話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第84話 納得してもらいました

「一度話が落ち着いたところで、私はサトシに聞きたい事があるのだけど。」

 聡とフラウが、ルドガーに頭を下げてお礼を言ってから、少し間を空けてエーリカが口を開く。

「うん?まぁ、ここまで話したんだし、多少の事なら答えるよ。」

 聡は諦めたように笑いながら、エーリカの方を見る。エーリカは、何時に無く真面目な顔で、聡を見ていた。

「ありがとう。じゃあ聞くわね。」

「…あぁ。」

 その真剣な表情に、聡は思わず唾を飲み込む。

「…そちらのフラウさんとは、何か以前から関係があるとか、そういう事では無いのよね?」

「はい?俺はフラウさんとは、今日初めて会ったぞ?」

「はい、そうです。」

 質問の意味が分かりかねた聡は、首を傾げながら答える。フラウは肯定してくれる。

「だってサトシは、少なくとも300年は生きてるのよね?」

「あぁ、まぁそうだけど。」

「な、なら、その間に、こ、こ、恋人とか、奥さんとか居たりは…。」

 エーリカが顔を赤くしながら問うが、反対に聡は、げんなりとしながら答える。

「前に言ったように、そういう人は居ないんだな。非常に残念な事にね。はぁ…。」

 若干不貞腐れながら、聡はそっぽ向いて溜息をつく。

「あ、そういえば、そうだったわね。ごめんなさい。サトシの言った事が衝撃的過ぎて、すっかり忘れてたわ。あと1つ、聞きたい事があるんだけど。」

「え?何?」

 これ以上の精神攻撃は、受けきれる自信が無い聡は、少し嫌そうな顔をする。

「えっと、サトシがフラウさんの為に、こうしてルドガーさんに交渉したりしたのは、純粋に善意からって言う事で良いのよね?す、好きになっちゃったとか、フラウさんから熱烈なアプローチを受けたとか、そういう事では無いよね?」

「そうだけど…。」

「ね、熱烈なアプローチ?」

 やけに早口なエーリカに、聡は引きながら答える。何をそんなに必死になっているのだろうか。

「という事は、2人は恋人同士っていう事でも無いのよね?」

「も、勿論です!会ったばかりでそんな事…有り得ません!」

 聡が否定しようとするが、その前に酷く慌てた様子のフラウが、首を横に振りながら言う。

「あははは…。やけに必死に否定するなぁ〜。」

 笑っているが、すっかり目が死んでる聡は、力無く背もたれに寄りかかる。

「あ、そうだ。ルドガーさん。暫くの間、フラウさんをこの街に置いといて、で、信用が出来ると思ったら、ギルドカードの発行をお願いしたいんですけど、考えといてもらえますか?」

 この不毛な話題から抜け出そうと、聡はルドガーに話を振る。

「あぁ、分かった。…ところで、俺はこのままサトシに対して、この口調のままで良いのか?」

 眉を寄せながら、ルドガーは言う。

「え?何でですか?」

「何でって、そりゃ数百年生きてる人生の大先輩に、こんなタメ口とか、普通はしないよな?」

「あ、そういう事ですか。別に問題ありませんよ?それに、俺は21歳という事で、生きていくつもりですから、普段からそういう体で過ごした方が良いと思うんですよ。」

「なるほど?まぁ、本人が言うなら、今まで通りで良いか。」

 聡の謎の拘りに、ルドガーは首を傾げながらも納得してくれたようだ。

「…さてと、じゃあ宿をとりたいので、私はそろそろ失礼しますね。フラウさんの宿は、空いてれば安らぎ亭にしてもらおうと思ってます。」

「分かった。コルネリウス様から、何かお達しがあれば、そちらに遣いをやろう。フラウさんの事、頼んだぞ。」

「はい、分かりました。エーリカ、また明日。」

「えぇ、また明日。」

 聡が微笑みを浮かべながら言うと、エーリカも同様に返す。

「「失礼しました。」」

 そして、聡とフラウは2人して一礼しながら、ギルドを後にするのだった。


「何とかなりましたね。」

 ギルドから出て、『ふぅ』と息をつきながら、緊張を緩める聡。

「はい、そうですね。ありがとうございます。全ては、サトシ様のお陰です。」

 フラウが、深々と頭を下げながら礼を言ってくる。

「え、いや、頭を上げて下さい!ただの自己満足ですから、気にしないで下さい。」

「いえ、そういう訳にはいきません。サトシ様の助力のお陰で、私はこの街で暮らせるのです。」

「あ〜、分かりましたから、頭を上げて下さい。ここ、大通りなんで、結構目立つんですよ。」

 美しい少女に、深々と頭を下げられる成人男性という構図は、周囲から大量の視線を集めてしまい、正直聡はこの場から逃げ出したかった。が、フラウを置いて行く事も出来ないので、ぐっと堪えて彼女の説得を試みる。

「あ、これは失礼しました。ただ、私なんかの為に、秘密にしていた事を打ち明けて下さったサトシ様に、深く感謝しているという事を、知って頂きたかったのです。」

「はい、それはもう十分に伝わりました。そんな事よりも、早く宿に行きましょうか。」

 真っ直ぐに感謝の念を伝えられ、照れくさくなった聡は、足早に宿へと歩き出すのだが、結局足を止めて、フラウの足取りに合わせる形になったのだった。

「ぁ…ぅ…。ご…ゅ…。」

「何か言いましたか?」

「いえ、何でもありません。」

 聡の耳には、何かボソッと聞こえたのだが、微笑み浮かべながら否定するフラウに、それ以上は聞けず、内心首を捻る事になるのだった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く