話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第83話 説得

「なるほど。ティファの森調査依頼で、そちらの少女を発見したと。」

 聡の説明を聞き、一通りの状況を理解したルドガー。
 聡は頷きながら、口を開く。

「はい、そうなります。で、ここからが本題です。」

 その言葉に、フラウも少し体を緊張させる。
 それはそうだろう。ここでの話が、フラウのこの街での立場が決定するのだ。

「本題とは?」

「フラウさんの正体について、ですね。何故私が、態々保護するような形で、この場に連れて来たのかという事です。」

「「…。」」

 フラウは無言で聡の方を見る。エーリカも、同様に聡に視線を送る。性質の違う視線を、2人の女性から向けられて、聡は少し話しづらそうにするが、大事な事なので気を取り直す。

「森でフラウさんを発見した際、彼女は酷く錯乱しており、襲いかかって来ました。」

「襲いかかって来ただと?今は至って普通の精神状態に見えるが?」

「はい、今は完全に回復しています。フラウさんは、血に飢えていただけですから。」

 聡は真剣な表情で告げる。

「…血に飢えていただと!?という事は、まさか彼女は…!」

 ルドガーは、聡の言葉の意味を理解すると、驚愕の表情を浮かべながら、ソファから立ち上がり、少し距離をとる。

「はい、私は吸血鬼です。」

「え…。」

 エーリカは呆然とフラウを見る。

「ちょいと移動しましょうか。」

 呆然とするエーリカを、聡はお姫様抱っこのような形で抱き上げ、フラウから離す。

「え?え?え?」

 戸惑うエーリカを、ソファの端に座らせてから、自身もその横、つまりフラウとの間に挟まる形で、聡は腰を落ち着ける。

「さ、サトシ!?吸血鬼を街に入れるとは、一体どういうつもりだ!?」

「街に入れても問題無いと、そう判断したんですよ。だけど、俺だけの判断では駄目だと考えたので、こうしてルドガーさんに許可を貰いに来ました。」

「お前、吸血鬼がどういう存在かを、知ってて言っているか!?魔王軍の将軍の1人である、『夜の女王』の異名を持つ、ヨハンナ・シュヴァイツァーのが率いた種族だぞ!?」

 『夜の女王』ヨハンナ・シュヴァイツァーは、一時期人族の街を占拠し、そこに住む人々を飼育・・し、数々の実験やその他の非道な仕打ちを行うなどした。
 その為、魔王軍の将軍の中でも、特に悪名が高く有名である。

「はい、良く知っています。彼女が人族達に、一体どのような被害を齎したのかも。いや、正確には、魔王トイフェルが封印される以前の、彼女が行った事を知っている、と言った方が良いですね。」

 興奮するルドガーに対して、聡は落ち着いて答える。

「なら!」

「なら何でしょうか?彼女が行った事は、確かに非道であり、人族としては許せないものでしょう。しかし、その非道行為と、フラウさんは関係がありません。」

「…それは確かにそうだが。しかし、吸血鬼は一貫して、人族に対して敵対の意志を向け続けている種族だぞ?」

「全ての吸血鬼が、同じ考えだとは言い切れないでしょう。それに、フラウさんに関しては、全ての責任を私が負いましょう。私の戦闘力は、魔王ですら圧倒できますので、安心して下さい。」

 あまり言いたくは無かったが、聡はとうとうとっておきの切り札を切る。

「は?魔王を圧倒する戦闘力、だと?お前は、魔王と戦った事があるのか?」

 聡のカードの内容に、ルドガーは驚き過ぎて、開いた口が塞がらないようだ。

「…はい、戦った事があります。」

 ここで聡は、正直に認める。

「だ、だが、今現在も存在する魔王であるトイフェルですら、300年前に封印されている。だから、魔王と戦った事があるサトシの年齢は…。」

「えぇ、少なくとも300を超えていますね。肉体年齢は、21で固定されてますが。」

 聡は薄い笑みを浮かべながら言う。ルドガーなら、【看破】のスキルにより、真実である事を理解しているだろう。

「さ、サトシ。…今の話は本当なの?」

「本当だよ。エーリカよりも、遥かに歳をとってる。」

「…。」

 エーリカの疑問に対して、聡が正直に認めると、彼女は目を見開き、口を抑えて驚愕する。

「ま、それは置いときまして、フラウさんに関しては、全て責任を負いますし、街に危害をもたらした際も、誰かに被害が及ぶ前に、全力で止めます。俺ならそれが可能です。」

 聡は自信満々に言い切る。

「年齢の話は置いといて良い問題では無いと思うが、取り敢えずサトシの言いたい事は理解した。確かにサトシなら、抑える事が可能なんだろう。」

「はい、可能です。」

 聡が頷くと、ルドガーはソファに座り直し、深くため息をつきながら、目を瞑る。
 そして、暫くの間無言だったが、パッと目を開けたかと思うと、ついに口を開く。

「サトシがそこまで言うなら、大丈夫だろう。俺からコルネリウス様に進言しておこう。その代わり、そのフラウさん・・・・・から目を離すなよ?」

 ニヤリと笑いながら、ルドガーは言う。『吸血鬼』では無く、『フラウ』と呼びながら。

「はい、分かりました。ありがとうございます。」

「あ、ありがとうございます。」

 聡とフラウは、頭を下げながら礼を言う。こうして、フラウは安住の地を得たのだった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く