話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第115話 本音を吐露します

「じゃあ、本題に入るけど、問題は無い?」

 大混乱から復活した一輝に、一応確認してから話し出す聡。

『あぁ、問題無いよ。取り乱して悪かった。』

「まぁ、当然の事だろうから、仕方が無いよ。っと、それよりもだ。実は今日な…超危険人物をお尋ね者を、ひっ捕らえに行ったんだわ。」

 あらましを、要所要所で掻い摘んで話す。

「んで、帰って来てから、2言、3言話した後に、急にさっき話したエーリカってのが、様子おかしくなって、いきなり…キスをしてきたんだよ。」

『はぁぁぁぁぁぁぁ!?キスゥ!?お前が!?その美人エルフと!?』

 今日一番の驚愕を見せる一輝。聡が神に至った事よりも驚きなのか。

「驚き過ぎだ!俺が神になるよりも、よっぽど驚いてるじゃねぇか!」

『あ、す、すまんつい。いや、だって聡だぞ?超奥手で、据え膳を丁寧にお片付けして、他人に食われないように、しっかりと言い聞かせるような、そんな聡だぞ!?』

「い、いや、実際にやった事は無いぞ!?確かにそうするかもしれんけど!」

 聡の性格を、ちゃんと分かってる一輝ならではの、的確な例え話に、強く言い返す事が出来ない。

『で?その後は?』

「告白されたよ。好きだって。で、また…。」

 思い出してしまい、顔を真っ赤にする。どこまでも女性に免疫が無い聡は、すっかり調子を崩されっぱなしである。

『あの聡がなぁ〜。結婚は出来ないとか言ってた割に、結構早いうちに良い人を見つけると思ってたけど、まさか大学生のうちに見つかるとは。』

「いや、こちとら300歳超だけどな?それに、結婚するとは決まってないし。」

『いや、話を聞く限りだと、そっちは不純異性交友が厳しく、法的に罰せられるんだろ?なら、肉体関係を持っちまったが最後、後は結婚するしか無いだろ?』

「まだ何もしてねぇけど!?あ、いや、キスはしたっつうか、されたけどさ。」

 肉体関係というワードに、酷く動揺しながら叫ぶ。が、叫びは段々尻すぼみになってしまう。

『嫌では無かったんだろ?』

「まぁ、悪い気はしなかったよ。ただ、九分九厘、受け入れないつもりでいる。」

『いや、お前は女の子馴れしてないし、押しに弱いから、何度も迫られてる内に…って事になるぞ?そうなるぐらいなら、早い内に諦めて、ちゃんと関係性を築いた方が「なぁ、一輝。」…何だ?』

 ペラペラと聡の弱点を語り出す一輝を遮り、真剣な声色で聞く。

「不老不死の生物に、子孫は必要か?」

 聡の質問に、電話口から息を呑む音が聞こえてくる。
 すっかり失念していたのだろう。

『…いや、必要無いな。』

「なら、エーリカは受け入れない。」

 一輝の回答に頷きながら、バッサリと決断を下す。その目には、一切の感情が映ってない。

『おい、聡!そんな理由で、エーリカさんを傷付けるのかよ!?話でしか聞いてないが、すげぇ良い人じゃんか!』

「おう、そんな理由でだ。それに、称号の【亜神】の効果で、人に好かれやすくなってるらしいから、今後も似たような事があるだろう。てか、人との距離感が、明らかに近くなってる。その時、エーリカという例外を作ると、拒絶出来ないと思うんだ。」

 それも聡にとって、懸念の一つだった。人の心に干渉し、『好かれやすくなる』なんて、馬鹿げた効果である。
 実際には、『人に強い感情を懐かれやすくなる』であるが、聡にとっては、どちらも似たようなもんである。

『はっ!大した自信じゃ無いか。』

「これが事実で現実だ。」

『因みに断るとして、どう言うつもりだ?』

「それは…一人の女性として愛してない、とか?」

『お前、面と向かってそんな事、言えるのかよ?』

「うぐ…。」

 痛いところを突かれる。
 そう。聡には、エーリカを振る度胸が無いのだ。更に言えば、告白自体は満更でも無く、自身が不死でなければ、同じように猶予を貰った上で、OKしていただろう。

『態々相談してきたって事は、少なからず、好意は持ってる証拠だろ?俺はな、聡。お前には、絶対、必ず、どんな手段を用いたとしても、mustで幸せになってもらいたいと思ってる。』

「お、おう?つーか、どんな手段を用いてもって…。」

『聡なら、人が不幸になるような手段は、絶対に選ばないだろ?』

 さっきまで、言い合いに近い事をしていたのに、急に褒められて戸惑う。一体どういう風の吹き回しなのだろうかと、聡は首を傾げる。

「確かに気に病むとは思うが…。何でそんなに信用あるんだ?」

『友人だからだよ。というか見たぞ?夏休み前に、後輩の男子に告られて断ってたろ?』

「あ〜、そんな事もあったな。てか見てたんかい。あん時は、少し恐怖を感じたんだぞ?」

『まぁ、確かに驚くだろう。だが本題はそっちじゃない。』

「というと?」

『お前は断った後も、そいつを気にかけて、しばしば声を掛けてたろ?どんだけ優しいんだよ。』

「良く見てんなぁ…。」

 行動を観察されていた聡は、苦笑いを浮かべて、遠い目をするのだった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く