼びかける。

『…。』

 気配を探ると、フラウはまだベッドの上に居るようで、身動きしていない。

「う〜ん。…入るか。失礼しま〜す。」

 このままでは、埒が明かないので、聡は意を決して部屋に入る事にする。小声で声をかけながら、するりと素早く中に滑り込む。

「寝てるのか。」

 昨日、聡がベッドに下ろして、毛布をかけてやったが、ほぼその状態で、ぐっすりだった。

「幸せそうな顔しやがって。」

 昨日の夜、散々聡を悶々とさせた元凶であるフラウは、実に幸せそうに眠っている。

 そんな顔を見てしまえば、少しやり返してやろうとか、そんな些細な悪戯心が芽生えてしまうのも、仕方の無い事であろう。

「…。」

 無言でフラウの頬を、両手で摘んでみる。

 血の伯爵夫人、バートリ・エルジェーベトが目指したのは、こんな感じだろうかと、聡の柄では無い事を考えさせる程の、綺麗でキメ細かい肌だった。

ー中々良い触り心地…。って、何やっとんじゃ俺は!ただのセクハラじゃねぇか!ー

 キスのせいで、少しテンションがおかしくなってるのが、こんな変な行動に繋がったのだろう。

「…う。」

「あ。」

 手を離そうとするが、その前にフラウの目がうっすらと開いてしまう。

「…サトシ様?」

「いや、これは、その、す、すまん!」

 アタフタしながら、聡は頬から手を離す。その顔は真っ赤になっている。

「あれ?何でサトシ様が私の部屋に?それに、昨日いつ寝たんだっけ?」

 フラウは目をつぶって、記憶を掘り返そうとする。

「あ、それは、思い出さない方が。」

 聡は慌てて止めようとするが、その前にフラウの記憶が甦ってしまう。

「あ〜!!わ、私は、何て事を!!」

「ありゃ、思い出しちゃったか〜。」

 羞恥のあまり顔を真っ赤に染めて、叫ぶフラウ。このままでは近所迷惑になりかねないので、【消音サイレント】をこっそり使いながら、苦笑いを浮かべる。

「わ、私、サトシ様と…。」

 そこで言葉を止めて、唇に指で触れるフラウ。

ーあ、あれ?血に依存したせいで、衝動的にしたけど、実は死ぬほど嫌だったとか!?そ、そうだとしたら、いっその事、記憶を綺麗さっぱり消さないと!ー

 少しぐらいは好意を懐かれてるというのが、聡の勘違いであったなら、フラウは今、どんな気分なんだろうと、慌てて様子を伺おうとする。

 だが、よく見ると、頬を赤く染め、浮かれたようにぽ〜っとしている。

「フラウ?」

「サトシ様…。」

 ベッドから飛び退き、少し離れた位置に居た聡に、フラウがゆっくりと近付いてくる。

ーヤバい!ー

 直感で何かを察した聡は、完全に近付かれる前に、肩を押さえて動きを止める。

「何でそんなに必死な表情で、肩を掴むんですか?」

 フラウの表情は、さっきよりもハッキリと、目が覚めた様子だが、どことなく不満そうである。

「な、何でだろうな?」

 マリウスのような【直感】スキルがある訳ではないが、昨日の今日で色々と警戒しているのだ。

「私のほっぺ、勝手に触ってましたよね?」

「すみません。」

「なら、お詫びが必要だと思うんですよ。」

「はぁ。確かに俺の故郷なら、普通に裁判沙汰だし、ネットニュースに掲載される事、確定なんだよなぁ。」

『300代の男が、15歳少女の宿泊していた部屋に侵入し、頬を摘むなどの、わいせつ行為をした』などと題されて、叩かれまくるのだ。

 というより、文字に起こすと、大分酷い字面である。

「ねっとにゅうすなるものが、どういうものなのか分かりませんが、お詫びが必要だと思うんですよ。」

「返す言葉もありません。俺に出来る事であれば、何でもします。」

「―何でも、とおっしゃいましたね?」

「え?俺に何をさせる気なんだ?」

 真面目な顔で念押ししてくるフラウに、聡は失敗したと悟る。昨日から普通じゃないフラウに、自由な選択肢を与えたら、何を要求してくるか、分かったもんじゃない。だが、一度口から出てしまった言葉は、もう戻す事は出来ないので、フラウの出方を戦々恐々と待つしか無くなってしまった。

「昨日、急に眠くなったんですけど、それはサトシ様の仕業、という事で間違い無いでしょうか?」

「え?あ、あぁ、うん。」

 要求してくると思っていた聡は、唐突な話題転換に戸惑いながらも、ここは素直に認めておく。

「それはつまり、私のキスが嫌だったという事ですか?」

「そんな事は無いけど…。」

 フラウからのキスが嫌な奴なんて、そうそう居るわけ無いだろう。そう力説したかったが、何か変態っぽかったので、一言否定するだけに留める。

「では、何故私を眠らせたのですか?」

「それは…。」

 正直に、『劣情を感じたから』なんて言っていいものかと、聡は口篭る。

「わ、私に、そういう対象として、意識をして頂いたという理解でよろしいでしょうか?」

 ここで、少し顔を赤くしながら、回りくどく言ってくるフラウを見て、申し訳なくなった聡。開き直りとも言うが、色々とぶっちゃける事に決めた。

「あ〜、もう、分かった!正直に言おう!」

 意を決して、聡は口を開くのだった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く