話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜

血迷ったトモ

第54話 ゴブリンの巣にて

「グガァァァァァア!!」

 どでかいゴブリンの咆哮に合わせて、大量のゴブリンが取り囲むようにして現れる。

「あ、ぁぁ…。」

 その光景に、少女から、絶望したかのような声が漏れる。

「ん?お前、ゴブリンキングか!」

 対して聡は、若干驚きはしたものの、お気楽な表情で、どでかいゴブリンの正体に辿り着いた。

 ゴブリンキングとは、文字通りゴブリン達の長であり、大きめな巣には大抵居るとされている。ゴブリン達のランクがEなのに対して、ゴブリンキングは単体でBランクであり、並の冒険者では逃げるのでさえ難しい魔物である。

 更に、群れを率いているとなると、Aランクにも匹敵すると言われており、今のこの状況は、普通の人間にとっては、諦めるしかない状態だった。

「はっ!図体ばっかり立派ななりしやがって。こんな子を襲う様なクズには、『キング』何ていう名前は、ちっとばかし勿体無いんじゃないかなぁ!?」

 左手で少女をしっかりと固定しながら、聡は猛スピードでゴブリンキングへと駆け寄ると、首筋に向かって手刀を放つ。

「グゲェ!?」

 すると、聡を見失ったゴブリンキングが周囲を見渡そうと、体を動かした途端、その首が綺麗に胴体から落ちる。

「…。」

 そして、無言のまま『ズシン』と音を立てて、崩れ落ちるゴブリンキングの体。

『…。』

 あまりの早業に、周囲のゴブリン共は、何が起こったのか、全然理解出来ておらず、ただその場に立ち尽くしていた。

「さ〜て、お前ら。覚悟は出来てるんだろうな?」

 少女を地面に下ろしながら、ゴブリン達に問う。

『グゲェ!?』

 聡の放つオーラに圧倒され、驚愕の声をあげて後ずさるゴブリン達。

「ま、覚悟出来てなくても…お前達は死ぬんだがな。」

 聡の姿が掻き消える。そしてその5秒後には、この場に居た全てのゴブリンは、物言わぬ肉塊へと成り果てたのだった。


「…やり過ぎたか?」

 山となって積まれている、ゴブリン達の死体を見上げ、聡はバツが悪そうに呟く。取り敢えず、全てアイテムボックスにしまい込み、綺麗になった森の中をぼーっと見ながら考える。

 元々、生態系全体という、長い目で見れば、ゴブリンもそれを構成する存在の1つである。その為、乱獲は避けたいところだったが、少女が襲われている光景を目の当たりにし、つい感情が抑えきれずに、皆殺しにしてしまった。

 恐らく、300年前の聡でも、同じように行動し、考え、ゴブリンキング達に立ち向かっただろうが、今はそれらを乱獲できるだけの実力を持ち合わせている。

 だからこそ、後先考えずに感情の赴くまま、皆殺しにしてしまった事を悔いているのだ。『その気になれば、国だろうと、種族だろうと、簡単に滅ぼす事が出来る自分は、もっと理性的でないといけない』と。

「やっちまったもんは仕方が無いか…。取り敢えずは、あの子をどうするか、だが…。」

 少女に目を向けると、半裸の状態で気を失っているようで、先程下ろして横たえたまま動いていなかった。

「はぁ…。ルドルフさんやエーリカさんに頼めば、何とかしてくれるかね?」

「ん、んん…。」

 聡が思案していると、少女が苦しそうな息を漏らしながら、目を薄らと開ける。

「ん?目が覚めましたか?」

 聡は呑気に声をかける。

「い、いやぁぁ!!ゴブリンが!!」

「え、ちょ、落ち着いてって!」

 頭を掻きむしりながら、半狂乱で騒ぎ出す少女に、慌てて駆け寄った聡はその身をしっかりと抱き締めて、自傷しないように腕も押さえ付ける。

「や、止めてぇ!!離して!!」

「ゴブリン共は倒したから安心してくれ!」

 何度もそう言い聞かせてみるが、中々暴れるのを止めない少女。

 そんなこんなで、漸く少女が落ち着きを取り戻したのは、それから20分後の事であった。

「もう大丈夫ですからね?あいつらは、全部倒しちゃいましたから。」

「…ぁ、ありが、とう…。」

 すっかり疲労困憊してしまったのか、少女はぐったりとしている。しかし、聡の胸に顔を填めながら、か細い声でお礼を言ってくれる。

「どういたしまして。…さ、街に帰りましょうか?」

「う、うん…。」

「と、その前に…。はい、毛布を体に巻いて下さいね。このまま街には入れませんから。」

「…。」

 自身の格好を恥じたのか、無言で毛布を纏う少女。

「じゃあ前に抱えますから、首にしっかり掴まってて下さいね。」

「分かりました…。」

 少女は身長140センチくらいだろうか。少女を横抱きにして、持ち上げると、戦闘の際も感じが、とても軽いように思える。
 日本に居た頃なら、30分くらいで音を上げてしまいそうなぐらいには、体重はありそうだが、今の聡とっては羽毛みたいな軽さとなっている。

 そんな事を考えながら、少女がぎゅっとしがみついたのを確認した聡は、声をかけてから走り出す。

「じゃあ、走りますね〜。」

 少女を抱えつつ、聡は魔法を使って、本来の目的のルング草を採取していく。

「【魔法創造マジッククリエイト念力サイコキネシス】。」

 すると、辺りに生えていたルング草が、ひとりでに抜けたと思ったら、勝手に採取袋にどんどん放り込まれていき、およそ50本ぐらい集められた頃に、森から抜ける。

「取り敢えず、森から抜けたので、あとは真っ直ぐ街を目指すだけです。可能な限り急ぎますので、頑張ってくださいね。」

「は、はい…。」

 あの深い森からあっという間に出ただけでなく、薬草が勝手に袋に放り込まれていく様子に、少女は驚きの表情を浮かべながら、返事をする。

 こうして、聡の初クエストは、帰りに同行人が増えるという、奇妙な結果になりはしたものの、一応は成功という形に収まったのだった。

「外れスキルのお陰で最強へ 〜戦闘スキル皆無!?どうやって魔王を倒せと!?〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く