話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第105話 鏖殺(4)

「さてと、探索を開始するか。」

 聡は、消失したらしい村の跡地で、地図を手に、辺りを見回していた。

「うわぁ。基礎ごと消し去られてるやん。」

 ぽっかり窪んだ地面を見て、聡は呟く。結構大きな物でも簡単に消せるようで、地方の公民館ぐらいはありそうな面積の地面が窪んでいる。元は村長の屋敷だったのうだろうか。

「う〜ん。何の目的で現れたのかは分からないけど、普通に次は他の村に行ったのか?なら次はこっちか。」

 地図を頼りに、この村から一番近い村の方角を見つけ、聡は大地を駆ける。

 およそ10分後には、次の村の跡地・・だった場所に、聡は到着していた。

「これは…。何かを探して動き回っているのか?この付近で、国の暗部が興味を持ちそうな物は…。魔王城か?まさか、結界が解除された事が、既にバレているのか?だとしたら、この村の次は、魔王城の方角に向かったか!」

 聡は必死に脳を働かせながら、考えに考え、敵の目的が魔王城だという結論に至り、慌てて次の目的地へと走り出す。

「次は…あ、やべっ!エンデ村やん!」

 聡は地図を見ながら驚愕する。どのぐらい前に、先程の村が消されたのかは分からないが、既にエンデ村にも被害が及んでいる可能性があるので、聡は最速で向かう事にする。

「【魔法創造マジッククリエイト瞬間移動テレポート】!」

 脳内にエンデ村の風景を思い浮かべ、地図上で位置情報を補強し、魔法を発動させる。
 すると聡は、淡い光に包まれながら、その場から姿を消す。

「いよっしゃあ!成功だ!異世界で使ってみたいランキングでも、やっぱ【瞬間移動テレポート】は、上位に来る魔法だよな!」

 こんな状況だというのに、 不謹慎にも喜んでしまう聡。

「おっと、こんな事してる暇は無いんだった。村は…無事か。なら、さっさと伝えないとな。」

 エンデ村から少し離れた地点に転移したので、聡は遠目に村全体を見て、どこも消えてないので安心する。

 聡は小走りで門に駆け寄るが、初めての時に矢で射られた事を思い出し、その地点で立ち止まって合言葉を叫ぶ。

「えっと、『エンデ村は最強の村です』!」

 少し恥ずかしいが、仕方が無いので大声でそう叫ぶと、門が勢い良く開かれ、村の中から金色の髪の毛と同じくらい、笑顔をキラキラさせながら、少女が飛び出して来る。

 その少女は、聡の目の前で急ブレーキをかけて止まると、ニコニコしながら口を開く。

「サトシさん!お帰りなさい!」

「…あぁ、ただいま!」

 『お帰りなさい』という言葉に、聡は少し驚くが、何より嬉しいので、笑顔を浮かべて返す。

「それで、どうしたの?もしかして、村への永住を考えてるとか?」

「い、いや、残念ながら、そういう訳では無いんだ。」

 のっけからとんでもない事を言ってきた少女、イルマに苦笑いしながら、聡は村へと歩き出す。

「そっか、残念。」

 どうやらおべっかでは無く、本気で言っているのか、本当に残念そうにしているイルマに、聡は言いづらそうに話を切り出す。

「えっと、マリウスさんは居るかな?」

「うん、居るよ?何か、嫌な予感がするって言って、農作業は休止するって。」

 聞くと、昨日辺りから嫌な予感がしたらしく、今日は村人が外に出る事を固く禁じてるようで、マリウスは村の中で身体を動かしたり、雑用したりしているらしい。

「やっぱ、マリウスさんの勘は良いね。外に出なくて正解だよ。」

 聡は頷きながら、感心する。だが、それはつまり、この村にも『鏖殺』が手を出す可能性があるという事だ。のんびりもしてられないので、聡は少し足早に村へと入った。

「おぉ、サトシじゃないか!」

「もう帰って来たのか?」

「ははは…。ちょっと野暮用があるんですよ。」

 村のオヤジたちから、歓迎されて、悪い気のしない聡は、細かい事は言わずに、笑いながら来た理由は誤魔化す。

「ところで、マリウスさんはどこですか?」

 戦闘は見せないにしても、一応危機が迫ってる事くらいは伝えるべきだろう。
 そう思って聡は聞く。

「あ〜、マリウスさんなら、家に戻ってる筈だぞ?」

「そうですか。ありがとうございます。」

「おう!時間が出来たら、飲もうぜ!」

「次こそは潰してみせるからなぁ!」

「はい、時間が出来たら!」

 呑気に飲みに誘って来るオヤジたちを、軽くあしらいながら、マリウスの居るはずの家に向かう。

「サトシさんは大人気だね。」

「あははは。嬉しい限りだけどね。…ホントなら、もう少しゆっくりしたかったんだけど、それはまた今度だな。」

「…あれ?何か人当たりが良くなった?口調が自然というか。」

 聡のちょっとした口調の変化に、イルマが目敏く気が付いたようだ。

「ん?そう?まぁ幾分か人と、仲良く話す機会があったから、元の口調に近付いてるだけかな。」

 ルドルフとあまり神経使わない会話だったり、エーリカやフラウとの会話、更には旧友である一輝との電話もあり、すっかり人との会話の仕方を思い出して来たところである。

「そうなんだ。…うん、そっちの方が良いと思うよ。」

 笑顔でそんな事を言うイルマ。
 こうして2人は、並んで歩いて行くのだった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く