話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第106話 鏖殺(5)

「おう、サトシじゃないか!良く来てくれたな!」

 家に着くと、そこではマリウスが待ち受けていた。まるで、聡が来るのを予期していたかのように、準備が良い。

「お久しぶりです。少しお話したい事があります。と、その前に。【魔法創造マジッククリエイト探知サーチ】!」

 聡は、半径50キロにある、特定の条件を満たす物を感知出来る、【探知サーチ】を作り出し、【ディスアピアー】の使い手という条件の人間を探す。

「…うん。こっから20キロは離れてるか。この移動速度なら、あと1時間は大丈夫そうかな?」

 こちらに向かってくる存在を感知した聡は、大体の到着予定時間を割り出し、取り敢えず一安心する。

「サトシ?今、何をしたんだ?」

「ちょっと、話が出来る猶予があるかを、確認してました。その結果、少し余裕があったので、軽く自分が来た理由を、マリウスさんに説明してから、事の対処にあたります。」

「なるほど?つまりは、俺のこの嫌な予感は、見事に的中って事だな?」

「えぇ、ドンピシャです。凄いですね。その【直感】スキルは。自分も欲しいくらいです。」

 あまりに的確なその能力に、聡は心の底から言う。

「えっと、私も聞いてて良い話?」

「…どうしますか?」

「どうするったって、どんな話になるんだ?」

「ちょいと重くてヤバい上に、社会の裏の話もありますね。」

「私は遠慮する!」

 話の内容が、碌でもない物だと理解したイルマは、食い気味に言うと、慌てて部屋から出て行くのだった。

「まぁ、あれで正解ですね。実は、『鏖殺』ってのがこの村に向かってましてね。」

「『鏖殺』か…。って、『鏖殺』!?あの最凶最悪の化け物か!?」

「マリウスさんの言う『鏖殺』が何かは分かりませんが、【ディスアピアー】とかいう物騒な魔法で暴れる奴ですね。既に村が…2つ消されています。この目で確認してきました。」

「…何だと!?村が2つもか!?」

 聡の告げる事実に、マリウスは驚愕して大声で叫んでしまう。

「1つ目の村が消された数時間後、自分の元にこの話がきたんですが、その後直ぐに現場に直行して、行先を予想して向かったら、既に何も残っていませんでした。」

 眉を顰めながら、聡は淡々と語る。一体いつ消されたのか、調べてはいないので分からないが、若しかしたらもっと急いでいたら、2つ目の村の犠牲は無かったのではと、想像してしまったのだ。
 聡に何ら落ち度は無いのだが、一旦その考えに至ってしまうと、ズルズルと抜け出せないのが人間である。

「そうか…。それに対応する為に、サトシがこうして来たという訳か。俺らは避難した方が良いのか?」

「…いや、その必要はありません。ここから数キロ離れた地点で、『鏖殺』は仕留めます。Dead or Alive ですね。」

「でっどおあ?良く分からんが、『鏖殺』が酷い目に合うのは分かった。…でもまぁ、気を付けてくれよ?もしお前に何かあったら、イルマも悲しむしな。」

「えぇ、気を付けます。とは言っても、俺を殺せる奴がいるなら、今頃、片手間でそいつに世界征服されてますよ。」

「おいおい。その言い方だとまるで、サトシがその気になれば、世界征服出来ると言ってるようなもんだぞ?」

「…はっはっはっはっはっ。冗談に決まってるじゃないですか。」

「いや、今の間は一体何だ!?」

 こうしてマリウスに話をつけた聡は、『鏖殺』を倒すべく、エンデ村を発つのだった。


 エンデ村から10キロ程離れた地点で、『鏖殺』はぶるりと身震いをする。

「…?何か寒気が?風邪でもひいたか?」

 今まで彼に差し向けられた刺客の中で、最強の存在が向かって来ているとも知らずに、呑気に目的地へと向かう足取りは止まらない。

  だがそんな『鏖殺』に、不可視の一撃を叩き込む存在が現れる。

「うぐぅ!?う、腕が!?一体何が起こったというのだ!?」

 唐突に乾いた音とともに、左腕に強い衝撃と痛みが走り、慌てて見ると、穴が空いており、血がダラダラと流れ出ていた。

「…ふむ。なるほど。知覚出来なきゃ、【ディスアピアー】は使えないという事か。」

 『鏖殺』が腕の痛みに驚愕して、慌てふためいている中、辺りに、10キロの距離を1分ほどで踏破した、聡の声が響き渡る。

「だ、誰だ!?何処にいる!?」

 『鏖殺』は辺りを必死になって見回しながら、誰何する。今まで、絶対強者だった立場が崩され、深手では無いとはいえ、傷を負わせられた事に、恐怖を覚えてしまっているのだ。

「キミの後ろ。」

「な!?」

 先程からグルグルと360度警戒していたというのに、いきなり背後に聡が立っていて、振り向いた姿勢のまま、排除する事も忘れて固まってしまう。

「ねぇねぇ。2つほど質問があるんだけど、答えて貰えるかな?」

 聡の顔は、普通に笑顔だった。しかし、未知の攻撃を受けたばかりの『鏖殺』には、その笑顔は背筋も凍るような、恐ろしい表情であると感じる。

「…【ディスアピアー】!!」

「!」

 聡を視界の端に入れたまま、問いには 返事をせずに、『鏖殺』は喉が張り裂けんばかりに、精一杯声を張って魔法を使う。

 その瞬間、聡の身体は、半分消し飛ぶのだった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く