話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第74話 やばいです

 勝負が決した後、酔い潰れたルドルフを、部屋にぶち込んでやった聡は、部屋に戻り、一息ついていた。

「ふぅ…。エンデ村の時でもそうだったけど、全然酔わなくなったな。」

 ベッドに腰掛けて、落ち着く。そして、考えるのは、エーリカの事である。

-う〜ん。エーリカには、絶対に何かあるよな…。どうせ、数十年後とかに、懐かしくなって会いに来た時、問題が解決してないってのもな。それはそれで、気分が悪いな。-

 ルドルフが、『自分の口からは言えない』と、頑なに断る様な問題だ。『果たして、自分に出来ることはあるだろうか?』と、思案する聡。

 何だかんだ言うが、こうして悩んでいる事自体が、聡がまだ人間としての『在り方』を忘れていない証拠である。

 ぼふっとベッドに寝っ転がり、スマホを開いて何気なく見る。

「…あっ!…めっちゃ連絡来とるやん。どうすっかな?」

 チャットアプリと、電話の両方に、大量のメッセージや着信履歴が来ていた。

「父さんと母さん、それに妹、バイト先に、大学の友人…。これ、ほっとくと、警察とか動きかねないよな?」

 実際の状況を目の当たりにしなければ、そこまで気にはならないが、こうして心配する文章等を見ると、どうにかしなければと、焦りを感じてくる。

「と、取り敢えず、親には電話しとくか…。」

 焦りながらも、聡は連絡先を開き、少し震える手で、『自宅』と表記してあるところをタップして、コールをかける。

『プルルルル…はい、もしもし!』

「あ、もしもし。聡で『お、お兄ちゃん!?どこ居るの!?お母さ〜ん!お兄ちゃんから電話〜!』す…。」

 電話をしたところ、妹の愛美まなみが出たのだが、酷い慌てようで、全然こちらの話を聞く気は無いようである。

 「おいおい…。実際の時間にして、一日やそこらで、そんなに慌てる事かね?」

 聡は引いたように言うが、口元は緩んでいる。300年ぶりに肉親の声を聞いたのだ。それも当然であろう。
 少し待つと電話口から、『ドタドタ』と大きな足音が聞こえてくる。

『さ、聡!?』

 電話の向こうで、慌てた様子で聡を呼ぶのは、母の恵美めぐみである。

「あ、母さん。」

『『あ、母さん』じゃありません!今までで何をしてたの!?』

「いや〜、ちょっと、厄介事に巻き込まれちゃってね。暫く顔を出せそうに無いんだよ。」

 つとめて軽い口調で告げる。

『厄介事?というか、聡は一体、何処にいるのよ!?貴方の友人達に聞いても、誰も知らないって言うし!』

 しかし、やはり恵美の混乱は避けられなかったようで、電話口で大声を出されてしまう。

「ちょっと現在地は不明。帰る手段も分かってない状態なんだ。」

 帰る手段が分かったとしても、この体質で帰って、とてもマトモには生きてはいけないのだが。

『ど、どういう事よ?ゆ、誘拐でもされたの!?』

「似たような感じ。まぁ、拘束もされてないし、自由に行動しているよ。今は現地の宿にいる。」

『似たような感じって貴方。』

「まぁ兎に角、身の安全は確保されてるし、焦らなくても問題無さそうだから、心配しなくても大丈夫だよ。」

『警察とかは頼れないの?』

「残念ながら、警察は居ないんだよな〜。治安組織はあるけど。」

 ヴィリー達を思い浮かべて、苦笑いする聡。日本の頼れる警察でも、流石に異世界までは、手が出せない。

『警察が居ない!?まさか貴方、海外に拉致されたんじゃ…。』

「多分ね〜。周囲は色とりどりの髪と目の色してるし、言語は日本語じゃないしね。金銭も、全く別のが流通してるよ。」

 明らかに海外だと、誤解を招きそうな言い方をする聡。下手な嘘をつくより、情報を小出しにした方が良いだろう。

『何でそんなに気楽なのかしら…。』

「父さんに似たんじゃない?あの人、いつもお気楽じゃん。」

 呆れたふうな恵美に、聡は父親の憲介けんすけを脳裏に浮かべて言う。憲介は、それなりに売れた小説家であり、仕事の合間合間に海外を飛び回り、『紛争に巻き込まれた〜‪w』とか言いながら、数ヶ月帰宅しない事など、ざらにあった。

『それしか考えられないわね。まぁ聡もあの人の血を引いてるんだから、無事に帰って来れるわよね。』

「まぁ、権力者ともそれなりの関係性を築けたし、そのうち帰れるんじゃないかな?という事で、何かあったら連絡するよ。」

『何かなくても、定期的に連絡しなさい。』

「…はい、了解です。じゃ、またね。おやすみ。」

『えぇ、おやすみなさい。』

 電話を切り、聡は枕元にスマホを放り投げる。

「ああは言ったけど、帰れんのかね?こりゃあ、明日から実験しないとだな。」

 帰還方法について考える。それと同時に、エーリカの問題も並行して解決出来れば良いのだが、どちらも上手くいくのか自信が無い。

「まぁ、やる前から諦めたら、何も成せないからな。いっちょ気張ってみますか…。」

 そして、再びスマホを開き、娯楽を探すが―

「oh......。バイト先のシフトと、友人達をどうにかせにゃならんな〜。」

 ―大量のメッセージを見て、軽く沈んだ気分になる。恵美があちこちに聞きまくったせいだろう。
 こうして聡は、1晩かけて、連絡してきた友人達に、しばらく帰れない事を告げていくのであった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く