話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第97話 2人は良い子です

「あれ?コルネリウス様から聞いてなかったの?」

「そんな事は一言も…。」

 ニコラは焦りからか、聡の袖をギュッと握りしめながらオロオロしている。

「…怖いと思う?」

「…。」

 予想外のところで吸血鬼という事に驚かれてしまい、フラウは先程から黙っている。

「えっと…フラウさんがサトシ様と一緒に居るって事は、悪い事をしない人、じゃなくて吸血鬼、なんだよね?雰囲気も柔らかいし…。」

 ニコラの視線は、フラウと聡を行ったり来たりしているが、怯えた様子は無いようだ。

「…理由は兎も角、確かにフラウさんは悪い子じゃないよ。特定の人以外の血を吸ったりしないし、傷付けたりしないし。」

 全身全霊で信頼を寄せてくるニコラを、苦笑いしながら頭を撫でてやる。ほぼ犬猫扱いだが、それでもニコラは嬉しそうに頬を緩ませて、されるがままになる。

「ニコラ様、ありがとうございます。」

「え?何でお礼を言ったの?」

 自分自身の力だけでは無いが、それでも認めてもらえた事を嬉しく思ったフラウは、微笑みながらニコラに頭を下げる。
 頭を下げられた当の本人は、何でお礼を言われたのか分からず、首を傾げているが。

「じゃあ、もう少し魔物を倒してから帰るか。」

「うん!」

「分かりました。」

 一時はどうな事かと思ったが、ニコラが話の分かる子だった事と、彼女の謎の信頼度の高さのお陰で、事なきを得た為、もう少しこの場に留まる事にした。

 この後、聡の拳銃に驚かれたりなど、多少の騒ぎはあったものの、平和にクエストを終える事が出来たのだった。


「じゃあまたね〜!」

「あぁ、またな。」

「はい、またお会いしましょう。」

 クエストは無事成功という事で、しっかりと報告して破格の報酬を貰ったところで、今日はお開きとなった。
 ニコラは、ギルドまで馬車が迎えに来ていたので、聡とフラウでそれを見送ってから、宿への帰り道を歩いていく。

ーなるどな。例の事件の時の報奨金や、賠償金を一切受け取らなかったから、今回の簡単な依頼で、その分の補填をしたって事か…。ー

 何と報酬は大金貨50枚で、日本円で約500万円くらいである。
 昼過ぎから夕方までの数時間でこの報酬が出るクエストなど、他には絶対に無い。聡はこの報酬について、大慌てで固辞しようとしたが、最初に確認しなかったのが悪いという事で、エーリカには、にべも無くきっぱりと却下されてしまった。

 今朝、契約書云々を、フラウと話したばかりなのに、何とも情けない話である。

「さてと、この後はどうする?じゃなくて、どうしますか?」

「…サトシ様。やはり敬語は無しにして頂けませんか?他の方々に比べて、疎外感を感じてしまいます。」

「…そう言われると、確かにそうですよね。うん、分かったよ。素で喋らせてもらうよ。」

 今後、もっとも長い時間を、共に過ごすであろう人物に、そう言われてしまっては、聡も頷く他無い。
 
「ならフラウも。」

「私は、お仕えする身ですので。」

「うぉい。」

 フラウにはその気が無いようで、即座に断られてしまった聡。思わず気の抜けたツッコミをしてしまう。

「取り敢えず、このまま宿に戻るって事で良い?」

「はい、大丈夫です。」

 寄りたい所も無いようで、フラウは即座に頷く。

「うん、じゃあ帰る・・か。」

「…はい!」

 聡の言葉に、フラウは一瞬間を空けるが、段々と頬を緩ませていったかと思うと、元気な声で返事して、嬉しそうに聡の後に続くのだった。


 その夜、聡は自室でノートをとっていた。

ーであるからして、フラウは…。ー

「はぁ…。」

 日本語で書いているノートから顔を上げて、ため息を一つつく聡。

ー昼間に見たあの魔法は、スキルレベルが5以上無いと使えないやつだった。15歳になったばかりのフラウでは、本来なら使えないものだ。つまり…。ー

 吸血鬼は、15歳の成人を迎えた際に、【血液魔法】のスキルがステータスに追加され、そこで初めて使う事が出来るのだ。
 しかし昼間にフラウが使った【ブラッディレイン】は、スキルレベルが5無いと使用出来ないもので、1ヶ月で5まで上げるのは不可能に近い。
 しかし、唯一産まれた時から、【血液魔法】のスキルを高レベルで有している存在があった。

『コンコン』

「…はい、どちら様ですか?」

 深い思考の海に沈んでいた聡の意識は、急にノックされた扉の音によって、一気に現実へと引き戻される。

『フラウです。…入ってもよろしいですか?』

 どこか言いづらそうなフラウの声が聞こえる。

「入って大丈夫だよ。」

 聡は良く考えもせず、反射的に答える。夜に女性を部屋に入れるという意味を…。

「し、失礼します。」

 恐る恐るといった感じで、部屋に入って来るフラウ。

「で、何か話でも…何故そんな格好?」

 入って来たフラウに視線を向け、用件を伺おうとしたが、フラウがネグリジェを着ているのを見て、流石に指摘せずにはいられなかった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く