話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第66話 お出かけです

 宿から出て、そのまま歩いていると、自分たちに多くの視線が突き刺さるのを感じた聡。

「なんか、注目されてるな。」

「私は、色んな人から視線を向けられるのには慣れてるけど、サトシは苦手なの?」

 エーリカほどの美人であれば、どこに行っても注目の的であろう。

「まぁ、慣れはしてないかな?人から注目を浴びるような人生は歩んでないから。」

 しかし聡は、そんな美人の隣を歩く、似つかわしくない男だ。非友好的な視線がビシバシ飛んでくるので、余計に落ち着かない気分にさせられていた。

「サトシほどの実力があれば、周りから注目されると思うんだけど?よっぽどの山奥に、1人きりで住んでたのかしら?」

「…中々鋭いな。まぁ、1人じゃなくて、友人と住んでたんだけど、ふと世界を回りたくなったんで、今はこうして旅の途中ってわけ。」

 あっという間に、自身の境遇を見抜かれてしまった聡は、嘘を織り交ぜながら、適当な言い訳をする。
 すると、エーリカの目付きが、何故か厳しいものへと変化していた。

「サトシ。その友人というのは、女の人…ですか?」

「い、いや、男だけど?というか、口調が戻ってるぞ?」

 グイッと距離を詰め、責めるような視線を向けてくるエーリカに、慌てて答える聡。

「あ、つい無意識で。でもそう、男なら良かったわ。」

 ほっと息をついたエーリカは、少し聡から離れる。

「何が良かったのかは分からないけど、それよりも、どこに行くんだ?」

 首を傾げながらも聞く。取り敢えずは、自分自身の話から逸らせれば良いので、さっきから気になってた事を聞いてみる。

「ん〜、色々かな?まぁ、後のお楽しみという事にしておいて。」

 『ふふふ』と楽しげに笑いながら、エーリカは教えてくれない。

-ただの買い物の割には、随分と楽しそうだな。何か良い事でもあったんかね?-

 何とも能天気で鈍い聡は、のほほんと受け流す。

「そう?なら楽しみにしとくよ。」

 だから、そう返す。自分自身を『そういう対象』として完全に排除してるからこその、この反応である。

 こうして2人は、知人にしては妙に近い距離感を保ちながら、街へとくり出すのであった。


 2人はまず、この街の名物料理だという、ミートパイを販売する屋台へと立ち寄っていた。

「旅をしてるなら、こういうのを食べといた方が良いよね?」

「そ、そうだな。」

-俺の中のミートパイのイメージが崩壊したんすけど!?-

 笑顔のエーリカと、引き攣った笑いの聡の手には、ミートパイらしき食物が握られていた。水気があまり感じられない、乾いた大きな葉っぱに包まれており、食べ歩きにはピッタリだった。
 その内容物以外は。

「ミートパイの中から、大きな肉の塊が顔を覗かせてるんだけど?」

 ミートパイといえば、サクサクのパイ生地の中に、グレービーソースとひき肉が包まれているのを想像するだろうが、ベルクフリートの物は一味、というか一回り大きさが違った。

 いくらエーリカが小顔とはいえ、その顔の3分の1ぐらいの直径と厚みの物を、店主が2つに分けて渡してきたのだ。2つ合わせて、なんと代金は破格の銅貨5枚。日本円で約500円である。少食な聡なら、これだけで1日満腹で過ごせそうである。

「確かに大きいわね。男の人に大人気って聞いたんだけど。」

 まるで、他人事の様に言うエーリカ。恐らく、彼女自身は食べた事が無いのではないだろうか。又聞きで話を鵜呑みにし、こうしてここにやって来た感じだ。
 少なくとも聡には、彼女が大食漢には見えない。

「冒険者やってる男の人に、じゃないの?」

 冷静にツッコミを入れると、エーリカはふと何かに気が付いた様に、声をあげる。

「あ。」

「ま、まぁ、ちょうどお腹も空いてるし、食べるとしようか!」

 どうやら指摘通りだったらしい。話の流れから察するに、自身の為にここに寄ったらしい事は、流石の聡も理解していたので、不穏な空気を払拭するかのように、大きく口を空けてミートパイを頬張る。

「お!これ美味しい!エーリカも食べてみなよ。」

「う、うん。」

 1口食べて見せた聡は、安さとボリュームの割には美味しいかったので、勢いに任せて先程のやり取りを忘れさせようと、エーリカに勧める。
 すると、彼女は何を思ったのか、聡の持つミートパイに口を近付ける。

「え?」

 それを呆然と見ている聡に構わず、エーリカは小さく口を空けて、そのまま1口齧る。―聡が口をつけた所に。

「な、え、そ、そっちはどうするん?」

 流石に赤面しながら、慌てふためきそうになる聡だったが、エーリカが何も感じて無さそうな表情だったので、何とか頭を回転させて、無難な問い掛けをする。

「こっちは、ルドルフさんへのお土産にしちゃおうかと。それとも、サトシは食べ切れる?」

「無理だね。じゃあこっちを2人で分けて、そっちは持ち帰るか。アイテムボックスに入れるよ。」

 エーリカの言葉に、首を振った聡は、何の気なしに、そんな提案をする。
 すると、今度はエーリカが慌てた様子で、聡に顔を近付け、小さな声で聞いてくる。

「え?アイテムボックス持ってるの?物凄い貴重な物なのよ?今から100年以上前に、製法が失伝したから…。」

「え?マジで?」

 びっくりした聡は、驚き固まってしまうのであった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く